アコムとプロミスの審査・利用限度額・金利などの項目を徹底比較

カードローンの中でも人気の高い消費者金融の2社、アコムとプロミスを審査や利用限度額・金利などのな項目から比較しました。
プロミスとアコムはテレビCMや広告などでご存知の通り大手消費者金融です。テレビCMや広告などで見る機会が多いので、初めてカードローンを利用を考えたときにすぐに候補にあがる2つのカードローン会社ではないのでしょうか。
同じ消費者金融だからアコムもプロミスもそこまで大差はないと思っていませんか。
ここでは、アコムプロミスを徹底比較して、この2つのカードローンの特徴や魅力を見ていこうかと思います。特に、消費者金融の中でも、アコム・プロミスどちらを利用しようか迷っているようでしたらゼひ参考にしてみてください。

アコムカードローンとプロミスカードローンでは同じカードローンでも詳細が異なる

アコムカードローンとプロミスカードローンの詳細情報を下の表に記載いたしました。

アコム プロミス
金利(実質年率) 3.0~18.0% 4.5~17.8%
利用借入限度額 1~800万円 1~500万円
審査時間 最短30分 最短30分
即日融資 最短1時間 最短1時間
無利息期間 契約日の翌日から30日間 初回出金日の翌日から30日間
返済日 35日ごとの返済・毎月払い 毎月5日、15日、25日、末日から選択可
最少返済額(月々に返さなければいけない金額) 2,100円(5万円借入れの場合、借入額でよって変化する) 2,000円(5万円借入れの場合、借入額でよって変化する)

このようにアコムとプロミスの詳細を並べてみると、同じ消費者金融のカードローンでありながら、多少違いがあるのかがわかると思います。
それでは審査、金利、利用限度額、即日融資ができるかどうか、そして無利息期間サービスなどの項目について、アコムカードローンとプロミスカードローンを比較していくことにしましょう。

アコムカードローンとプロミスカードローンの新規成約率の比較

新規契約率率はアコムの方が若干高いがアコムの審査が甘いわけではない

まず、アコムとプロミスの成約率)を比較してみましょう。カードローンの審査では各社独自の審査基準があります。
審査基準の詳細は公表されていませんが、公式ホームページなどでで公開されたデータから成約率を見ることができます。
新規成約率とは、新規の申込者のうち何人が審査に通ったのか割合にしたもので、この数字が高い程新規の貸付けを積極的におこなっていると判断することができます。この契約率客観的なデータであり、アコムやプロミスでの審査通過を保証するものではありません。
アコムとプロミスの新規成約率率は以下の通りです。

  • アコムの成約率 48.7%
  • プロミスの成約率 44.3%

※(2016年6月現在)

アコムとプロミスの新規成約率率が違う理由は、公表されてはいませんが、アコムの方が初めてカードローンを利用する利用者の割合が高いことと、50万円以下の少額融資が多いためだと考えられます。初めてのカードローン利用で審査が不安な方は、新規契約率率が高いアコムに申込みした方がいいかもしれません。
しかし、けっして、アコムカードローンの審査が甘いというわけではありません。アコム・プロミス申込者のうち、申込者の約半数が審査に落ちているということになります。キャッシング審査は、申し込み後実際受けてみないと結果がわかりません。単純に新規成約率が高いといっても他社借入の件数や金額が多かったり、長期の滞納をしていた場合などは審査に落ちてしまうので注意しましょう。

なお、アコムの審査基準については、「アコムカードローンの審査基準と審査に落ちた人の対応策」詳しく解説しています。

一方、プロミスの審査基準については「プロミスカードローンの審査基準」で詳しく解説しております。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


アコムとプロミスの利用限度額の範囲は異なるが、実際のところ利用者の年収の3分の1が利用限度額の上限となる

次は、アコムとプロミスの利用限度額をみていくことにしましょう。

アコムカードローン プロミスカードローン
利用限度額 1~800万円 1~500万円

上の表の通り、利用限度額の上限は、アコム800万円プロミス500万円ので設定されています。
銀行カードローンの場合は、融資を受けられる金額が10万円単位の場合が多いため、アコム、プロミス共に1万円単位で借入額を決められるのは、都合がいいと思います。

給料日前でお金がすぐに必要な場合や、何かほしいものがあってちょとしたお買い物したい、といった数万円単位の少額での借入で十分という場合にはとくに利用限度額を気にする必要はありません。
利用限度額の上限金額のみをみるのであれば、アコムを選ぶ方がいいかもしれませんが、正直そこまで必要ないという方が大半だと思います。
なぜならアコムカードローンもプロミスカードローンも総量規制の対象のカードローンだからです。

