プロミスでは土日祝日の申し込みや審査・即日での融資が可能

土日祝日に急にお金が必要になって、キャッシングを利用したいけど、銀行のなどの店頭窓口はお休みのところが多いかと思います。
プロミスなら平日の即日キャッシングはもちろんのこと、土日祝日でも自動契約機(無人契約機)やインターネット(WEB)、電話でキャッシングの申し込み・審査を受け付けています。

また、土日祝日でも申し込みの時間帯や融資の方法によっては即日融資が可能で、加えて、プロミスでの借入金の返済もできます。
プロミスで土日祝日の申し込み審査即日融資を受けるにはどうしたらいいのでしょうか。土日祝日でもプロミスカードローンの受付可能な申し込み方法や土日祝日での審査についてまた、土日に即日融資うけるにはどうしたらいいかについてまとめました。

プロミスで土日祝日の即日融資が可能な申込方法

プロミスでは土日祝日でも、カードローンの申し込み完了後、申し込み当日に審査を受け、審査に通過した場合には、即日融資を受けることが可能です。
プロミスでの申し込み方法は、WEB申し込み(インターネットからの申し込み)、電話での申し込み、自動契約機での申し込み、三井住友銀行ローン契約機での申し込み、店頭窓口(お客様サービスプラザ)での申し込み、郵送での申し込みの6種類がありますが、土日祝日に利用できる申し込み方法は次の3つの方法です。

  • WEB(インターネット)
    営業時間:土日祝日を含む365日 24時間申込受付
  • 電話
    営業時間:土日祝日を含む365日 9:00~22:00
  • 自動契約機
    営業時間:土日祝日を含む365日 9:00~22:00(一部店舗は21時まで)
  • 三井住友銀行ローン契約機
    営業時間:土日祝日を含む365日 9:00~21:00(店舗により変動あり)

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)







ただし、24時間365日、申し込み・審査受け付けているインターネット申し込み(WEB申し込み)場合でも、申込者に、審査結果の回答が来る時間帯は決まっています。

プロミスの審査回答時間は9時~21時

プロミスでの審査結果の回答が受けられるは下記の時間です

  • 審査結果の回答時間は、年中無休9:00~21:00



上記の時間より早い時間、例えば早朝にインターネットで申し込みした場合には、土日祝日や平日を問わず、午前9時以降から審査が開始されます。また、申込日21時以降に申し込みを受け付けた分に関しては、翌日の9時以降の審査回答となりますので注意してください。

なお、プロミスでの審査時間と審査結果については、「プロミスの審査時間と審査結果がすぐに来ない場合の対応」で詳しく解説しております。

プロミスでは土日祝日でも平日と同様に申込完了後すぐに審査が行われる

もちろん、土日祝日の申し込みでも、平日の申し込みと同様に申し込み完了後、すぐに審査が行われます。
それでは、プロミスの審査について解説いたします。

土日祝日でも申込者の勤務先への在籍確認が必要

土日にプロミスの申し込みをする際に、申込者の勤務先がお休みなどで在籍確認できない場合があります。在籍確認とは、申込者が申込み時に記載した勤務先にきちんと在籍しているかと確認することをいいます。原則的には、土日であっても電話での在籍確認を行います。

そのため、原則として土日祝日でのプロミスカードローンの即日融資を希望している場合には、利用者本人が土日に勤務先に行き電話に出る方法が最も確実です。

土日祝日に在籍確認ができない場合などは書類提出によって在籍確認を完了したとみなす

勤務先が遠い、職場に電話をしてもつながらないなどの理由をプロミスの担当者に電話で話すことで、例外的に在籍確認を翌営業日にして土日の申込日当日の即日融資が可能になったり、代替手段として、「申込時に入力した勤務先に勤めていることが証明できる書類」の提出を求められる場合もあります。
申込時に入力した勤務先に勤めていることが証明できる書類とは、社名の記載されている健康保険証や社会保険証または社員証、給与明細書などの書類です。
これらの書類は運転免許証などの本人確認書類と一緒に提出する必要があります。なお、プロミスでの在籍確認の電話をなしにしたい場合については、「プロミスで勤務先への電話連絡なしでも審査に通過してお金を借りることはできる」で詳しく解説しています。

