消費者金融プロミス

大手消費者金融会社プロミス。テレビCMなども頻繁に放映されているので、名前は知っている人がほとんどでしょう。ただ、実際にはどのような消費者金融なのか知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は実際のプロミスの金利や審査、返済の方法などをわかりやすくまとめてみました。

プロミスの金利と利用限度額

プロミスの金利は年利で4.5〜17.8%です。
この数値だけ見ても高いのか低いのか分かりにくいですが、他の一般的な消費者金融と比較すると低めの金利と言えます。

  • プロミス:実質年利4.5〜17.8%
  • モビット:実質年利3.0〜18.0%
  • レイク:実質年利4.5〜18.0%
  • オリックス銀行カードローン:実質年利1.7〜17.8%
  • アコム:実質年利4.7〜18.0%
  • アイフル:実質年利4.5〜18.0%

年利の範囲が広範囲なものの「消費者金融の金利の計算方法」で書いた通り、原則的には最大金利が適用されますので、18%の他消費者金融と比較すると17.8%は低い方と言えるでしょう。

(※100万以上の借入の場合は利息制限法により年利15.0%%に引き下げられるのでご注意ください)

最大の借り入れ限度額は500万円。多くの消費者金融は限度額500万円で設定されているため、この額は平均的といえます。

申しこめば500万円まで借り入れできるというわけではなく、審査の上、いくらまで借り入れができるのかが決められます。限度額の500万円は「どれだけ条件がそろっても500万円までしか借りられない」ということです。

申し込み〜審査の流れ

電話(プロミスコール)や店舗(プロミスお客様サービスプラザ)申し込み、郵送申し込み、自動契約機などの一般的な申し込みから、Webでの申し込み(24時間365日対応)も実施しています。
Web申し込みの方法は2種類。

  1. カンタン入力(Web入力の項目が少なく、詳細は電話で相談)
  2. フル入力(Webで全ての項目を入力。必要に応じて電話あり)

「カンタン入力」は主要な項目のみをWebで登録し、残りは電話相談というもの。Webを使うのが面倒という人に使い勝手の良いプランです。
「フル入力」は全てをWebで完結するというもの。こちらは「カンタン入力」とは反対に電話がわずらわしいという人向けのプランです。

審査についてネットで調べてみると「プロミスの審査は厳しい(甘い)」と様々な憶測が書かれていますが、条件としては一般的で、決して甘いということはありません。

前提として「20〜69歳の安定した収入のある」人が対象になっていますので、主婦や学生でも安定収入があれば審査を受けることができます。逆に言うと専業主婦のように自分自身に安定した収入がない場合には条件としては厳しいです。

特筆すべき「Web完結サービス」

プロミスの申し込みから審査の流れで一番抑えておきたいのが「Web完結サービス」です。

簡単に言うと電話による在籍確認などがなく(※)、すべての審査をWebで完了させてしまうというものです。このサービスは他社に先駆けたサービスで、会社への在籍確認に抵抗がある人や誰にも会いたくないという人には魅力的なサービスと言えるでしょう。
(ただしプロミスではWEB完結の場合でも原則として、在籍確認があります。詳しくは、「プロミスでの在籍確認のタイミングと電話の内容」で解説しています。」

また発行されるカードについても郵送物の有無選択(「カード郵送希望なし」で店舗受取り)、あるいはWebで指定口座に振り込んでもらう「カードレス」方式も選択できるので、Web完結サービスを使えば何の形も残らずサービス利用ができます。

※「Web完結サービス」を利用せずに電話の在籍確認をする場合にも、内容は「◯◯さんはいらっしゃいますか」という個人名で掛かってくる電話だけなので会社バレすることもありません。

利用方法はATM・振込など選択可能

利用方法は次の通りです。

  • 店頭:プロミスお客様サービスプラザ
  • ATM:プロミス・三井住友銀行のATM(手数料なし)、ローソンやファミリーマート、セブン-イレブンなどの提携ATM(手数料あり)
  • 口座振替:三井住友銀行・ジャパンネット銀行(返済日などの選択肢が多め)、その他金融機関(利用できないところも)

いずれの方法でもキャッシングの借入、返済が可能です。

増資・増枠について

「今借り入れている額よりももっと大きい額が借りたい」という場合には会員サービス内「限度額変更申込」から申し込むか電話による問い合わせで相談します。ここで増枠できるかどうかの審査が入ります。

プロミスの増枠審査について内容は明かされていないため、明確な基準はわかりません。しかし「消費者金融の限度額について」にまとめた通り、基準としては

借りたお金をきちんと期日通りに返済しているか
他の消費者金融との借入が重なっていないか
この2点が確認されることがほとんどです。

またいくら増資して欲しいといっても、総量規制により年収の1/3以上の借り入れはできませんのでご注意ください。