アコムもプロミスも総量規制対象のカードローンである

総量規制とは、貸金業法で定められた個人への貸付の制限のことで、消費者金融業者、信販会社。クレジットカード会社などからの融資は年収の3分の1にまで制限されています。
つまり、アコム・プロミスともに利用限度額の上限は、利用者の年収の3分の1ということになります。つまり、利用限度額が異なっているとしても申込者ごとに利用限度額の上限が異なるため、アコムとプロミスの利用限度額の差を気にすることはないでしょう。

アコムとプロミスの金利を比較すると若干プロミスカードローンの方が低い

続いて、プロミスとアコムで金利を比較してみましょう。

アコム プロミス
金利(実質年率) 3.0~18.0% 4.5~17.8%

下限金利はアコムが3.0%で、プロミスの4.5%よりも低くなっています。
ただし、下限金利が適用されるのは、基本的に最高限度額が設定された場合です。
先ほども述べた通り、消費者金融での借り入れでは、貸金業法に定められている総量規制の制限があるため、年収の3分の1を超える借り入れはできません。
つまり、アコムで金利3.0%で借入れするためには、年収がおよそ2,400万円(アコムの限度額800万円×3)ないと無理です。

また、カードローンキャッシングを初めて利用する方の場合であれば、利用限度額100万円以下に設定されることが多く、加えて、返済実績がないためにアコム・プロミス共に上限金利での融資になる場合が多いです。そのため、アコムやプロミスに限らずカードローンを選ぶ際には、上限金利を基準に選んだほうがいいでしょう。

アコム・プロミスの上限金利の差を比較するとあまり変わらない

プロミスの金利は17.8%なので、アコムの金利18.0%よりも0.2%低く借入れすることができます。
それでは、0.2%の差というのは利息額にすると、どのくらいになるのでしょうか。
金利17.8%と金利18.0%で1年間借りた場合を比較したものが下の表になります。

借入金額 金利18.0%の利息(アコムの上限金利) 金利17.8%の利息(プロミスの上限金利) 利息額の差額
借入額10万円 10,011円 9,894円 約100円
借入額20万円 20,027円 19,796円 約200円
借入額30万円 30,044円 29,071円 約300円
借入額40万円 40,055円 39,601円 約450円
借入額50万円 50,074円 49,503円 約500円

上の表で金利17.8%と金利18.0%で1年間借りた場合を比較してみましたが、10万円ごとに年間約100円程度の違いしかありません。そのため、金利については、アコム・プロミスともに変わらないと考えてもいいでしょう。
なお、アコムの金利や利息については、「アコムの金利と利息」、プロミスの金利と利息については、「プロミスの金利と利息」で詳しく解説しています。

アコムとプロミスの無利息サービス期間サービス期間を比較

消費者金融のカードローンを選ぶポイントの1つとして、無利息サービスの利用できるかどうかがあげられます。無利息サービスとは、利用条件を満たした場合に、一定期間内の支払利息が0円になるお得なサービスことです。

アコムとプロミスでは無利息期間サービスの開始日が異なる

アコムとプロミスはどちらとも無利息期間は30日間で、ほぼ1か月の利息が0円となります。加えて、アコム・プロミスともにこの無利息期間内の間であれば、いったん返済して再度借入をしても利息はかかりません。ただし、アコム・プロミスともにフリーローン(通常のカードローン)が無利息期間の対象ローンになります。おまとめローンや事業者ローンは無利息期間サービスはありませんので注意しましょう。
それでは、アコムカードローンとプロミスカードローンの無利息期間の開始時期について比較してみましょう。
アコムとプロミスでの無利息期間比較するポイントになるのは、いつから無利息期間が始まるのか、無利息期間の開始日に注目してみましょう。

アコムの場合は、契約日の翌日から無利息サービスが開始となります。、
例えばアコムでの契約後の10日後に初回の借り入れしたとすると無利息期間の残りは20日です。さらに契約日の30日後に借り入れしたらもう無利息期間は終了しています。
アコムの場合、契約が完了したらすぐに借り入れしないと30日まるまる無利息サービスを利用することができません。

方、プロミスであれば、初回の出金日からサービスが適用されるので「お金を借りた日」からまるまる30日間無利息期間サービスを利用できます。。
つまり、プロミス契約後、借りたいと思った時に、無利息期間サービスを利用できるため大変便利です。