プロミスの審査内容は申込者の属性スコアリングと信用情報の2つ

安定した収入の他にも、プロミスの審査では、申込者の返済能力に問題がないかどうかを借り入れ前に必ず審査を行います。審査の際に返済能力に問題があると判断されてしまった場合には、審査に通らなかったり、希望の利用限度額に満たなかったりします。それではプロミスがどのようにキャッシング審査をしているかについてみていきましょう。プロミスの審査基準と審査に通るためのコツは主に下記の2つがあります。

  • 利用者の属性スコアリングでの審査
  • 利用者の信用情報での審査
プロミスの審査に通るか心配であれば事前に借り入れシュミレーションをしてみる
    プロミスでは、申し込み前にWEB上にある借り入れシュミレーションを利用して、事前に融資の可否を判断できます。
    もし、プロミスの審査に通るかどうか不安でしたら、是非ご利用ください。ただし、この「借り入れシュミレーション」はあくまでも目安です。

    プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション

属性スコアリングとは申込者の職業や年収などの個人情報

審査における属性とは、その人の仕事や年収、家族構成、健康保険などの情報のことを指します。
プロミスを含む大手カードローン会社では、この属性をシステムで自動的にスコアリング(点数化)し、審査基準としています。
では、属性のスコアリングでどのようなところを判断しているのでしょうか。
属性スコアリングでは年収や勤務先、家族携帯などを見て点数化しています。
申込者の者の属性スコアリングで見られる主な項目は次の通りです。

  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態・年数
  • 家族構成・年齢
  • 固定電話の有無

信用情報とはカードローンなどの利用記録の履歴である

信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの利用記録のことで、信用情報機関という期間で管理されています。信用情報機関とはシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの機関です。この機関で、各申込者の信用情報が記録されています。
プロミスへ申し込みすると、プロミスは自社が加盟している信用情報機関を通じ、必ず申込者の信用情報をチェックします。そして、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します。現在、プロミスは株式会社シー・アイ・シーと株式会社日本信用情報機構の2つの信用情報機関に加盟しています。信用情報に記載されている主な項目は次の通りです。

  • 他社借り入れ件数
  • 他社借り入れ総額
  • 金融事故の有無

土日祝日にプロミスから融資を受けるにはどうしたらいいのか

プロミスでは、即日融資のサービスを行っていますが、どの融資方法の場合、土日祝日でも即日融資が可能になるのでしょうか。プロミスで土日祝日でも融資が受けられる、即日融資が可能な融資方法は次の2つです。

  • 「瞬フリ」(振込キャッシング)のサービスを利用する(銀行振込
  • 自動契約機(無人契約機)でローンカードを発行後ATMで融資を受ける

それでは上記の2つの借入手段を詳しく見ていきましょう。

24時間365日融資可能な「瞬フリ」のサービスを利用する

契約者が、パソコン・携帯電話・スマートフォンから三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の口座をもっている際にはプロミスの「瞬フリ」サービスを利用することができます。「瞬フリ」サービスを利用すると、平日はもちろん土日祝日でも24時間いつでも融資が可能です。融資の受付から10秒ほどで希望の借入金を指定した口座に振り込んでもらえることができます。
下の図は上記2行での「瞬フリ」サービスを利用した場合の、受付時間と振込実施時間をまとめました。

三井住友銀行・ジャパネット銀行の受付け時間と振込実施時間
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日・土日祝日共に 0:00~24:00(24時間受付) 受け付け完了から即時

プロミスの瞬フリサービスは、インターネット環境につながっていればいつでもどこでも融資が可能ですので、非常に便利なサービスです。ただし、事前に三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行またはゆうちょ銀行のインターネットバンキング可能な口座を持っていることが条件です。また、「瞬フリ」のサービスを利用する際には、プロミスのローンカードは不要で振込融資が可能です。

ローンカード発行手続きのために、店頭窓口(お客様サービスプラザ)や自動契約機に手間も必要ないので大変便利なサービスだといえるでしょう。一方、三井住友銀行およびジャパンネット銀行以外の金融機関を利用する場合の融資受付時間、振込実施時間などを下の表にまとめておきましたので参考にしてみてください。

その他の金融機関の場合
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日(月曜日~金曜日) 0:00~9:00 当日9:30頃
平日(月曜日~金曜日) 9:00~14:50 受け付け完了から即時
平日(月曜日~金曜日) 14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9:31頃

