誤解されることの多い消費者金融の取り立て

消費者金融というといまだに「怖い人が取り立てに来る」「借金を返済するまで家の前に居座っていて帰らない」「夜中に大声で近所に聞こえるように取り立ててくる」といったようなイメージを持っている人が多いですが、これは大きな誤解です。

真っ当な消費者金融業者であればこのような取り立てをするようなことはまずありません。

貸金業法で消費者金融取り立てのルールは厳しく決められている

消費者金融の取り立て方法については現在「貸金業法」という法律の21条でやってはいけないことが10項目で明確に定められているので、簡単にまとめてみます。

  1. 正当な理由なしに午後9時〜午前8時までの間(※)に電話・FAX・訪問をしてはいけない
  2. 債務者(借金している人)が連絡をする時間帯を申し出た場合、それ以外の時間帯に連絡をしてはいけない
  3. 正当な理由なしに債務者の勤務先・住居以外の場所に電話・FAX・訪問をしてはいけない
  4. 勤務先や住居に訪問した際に、債務者から退去を言い渡された場合には退去しなくてはいけない
  5. 債務者以外の人に借り入れしているという事実を明らかにしてはいけない(秘密にしなくてはいけない)
  6. 他のクレジットカードやローンを使っての返済を強要してはいけない
  7. 債務者以外の者に返済を要求してはいけない
  8. 債務者以外の者に債務者の連絡先を聞いて拒否されている場合において債権の取立に協力することを要求してはいけない
  9. 債務者が弁護士に債務整理を委託したあとに債務者に取り立てをしてはいけない
  10. 上記いずれかの言動をすることを行ってはいけない

※法律の条文では「社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯」となっていますが金融庁「「貸金業の規制等に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」及び「貸金業の規制等に関する法律施行規則の一部を改正する内閣府令(案)」の公表について」に「午後9時〜午前8時」と時間が明記されています。

実はこのように取り立てに関しては細かく決まりが作られており、冒頭に書いたような「借金を返済するまで家の前に居座っていて帰らない」「夜中に大声で近所に聞こえるように取り立ててくる」といったような行為をすると、法律違反として逮捕されてしまいます。

一覧を見ていただくと分かるように借り入れをする人には優しい設計になっており、不安なく消費者金融を利用できます。

通常、期日通りに返済を済ませていれば、取り立てそのものが来ることがありませんし、消費者金融業者とコンタクトを取ることはありません。

消費者金融での返済を遅延し続けたらどうなるのか

それではもし返済が遅延し続けてしまったらどうなるのでしょうか。

どれだけ返済の遅延があっても、消費者金融業者は法律に則った対応をします。

遅延の最初の段階では電話や郵便の催促が来ることが多く、家に直接訪問に来るようなことはまずありません。電話をしてくる際にも脅迫や恫喝まがいのことをすることはなく、かつ、家族がいる自宅に電話をしてくるにしても前述の「債務者以外の人に借り入れしているという事実を明らかにしてはいけない」という決まりがありますので、消費者金融の名義ではなく、個人名義で電話が来ます。

その際に「いつまでに返済できるのか」などを聞かれますので、遅れていることを謝罪した上で返済できる期日を回答しましょう。ほとんどの業者は期日を伝えるとその日まで催促の電話は来ません。

さらに遅延が続いて返済できない状態が続くと消費者金融からの電話などの催促ではなく、裁判所からの「支払督促申立書」が届き、最終的には給与差し押さえなどに進んでいきます。

またこれ以外に「返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延」があった場合には信用情報機関に「事故情報」として登録され、他の消費者金融からお金が借りにくくなったり、住宅ローン・自動車ローンなどの審査に通りにくくなるなど将来的に自分自身のお金周りの面で不便をすることになります。

もし違法な取り立てを受けるようなことがあれば即警察へ

当サイトで紹介しているような大手消費者金融であれば間違いなく非合法な取り立てをされるようなことはありませんので、とにかく取り立てが不安ということであれば大手消費者金融を中心に選ぶと良いでしょう。

もし、既に消費者金融で借り入れをして家の前に居座られる、大声でドアを叩いて取り立てに来る、深夜の取り立てに来るといったようなことがあれば、その消費者金融は違法な業者(≒闇金融)の可能性があります。その場で即警察に電話してください。

繰り返しになりますが仮に返済が滞っていたとしても取り立ての方法はきちんと法律で決まっていますので、違法な取り立ては法律で罰せられます。

最後になりますが消費者金融の取り立てに関してはあくまで返済が遅れているような状況下の話になりますので、借り入れの利用は計画的に、きちんと期日までに返済してストレスのない生活を送れるようにしましょう。