無利息サービスの期間は、プロミスとアコムでどちらも30日間ですが、サービスが適用される開始日が借入日の翌日であるプロミスの方が、契約後に時間が経過して初回の借入をしてもそこから無利息期間サービスの算入されるため、無利息期間サービスを最大限利用できる可能性のあるプロミスに軍配があがります。

アコム・プロミスともに利用条件を満たしていないと無利息サービスを受けることはできない

アコム・プロミスともに無利息サービスを受けるには、条件をみたしていないと無利息サービスを受けることができません。
アコムの場合、初回契約で・35日ごとの返済を選ぶこと、プロミスの場合には初回契約でメールアドレスとWEB明細を登録することが無利息期間サービスを利用する条件となります。

プロミスのポイントサービスを利用すれば初回契約でなくても無利息期間サービスを受けられる

プロミスでは、プロミスではポイントサービスというものがあります。。プロミスインターネット会員サービスのご利用に応じて、決められた条件をみたすとポイントをためることができ、そのたまったポイントを利用してサービスを受けられるというものです。
そのサービスの一環として獲得したポイントに応じて無利息期間サービスを受けることが可能です。

アコムとプロミスの即日融資のタイムリミットは変わらない

それでは、アコムとプロミスどちらか即日融資に優れているのでしょうか。
アコム・プロミス共に借入方法は、主に借入方法は2つです。

  • ローンカードを使ってATMから借入れする(自動契約機でローンカードを受け取ることが必要)
  • 銀行口座へ振込融資を受ける

アコムプロミスともに即日融資可能なタイムリミットは審査結果の回答時間である21時まで

まず、アコムとプロミスの自動契約機の営業時間と審査結果の回答時間帯を比較してみましょう。

アコムやプロミス営業時間や審査回答時間で比較したところ審査結果の回答時間は、9時~21時までとアコムもプロミスも変わりません。
しかし、プロミスの方が優れている点がが1つあります。

プロミスカードローンは三井住友銀行ローン契約機でも契約できる

三井住友銀行ローン契約機の営業時間は店舗にもよりますが9時~21時までと、最終受付時間がプロミス自動契約機より1時間早いですが、三井住友銀行内に必ず設置されているので、プロミスを利用する際には大変便利です。

ただし、自動契約機で申し込みすると、自動契約機の中に他の利用者がいた場合、自分の順番がくるまで店舗内待つことになります。
そのため、待ち時間を持て余してしまうこともあります。また、審査に通過できなかった場合を考えると、自宅で申し込み後、審査結果が出てから無人契約機にローンカードの受取と契約にいくほうが効率的です。

アコムでは三菱東京UFJ銀行の一部に、アコムカードローンの契約のできる自動契約機を設置していますが、そこまで台数はありません。

三井住友銀行のローン契約機は全国におよそ700台、プロミスの無人契約機は全国に1000台以上ありますので、銀行で利用できる自社自動契約機の数でもプロミスの方が多いといえるでしょう。つまり、自動契約機の多さではプロミスの方が利便性が高いです。

インターネット申し込みをしてから自動契約機でローンカードを受ける方法が最も効率的

アコムやプロミスでローンカード発行して即日で現金を借り入れするには、インターネットで申し込み、審査結果の回答が出てから自動契約機に出向いてローンカードを発行してもらう申込・契約方法が効率的です。もちろん、アコムもプロミスも直接自動契約機で申し込みからカード発行までを行うことも可能です。

ただし、自動契約機で申し込みすると、自動契約機の中に他の利用者がいた場合、自分の順番がくるまで店舗内待つことになります。
そのため、待ち時間を持て余してしまうこともあります。また、審査に通過できなかった場合を考えると、自宅で申し込み後、審査結果が出てから無人契約機にローンカードの受取と契約にいくほうが効率的です。


振込キャッシングで融資を受ける際には、アコムの場合楽天銀行、プロミスの場合、三井住友銀行・ジャパンネットバンク銀行を利用すると24時間いつでも融資可能

振込キャッシングで融資を受ける場合は、銀行の営業時間内(平日9時~15時)までに申し込み・審査・契約を完了させ、なおかつ振込手続きまでおこなわなくてはいけません。申込みしてから当日中に振込みしてもらうためには基本的にどのカードローン会社でも、平日の14時までに申し込みを完了しておく必要があります。
しかし、プロミスとアコム共に、平日の14時以降でも振込融資をしてもらえる例外があります。

