消費者金融での審査時の在籍確認の電話の内容

消費者金融や銀行カードローンの申し込み時の審査の中でも、多くの人が抵抗を示すのが、在籍確認の電話でしょう。
在籍確認とは、消費者金融の担当者が申込者が勤めている会社に電話をかけて、申し込み者本人がその会社に在籍しているかどうかを電話で確認することをいいます。在籍確認の電話は、利用者の勤務先に電話連絡がいくので、抵抗がある方も多いと思います。

消費者金融業者としては、カードローンの申し込み者が、「きちんと返済能力があるのかどうか」を調査する一環として、申込者が本当に申込み時に申告した勤務先に務めているかどうかを確認するだけのものです。在籍確認の電話の際には、消費者金融業者は社名を名乗らずに、担当者の個人名で電話をかけてくるので、キャッシングを利用していることが会社にバレることはまずありません。(銀行カードローンの場合は銀行名で電話をかけてきます。)

それでは、消費者金融での審査時の在籍確認はどのような流れで行われ、在籍確認の際には電話でどんなことを聞かれるのでしょうか。

ここでは、消費者金融の在籍確認の電話の内容などについて詳しく解説いたします。

消費者金融が在籍確認の電話をする理由は申込者の返済能力を調べるため

消費者金融の審査で一番重要なことは、「いくらまでなら申込者にお金を貸せるのか」というところです。キャッシング申し込みの際に、利用者の年収や勤務先などの個人情報の入力が必要なのも、返済能力に問題がないかどうかを調べるためです。

申し込み者の年収を調べるのは返済能力を見るためと総量規制に抵触してないかと調べるため

具体的には、消費者金融の審査担当者が年収を調べるのは「どのくらいの金額まで返済できそうなのか(利用限度額はどのくらいまでなら返済できるのか)」ということです。
消費者金融には貸金業法で総量規制という規定があるため、個人が消費者金融を含む貸金業から借り入れできる総額を「年収の3分の1まで」に制限しているため利用限度額の上限が年収の3分の1を超えないようにするためです。

また、申込者の勤務先を調べるのは、「会社が安定している会社なのか。倒産しないか」などを申し込み情報の中から判断しています。そして、申込者が「●●株式会社で働いています」と申し込み時に申告しても、それが本当であるかどうかを判断するために申し込み者の勤務先に電話をして確認をするわけです。

在籍確認時の電話で聞かれる内容とはどんなことか

審査時の在籍確認では、申込者本人が不在でも申し込み時に記載した勤務先に勤務していることがわかれば完了となります。また、消費者金融の審査担当者が申込者の勤務先に在籍確認の電話をする際には、かならず申込者本人の承諾を得てから、電話をします。
それでは、消費者金融での在籍確認の電話ではどのようなことを聞かれるのでしょうか。
在籍確認での電話の内容を詳しくみていくことにしましょう。申込者本人が電話に出た場合と申込者が勤務先に不在だったケースとでは異なりますので分けてご紹介いたします。

申込者本人が電話に出た場合

申込者本人が電話に出た場合には下記のような流れになります。消費者金融業者の電話担当者を仮に鈴木さんとします。

    在籍確認の担当者
    「鈴木(仮)と申しますが□□さんいらっしゃいますか?」
    申込者本人
    「はい、□□です。」

これで、電話での在籍確認は完了です。
勤務先の他の人が在籍確認の電話にでて、申込者本人に取り次いだ場合にも同様です。
金融機関によっては、申込者本人が電話に出た際に、住所や生年月日などの個人情報を聞いて本人確認を再度行うこともあるようです。


申し込み者本人が勤務先に不在だった場合

申込者本人が不在だった場合には下記のような流れになります。

    在籍確認の担当者
    「鈴木(仮)と申しますが□□さんいらっしゃいますか?」
    申込者の勤務先の人
    「はい、□□は外回りで出ており今はおりません。」

基本的に、これで在籍確認は完了となります。
在籍確認の電話は、消費者金融業者が申込者が申し込みの際に記載した勤務先が正しいかどうか確認できればいいので、申込者本人が不在でも在籍確認は完了となります。
ただし、勤務先に不在だとしても外出中や休暇であれば問題ありませんが、既に退職してしまった、または休職中の場合には、申し込み時に記載した勤務先で働いていないとみなされますので注意が必要です。
(つまり、無職扱いとなり審査に落ちてしまう可能性が高くなります。)

消費者金融からの在籍確認の電話では社名や用件などを聞くことはない

消費者金融からの電話はあくまで在籍確認のためだけのものであり、社名や用件といった細かい情報を他の社員の人に聞かれることはありません。
先ほども述べたように、消費者金融の場合には担当者の個人名を名乗りますので、安心してください。(銀行での在籍確認の場合は銀行名で勤務先に電話がかかってきます。)
消費者金融業者が職場の人などの第三者に対してお金を貸付していることを話してはいけないというのは貸金業法・第四十一条の三十八で決まっています。

加入貸金業者又はその役員若しくは職員は、次に掲げる調査(以下「返済能力等調査」という。)以外の目的のために加入指定信用情報機関に信用情報の提供の依頼(第一号の資金需要者等及び第二号の主たる債務者に係る他の指定信用情報機関が保有する個人信用情報の提供の依頼を含む。)をし、又は加入指定信用情報機関から提供を受けた信用情報を返済能力等調査以外の目的に使用し、若しくは第三者に提供してはならない。(貸金業法)

