有名タレントが出ている消費者金融のテレビCM

テレビを見ていると消費者金融や銀行カードローンのCMに人気有名タレントやアイドルが出ているのにお気付きの方も多いでしょう。

消費者金融会社は、テレビCM以外でも電車内の中吊り広告などで有名人やタレントを起用してますよね。

なぜ消費者金融のCMに有名タレントが次々と出演しているのか?従来のテレビCMや消費者金融をとりまく環境の変化を調べてみました。

TVCMをに有名タレントが出ている代表的な消費者金融会社

TVCMに有名タレントが出ている消費者金融会社は、以下の通りです。

  • アコム
  • レイク
  • プロミス
  • モビット

有名タレントやアイドルをTVCMで起用している会社は大手の消費者金融です。「消費者金融」「お金を借りる」「カードローン」というどちらかと言うと重いイメージからはかけ離れたアイドルや人気ドラマの主演女優もTVのCMに出演しています。

なぜ「お金を借りる」というイメージとかけ離れたCMが多いのか?

金融商品や金利の説明しているものを除いて、CMを見ただけだと一見消費者金融のCMとはわからないものも多いです。
元々お金を借りてもらうのが消費者金融の目的なのにどうしてこのようなCMになっているのでしょうか。
答えは非常に単純です。敢えてCMをお金を借りるイメージから遠のけている理由は「消費者金融=胡散臭い、危ない、怖い」という一般的なイメージを払拭するためです。

「消費者金融」はかつて29.2%もの高金利で貸付を行っており(※)、その高い金利のために借金から抜け出せない人も多かったため、「消費者金融=サラ金地獄、借金地獄」というネガティブなイメージが広がっていました。

今でもそうしたネガティブな考えを持っている人も多いですが、消費者金融業者はそのイメージを少しでも払拭するべく、人気有名タレントをCMで起用したり、CMのテイストを明るくコミカルなものにしたり工夫をしています。
少し前だと可愛らしいチワワをCMに使ったり、宇宙人が出てきたり、ダンサーがダンスを踊っているなどCMキャラクターを上手く使用した独創的なものも多かったです。

※現在では上限金利限は借りたお金によって利率が変化しますが、1番高い金利でも10万円未満で20.0%という金利です。「消費者金融の金利の計算方法」にまとめていますので参考にしてください。

消費者金融のCMに見る背景の「強み」

また最近の消費者金融業者は銀行と提携してグループ企業となって活動している部分もあるので、銀行のグループに入っている消費者金融はCMの中でも必ずと言っていいほど最後に銀行の名称を表示するか、読み上げるかをしています。

「タレントが消費者金融のCMにでてイメージダウンになるのではないか」と言う人もいますが、このように銀行などのグループ企業であることが多いために必ずしもマイナスのイメージにはなりません。

また、テレビ局・消費者金融・タレントの三者の利害関係も上手くバランスが取れており、俯瞰して見ると次のようになっています。

  • テレビ局:不景気でCMが減っているのでCMを出してくれる会社がほしい
  • 消費者金融業者:人気タレントを起用したCMを出すことで消費者金融のネガティブなイメージを減らす
  • タレント:大手消費者金融のCMに出演することで自身の露出を増やす

テレビ離れが進んでいるこの時代だからこそ、上記のような三者の利害が一致していると言えます。
※冒頭に紹介したアコムは銀行グループではないですがCMの中で「元々は呉服店だった」ということを押し出しており、やはり消費者金融一色でないことを強調しているのが特徴的です。

消費者金融のCMに対しての規制もある

一方で消費者金融のTVCMに関しての制限も存在しています。
それは、CMを放送している時間帯の制限です。
未成年への悪影響を避けるために消費者金融のCMは時間帯が制限されています。(午前7~9時、午後5~10時は未成年の視聴も多いためNG。この他、NGではない時間帯についてもCM放映の本数上限があったり、月間の放映上限などもあります)

またかつて、消費者金融による借金から抜け出せない多重債務者が増えたことが社会問題にもなったため、CM表現についても現在は注意喚起文を記載することが必須となっています。

YOUTUBEなどで規制前のCMと比較してみると分かりやすいと思います。

金利が改正貸金業法より前のものでは今では考えられないくらい高金利なのと、CMの中には具体的な契約条件が表示されないもの(表示されていても極端に小さいもの)が多いのが分かります。
こうしたCMの歴史の流れを見てみるだけでも、現代の消費者金融の仕組みや使い勝手が以前に比べてグンと親切になったことが理解できると思います。