オリックス銀行カードローンの金利・利用限度額や申込方法・借入返済手段

オリックス銀行カードローンは、金利1.7%~17.8%の低金利で利用可能な銀行カードローンです。

オリックスカードローンは全国95,000台以上の銀行の提携ATMやコンビニの提携ATMを使えば、手数料無料で借入や返済ができることに加えて、1,000円単位での借入もでききます。また、オリックス銀行の銀行口座の開設が不要で融資が可能となります。

オリックス銀行カードローンは、最短即日審査のため審査結果がすぐに判明し、消費者金融でお金を借りるのが不安な方でも、銀行系カードローンのため安心して利用できるでしょう。

ここでは、オリックス銀行カードローンについて、金利や利用限度額、またや申し込み方法や借入や返済方法などの詳細をまとめました。

オリックス銀行カードローンの金利や利用限度額

金利 1.7%~17.8%(利用限度額によって変わる)
利用限度額 最高800万円(10万円単位)
貸出形式 カードローン
申込み条件 申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の人
原則、毎月安定した収入のある人
日本国内に在住している(外国籍の場合、永住者か特別永住者であること)
返済日 毎月10日、あるいは末日
返済方式 残高スライドリボルビング方式
提携先ATM手数料 借入・返済のどちらでも終日0円
保証人・担保 不要
保証会社 オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社

なお、利用限度額と金利の関係は以下のとおりです。

コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

オリックス銀行カードローンの金利は1.7%~17.8%

下記に、大手消費者金融と他社の銀行カードローン金利の比較をしましたので、参考にしてみてください。

  • 三菱UFJ銀行カードローン:実質年利3.5~14.0%
  • 三井住友銀行カードローン:実質年利1.8~14.6%
  • みずほ銀行カードローン:実質年利4.0%~14.5%

オリックス銀行カードローンの下限金利が1.7%で設定されているので、他の銀行カードローンや消費者金融比較してみても大変良い条件のように見えますが「消費者金融の金利の計算方法」でも記載した通り、下限金利は借り入れの際に適用されることがほとんどないので特に気にする必要はありません。
特に、消費者金融や銀行カードローンで初回契約の場合には契約時に上限金利で設定される場合が多いです。
消費者金融や銀行カードローンのキャッシング利用時に気にしなくてはいけないのは、多くののケースで適用される金利の上限です。そのため、オリックス銀行カードローンの上限金利を見ると17.8%に設定されており他の消費者金融と比較してやや低めに設定されています。(上限金利は、プロミスカードローンの17.8%と同じ金利です。)
全体的な金利の面では、他社の銀行カードローンと比べる低めに設定されており、優位性が高いと考えても問題ないでしょう。なお、利用限度額の上限は800万円です。他のプロミスやアイフルなどの消費者金融の多くが500万円を上限として設定しているので利用限度額も高めに設定されています。
消費者金融と比較して金利・利用限度額の面でオリックス銀行カードローンは強みを持っていることがわかります。

オリックス銀行カードローンは総量規制の対象外のカードローン

オリックス銀行カードローンは、銀行カードローンのため、総量規制の対象外のローンです。
アコムやプロミスといった消費者金融のカードローンとは、貸金業法が定める総量規制によって、他社借入を含む申込者の年収の3分の1までが利用限度額の上限ですが、オリックス銀行カードローンは、総量規制の対象外のため申込者の3分の1を超える借入も可能です。

ただし、オリックスカードローンも消費者金融カードローンと同様に借り入れ時に審査があり、審査によって利用限度額が決定されます。
また、最近では総量規制の対象外である銀行カードローンでの借りすぎが問題となっています。必要以上の借りすぎには注意しましょう。

オリックス銀行カードローンの申し込みから審査の流れ

それではオリックス銀行カードローンの申し込みから審査の流れを見ていきましょう。
オリックス銀行カードローンの申し込み方法はインターネット受付24時間対応)のみです。
申し込み時に消費者金融と同じように、申込者の氏名や住所、勤務先などの個人情報を記載して申し込みます。
公式サイトの申込方法ではインターネット受付しか案内をされておらず、電話申し込みや店舗申込みなどは受け付けていません
なお、オリックカードローンの申し込みから審査・融資までの時間については、「オリックス銀行カードローンの申込の流れや審査完了・融資までの期間」に詳しく記載しています。

