消費者金融の利用限度額はどのようにして決まるのか

消費者金融業者のサイトや広告見てみると「限度額500万円」などの記載があり、審査に通れば500万円が借りられるのかと思う人もいるかもしれませんがもちろんそんなことはありません。
それどころか実際に審査をしてみて、蓋を開けてみたら融資可能額が十数万円だったなんてこともしばしばです。

実際に消費者金融での利用限度額は決まっているのでしょうか?

借りられる利用限度額は申込者の年収やキャッシング審査によって決まる

まず最初に消費者金融の公式サイトなどにある「限度額500万」の意味から説明します。
公式サイトや広告に記載されている「利用限度額」は「基準を最大限に満たした際に貸付できる上限の金額」ということです。
つまり、「限度額500万円」としている消費者金融は、カードローン利用者に対して貸付できる金額が最大500万円と決まっており、いかに優良な利用者であっても500万円以上は融資できないということです。

それではどのくらいの金額が借り入れ可能かというと、申し込み後の融資の際に行われる審査によって決まります。詳しいことは「消費者金融の審査の項目や基準」に記載していますが、消費者金融のキャッシング審査で見られる点は「お金を貸したらちゃんと返せそうか」「返済する能力があるか」です。

消費者金融のキャッシング審査で判断される項目

カードローン会社ではお客さんにお金を貸して、その利息分が会社の利益となってますので、返済能力があるかどうかは、カードローン会社にとって重要な項目のです。消費者金融の審査で判断される、返済能力の有無に関しては主に下記のような項目です。

  • 申込者の勤務先・勤務形態や年収・:勤務先が安定しているか。雇用が安定しているか。年収はいくらなのか。
  • 申込者の他社借入状況・信用情報の確認:他の消費者金融からの借り入れがないか。過去に長期の延滞や滞納などの金融事故を起こしてないか<

それでは、消費者金融で借入時に審査される項目をみていくことにしましょう。

申込者の年収は融資の可否を判断をするキャッシング審査で重要な基準となる

まず申込者の年収は消費者金融業者が、融資を可否を判断する上で重要な項目でになります。
まず、勤務先の会社が安定しているかどうかを判断されます。たとえば、同じ年収の場合であれば、収入な不安定になりがちな自営業者やアルバイト・パートよりも収入が安定している公務員や大手企業の会社員を優遇するでしょう。また、勤続年数が長かれば長いほど、離職や転職などの可能性が少なくなるので有利であるともいえます。
次に、利用者の年収を確認し、「どのくらいの融資額であれば返済できそうなのか」を判断します。加えて、、クレジットカードのキャッシングや消費者金融を利用する際には総量規制の対象となるので年収の3分の1を超える個人の借り入れをすることはできません。総量規制とは消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は、個人に対して年収の3分の1を超えて貸付をしてはいけないという法律上の規定です。
つまり、消費者金融から融資を受ける際には、申込者の年収の3分の1が限度額の上限になってしまうということです。

他社借入状況・信用情報も限度額を決める重要な項目である

次に他社での借り入れ状況や信用情報を確認します。借入状況とは現在他社での借入れ額がどのくらいなのかということと、他社での借入件数のことをいいます。もし、他社消費者金融で年収の3分の1に近い金額を既に借入いる場合には、総量規制に抵触するために審査に通らないということもあります。
信用情報とは、消費者金融やクレジットカードの利用履歴のことです。もし、消費者金融でお金を借りたら、その契約内容や返済状況などが記録されます。個人の信用情報は、信用情報機関で管理されています。日本には、JICC(株式会社 日本信用情報機構)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、全国銀行個人信用情報センターという3つの信用情報機関が存在し、国内の消費者金融や銀行などの金融機関は3つのいずれかの信用情報機関に加盟しています。
プロミスやアコムなどの大手消費者金融は、2つの信用情報機関に加盟している場合もあります。消費者金融業者に借入の申し込みをすると、消費者金融業者各社は、信用情報機関を通じて申込者の信用情報を確認します。

信用情報に傷があると限度額が低くなったり融資が見送りになることがある

信用情報に傷がつくというのは、返済の延滞や債務整理などの事故情報が記録された状態のことをいいます。この事故情報が信用情報の中に記録されているとカードローン会社は、返済に問題があると判断して、限度額が低くなったり、融資が見送りになることになるわけです。

最初の借入限度額が低くても利用限度額の増額も可能

多くの消費者金融では、初回の審査で借り入れ限度額が少なかったとしても、契約後にに増枠の申請をすることが可能です。増枠申請した後に別途審査が入り、審査に通れば消費者金融側の指定した範囲内で増枠ができます。

増枠審査の内容は各社異なる上に、明らかにされていないのですが、主に次のような人が増枠しやすいと言われています。

  • 返済をきちんと決まった日(あるいは事前に)にしている
  • 借り入れが他の消費者金融と重なっていない

「借りるけどきちんと返す」という消費者金融側から見ると信用される顧客が対象です。消費者金融にとってはこうした信用できる顧客にたくさん利用してもらうことにより自分たちの利益が出るので、真っ当な流れと言えるでしょう。

増枠申請の目安としては半年~1年程度が一般的です。場合によってはそのタイミングで消費者金融側から「増枠できます」というようなお知らせが来たりすることもあります。逆に、半年から1年程度の利用実績がないと利用限度額の増額の申請をしたとしても、利用限度額の増額が見送られてしまいます。
ちなみに「ローンカードを作って利用せずに寝かせておいた場合も「遅延がない」と判断されるのではないか?」と考える人もいますが、あくまで「お金を借りて、きちんと返す」ということをしていないと意味がありません。ローンカードを寝かせて利用していない人は実際に借り入れをしだした時にきちんと返済するかどうか消費者金融側で判断できないためです。
ここまでは借り入れ限度額の増枠の話でしたが、その逆パターンも存在します。

いわゆる「限度額の減額」「借り入れの停止」です。

消費者金融での信用を失うと利用限度額の減額や借入の停止などの措置もある

前述の増枠の場合は「消費者金融の信用を獲得していく」ことが重要でしたが、減額や借り入れ停止に関してはその逆で「消費者金融の信用を失っていく」ことで強制的に執行されます。

  • 複数の消費者金融からの借り入れがあり返済能力が怪しい
  • 返済の遅延などが多発している

「複数の消費者金融からの借り入れが他の消費者金融にバレるの?」と驚く方もいるかもしれませんが、キャッシング・クレジットカードの審査から借入状況、返済状況などほとんどのことが分かってしまいます。消費者金融は定期的に返済能力や返済の状況に滞りがなさそうかなど確認するために確認しています。

消費者金融にとっては「返済がきちんとされない」ということが最大のリスクなので、返済ができない兆候が色濃くなってきた際にはリスク回避の手段として相応の措置が取られていきます。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間