アコムで初回借入する場合には平日の18時までの振込キャッシングが可能

アコム振込でのキャッシングの初回の借入れに限り、以下の金融機関の口座を持っていれば平日18時まで振込でのキャッシングの受付をしてくれます。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行

楽天口座を持っている場合にはほぼ24時間即時反映する

アコムを利用する場合、楽天銀行の口座をお持ちなら、平日・土日祝日を含め0時10分~23時50分まで受付しています。
アコムでのキャッシングを検討しており、すぐに借入をしたい場合には楽天銀行の利用をおすすめいたします。

プロミスでの振込キャッシングの場合三井住友銀行・ジャパネット銀行を利用すれば24時間融資可能

プロミスでは以下の金融機関の口座を持っていれば「瞬フリ」サービスを利用することができます。

三井住友銀行・ジャパネット銀行
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日・土日祝日共に 0:00~24:00(24時間受付) 受け付け完了から即時

プロミスの「瞬フリ」サービスとは、受付完了から10秒程度で瞬時に振込キャッシングしてくれるサービスのことです。
プロミスでは、上記の2行を利用する場合には、平日の14時までの時間帯でも借入可能です。
プロミスではWeb完結での申し込みも可能です。WEB完結申し込みやWEB完結契約での借入方法は基本的に振込キャッシングですが、後日、自動契約機や郵送でローンカード発行してもらうことも可能です。
Web完結とは、申込み、契約手続き、借入、をWebで完結できる申込方法のことです。
プロミスのWEB申し込みやWEB契約については、「プロミスのWEB完結・WEB契約を利用するとカードレスで借入可能」で詳しく解説しています。

アコムとプロミスの借入・返済可能な提携ATMの種類や手数料を比較

上記でも触れましたが、アコム・プロミスに限らず消費者金融や銀行カードローンを利用する際には、主にローンカードを使ってATMで現金を借りるか、もしくは振込キャッシングしてもらう借入手段が一般的です。実際には、ローンカードを発行後、ATMを利用する方がほとんどだと思います。今では提携先コンビニやコンビニATMで気軽に借入や返済をすることができます。。

手数料無料で手続きできるATMの種類が多いのはプロミスである

借入時に気になるのはアコムやプロミスが利用できる提携先ATMやコンビニATMまたは、提携先ATMの利用手数料だと思います。
下記に、アコムとプロミスの主な提携先金融機関を記載しておりますので参考にしてみてください。
アコムで利用できる提携先ATM

  • アコムATM(利用手数料無料)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソンATM
  • イオン銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 東京スター銀行
  • 八十二銀行
  • 第三銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行

プロミスで利用できるATM

  • プロミスATM(利用手数料無料)
  • 三井住友銀行(利用手数料無料)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • 広島銀行
  • 八十二銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • プロミス公式アプリを利用してスマホからローンカード無しで利用ATM取引も可能)

アコムは、銀行などの金融機関やコンビニなど提携先ATMが豊富で、コンビニでも不自由なく利用できますが、自社ATM(アコムATM)以外のATMを利用する場合には手数料がかかります。
一方プロミスの場合には、自社ATM以外にも三井住友銀行のATMを利用すれば手数料無料で利用できます。
ちなみに自社ATM以外の金融機関やコンビニなどの提携先ATMの手数料は、アコム・プロミス共に以下の通りです。

  • 利用金額1万円以下:108円
  • 利用金額1万円超:216円

カードローンキャッシング利用時は利息以外の利用手数料などのお金はなるべくかけたくないものです。借り入れや返済をすべて利用手数料のかかるATMを利用した場合には利用頻度にもよりますが、利用手数料だけで年間で5,000円以上もかかることもあります。
利用手数料をなるべく抑えたい方は、プロミスATMと三井住友銀行ATMとが利用できるプロミスがお得です。

プロミスではコンビニ端末での返済も利用手数料が無料で可能

プロミスではコンビニエンスストアのメディア端末を利用すれば返済手数料も0円で返済が可能です。
プロミスでの借入金を返済可能なコンビニのメディア端末は「ローソンLoppi」「ミニストップLoppi」「Famiポート」の3つです。
プロミスでの返済時にコンビニを利用したいという人はコンビニ端末を利用して返済する手数料もかからずにお得ですよ。
なお、プロミスでのコンビニ利用については、「プロミスカードローンならコンビニATMでの借入・返済も可能」で詳しく解説しています。

