消費者金融の金利の計算方法

消費者金融を利用する際に一番気になるのが金利です。

借り入れた額に対して消費者金融が提示している利率をかければそれが金利になると思っている人も多いですが、実はそんなに単純ではありません。

細かい金利計算方法を知っておくことで、得になることも出てきますし、知らないことで損をしてしまうこともあります。

借りる前に自分が支払わなくてはいけない金利の計算方法を知って、お得に利用できるようになりましょう。

下限金利だけを見て消費者金融を判断しない

まず、消費者金融がどのくらいなのか大手消費者金融と銀行カードローンの金利を比較してみましょう。消費者金融と銀行系カードローン各社の金利を下の図にまとめましたのでご覧ください。

消費者金融と銀行系カードローン各社の金利比較
消費者金融 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
ノーローン 4.9%~18.0%
銀行系カードローン 金利(実質年率)
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%

上の図から消費者金融よりも銀行系カードローンの金利が低いことがわかります。
消費者金融や銀行でお金を借りる際に「できるだけ金利が低いほうがいい」というのは誰もが考えることでしょう。
具体的に大手消費者金融に掲載されている利率を確認してみると「3.0%~18.0%」だったり「4.5%~17.8%」といったような数値が書かれているのが確認できます。
例えばこの「3.0%~18.0%」「4.5%~17.8%」の2社があった場合、前者の方が「3.0%?」なので金利が低いのでそちらの方がお得と思うかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。
実際に新規で申し込みをするような場合、ほとんどのケースで最大金利の方が適用されます。なぜなら、新規で消費者金融に申し込みする場合、信用情報や本人確認書類での審査はありますが、実際に返済してくれるかどうかは融資してみないとわからないためです。
消費者金融や銀行などの金融機関から融資を受ける場合、最低金利で審査を通るようなことはまずありません。上の図の例で言うと「18%」と「17.8%」なので「4.5%~17.8%」の方に申し込んだ方が金利の面で言うとトクになることが多いというわけです。

消費者金融系カードローンで比較すると、プロミスの金利が4.5%~17.8%で若干低いのがわかると思います。

消費者金融と銀行の大きな違いは総量規制

もう一つ大きな違いは、総量規制の有無です。総量規制とは、貸金業法で定められた法律で、個人が貸金業者からお金を借りる際には、借り入れの合計額が、「年収の3分の1」を超えないように規制するものです。

たとえば、年収が300万円の方は、借り入れ額の上限は年収の3分の1以内となるので、
100万円が上限となります。
この規制によって、多額の借り入れが難しくなりました。この総量規制は、消費者金融や信販会社のみが対象で、銀行カードローンは対象外となっておます。

金額によって金利の上限が決められている

借り入れの際に多くのケースでは消費者金融側で決めている最大金利が適用されるのは前述の通りです。
ただし「利息制限法」という法律で借り入れの金額によって最大の金利が制限されています。実際の法律を抜粋します。

第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

簡単に説明すると次のようなものです。

  • 借りたお金が10万円未満の場合は年利最大20%
  • 借りたお金が10万円?100万円未満の場合は年利最大18%
  • 借りたお金が100万円以上の場合は年利最大15%

これを年利17.8%の消費者金融を使用した際にどうなるかを当てはめてみると、

  • 借りたお金が10万円未満の場合は年利最大20%:消費者金融の年利が17.8%なので17.8%が適用される
  • 借りたお金が10万円?100万円未満の場合は年利最大18%:消費者金融の年利が17.8%なので17.8%が適用される
  • 借りたお金が100万円以上の場合は年利最大15%:消費者金融の年利が17.8%だが、法律で15%と決められているので15%が適用される

このような金利となります。

大きなお金を借りるような場合、90万円を借りるよりも、100万円を借りる方が実質掛かってくる金利が少なくなるケースもあるのがポイントです。(無理にお金を借りる必要はありませんが……)

29.2%も金利が取られていた「グレーゾーン金利」時代

かつての消費者金融の一般的な金利は29.2%でした。

前述の通り「利息制限法」で金利の上限が定められていたものの、法的な抜け道があったためこのような高利でやりとりされていたのです。一般的に「グレーゾーン金利」と呼ばれます。

このような高利で取引が行われていたため、借金から抜け出せなかったりする人も多くなり、きちんと利息制限法の範囲内で取引が行われるように法の整備がされました。

一時期「過払い金返還請求」という言葉が話題になったのを覚えている方がいるかもしれませんが、これはグレーゾーン金利の時代に支払い過ぎた利息を自分の手元に戻す、といったものです。

具体的な金利の計算方法を知ろう

仮に年利18%の消費者金融から50万円の借り入れをしたとしましょう。
年利は「年間の利子」なので返済をする際には日割り計算を行い利子を算出します。

まず基本的な公式を覚えてしまいましょう。

借入額 × 年利 ÷ 365 × 1ヶ月分の日数 = 月々の金利

「年利」は1年間借り続けて1年後にまとめて返済する時の利率のことなので、月々の支払の場合は日数で割って計算します。例えば1ヶ月目の返済額については次のようになります。

50万円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 7,397円

仮に初回の返済日に2万円の返済している場合には、この2万円のうちの7,397円が金利として消費者金融側に支払われ、残りの12,602円が借り入れから引かれます。

2ヶ月目の計算は「借入額」から1ヶ月目に支払った12,602円分を引いて計算します。

487,397円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 7,210円

返済していって借入額の総額が減っているために支払う利息も減っていますね。

返済は一気にしてしまった方が支払う金利が少なくなる

勘の良い人はもう気付いているかもしれませんが、返済でできるだけ金利を少なくする方法が2つあります。

  • 一度に返済する額をできるだけ多くすること
  • できるだけ返済回数を減らすこと

先程は1ヶ月2万円の返済で計算していますが、今度は1ヶ月10万円の返済をした場合の計算をしてみましょう。

1ヶ月目:50万円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 7,397円
ここまでの利息は一緒ですね。1ヶ月に10万円を支払うので金利を引いた92,602円が借り入れへの支払いとなります。そして2ヶ月目の支払いは以下の通り。

2ヶ月目:407,397 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 6,027円

2ヶ月目に支払う利息が月々2万円で返済しているものより1,000円も安くなります。

ここで「たった1000円なら大した差がないのではないか?」と思った方は要注意です
。実際に50万円の返済が終わるまで2万円で返済し続けるのと、10万円で返済し続けるのとでは最終的に支払う利息が10万円近い差になります(2万円で支払う場合、金利の総額が13万円近くになるのに対して、10万円の場合は金利総額2万円程度)。

最近では「1ヶ月で全額返済すれば無利息」といったようなキャンペーンを行っているカードローン会社もあることから早い返済をするのに越したことはないと言えるでしょう。

また多くの消費者金融のサイトでは返済シミュレーションがあるので実際にどのくらいの金利がかかってくるのかを借り入れの前に確認してみましょう。