アルバイト・パートでもプロミスの審査に通過するには

急にお金が必要になったけど、余裕がない。なるべく早く借りたい。そんなときは、カードローンを利用することも一つの方法です。

ただし、一般的に大手消費者金融業者では正社員に比べてアルバイトやパート、派遣社員の方は収入が安定していないとみなされてしまいます。

それでは、アルバイトでもプロミスの審査に通ることは可能でしょうか。また、どのようにしたら、アルバイトやパートでもプロミスのカードローンの審査に有利になるのでしょうか。

ここでは、アルバイトやパートの方がプロミスカードローンの審査に有利になる方法などをご紹介いたします。

プロミスカードローンの借り入れまでの流れと利用条件

プロミスカードローンの申し込みから借り入れまでの流れ

まず、プロミスカードローンの申し込みから借り入れまでの一連の流れは下記の通りです。




カードローンというと、サラ金という名前でもお馴染みの通り、サラリーマン(正社員)が使うものと思っていませんか。「アルバイトでもカードローンの審査に通るのか」とご心配の方もあるかと思います。
しかし、「アルバイトだから審査が通らない」というわけではありません。それでは、プロミスカードローンの利用条件からみていくことにしましょう。

プロミスではアルバイト・パートでも利用できる

プロミスの申し込み条件は、「年齢20歳から69歳までで、本人に安定した収入がある方」となっています。正社員だけでなく、パート・アルバイトの方でも安定した収入があれば、審査の対象になります。

時給制で月により収入が変動するアルバイトの方も、継続して現在も働いていれば申し込みできます。アルバイト先の都合等で、短期間のうちに勤務先が変わることもあると思いますが、その場合でも続けて働いていれば問題はありません。

ただし、現在無職の方や専業主婦の方など安定した収入がない場合には、プロミスカードローンを利用することができません。
それでは、アルバイトやパート、派遣社員の人がアコムの審査通過するためにはどうしたらいいのでしょうか。まず、どのような人が審査に落ちてしまうのかをみていきましょう。

プロミスの審査に落ちてしまう主な原因

それでは、審査に有利なポイントを解説する前に、プロミスの審査に落ちてしまう主な項目を確認しておきましょう。

  • 収入が安定していない
  • 既に他社で多く借り入れをしている
  • 信用情報に問題がある(過去に金融事故がある)
  • 在籍確認に問題があった
  • 安定した収入がない

  • 一度に複数のキャッシングの申し込みを行っている

上記の事項に該当する場合には、正社員、アルバイト・パート、派遣社員などの雇用形態に関係なく審査に落ちてしまう場合があります。
詳しくは、「プロミスの審査に落ちた場合の対応策」をご覧ください。
また、プロミスの審査に流れについては、「プロミスの審査の流れと審査基準」で詳しく解説しております。
それでは、アルバイトでもプロミスカードローンの審査を有利にできる方法をみていくことにしましょう。

アルバイトが、審査を有利にできる方法はある

正社員より雇用や収入が安定していないアルバイトですが、それだけで審査に通るのが難しくなるわけではありません。逆に、プロミスの審査基準を満たしていれば、審査にパスする可能性は高くなります。以下がアルバイトでも審査を有利にできる方法になります。

  • 年齢が若い方が有利である
  • 安定した収入がある
  • 希望利用限度額を高く設定しない
  • 健康保険に加入しているかどうか

年齢は若い方が有利である

アルバイトやパート、派遣社員の場合、年齢が若いほうが審査には有利となります。
なぜなら、将来正社員として雇われる可能性がある、また万が一、失業してしまっても次の仕事が見つけやすいためです。
年齢が若い方が審査に有利だからといって、年齢をごまかしても運転免許証などの必要書類を提出時にわかってしまいます。年齢は正しく記載しましょう。

