消費者金融フタバ(キャッシングフタバ)の申し込み方法や審査の流れ

中小消費者金融のフタバ(キャッシングフタバ)について紹介します。

フタバは中小消費者金融の中でも運営歴が比較的長いキャッシング会社で、サービス面に力を入れているのが目立ちます。

中小消費者金融のフタバとはどんな会社なのか

フタバは東京都千代田区岩本町にある消費者金融です。昭和38年(1963年)に設立されているので、営業年数にして50年以上の老舗消費者金融といってもいいでしょう。

フタバ取扱商品はフリーローンのみである

フタバの取扱商品と金利の概要は次の通りです。

商品名 フリーローン
利用限度額(借入金額) 10〜200万円(5万円単位で調整可能)
実質年率 14.959%~17.950%
遅延損害金 19.945%
返済方法・期間・回数 元利均等返済方式
担保・保証人 不要
融資条件 20歳以上70歳未満で安定した収入・返済能力がある者

公式サイトの商品紹介の欄には借入額について「10〜50万円」といった記載があり小額融資しかしていないように見えますが、「よくある質問」のページを見ると200万円まで融資可能と明記されており、借入限度額が高めに設定されていることがわかります。

借入金利は17.950%となっています。
アコムやアイフルなどの他の大手消費者金融では上限金利18.0%のところが多く、微々たる違いですが金利をともかく下げたいという人にはありがたいですね。

レディースフタバという女性向けの商品も存在しておる

フタバは「レディースフタバ」という女性向けキャッシング商品もあります。
専用ダイヤルにかけることにより女性のオペレーターが電話対応してくれる等、女性が利用しやすい仕組みになっています。
「レディースローン」と銘打っていますが、融資額や内容については通常のフタバのキャッシングと同じです。

また「レディースフタバであれば専業主婦でもお金を借りられる」といった話も一部に挙がっていますが、大前提の借入条件は会社員・アルバイト・パートなどの「安定した収入がある人」が対象なので、収入のない専業主婦では借り入れをすることができません。

消費者金融フタバの申し込み方法と審査の流れ

フタバの申込方法は次の2通りです。

  • PC・携帯サイトからの申込み
  • 電話申し込み

店頭窓口では申込みできませんので注意しましょう。
逆に言うと中小消費者金融にありがちな来店申し込みをしなくていいというのはメリットと言えるでしょう。

借入審査は電話で行われる

PCサイト・携帯サイトから申込んだ場合、申し込みフォームに記載した申込者の勤務先または自宅の電話番号にフタバから連絡があり審査が行われます。
電話は他の消費者金融の在籍確認と同じく会社名義(フタバ名義)ではなく、個人の名前でかかってくるので仮に自分以外の人が電話に出るようなことがあってもバレるようなことはありません。

他社借り入れが4社以内であれば問題ない

審査基準は明らかにされていませんが他の消費者金融と大きく違いはないと考えて良いでしょう。
「他社借入4社以内」という基準のみは明確になっているため、他で借り入れしている人でもこの基準内であれば審査通過の可能性はあります。
審査結果は、通過した人のみに電話で連絡が来る方式となっています。
フタバの担当者より審査結果の電話が来ないと判断に迷ってしまうところですが、電話後に数時間、遅くとも1週間以内には返答が来る審査スピードであることがほとんどなので1週間を目処に待ってみましょう。
審査通過の電話が来たら審査通過〜契約となり、即日で銀行振込されるスピード融資が行われます。

契約書類は自宅に郵送される

契約書類(申込書・借用書など)は自宅に郵送送付となり、本人確認書類(免許証・健康保険証)と住民票と一緒に返送する形式になります。
希望額が50万を超える場合は収入証明の源泉徴収票も必要書類に含まれます。

フタバの評判・口コミ

フタバについてはネット上でも悪い口コミ情報をあまり見かけません。
長く営業しているということもあり、満足度が高いことの裏付けと言えるでしょう。
※一部で「色々聞かれたが審査落ちした」というようなネガティブな意見もありますが、それはフタバに限ったことではないので割愛します。

もちろん闇金という心配もなし

大手よりも知名度が低くなってしまう中小消費者金融業者の定めとして「闇金ではないか?」という疑問は付いて回るものです。
冒頭に記載している通り、フタバは昭和38年から営業し続けており、当然ですが闇金融ではありません。

金融庁「登録貸金業者情報検索サービス」にも以下情報が登録されています

フタバ株式会社
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-2-10
福嶌暢次郎(代表取締役社長)
貸金業登録番号:東京都知事(2)第31502号

