派遣社員がプロミスの審査に通過するにはどうしたらいいか

派遣社員の中にはプロミスをはじめとする大手消費者金融の借り入れ審査に通ることは難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

プロミスでは、20歳以上69歳以下の安定した収入がある方であれば、申し込み条件を満たしていますので、派遣社員の方がプロミスと契約してキャッシングを利用することも可能です。

しかし、キャッシングの申し込み時の審査に不安や心配な点があること思います。

そこでここでは、派遣社員がプロミスに申し込む際のポイントを紹介します。派遣社員の方が、プロミスカードローンの審査に通過するにはどうしたらいいのかついて詳しく解説いたします。

派遣社員であってもプロミスカードローンを利用してお金を借りることはできる

プロミスの申込条件は、公式ホームページなどにも記載されているように、「20歳以上69歳以下の安定した収入のある方」が対象になっています。
そのため、派遣社員またはアルバイトやパートの方でも安定した収入がある場合には、プロミスカードローンの申込が可能です。


それでは、派遣社員がプロミスカードローンに申込後の借り入れ審査は、正社員の場合異なるのでしょうか。

派遣社員の場合でも審査内容や審査基準は正社員と同じである

プロミスカードローンのキャッシング審査では、派遣社員でも正社員でもまたはアルバイトでも審査項目や審査基準は変わりません。
プロミスのカードローンの借入時の審査で見る点は以下の通りです。

  • 利用者の属性スコアリングでの審査
  • 利用者の信用情報を確認する

それではこの2つの項目をみていきましょう。

属性スコアリングとは申込者の職業や年収などの個人情報

審査における属性とは、その人の仕事や年収、家族構成、雇用形態や勤続年数などの申し込み情報のことを指します。プロミスを含む大手カードローン会社では、この属性をシステムで自動的にスコアリング(点数化)し、審査基準としています。

利用者の信用情報を確認する

信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの利用記録のことで、信用情報機関という期間で管理されています。信用情報機関とはシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの機関です。この機関で、各申込者の信用情報が記録されています。

これらの信用情報をプロミスの審査担当者が確認し。他社借入額や他社借入件数、また過去に長期の延滞や滞納などまたは債務整理や自己破産などの金融事故を起こしていないかどうかをチェックします。

なお、プロミスの審査基準については、「プロミスカードローンの審査基準」で詳しく解説しております。
プロミスカードローンの審査は、この他に申込者が申込時に記載した勤務先が正しいかどうかを電話で確認する在籍確認も含まれます。
それでは、在籍確認について、特に派遣社員の方が気をつける点をみていくことにしましょう。

プロミスでの審査に心配な場合には申し込み前に借り入れシュミレーションをしてみる

プロミスでは、申し込み審査前にWEB上にある借り入れシュミレーションを利用して、融資の可否を判断できます。もし、プロミスの審査に心配でしたら是非ご利用ください。ただし、この診断はあくまで目安でです。


派遣社員の方が在籍確認を受ける際の注意点

派遣社員の方が、プロミスのキャッシング審査時に注意しないといけないのは在籍確認による勤務先への電話確認です。
派遣社員の場合、申込時に勤務先として記入するのは派遣先(現在勤務している場所)ではなく、原則として派遣元を記入する必要があります。

この場合、申込完了後のメールや電話での本人確認の際に申込者が派遣先の電話番号をプロミス担当者に教えて、その後、派遣先に在籍確認の電話がかかってくるという流れとなります。
一方、派遣元のみ申込時に記載した場合。申込者の勤務先が正しくプロミスの担当者に伝わらないため、電話による在籍確認ができなくなってしまう可能性があります。
また、派遣元が在籍確認の電話に対応してくれるかどうか不安な場合には前に派遣元へプロミスからの在籍確認がある旨を連絡しておくか、申し込み後にすぐプロミスに連絡をして相談してみてください。プロミスは派遣社員への在籍確認に慣れてますので、スムーズに対応してくれますよ。

どうしても在籍確認の電話が難しい場合には事前にプロミスの審査担当者に連絡する

派遣社員であっても原則キャッシング審査の後半に在籍確認は行われますが、派遣元や派遣先に在籍確認の電話がかかってきても取り次いでもらえない場合には、「会社名の記載された健康保険証」と「給与明細書」などの書類を提出することで、在籍確認の電話をしたとみなす場合もあります。
もし、どうしても在籍確認の電話が難しいようであれば、申し込み後すぐにプロミスに電話して相談してみましょう。
ただし、在籍確認を書類に替えてもらっても必ずしも審査に通るとは限らないので注意が必要です。
プロミスでの在籍確認の電話を難しい場合については、「プロミスで電話での在籍確認をなしでお金を借りる方法」で詳しく解説しております。

派遣社員でも審査に有利になるポイントがある

それでは、派遣社員がプロミスカードローンの審査に通過するにはどのようしたらいいのでしょうか。
プロミスカードローンのキャッシング審査で有利に働く項目として、次のような項目が挙げられます。

  • 同じ派遣元で勤続年数が長い
  • 希望利用限度額が年収の3分の1を超えていない
  • 事業規模が大きく、長期的に継続した勤務が可能である
  • 希望利用限度額が年収の3分の1を超えていない
  • 希望利用限度額を高く設定しない

それでは各項目をみていきましょう。

勤続年数が長ければ審査に有利である

同じ勤務先で勤続年数が長ければ長いほど、安定した収入があり返済能力があるみなされ審査に有利になります。一方、転職したばかりの方の場合、再就職や離職の可能性もあるので審査には不利になります。派遣社員の場合には、同じ派遣元に1年以上の勤続年数があるほうが審査には有利にすすむと思われます。

事業規模が大きく、長期的に継続した勤務が可能である

プロミスカードローンの審査では、安定した収入があるかが融資の可否を決める重要な項目です。そのため、長期的に安定した収入がある仕事内容や事業内容なら審査に有利になる可能性があります。

希望利用限度額が年収の3分の1を超えていない

プロミスに限らず消費者金融で借り入れをする際には、年収の3分の1が上限の金額となります。すでに他社の消費者金融で借入がある方は、それらの金額も含めて年収の1/3までです。
消費者金融からキャッシングする際、総量規制という規制によって、限度額の上限が年収の3分の1と決定されています。総量規制の対象となるカードローンでは、年収の3分の1を超える借り入れをすることはできません。

希望利用限度額を高く設定しない

申込時の希望限度額をあまり高くしないことも審査を有利にすすめる点では有効です。プロミスでは、希望利用限度額が50万円を超える場合もしくは、他社借入との合計が100万円を超える場合に収入証明書の提出が必要です。つまり、希望限度額を高く設定するとそれだけ審査のハードルをあげてしまうことになるわけです。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間