三井住友銀行およびジャパンネット銀行以外の金融機関を利用する場合には、平日の9:00~14:00までに申し込みから審査、契約まで完了しておく必要があります。
なお、平日の夜間や土日祝日に三井住友銀行およびジャパンネット銀行以外の金融機関を利用して振込融資をした場合には、プロミスからの融資は翌営業日になってしまいますので、注意しましょう。

三井住友銀行およびジャパンネット銀行以外の金融機関を利用する場合にも、プロミスのローンカードがなくても振込融資は可能です。
なお、三井住友銀行、ジャパネット銀行を含むすべての金融機関で、元日はすべてのサービスが停止となりますので、注意してください。

ATMを利用して即日融資を受けるためには申込日の20時までに申込・契約を完了させておく

ATMを利用してプロミスから融資を受ける場合には、プロミスローンカードが必要になりますので、自動契約機や店頭窓口(お客様サービスプラザ)でまずローンカードを受け取ってからATMでお金を引き出す流れとなります。そのため、自動契約機での申し込み・契約が最も便利でしょう。
プロミスの自動契約機の営業時間は、平日、土日祝日を問わず、9:00~22:00(一部店舗は21時まで)です。自動契約機を利用して即日融資希望する場合には、申込日当日の21時までにローンカードを受け取る必要があります。つまり、20時までには申し込みが完了していることが必要となります。
ちなみに、プロミスの自動契約機の近くにはプロミスのATMが併設されている場合が多いのです。また、三井住友銀行などの提携先金融機関のATMやセブン銀行やローソンATMなどのコンビニ提携先ATMでも利用可能です。なお、プロミスでのコンビニでの利用方法については、「プロミスならコンビニATMでの借入・返済も可能」で詳しく解説しています。
プロミスで利用可能なATMの営業時間や手数料の有無などを下の図にまとめました。

各ATM 営業時間 利用手数料 1,000円単位での借り入れ
プロミスATM 7:00~24:00 無料
三井住友銀行ATM 24時間 無料
セブン銀行ATM 24時間 1万円以下108円 1万円超216円 ×
ローソンATM 0:10~23:50 1万円以下108円 1万円超217円 ×
イーネットATM 7:00~23:00 1万円以下108円 1万円超218円 ×

 
ただし、毎週月曜日の0時~7時はプロミスでのシステムメンテナンスのため、全ての提携ATMを利用することができません。
他にも、東京スター銀行や福岡銀行、熊本銀行などの地方銀行の提携ATMでもプロミスカードローンを利用することができます。各提携先金融機関の営業時間、利用手数料はプロミスの公式ホームページで確認されるといいでしょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


プロミスカードローンの申し込み・契約に必要な書類

運転免許証などの本人確認書類は申し込み時の契約に必須である

プロミスのカードローンに申し込みする際には下記のいずれかの本人確認書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
    (住民票と合わせ来店時契約時のみ有効)

また、外国人の場合には上記以外に在留カードもしくは特別永住者証明書が必要となります。
上記にあげた本人確認書類のいずれかと現住所が異なる場合には、下記の書類が必要となります。
公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)

  • 携帯電話の領収書は不可
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

上記、いずかの書類は発行から6か月以内ものが有効ですので注意してくださいね。

収入証明書の提出が必要な場合もある

また、下記の場合には収入証明書の提出が必要となります。
プロミス公式ホームページより

  • プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
  • プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方




プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方というのが少しわかりにくいと思いますので説明いたします。
たとえば、現在他社消費者金融で合計70万円を借りいれており、プロミスで希望融資額を50万にしたいという場合などです。
この際に提出する、収入証明書として有効なものを次のいずれかです。

  • 給料明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)

給料明細書および源泉徴収票に関しては、会社員またはパート・アルバイトなどの給与取得者が対象となります。一方、自営業などをされており個人事業主の方は、給与明細書や源泉徴収票がないために確定申告書になります。もし、収入証明書について不明な点がある場合には、プロミスの担当者に事前に連絡してみることをおすすめいたします。プロミスの収入証明については、「プロミスでお金を借りる際に収入証明書は必要か」で詳しく解説しておりますのでご覧ください。
また、本人確認書類や収入証明書にマイナンバーが記載されている場合には、黒く塗りつぶすまたは、マイナンバーの部分を隠して撮影するなどしてから提出してください