アコムとプロミスの最少返済額に差があるが追加入金や一括返済をするのでればあまり変わりはない

最少返済額とは、毎月を返さないといけない金額のことをいいます。もちろん、最少返済額以上であれば、毎月いくら返済しても問題ありません。
プロミスとアコムの毎月返済額(最少返済額)を比較してみましょう。
アコムでは借入金額に一定の割合をかけた金額が最小返済額になります。

借入限度額 最低返済額の割合  割合から出した金額 最少返済額
10万円 4.2% 4,200円 5,000円
20万円 4.2% 8,400円 9,000円
30万円 4.2% 12,600円 13,000円
40万円 3.0% 12,000円 12,000円
50万円 3.0% 15,000円 15,000円

一方、プロミスも同様に借り入れ残高に割合をかけて最小返済額が決まります。
こちらもアコムと同様に1000円未満は切り上げます。

借入直後の残高 最少返済額
30万円以下 借入後残高×3.61%
30万円超100万円以下 借入後残高×2.53%
100万円超 借入後残高×1.99%

それでは、借り入れ金額別にアコム・プロミスの最少返済額を表にまとめましたので、ご覧ください。

借入金額 アコム プロミス
借入額10万円 5,000円 4,000円
借入額20万円 9,000円 8,000円
借入額30万円 1万3,000円 1万1,000円
借入額40万円 1万2,000円 1万1,000円
借入額50万円 1万5,000円 1万3,000円

プロミスの方が、各借入金額ともに毎月の返済額が少ないので負担が軽いことが分かります。
ただし、毎月支払う金額が少ないと、借入れ期間が長くなります。借入期間が長くなるということはそれだけ支払うべき利息の総額は大きくなります。

アコムもプロミスも一括返済をすることで支払う利息総額を節約できる

アコム・プロミスとも最小返済額以上であれば、特別な手続きをすることなく、多めに返済することはできるので、早く借金を返すためにも返済時には最少返済額以上を支払うようにしましょう。

アコムでの追加入金や一括返済は、「アコムからの借金を一括返済・全額返済する方法とメリット」で、プロミスでの追加入金や一括返済については、「プロミスで一括返済するメリットと方法」で詳しく解説しています。

アコムとプロミスの返済期日の違い

それでは、アコムとプロミスの返済日の違いについて見ていきましょう。
アコムとプロミスの返済期日はは次の通りです。

  • アコム:35日ごとの支払い・毎月指定日期日
  • プロミス:5日、15日、25日、末日から選択可能

(口座振替でジャパンネット銀行と三井住友銀行以外を利用する場合には毎月5日固定)

アコムの場合返済期日を2パターン選ぶことができる

返済日の比較は、アコムの方が柔軟性があるといえます。
なぜなら、アコムでは返済日を自由に決めることができるうえ、「35日ごと」で返済することができるからです。
「35日ごと」は、前の返済日の翌日から数えて、35日目に返済日が来るというものです。次回の返済日までの期間が長いので余裕を持って、返済していくことができます。もちろん、その35日間返済期日の中でいつ返済しても問題ありません。

この35日ごとの返済のデメリットとしては、毎月の返済日が35日ごとのサイクルで変動します。
そのため、毎月の返済日を確認しなければいけません。返済を忘れてしまい結果として返済を延滞してしまう可能性もあるので注意しましょう。
ちなみに、アコムで無利息サービスを受けるためには、アコムの契約がはじめてであり、返済期日を「35日ごと」で契約してしなければいけません。

アコムかプロミスか迷っている場合には実際の利用者のの口コミや評判を見てみる

アコムカードローンとプロミスカードローンの特徴や、2つのローンの違いがわかったと思います。
まだアコムにするかプロミスにするか迷っている場合には、アコムカードローンとプロミスカードローンを実際に利用した口コミや評価を参考にしてみるのもいいでしょう。
アコムの口コミや評判については、「アコムの口コミや評判」で、プロミスの口コミや評判については、「プロミスの口コミと評判」で詳しく解説していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

アコムとプロミスどちらが優れているではなく、初めての消費者金融の利用で審査に不安なあるならアコムカードローン、金利や無利息期間サービスの利便性、自動契約機の数で選ぶならプロミスカードローンをおすすめします。
アコムとプロミスでどちらににしようかとお悩み中の方は、まず、キャッシング利用時にどのような項目を重視するのかを選ぶ基準にしてみましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間