消費者金融とクレジットカードの違い

「消費者金融(カードローン)とクレジットカード」、この二つはその機能が大きく異なっているものの、あまり詳しく言及されているところはありません。

今回は初心者向けに消費者金融とクレジットカードの違いについて詳しく解説いたします。

クレジットカードと消費者金融の違い

まずは簡単にクレジットカードと消費者金融の違いについて触れてみましょう。

クレジットカードとは信販会社やクレジットカード会社が発行するカード

クレジットカードとは主に信販会社やクレジットカード会社が発行するカードのことです。
買い物をする機能がメインのカードで、何かを購入する際にクレジットカード払いとして処理してもらい、後から代金を支払うというもの。いわゆる買い物代金の立替をしてもらうカードです。

立替処理ができるのはそのクレジットカードの加盟店のみとなっています。レストランなどで「AMEX、VISA、JCB対応」などの記載を見たことがある人も多いでしょう。

自分の持っているカードが対応されていないとカード払いすることができません。
またカードによってはキャッシング機能を搭載しているものもあり、そのようなカードは直接ATMなどで現金を引き落とすことが可能です。

消費者金融とはお金そのもの個人に貸す業者

消費者金融とは「貸金業」と言われるように「お金そのものを消費者に貸す」というのがメインの業務となります。
クレジットカードが加盟店で立替をするのに対して、消費者金融はお金そのものを借りられるので自由度は非常に高いです。

消費者金融でもカードを発行してくれますが、あくまでATMで現金引き落とし(借り入れ)のためのカードでクレジット機能は付いていません。

※最近は、大手消費者金融のアコムで「アコムACマスターカード」など消費者金融が発行しているクレジットカードも出てきています。
なお、アコムカードローンの申し込み方法については、「アコムカードローンの申し込み方法」で詳しく解説しております。

消費者金融とクレジットカードのキャッシング機能の違い

前述の通り、クレジットカードの中にも現金を引き落とせるキャッシング機能が付いているものがあります。
実際にお金を借りられるという意味では代わりはないのですが、内容がどのように違うのかを確認しておきましょう。

金利はクレジットカードの方が低い

金利についてはクレジットカードの方が圧倒的に優位性があります。
例えば10万円のバッグなどを購入したとします。

クレジットカードだと「一括払い」「分割/リボ払い」「キャッシング機能でお金を借り入れして支払い」の3つの選択肢があります。

この際に一番お得なのが「一括払い」です。

返済日までに口座に借り入れの10万円が入っていれば、それ以外の料金はかかりません。つまり10万円立て替えてもらって、10万円を返済すればいい、というわけです。次に分割払いにすると消費者金融より少し低めの金利で済みます。

最後の「キャッシング機能でお金を借りる」についてはほとんど消費者金融と利息が変わりません。「加盟店でなければ立替の支払いはできない」という縛りはあるものの、金利の面でクレジットカードは利便性が高いといえるでしょう。

ちなみに消費者金融でも一括払いはありますが、金利が付いてしまいます。

利用限度額は消費者金融の方が10倍以上高い

前述の通りクレジットカードのメイン機能はあくまで買い物なので、キャッシング機能が搭載されているカードでも消費者金融と比較すると利用限度額は低めです。

同じ系列の会社で見てみると分かりやすいです。

三井住友フィナンシャルグループ

三井住友VISAカード(クレカ)50万円
プロミス(消費者金融):500万円

三菱UFJフィナンシャルグループ
三菱東京UFJ-VISA(クレカ):50万円
アコム(消費者金融):500万円

ご覧のとおりキャッシングの利用限度額が10倍近く違います。

銀行系キャッシングでも上位プランで限度額を上げられるものもありますが、別途審査があったり、年会費があったり…と色々と手間がかかります。

単純にお金の上限だけ見るのであれば消費者金融の方が優位と言えるでしょう。

申し込み可能な年齢はクレジットカードは18歳以上、消費者金融は20歳以上

多くのケースではクレジットカードの発行は18歳以上、消費者金融の利用は20歳以上と定められています。

審査から融資(借り入れ)までの時間は消費者金融の方が早い

審査から融資までの時間については消費者金融の方が早いです。
多くの消費者金融では「即日融資」「最短30分審査」などを売りにしているので「今すぐお金を借りたい」という場合には消費者金融が使いやすいでしょう。

クレジットカード発行の審査の方がやや厳しくなり、時間もかかりやすいというのが一般的な傾向です。

消費者金融もクレジットカードも安全性はほぼ同じ

一般的な認知としてクレジットカードの方が健全なイメージがあるものの、消費者金融も計画的に利用を行っていれば危険な目に会うことはまずありません。

「利用するのが不安」「危ない」などと言われることがあります・しかしテレビでCMを流しているような大手消費者金融であれば、法令遵守をしており少なくとも安全性には問題はありません。

利用者が一番懸念するのは取り立ての部分ですが「誤解されることの多い消費者金融の取り立て」にもまとめた通り貸金業法で詳細に取り決めがされています。

自分がどうお金を使うかに応じて使い分ける
以上、消費者金融とクレジットカードの違いについてまとめてみました。

ざっくりとまとめると、

  • クレジットカード:少額のお金しか使わない・クレカ対応のお店で買い物をする場合
  • 消費者金融:大きめのお金を使いたい・現金を自由に使いたい場合

上記のように分類されます。

どちらを使っても、お金をコントロールできれば問題はありません。「計画的に利用する」ということを心がけていきましょう