アコムの利用明細の見方

消費者金融でカードローンを利用した際に、利用明細書が郵送されたり、またATM利用時には利用明細がその場で出てくると思います。

利用明細ですが非常に多くの情報が記載されておりますが、初めて見る方はどの部分にどんなことが記載されているのか分からない方も多いかと思います。

ここではアコムカードローンの利用明細の項目と、自宅にアコムの利用明細を郵送されないようにする方法などを解説いたします。

アコムの利用明細とはどのようなものか

アコムに限らず消費者金融でキャッシングを利用すると出て来るのが利用明細です。
利用明細にはアコムとの取引における重要項目が全て記載されてきます。
利用明細は、自宅へ送付される場合とATMを利用した際にATMから出てくる明細があります。それでは、その利用明細にどのような内容が記載されているかをみていくことにしましょう。

利用明細に記載されている内容

アコムでの借入時と返済時の利用明細に記載されている事項は次の通りです。

  • 取引内容
  • 取引金額
  • 元金や利息や無利息残高などの残高
  • 利用可能額
  • 次回返済期日
  • 次回返済額(次回の最少返済額)
  • 最新貸付日・貸付利率(実質年率)
  • 遅延損害金(年率)
  • 返済期日の方式
  • 次回返済日・次回返済金額
  • 最終返済期日
  • 返済方法

それでは詳しく解説していきます。
この中で重要になるのは取引金額の欄です。この欄には、今回、借り入れや返済をした金額が記載されていますので、借り入れや返済時に間違いがないか確認しておくといいでしょう
残高の欄には残高つまり、現在借り入れをしている金額が表示されています。また、利用可能額とは、利用限度額から「残高」を引いた金額が記載されています。

最後の記載されている「次回返済日」や「次回返済金額」も借入時や返済時にチェックしておくと、次回の返済時にスムーズに返済ができると思います。

無利息残高とは何か

無利息残高とは、1,000円未満の端数のことをいいます。アコムを含む消費者金融のカードローンを利用していて完済に近づくと1000円未満の端数の残高が出てきます。

一般的に、一般に、銀行のATMは硬貨を扱うことができて、1000円未満の入金に対応していますが、アコムを含む消費者金融のATMでは1000円未満の入金に対応していません。
(提携先コンビニATMも1000未満の入金には対応していないものもあります。)

そのため、無利息残高分には利息がつかず返済しなくても問題ありません。残高に対して利息や手数料がつかない残高扱いとなります。アコムではこの端数を返すことで完済したとみなされるのわけです。

ただし、アコムでは契約を解約する場合には、借入金の完済が条件となっています。端数が残ってしまっている状態で解約することはできないので、アコムの店頭窓口または、三菱東京UFJ銀行のATMで小銭を払い、この端数分を払い完済する必要があるのです。

利用明細は捨てないで保管しておくことが重要

最近は、アコムに限らず他社の消費者金融や銀行カードローンで利用したごと明細書が出てこない、インターネットバンキングや振込キャッシングなどを利用する人が増えてきています。
いちいち明細書を確認しなくても、きちんと返済さえしておけば平気だろうと考える人は多いのですが、利用明細を確認せずに使い続けていると、いつしかとんでもない金額を借りていたなんてこともありますので、必ず明細書は確認するようにしましょう。

また、利用明細を確認しないとローンカードを不正利用されていたことに気づかずに利用してしまう場合もあります。このような事態を防ぐためにも明細書は必ず確認・保管しておきましょう。

明細書に関しては自宅に郵送するキャッシング会社が多いのですが、自宅への郵送物は控えて欲しいという方もいます。

そういった場合は、利用しているキャッシング会社のホームページにアクセスし、会員ページにログインすればWEB上で利用明細書を確認できるところもありますので、そちらを利用されると良いでしょう。

近年は環境保護の目的で、紙ベースの書類を控えようとする企業が増えてきています。
消費者金融などの金融業界も例外ではなく、なるべくインターネット上で明細を確認してもらうように配慮してあります。