安定した収入がある

プロミスの審査では年収が高いほうが有利と思われますが、必ずしもあてはまりません。
いくら年収が高くても収入が不安定なら、審査での評価は下がってしまいます。
アルバイトやパート、派遣社員においても同様です。。固定されたシフトで毎月安定した収入がある場合にはプロミスカードローンを利用できる可能性が高くなりますが、逆に日雇いのバイトや短期バイトのような不安定な収入しかない場合には審査の通過は困難となるでしょう。

少額の融資であっても収入証明書が必要な場合がある

アルバイト(フリーター)やパートの方の場合、50万円以下などの少額の融資の場合であっても、プロミスの審査担当者から申込時や審査時に収入証明書を求められることもあります。その際には、直近の給与明細書や源泉徴収票などを提出して安定した収入があることを示すといいでしょう。
プロミスでの収入証明書については、「プロミスでお金を借りる際に収入証明書は必要か」で詳しく解説しています。

バイト先を掛け持ちしていたらなるべくいい条件を選ぶ

収入は多いほど審査に有利です。複数のアルバイト先を掛け持ちしている場合、すべての収入を合算して申告するようにします。また、勤続年数が長い方が有利ですので、最も勤務年数が長いアルバイト先を勤務先として申告することも覚えておきましょう。

借り入れ希望額を大きくしない

消費者金融業者から借り入れする際の基本は「必要以上に借りない」ことです。
お金を借りられるとなると、ついついあれもこれも考えて余計な金額を借りたくなるものですが、仮に審査が通過したとしても、必要以上に借り入れて、あとあと返済に苦労するのは望ましいことではありません。
申込み時の記入欄に「今回のお借入希望額」という項目があります。ここに年収の3分の1以上の金額を入力しなければ、審査を通過する可能性は上がります。
想定の最大限の額まで借りるのではなく、あくまでも今必要なだけ、すぐに返せる程度の金額にするのが賢い借り方です。

アルバイトでカードローンを初回利用の場合、借入希望額は10万円を限度としたほうが審査に通りやすいようです。

健康保険に加入しているかどうか

雇用形態・年収は確かに審査の大きな属性ですが、健康保険証の加入状況も審査の基準の1つとなります。
申込み時の記入欄に、「健康保険証の種類」があります。これが経済状況を確認する手段になっているのです。プロミスの申込み時には健康保険証の種類は以下から選ぶようになっています。

  • 社会保険証
  • 国民健康保険証
  • 組合・共済保険証
  • 船員保険証
  • 健康保険に未加入

アルバイトやパートの方が加入している健康保険は「国民健康保険」のはずです。国民健康保険加入者は、残念ながらカードローンの審査の上で有利ではありません。健康保険の種類によって審査の通りやすさに影響が出るのは、仕方のないことです。

それよりも、申込み時にしてはいけないことは、保険証が手元にないので「自分は未加入だ」と思い込み、「健康保険に未加入」の欄にチェックを入れてしまうことです。プロミスの申し込み時に「健康保険に未加入」にチェックを入れただけで、審査に落ちてしまいます。

なぜなら保険に未加入ということは、保険料を滞納しているか住民票がないか、いずれにしてもお金を貸すには不適当だと考えられるのです。
最近は保険証がカードになっていることが多く、被扶養者にもカードが用意されていますが、そのカードを親が持っていて、本人には渡されていないこともあり得ます。

健康保険に入っていることが審査に通る際の絶対条件ですので、「健康保険証の種類」欄を記入する際には、よく確認して正しい情報を入れるようにしましょう。

プロミスではキャッシング審査の後半に在籍確認がある

これまで見てきた審査項目にパスしたとしても、すぐに契約ができるわけではありません。
プロミスでは審査の後半に在籍確認が行われます。
在籍確認」とは、申込者本人が申込み時の申請した勤務先で現在も働いていることを確認することをいいます。。
アルバイトとはいえ、勤務先にカードローン会社から電話がかかってくるのはイヤだなあ、会社にバレるとまずいんじゃないか?と心配する方もいるかもしれませんね。