「中には電話で借入など聞く業者もいるのではないか?」と思う方もいるかもしれませんが、法律で他社に喋ってはいけないと決まっていることと分かれば安心感が増すのではないでしょうか。

在籍確認時の利用者の要望は通るのか

申込者の勤務先に消費者金融業者から電話がかかってくることはご理解いただけたと思います。それでは、「あらかじめ在籍確認の電話をしてくる時間を決めてほしい」といった申込者の要望は通るのでしょうか。
基本的に、申込者の要望が通るものと通らないものがあります。申込者の要望が通るものは以下になります。

  • 「午前中は勤務先に誰もいないから、午後の時間帯に電話をしてほしい」
    (「○○時に電話してほしい」という時間指定は不可。)
  • 「同性の担当者に在籍確認の電話をしてほしい」

上記のような要望は担当者にもよりますが、比較的在籍確認の要望は通るようです。通常、在籍確認の電話の前に本人確認のために、事前に登録した申込者の携帯電話などに担当者からの連絡がきますので、その際に要望を伝えてみてはいかがでしょうか。
一方、通らない要望は次の通りになります。

  • ウソの用件で電話してほしい
  • 勤務先の特定の人が出るようにしてほしい

上記のようなの要望は、どの消費者金融業者でも通りにくいでしょう。

なお、大手消費者金融であるアコムの在籍確認については、「アコムでの審査時の在籍確認のタイミングと電話の内容」でプロミスでの在籍確認については、「プロミスでの審査時の在籍確認のタイミングや電話の内容」で詳しく解説しています。

派遣社員や自営業者の場合の在籍確認

次に、派遣社員や自営業者の場合の在籍確認についてみていくことにしましょう。
在籍確認の電話は、消費者金融で借り入れ申し込み時に入力した勤務先の電話番号にかかってきます。

しかし、勤務先に複数の番号がある場合や派遣社員の場合、または自営業など自宅で仕事をされている場合などは申込時に勤務先の電話番号をどの番号を入れたいいのかわからなくなってしまうでしょう。このような場合、勤務先の電話番号はどのように記入したらいいのかを詳しくみていきましょう。

勤務先に複数の番号がある場合は代表電話を記載する

申込者の勤務先に代表番号や部署の番号あるいは複数の番号がある場合には基本的には代表番号を申込時に入力するのが基本です。ただし、本社以外の支店または店舗に勤務している場合には勤務している支店または店舗の電話番号を入力してください。
アコムでは、在籍確認前に申込者の携帯電話または固定電話に本人確認の電話を在籍確認が行われる前にしますので、その際に事前に部署の番号などを伝えて、そちらに電話してもらうようにしておくのもいいでしょう。

派遣社員は派遣元と派遣先の2つの番号を申込時に入力しておく

派遣社員は派遣元と派遣先のどちらの番号を申込時に入力するのか迷ってしまうと思いますが、基本的には派遣元の電話番号を入力したらいいでしょう。この場合、本人確認の際に申込者が派遣先の電話番号を審査担当者に教えて、その後派遣先に在籍確認の電話がかかってくるという流れとなります。

自営業者の場合の在籍確認の電話は自宅へかかってくる

自営業や個人事業主など自宅で仕事をしている場合には自宅の固定電話の番号で問題ありません。なお、自宅に固定電話のない場合には、申込者の携帯番号にかかってきます。

自営業者で固定電話がない場合でも申し込みできるのはアコムだけ

自営業者で固定電話がなくても申し込みが可能なのは、大手消費者金融ではアコムだけです。
自営業者で勤務先に固定電話がない場合の、アコム以外の大手消費者金融の回答は以下の通りです。

  • プロミス;固定電話がない場合には、収入証明書または取引先との注文請書・注文書など自営業をしていることを証明する書類が必要
  • モビット:勤務先に固定電話がないと申し込みは不可能(電話連絡なしの申し込みでも申し込み不可)
  • レイク:勤務先に固定電話がない申し込みは不可能

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


電話連絡なしにできる消費者金融はモビットのみ

それでは、大手消費者金融は原則として、融資を受けるためには勤務先へのの電話は必要です。ただし、大手消費者金融の中でもSMBCモビットに関しては、勤務先への電話連絡なしでも審査に通過して契約することが可能です。

電話連絡がない場合には保険証などの書類で勤務先の在籍を確認する

最近はこのような電話がない「Web完結型」の申し込みを行っている会社も出てきています。自分の勤め先に電話をされなくても契約を完結できる方法です。

簡単に言うと電話ではなく書類での勤務先の確認をするということです。消費者金融業者によって用意しなくてはいけない書類は違いますがおおよそは次のような書類になります。
本人確認書類として下記のいずれか1つが必要となります。

  • 運転免許証
  • パスポート

収入を証明できる書類として下記のいずれか1つが必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 給与明細表
  • 確定申告書
  • 所得証明書

勤務先情報を証明できる書類として下記のいずれか1つが必要となります。

  • 会社名の記載されている健康保険証
  • 直近の給与明細表

電話での在籍確認がないため、収入証明書や勤務先を証明するための書類など必要な物も多く、またWebでの入力項目も多めになっています。提出する書類は、各会社によって異なりますので、キャッシング申し込み時に確認してみるといいでしょう。

繰り返しになりますが、勤務先への電話確認によって消費者金融を利用していることが、同僚などにバレるということはまずありません。しかし、どうしても電話がイヤ、という人以外は自分に合った消費者金融を選んでみるのがいいでしょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間