アコム・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融は最短即日融資が可能

お金を借りる人の中には「どうしても今すぐにお金を借りたい」「申込日の即日でなんとかお金を用意したい」という差し迫った用のある人もいるかと思います。アコムやプロミス、アイフルといった大手消費者金融では、時間帯や借入方法に条件がありますが、即日融資を受けることが可能です。

ただし「「消費者金融で即日融資を受けるためにはどうしていいのかわからない」というのが現状です。

ここでは、大手消費者金融会社の即日融資を受けるための方法や条件申込日当日の何時までに申し込みを完了させたら即日融資ができるのかについてまとめました。

なお、即日融資可能な中小消費者金融については、「即日融資が可能な中小消費者金融」で詳しく解説しています。

アコムやプロミス・アイフルといった大手消費者金融では即日融資が可能

即日融資とは、申込日当日に消費者金融などの金融機関から融資を受けることをいいます。
アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル・レイクALSAといった大手消費者金融5社の即日融資対応状況にについて下の表比較してみました。

大手消費者金融5社の即日融資対応比較
会社名・商品名審査時間即日融資可能な申し込み方法
アコム最短30分で審査完了
プロミス最短30分で審査完了
  • インターネット申し込み後にフリーダイヤルで相談。即日振込みの場合は平日の14時までに必要書類の提出が必要。
  • 自動契約コーナーではローンカード発行~その場でキャッシングが可能。
SMBCモビット最短30分で審査完了
  • インターネット申し込み後にフリーダイヤルで相談(9:00?21:00)
  • 当日振込みの場合は平日の14:50までに振込手続きが必要
  • 「ローン申込機」でカードの発行も可能
アイフル最短30分で審査完了
レイクALSA
  • インターネット申し込み後にフリーダイヤルで相談(9:00~21:00)※時間帯によっては当日融資は不可
  • ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く
銀行カードローン(※)即日融資不可(申し込みから融資まで2~3日程度)

上の表から、大手消費者金融5社すべてで、即日融資を受けることが可能です。
土日祝日の場合でも「無人契約機(自動契約機)でローンカード発行をすれば自社ATMや金融機関やコンビニの提携先ATMを利用して即借り入れ可能」というもので、大手消費者金融の場合、即日融資が可能な条件やサービス状況はあまり変わりません。ただし、「銀行振込での融資の場合には基本的に平日14時まで」です。

(※)銀行カードローンでは、審査時に警察庁のデーターベースに利用者の情報を確認が必要となり、回答が翌営業日なってしまうため、銀行カードローンを利用して、即日融資を受けることはできません。
そのため、即日融資を受けるのであれば、消費者金融を利用するようにしましょう。

消費者金融での即日融資の流れ

消費者金融で即日融資を受ける流れは以下の通りです。

  • 申し込み
  • 必要書類の提出
  • 審査(在籍確認)
  • 審査結果の回答
  • WEB契約または来店契約
  • 銀行振込またはATMからの借入

消費者金融で即日融資を受けるには、まず申し込みをして運転免許証などの本人確認書類などの必要書類を送付します。申し込み完了後すぐに審査が行われ、審査に通過している場合には、WEB契約または店頭窓口や自動契約機(無人契約機)で契約を行います。契約後、銀行振込やATMからお金を引き出します。

ただし、24時間申込の受付を行っているWEB申し込みからであっても、24時間いつでも即日融資を受けられるできるわけではありません。ほとんどの大手消費者金融では、審査結果の回答時間は9時~21時です。
たとえば、21時以降に申し込みを行った場合には、翌日の9時から審査結果が回答されることになります。

そのため、消費者金融で即日融資を受けるためには20時までに申し込みや契約を完了させておきましょう。(銀行振込融資の場合には
なお、消費者金融で即日融資を受けるための方法は大きく分けて、「銀行振込(振込融資)」を利用しての融資と、「ローンカード発行」しての自社ATMやコンビニなどの提携先ATMを利用する融資方法があります。

自動契約機利用した即日融資を受けられるタイムリミットは20時まで

大手消費者金融では、自動契約機で契約が完了するとその場で契約書類とローンカード発行がされ、提携している金融機関やコンビニなどのATMですぐに借り入れができるようになります。
「どうしても即日にお金が必要」「平日でも14時を過ぎてしまっている」というような場合には、自動契約機でローンカードを発行することをおすすめです。

自動契約機を利用すると銀行振込での融資に比べて営業時間が長いため、銀行の営業時間外や夜間でも自動契約機でローンカードを発行してATMでからすぐにお金を引き出すことができます。

ただし、審査回答時間の大手消費者金融でローンカードを利用した即日融資であれば、審査結果の回答時間のリミットである21時の1時間前である20時がタイムリミットとなるので、20時までに申し込みを完了しておくようにしましょう。
関連項目:「アコムで即日融資を受けるには何時までに申込をしたらいいのか
関連項目:「アコムで最短確実に即日融資を受けるための方法