プロミスの在籍確認はなぜあるのか

在籍確認は、プロミスだけなく大手消費者金融の多くや銀行などの金融機関で借り入れ審査時に行われることが多いです。
では、なぜ在籍確認をするのでしょうか。
仮審査を通過できたということは、希望借入額・雇用形態・収入・経済状況などからみて、金融機関が貸し出す条件を満たしていると判断したわけです。しかし、まだ本当に申込者がきちんと申し込みをした申請した勤務先に勤務しているとは限りません。そのため、申し込み者が申請した勤務左記で働いたいることの裏付けをとるため(返済能力の有無を確認)に行っているのです。

在籍確認は電話担当者は「個人名」で電話をかけてくる。

プロミスを含む大手消費者金融などの金融機関は申込者のプライバーシーに配慮して、細心の注意を払って電話連絡を行っています。
一番の心配は「カードローン会社から電話がかかって来て、カードローンを申し込んだことが会社や同僚にバレたら……」でしょう。アルバイトとはいえ、勤務先にカードローン会社から電話がかかってくるのはイヤだなあ、会社にバレるとまずいんじゃないか?と心配する方もいるかもしれませんね。その点の心配は一切いりません。

なぜなら、プロミスの在籍確認は「○○です。△△課の□□さん(申込者名)はいらっしゃいますか?」のように、必ず個人名でかかって来ます。本人が電話に出るまでは絶対に企業名を言いませんので、あからさまにカードローン会社からの連絡だとわからないようにしています。

本人が出なくても「□□は、ただいま外出中です」と、職場の同僚や上司が電話対応対応するだけで在籍確認は完了となります。

申込者本人が勤務先で働いていることの確認が目的なので、電話口でカードローンに関する話をすることはありません。本人が電話に出た時点で確認は完了しており、電話はすぐに終わります。

周囲にバレるのが心配なら、勤務先に在籍確認があることを言っておく

それでも心配ならば、いっその事、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることを先に言ってしまうのも手です。
その場合、「カードローンの在籍確認が……」と言う必要はありません。
「クレジットカードの入会を申し込んだので」と言えばだれも不審に思いません。
実際にクレジットカードの入会のときに在籍確認の電話がかかってくる場合もありますし、クレジットカードの利用は特別なことではないので、心配することはありません。

どうしても在籍確認が難しいときは書類提出で電話での確認を代わりとする

会社によっては個人情報保護の観点から、個人名の電話を取り次いでくれない場合もあるようです。
そのときには、収入を証明する書類と在籍を証明する書類を提出することで確認電話の代わりにできることもあるようですが、最終的にはプロミスが判断することなので、心配なことがあれば前もってプロミスに相談することをおすすめします。
正当な理由があって、プロミスでの電話での在籍確認をなしにしたい場合には、「プロミスで電話での在籍確認をなしでお金を借りる方法」で詳しく解説しております。

アルバイトやパートの方はどのくらいプロミスから借りることが可能なのか

学生でアルバイトをしているの場合、年収が103万円を超えると扶養家族から外れるので、時間に余裕があっても年収が103万円を超えないように調整している方がほとんどでしょう。

また、学生の方の場合学業との両立を考えると、年収は100万円程度が一般的な年収だと考えられます。この程度の収入でカードローンを利用できるのか、と疑問に思う方もいるかもしれません。
貸金業法の総量規制により、カードローン会社が個人に貸付できる金額の上限は、「年収の3分の1まで」と決められています。
総量規制とは、多重債務者を出さないために、収入に応じて個人の借入総額を制限する規定です。

したがって、単純に総量規制の上限額から算出した場合年収100万円の人への貸付額は33万円となりますが、雇用形態により実際の査定額は上限金額より低くなるのが普通です。

アルバイトやパートの方の場合、申込者の年収にもよりますが、プロミスカードローンで借り入れできる利用限度額は一般的に10万円から30万円が相場のようです。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間