消費者金融アイフルの特徴や金利・利用限度額・申し込み方法

TVCMなどでもおなじみの消費者金融会社アイフル。一昔前だとチワワが出演するテレビCMが一世風靡をするほど流行しました。

現在は多くの消費者金融が銀行やそのグループ会社の傘下に入っていますがアイフルは完全に独立した消費者金融でです。しかも東証一部にも上場している、消費者金融の中でも最大手の会社です。
ここでは、消費者金融のアイフルがどんなサービスを行っているのか、アイフルの金利や利用限度額、また申し込み方法など利用する際の利便性などを調べてみました。

アイフルの特徴

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



アイフルの金利や利用限度額

アイフルの金利は大手消費者金融とあまり変わらない

アイフルの実質年利は4.5〜18.0%です。
他の大手消費者金融と比較してみてもアイフルの金利はは特に高いわけでもなく、低いわけでもなく金利です。
大手消費者金融とのの実質年利と比較してみましょう。

  • アイフル:実質年利4.5〜18.0%
  • プロミス:実質年利4.5〜17.8%
  • モビット:実質年利3.0〜18.0%
  • レイク:実質年利4.5〜18.0%
  • オリックス銀行カードローン:実質年利1.7〜17.8%
  • アコム:実質年利4.7〜18.0%

上記からわかるとおり金利については、下限金利、上限金利ともに大手消費者金融とあまり変わらないということがいえると思います。

アイフルでの利用限度額は500万円であるが総量規制の対象のため申込者の年収の3分の1が上限となる

それでは、アイフルカードローンの利用限度額についてみていきましょう。
アイフルの利用限度額は500万円です(※限度額と審査後の実際の融資額は異なります)
他の消費者金融もほとんどが限度額500万円なので、この利用限度額も平均的な額と言えます。
アイフルも他の大手消費者金融と同じように総量規制対象のローンですので、申込者の年収の3分の1を超える個人への貸付はできません。

アイフルには女性向け商品や独自サービスも存在する

「金利も他の消費者金融とほとんど変わりがない」「限度額も消費者金融の中で平均的な額」なってくると「アイフルを選ぶ理由はなんなの?」と思う方もいるかもしれません。確かに、金利や利用限度額などの数字的な面だけで言うと他消費者会社との違いが見えにくいですね。
ただしアイフルについてはサービス面で充実した展開をしています。
簡単にまとめてみても次のようなサービスがあります。

  • 女性向け商品「SuLaLi」:女性向けのキャッシングサービス。利用限度額が10万円と設定されており、女性にも借りやすいサービスになっています。(在籍確認の電話はなし、そのかわりに申込時に顔写真つきの本人確認書類等が必須)
    利息ゼロキャンペーン:初めての借入の場合最大30日間金利ゼロになるキャンペーン
  • 1秒診断:条件を簡易入力するだけで借り入れ可能かを簡易診断
  • 配達時間えらべーる:希望の時間帯にカードを届けてくれるサービス

上記のアイフルの各商品は「申し込みがしやすい」商品設計になっているので、消費者金融の利用が初めてという人には向いていると言えます。

アイフルカードローンの申し込みから審査・借り入れまでの流れ

申込方法は一般的な消費者金融の申込方法と一緒です。

  • インターネット申込(24時間)
  • 来店(店頭窓口)
  • 電話
  • 無人契約BOX「てまいらず」

申し込み方法にについても、アコムやプロミスなどの大手消費者金融と同じように、WEB申し込みや電話申し込み、店頭窓口での申し込みなど申し込み方法が多数存在しています。

アイフルの審査時間や申し込み条件

審査時間は最短30分。すぐに審査を受けたい場合にはWeb申し込み後にフリーダイヤルに電話して審査してもらうというのがスタンダードな方法です。
また、申し込み前に簡易的に自分が融資を受けられるのかどうかを知りたい時にはWeb上の「1秒診断」を使ってみるといいでしょう。
審査については「甘い」「厳しい」といった憶測が飛び交っていますが、あくまで消費者金融一般的な審査基準である、申込者の年収や職業などの属性情報と過去に滞納や債務整理を行っていないかなどの申込者の信用情報に金融事故の履歴がないかなどを審査時に判断し、融資の可否を決めています。
ただし、次の条件に当てはまる人は借り入れができません。

  • 年齢19歳以下・または70歳以上
  • 専業主婦・無職(無収入の方)

アイフルの申し込み条件としては「20〜69歳で、定期的な収入のある人」となります。「定期的な収入」というのは正社員ではなく、アルバイトやパートでも問題ありません。

アイフルでの借り入れ・返済はATMやコンビニなど多岐に渡る

借り入れと返済の方法についてまとめてみます。
借り入れや返済もアイフルのATMやセブン銀行ATMなどコンビニなど方法が多岐に渡っているので、利用しやすくなっているのが特徴です。
アイフルでの借り入れ・返済の方法は下記の通りです。

  • アイフルのATM・提携ATM
    (三菱東京UFJ銀行やローソンやセブンイレブンなど大手コンビニでも利用可能)
  • 指定銀行口座への振込
    (携帯電話やWebなどから振込予約可能)

原則的にアイフル店舗での融資は行っていません(不動産担保ローンのみの扱い)

返済の場合には「振り込み」「口座引落」「アイフル店舗での返済」がありますが、振込での返済については、別途振込手数料がかかってしまうので、できるだけ安く済ませたいという人は口座引落が手軽です。

まとまったお金ができた際に、アイフルでの借り入れ金を一括返済をするという方法も可能です。返済は早いに越したことはないので、一気に返済可能になった際には一括返済の電話をしてみましょう。電話をすると現在残っている返済額を教えてくれます。
※一括返済の利点については「消費者金融の借金を一括返済するメリットと注意点」を参照ください。

アイフルでは利用限度額の増資・増枠も可能

アイフルを利用していて、現在の借入額では足りないという場合に限度額の増額も可能です。
会員サービス内の「増額申し込み」枠から申し込んだ上で、増額審査に通過すれば、利用限度額が増枠されます。
審査の際に見られる項目は一般的な審査(収入はどのくらいなのか、など)に加え、今までの利用実績(期日までに返済しているかどうかなど)も確認されます。
前述した女性向けキャッシングサービス「SuLaLi」も10万円が限度額ですが、電話相談することによって10万以上の借り入れが可能かどうかを審査してもらえます。

全体を通してアイフルは、各々のユーザーに向けて柔軟な対応をしてくれる印象ですね。

アイフルの特徴

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間