消費者金融と銀行カードローンの違いとはなにか

お金を借りようと思ってカードローンについて色々と調べていると、「消費者金融の方が借りやすい」、「銀行カードローンの方が安心」、「銀行系カードローンは審査が厳しいな」ど様々な情報が出てきます。

ここで混乱してしまいがちなのが「消費者金融」「銀行カードローン」「銀行系カードローン」という言葉です。そもそもどういう違いがあるのか分かりにくいですよね。

実際に、消費者金融カードローンとと銀行カードローンにどのような違いがあるのかを確認してみましょう。

銀行と銀行系消費者金融の違いとはどのようなものか

まず一番最初に間違ってはいけないことととして「銀行カードローンと」と「銀行系カードローン(消費者金融)」の違いについて挙げておきましょう。
この2つのカードローンの違いは、「銀行カードローン」は銀行そのものが取扱をしているカードローンです。一方、「銀行系消費者金融」は銀行のグループ傘下にある消費者金融のことです。具体的なカードローン商品をみると以下のような分類となります。

銀行(銀行カードローン)

銀行系消費者金融

  • アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)
  • プロミス(三井住友フィナンシャルグループ)

実際に上記のように区分してみると、銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いが明確だと思います。
「銀行系」はあくまで「銀行系傘下のカードローン」で、一方、「銀行系カードローン」とは銀行のグループに属している消費者金融のカードローンのことをいいます。
また、銀行、銀行系の区分以外にもアイフルなど銀行系ではない独立した消費者金融もあります。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い

前述のような独立した消費者金融(アイフルなど)と銀行系消費者金融(アコム、SMBCモビットなど)を「消費者金融」、オリックス銀行や東京三菱UFJ銀行などの銀行を「銀行」と区分した上で両社が発行するカードローンにはどのような違いがあるのかを知っておきましょう。大きく分けて5点に分類しました。

  • 総量規制の対象となるカードローンかどうか
  • 金利の違い
  • 申し込みから融資までにかかる時間
  • 安全性や信頼性は同じ

総量規制の対象のカードローンかどうか

消費者金融と銀行の大きな違いは、カードローンが総量規制の対象かどうかという点です。
総量規制とは「年収の1/3以上の借り入れはできない」という貸金業法の中の決まりで消費者金融や信販会社またはクレジットカード会社(キャッシング枠)貸金業が対象になります。

一方、銀行は、貸金業者として分類されないため、そのため貸金業法が適用されません。(銀行は、銀行法という法律によって運営されています。)そのため、総量規制の対象外のカードローンです。
しかし、銀行カードローンであれば必ずしも年収の3分の1を超える金額を借りれるというわけではありません。もちろん、銀行カードローンの消費者金融と同様に借り入れをするには、審査に通過する必要があります。銀行カードローンの審査では、銀行カードローンの取扱をしている銀行と審査に関する保証業務を請け負っている会社、つまり保保証会社(消費者金融が多いです)両方の審査に通過する必要があります。

銀行カードローンは総量規制の対象ではないが貸付の上限を総量規制に準じた基準としているローン商品もある

昨今では、銀行カードローンの借りすぎよる多重債務者の増加が社会問題化しています。
そのため、利用者への貸付額の基準を消費者金融の総量規制に準じた申込者の年収の3分の1以内としている銀行も多くあります。

外部関連サイト:「これでは多重債務者が… メガバンクのカードローンビジネス、どうあるべきか
外部関連サイト:「3メガ銀、カードローンに自主上限 過剰融資批判受け  :日本経済新聞

銀行カードローンの方が消費者金融に比べて金利が低めである

次に実際の借り入れをする際の金利です。一般的には銀行カードローンの方が金利が低く抑えられています。
銀行カードローン

消費者金融

  • アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ):年利4.7〜18.0%
  • SMBCモビット(三井住友銀行グループ):年利3.0〜18.0%
  • プロミス(三井住友フィナンシャルグループ):年利4.5〜17.8%

銀行カードローンと消費者金融とでは金利の上限が3〜4%前後違っているのがわかりますね。
これだけ見ると「銀行でお金を借りた方がいい」となりますが、消費者金融にはそれ以外の利点があります。
それでは、消費者金融メリットをみていくことにしましょう。

消費者金融の方が融資までの時間が早い

消費者金融が売りにしているのはなんといっても申込から融資までの早さです。
消費者金融の公式サイトなどを覗いてみると「即日融資可能」「審査最短30分」など早さを売りに出していることが多いです。

2018年1月からは全ての銀行で即日融資が不可能となった

銀行も融資にそこまで時間が掛かるわけではないのですが、多くの場合は「翌営業日」「2〜3営業日で回答」などの記載があり「今すぐお金が必要」という時には消費者金融側にメリットがあるといえるでしょう。なお、2017年まではメガバンクなどの一部の銀行で即日融資が可能でしたが、2018年1月からは全ての銀行で即日融資が不可能になりました。
この理由は、過剰融資に対する自主規制によるものではなく、以前から問題視されていた暴力団などの反社会的勢力に対する融資防止ため、銀行が警察庁のデータベースで照会を行うためです。

借り入れ時の審査内容も異なることもある

銀行も消費者金融も原則的に審査の内容や審査基準の詳細は公開していませんが、一般的には銀行の方が審査の内容は厳しいと言われています。

銀行は貸金業ではないため極端なことを言うと個人にお金を貸し出さなくても自分たちは生き延びていけます。その一方で、消費者金融はお金を貸してなんぼの商売なので、その分、積極的に貸出をするというのは理解しやすいでしょう。

もちろん消費者金融も「きちんと返済できそうな人」にお金を貸し出すので、審査が緩いわけではないことは理解しておきましょう。

安全性や信頼性は銀行も消費者金融も変わらない

おそらくほとんどの人が「消費者金融より銀行の方が安全」と感じているかと思いますが、当サイトで紹介しているような大手消費者金融であれば、安全性の面では消費者金融も銀行も変わりません。
「誤解されることの多い消費者金融の取り立て」でもまとめている通り、今は貸金業法で消費者金融の行動もかなり厳しく制限されているので「消費者金融だから安全ではない」ということはありません。

銀行と消費者金融、どちらから借りるべきなのか?

銀行カードローンと消費者金融についてまとめましたが、これから借りる人はどちらから借りるべきなのでしょうか。基本的には「どれくらい急ぎか」というところを目安に考えるといいでしょう。
時間や借り入れの時まで余裕がある人は、金利の低さから銀行カードローンを選ぶべきです。

逆に時間に余裕がなく、とりあえず今すぐお金がないと大変なことになるという人はまず消費者金融に申し込んでみましょう。

いずれを選ぶにしても自分の返済プランをきちんと念頭に入れつつ、計画的な利用をしましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間