紙あるいはWEB上の明細でも構いませんので、借り入れや返済をする際には必ず確認するようにしてください。

利用明細を自宅に送付されないようにする方法

アコムを消費者金融のキャッシングでは、利用者がカードローンを利用しているという事実を家族や知られたくないケースが多いです。そのため、利用明細や契約書類、またはローンカード書類が自宅に郵送されることを避けたい場合があります。
キャッシングに限らず、なんらかの契約を行うと、その契約については、書面交付義務があります。何らかの形で契約内容について交付されることになります。しかし、郵送にて利用案内を送るなどの送付義務はありません。

現在、アコムを含む大手消費者金融の多くはインターネットでの申し込みが可能となっています。さらに、借入から返済までの手続きまでを全てWEBサイトで行うことが可能です。

WEB明細にすることで利用明細の郵送を回避できる

アコムでは契約時に明細書の送付について郵送を希望するかどうかを選択することができます。

ただし、自宅へ郵送される明細書や契約書類には宛名に「アコム」と記載がありません。
アコムの場合は利用明細は?がして中身を見るタイプのハガキが届きますが、
差出人は「ACサービスセンター」という名前で送付されてきますので、アコムの利用明細であることは見た目上は分からないよう配慮されています。
これはアコムに限らず他の消費者金融はほとんどそのように配慮されていますのでご安心ください。ただし、周囲に分かる人がいればキャッシング利用をしていることがバレてしまいますので注意してください。

利用明細の郵送に抵抗がある方は、WEB明細に切り替えることで明細書の郵送を止めることができます。

WEB明細への切り替え方法

はじめてアコムに契約する場合

審査完了後に「契約手続きのお願い」というメールが届きますのでそこで郵送するかどうかを選択できます。

既にアコムに契約している場合

すでに契約済みの方は「会員ログイン」後にメニュー内にある「交付書面の受け取り方法登録・変更」から手続き、変更が可能です。

利用明細ですが、ATM利用での借入、返済の場合は送付されてくることがありません。
なぜなら、借り入れまたは返済をした際にATMから利用明細が出てくるためです。

自宅に利用明細が送られてくる場合は、インターネットを使っての借り入れや返済、口座振替という利用して、その場で利用明細が発行されない場合に限ります。これは貸金業法で利用者には明細を提示することが決められている為です。

これらを利用する際に、上記の方法でWEB明細に切り替えることで利用明細がWEBで閲覧でき、自宅などに郵送される心配もありません。

ただし、注意点として返済金延滞した際などの発行される督促状は自宅など送付されてきますのでご注意ください。

アコムでの取引履歴

取引履歴とはアコムの契約内容や、貸付金額、返済金額、契約当初から一覧にしたデータのことをいいます。つまり、アコムを利用者との取引すべてが記載されている明細書だと考えればいいでしょう。
この取引履歴をみると、実際今までいくらの金利でアコムと何年取引していたかが分かります。

そのこの表を見れば、現在の利息制限法による利息を超えている期間や支払った金額が計算できるため、過払い金が発生する取引かどうかを確認することが可能です。

もし、過払い請求する際は、アコムとの取引履歴をもって過払い金がいくらになるかを計算して裁判所へ提出するか、各種法律事務所へ相談に行けば過払い請求もスムーズになります。

取引履歴の開示請求する際には開示請求書が必要

アコムに取引履歴の開示を求める場合、開示請求書という書類に必要事項を記入の上送付します。開示請求書は取り寄せが必要です。

取引履歴の開示請求の流れ

一番簡単な方法はアコム公式サイト、「個人情報開示手続きに関して」のページよりでダウンロードしプリンターで印刷しましょう。
上記の必要事項を記載後、最寄りのアコム店頭窓口までに取りに行く、またはアコムのお客様相談センターに電話して郵送してもらうという方法があります。

アコムの店頭窓口では、本人確認の手続きやり取りがあるだけで、スムーズに対応してもらえます。(運転免許証などの本人確認書類を持参していけば問題ありません。)

開示請求書送付をなぜ要求するのかなどは聞いてきませんので安心してください。

開示請求書は、申請から1~2週間前後で開示になります。店頭窓口による受け取りであれば最短即日での対応が可能な場合もあります。

取引履歴は簡単に開示されるのかという疑問が出てくるかと思いますが、開示義務は法律で決まっていますので安心して依頼してください。あくまでもアコムでの契約内容を確認するという目的です。

信用情報に金融事故が付くまたは、アコムへの印象が悪くなるなどのリスクはありません。必要であればぜひアコムの担当者に相談して依頼してみてください。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間