キャッシングの申し込みからローンカード発行してATMからお金を引き出すまでの流れ

消費者金融でキャッシングを申し込みをしてからローンカード発行の流れは以下の通りです。

  1. 申し込み
  2. 必要書類提出
  3. 審査
  4. 契約(金利や利用限度額が決定)
  5. ローンカード発行
  6. ATMでの融資

店頭窓口や自動契約機からカードローンの申し込みをした場合には、契約後、その場でローンカードが発行されます。
一方、インターネットや電話で申し込みをした場合には、店頭窓口や自動契約機に出向いて契約後にローンカードを発行してもらいましょう。

銀行振込での即日融資を受ける場合には平日の14時までに申し込みを完了させる

銀行振込融資(振込依頼での融資)とは、消費者金融から借入金を自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうというものです。いちいち店頭窓口や自動契約機(無人契約機)ににローンカードを作りに行ったり、コンビニATMでお金を下ろしに行かなくていいというのが楽というメリットがあります。
ただし、この振込融資は消費者金融側が銀行にお金を振り込むという手続きが発生するため、基本的に銀行の営業時間に準じた平日の14時前後までに申し込み・審査完了し、契約まで完了しておく必要があります。
(銀行の振り込みが基本的に、平日15時までしか対応していないため)

大手消費者金融では融資の振り込み融資先を多数選ぶことができる

銀行振込での融資の流れは次のような流れです。

  1. インターネットや電話など申し込み
  2. 審査
  3. 運転免許証などの必要書類提出
  4. (審査結果の回答後、審査通過している場合ば契約(金利や利用限度額が決定)
  5. 振込依頼(融資)

即日での銀行振込での融資の場合、主にインターネットや電話での申し込みをして、審査通過したのち契約後に指定して銀行口座に振り込んでもらうというケースが多いです。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融では、三菱UFJ銀行三井住友銀行をはじめ多数の振込先選ぶことができますので、今お持ちの金融機関の口座に直接振り込んでもらうことももちろん可能です。

中小消費者金融では振込先は限られている

一方、中小の消費者金融では、振込での融資が行える金融機関が限られている場合もあります。
そのため、中小消費者金融を利用する場合には、申し込み前にどの金融機関が振込融資に対応しているのかを確認しておくといいでしょう。
また、中小消費者金融は、街金と呼ばれるように全国対応していない業者も多いため申し込み前に、借り入れ可能可どうかを確認していただくことをおすすめいたします。
なお、中小消費者金融で即日融資可能な消費者金融については、「即日融資が可能な中小消費者金融」で詳しく解説しています。

消費者金融で即日融資を受けるための注意点

即日融資を受けるためには本人確認書類の提出が必須

カードローンのキャッシングには下記の書類が必要となります。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 収入証明書(給与明細、源泉徴収票、確定申告書など)

源泉徴収票や納税証明書などの収入証明書の必要かどうかは、各業者によって異なります。
たとえば、アコムプロミスなどの大手消費者金融や三菱UFJ銀行、オリックス銀行などの銀行系カードローンであれば、50万円以下の融資で収入証明書を求められることはありません。

また、ローンカードを発行する場合には、店舗(店頭窓口や自動契約機)に出向く際に必要書類を忘れると融資を受けることができませんので注意しましょう。

会社の電話に出られる時間に申し込みを完了しておく

消費者金融の審査では、審査時に申込者の勤務先に担当者が電話連絡を行う在籍確認を行います。
勤務先によっては、土日祝日や夜21時頃に電話連絡が難しい場合もあります。そのため、在籍確認の電話連絡が可能な時間に、カードローンの申し込みをするようにしましょう。

在籍確認が可能か(電話を取れる人が職場にいるか)、事前に確認しておくとよいでしょう。

どうしても、在籍確認が難しい場合は、申し込み後に、電話で在籍確認が難しい旨を相談しましょう。場合によって、源泉徴収票や給与明細書を提出することによって、会社への電話連絡をなしにしてもらえることもあります。

アコムとプロミスは土日でも銀行振込融資も可能

一般的に銀行は平日しか営業していないので「銀行振込は平日のみ」ということは理解できたと思います。
ただ、中には「自動契約機に入るところを見られたくない」「お金を借りるためだけに外に出たくない」「消費者金融のカードを持ちたくない」という人もいるでしょう。
そんな人向けに、最近では土日でも銀行振込融資ができる消費者金融サービスも登場しています。
消費者金融が銀行の傘下に入り柔軟に対応できるようになったことや、楽天銀行ジャパネット銀行などのネット系銀行が24時間対応していることが背景として挙げられます。
土日祝日に銀行振込での融資対応可能な消費者金融は、アコムプロミスの2社です。

  • プロミス(三井住友銀行グループ):「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」に平日・土日祝日24時間振込可能な「瞬フリ」を提供
  • アコム:「楽天銀行」の口座を利用すると平日・土日祝日24時間対応可能(※厳密には0:10~23:50の範囲で対応)

まだ、上記のアコム・プロミスの2つの消費者金融業者にしか土日の銀行振込には対応していませんが、今後はこうしたサービスも広がっていきそうです。「どうしても銀行振込でお金を借りたい」という場合、プロミスとアコムでのキャッシング利用をを検討してみるといいでしょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間