加盟団体の情報として「日本貸金業協会会員第000034号」「東京商工会議所会員」というものもあります。

フタバを利用するメリット・デメリット

フタバを利用するメリットとデメリットをピックアップします。

キャッシングフタバのメリットは大手消費者金融と比べて金利が低い

  • 上限金利が大手消費者金融と比べてやや低め
  • 30日間無利息サービスがある
  • 他社借入4社以内までの人が審査対象

総合的に見ると「借りる際の利便性」が中心と言えます。

上限金利がやや低め

こちらは前述の通りですが、多くの消費者金融では上限金利を18%に設定しています。
借り入れをする場合、この上限金利が適用されることがほとんどなので上限金利が低く設定されている場合、同じ額を借り入れてもその分返済する利息が少なくて済むということです。
フタバの上限金利は17.950%。

18%と比較すると0.05%低く設定されている程度ではあるものの、その分返済額が少なくて済むのもまた事実です。
10円でも1円でも利息分を減らしたい!という人には大きなメリットと言えるでしょう。

30日間無利息サービス

フタバでは初めてフタバを利用する人に限り30日間無利息サービスを提供しています。
大手消費者金融ではプロミスアコムなど続々と導入していますが、中小消費者金融ではかなり珍しいと言えます。
申し込みについては電話問い合わせとなりますので、新規でフタバの利用を考えている人は必ずチェックしてみましょう。

他社借入4社以内までの人が審査対象

フタバの公式サイトから申し込みしようとすると次のような注意書きが確認できます。

消費者金融にて他社でのお借入れが 4社以内 の方が対象です。
(銀行、信販などのローン・キャッシングは除きます。)

他の消費者金融に借り入れをしていると借りにくい、審査に落ちやすいというのは一般的な話ですが明確に「他社からの借入状況が○社までの方対象」と線引をしているところはあまりありません。
フタバは4社以内と線引をしており、他で借りている人も借入の申込がしやすい状況になっています。

借入用途は特に問われない商品ですが多重債務をしている人の場合、ギャンブルなどの利用と答えてしまうと審査に通りにくくなる可能性もあるので注意しましょう。

また、ブラック(金融事故が信用情報機関に登録されているケース)とまでなってしまうと審査通過率が大幅に下がる可能性がありますが、「借入4社以内」という柔軟な姿勢を見せているため申込みを検討してみる余地はあります。

※4社以上借入をしているような場合は明らかに多重債務の傾向が強いので新たに借り入れをするよりも、おまとめローン、場合によっては債務整理などの方法を検討した方が良いです。

キャッシングフタバのデメリットはローンカードが発行されないため銀行口座への融資のみ

次にデメリットです。

  • 審査の返答が通過者のみ(急ぎの人には向いていない)
  • ローンカードが発行されないため(銀行口座への融資のみ)
  • 管理は電話確認(Web上で確認することができない)

順を追って確認してみましょう。

審査の返答が通過者のみ(急ぎの人には向いていない)

まず最初のデメリットは審査面です。
フタバが公言している通り、審査結果は通過した人のみ連絡が来ます。目安は前述の通り最大1週間程度であるものの、急ぎの人にとってはそこまで待っている余裕もないでしょう。
審査に落ちたことがわかれば他の消費者金融に借り入れを申し込んでみるというアクションがとれますが(※)、連絡がないと待たないといけないので急いでいる人は行動が取りにくいという現状があります。

※一度に複数社の申し込みをすると審査落ちしやすくなってしまうためおすすめしません。

カードローンではない不便さ

フタバは電話をして指定の銀行口座に振込融資をしてもらうというスタイルの消費者金融です。
これはフタバに限らず中小消費者金融によくあることで、借入をする際にいちいち電話をしなくてはいけない、フタバの電話対応の時間帯に電話しなくてはいけないという縛りとなります。
慣れてしまえばなんということもないのですが、ローンカード発行をしてコンビニなどで引き出すという方法に慣れているような人はその不便さに戸惑うことも多いでしょう。

管理は電話確認(Web確認ではない)

「カードローンではない」と類似したデメリットで、借入の金銭管理は電話確認のみです。
例えば「返済日がわからなくなった」「現在の借入残高を知りたい」などといった細々としたものは電話で確認する必要があります。
オペレーターの方が丁寧に対応してくれるので抵抗感のあるものではありませんが、Webですぐ確認できるのが当たり前になった時代では不便な仕組みと言えるでしょう。

大手消費者金融のメリットも兼ね備えているフタバ

フタバは中小消費者金融でありながら「レディースローン」「30日間無利息ローン」など大手が展開しているようなメリットも享受できるところがポイントと言えるでしょう。
その上で「他社からの借入件数が4社までの方対象」ときっちりと明言をし、中小企業ならではの柔軟な対応も行っているのも良い点です。
中小消費者金融を利用する際に、真っ先に借入の候補として念頭に入れておきたい企業のひとつです。

どうしてもすぐにお金が必要な場合には審査時間最短30分のアコムやプロミスがおすすめ

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間