利用限度額の増額の場合には増額申込のみ可能

プロミスで土日祝日に限度額増額の申込みをしたとしても、
増額審査を行うのは「平日9:00~18:00」になってしまうため、即日融資まではたどり着かないので注意が必要です。
つまり、金曜日22時に増額の申請の受付けをしたとしても、即日での審査はしてもらえず、限度額増額の審査回答がでるのは土日を挟んだ翌月曜日になってしまいます。
利用限度額を増額してから土日祝日に融資を受けたい場合には、「平日9:00~18:00(できれば木曜日まで)のうちに限度額増額の申込みから審査完了までを済ませておく必要がありますので、注意しましょう。プロミスの増額については、「プロミスカードローンの利用限度額の増額方法と増額審査」で詳しく解説しております。

プロミスでは土日祝日の返済方法

プロミスで土日祝日に返済が可能な返済方法は下記に通りです。

それでは、各返済方法をみていきましょう。

インターネット返済

インターネット返済の流れは下記の通りです。

  • プロミスの会員ページにログイン
  • インターネットによるご返済のお手続き開始をクリック
  • 返済金額などを入力し、返済希望の金融機関を選択する
  • 選択した金融機関のインターネットバンキングにログインし、口座を選択する
  • インターネット返済完了

インターネット決済は基本的に24時間365日利用できる大変便利なシステムですが、プロミスや各金融機関のメンテナンスの時間帯などは利用できない時間帯もあるので注意してください。
プロミスのインターネット返済については、「プロミスのインターネット返済」で詳しく解説しております。

全国にあるATMを利用しても土日祝日に借入金の返済ができる

全国にあるプロミスのATMまたコンビニや金融機関提携先ATMを利用しても土日祝日の返済が可能です。主な提携先ATMは下記になります。
主な提携先コンビニATM

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-NET(ファミリーマートやミニストップ)

主な提携先金融機関

  • 三菱UFJ銀行
  • イオン銀行

この他にも、東京スター銀行や北陸銀行などの地方銀行、またクレジット会社の提携先であるクレディセゾンのATMも利用することが可能です。提携先一覧の情報に関しては、プロミスの公式ホームページに提携先ATMが記載されていますので、確認されてみてと思います。

ただし、提携先ATMを返済時に利用する際には、借り入れ・融資の時と同様に、利用するごとに取引額1万円以下の場合には108円、取引額が1万円を超える場合には216円の手数料を取られてしまうので注意しましょう。

このようにプロミスでは、土曜日や日曜日または祝日でもキャッシングの申し込みや即日融資、そして借入金の返済も利用可能です。

プロミスコール(電話受け付け)は土日祝でも利用できる

プロミスのカードローンで分からないことや借入方法や返済手段について相談したいことがあった場合、プロミスコール:0120-24-0365に電話をすることで問い合わせが可能となります。
プロミスコールの問い合わせ項目別の営業時間は下記の通りです。

  • 新規申し込み:9:00~22:00 (平日・土日祝日共に)
  • 各種問い合わせ(オペレーター対応):平日のみ 9:00~18:00 土日祝日:休業
  • 各種問い合わせ(音声自動応答) 0:00~24:00(平日・土日祝日共に)
  • カード紛失・盗難受付 0:00~24:00(平日・土日祝日共に)

契約者の問い合わせに関しては(新規申し込み以外)平日9:00~18:00までの間であれば・オペレーターが直接対応してくれますが、土日祝日だと音声自動応答になってしまう点です。また、「解約や退会手続き」の相談もオペレーター対応していおる平日9:00~18:00までとなります。ローンカードの紛失や盗難受付に関しては、緊急事態となるので、24時間365日いつでも受付をしてくれているので助かります。
プロミスでは、土日祝日でも音声自動応答で受け付けているので、プロミスカードローンについて質問点や不明点または、申込や融資・返済に関することなど分からないことがあれば、まず問い合わせしてみることをおすすめいたします。

土日祝日に急にお金が必要になってしまった。または、平日に仕事などで忙しく、返済の手続きができないという場合でもプロミスなら安心して利用できると思いますよ。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間