オリックス銀行カードローンの審査は他の銀行カードローンを変わらない

オリックス銀行カードローンの審査についてネット上の口コミなどを確認すると「厳しい」「甘い」などのさまざまな言葉が書かれてているものの真偽については関係者にしか分からないところがあります。イメージとして「他の消費者金融や銀行カードローンと変わらない」と考えて問題ありません。

ローンカードが手元に届いてから借入開始となるので即日融資はできない

オリックス銀行カードローンの審査は最短即日で完了ですが、審査に長くかかってしまい場合には、数日になることもあります。また、ローンカードを利用してATMからお金を引き出し場合には、ローンカードが申込者の自宅に発行されてから借入可能となりますので、即日融資を希望している方にはあまり便利ではないかもしれません。
なお、オリックス銀行カードローンの審査時間については、「オリックス銀行カードローンの申込の流れや審査完了・融資までの期間」で詳しく解説しています。

オリックス銀行カードローンの申し込み条件や申し込み書類

オリックス銀行カードローンの審査以前の前提の申し込み可能なできる人の条件は以下の通りです。

  • 年齢満20歳以上、65歳以下
  • 安定した収入のある人のみ
  • 日本国内在住者(外国籍の場合、永住者か特別永住者であることが必要)
  • オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること(いずれか)

安定した収入のある人」という記載があるため、収入のない専業主婦(主夫)や学生は申し込み条件を満たしていないので、利用することができません。
また、安定した収入さえあれば、アルバイトやパート、派遣社員や契約社員でも申し込みをして審査を受けることは可能です。

オリックス銀行カードローンの申し込みに必要な書類

オリックス銀行カードローンの申し込みに必要な本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード
  • 日本政府発行のパスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

収入証明書が必要な場合もある場合

原則、利用限度額が50万円を超える場合には、収入証明書類の提出が必要となります。
ただし、キャッシング審査の結果、利用限度額が50万円以下の場合でも所得証明書類の提出をする場合もあります。
オリックスカードローンで有効な収入証明書は下記の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)(※)
    ※ 税務署の受領印のあるもの
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)

希望の利用限度額が50万円を超える場合や、アルバイトやパートもしくは、自営業などできちんと収入があることをオリックス銀行の担当者に認識してほしい場合には。申し込み時に本人確認書類の他に収入証明書も準備しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの借り入れ・返済の方法

オリックス銀行カードローンの借入方法は振込融資とATMからの引き出し

まず、オリックス銀行カードローンの借入の方法から紹介します。借り入れ方法は「振込融資」「ATM引き出し」の2種類があります。
振込融資については電話やネット(会員サイト)から振込の手続きを行い、指定口座に振り込んでもらいます。銀行によっては振込時間が限られている場合がありますので注意しましょう。(ジャパンネット銀行であれば即時振込が可能、その他については平日の8:40~15:00までが対象)
ATM引き出しは提携ATMからローンカードを使って引き出す方法です。こちらはセブンイレブン(セブン銀行)やローソンATMからなど、近隣のコンビニなどでも利用できる上に出金するための手数料もかからないので使い勝手がいいです。
オリックス銀行で利用できる提携先のATMは下記の通りです。(借入・返済ともに)

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ローソンATM
  • E-net
  • ゆうちょ銀行

返済方法は口座引き落とし・振り込み・ATMでの3つの方法である

オリックス銀行カードローンの返済方法は、口座引落、振込返済、提携先ATM返済(借り入れできるATMと同様)の3つの方法があります。
ただし、一部の銀行などでは引き落としが使えないところもありますので、引き落としを利用する場合には自分の持っている銀行口座が対応しているかどうか事前に確認しましょう。
なお、下記の金融機関では、口座引き落としの返済はできません。

  • ゆうちょ銀行
  • オリックス銀行
  • セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネットバンク
  • 外資系銀行
  • 農林中央金庫
  • 商工中金

オリックスカードローンの増資・増枠の方法

オリックス銀行カードローンの限度額の増資や増枠は専門のサポートデスクで電話申し込みをする必要があります。
利用限度額の増額の申し込み後、サポートデスクより増枠可能かどうかの審査が入り、審査が通れば増枠が可能となります。
サポートデスク窓口を通しての対応となるため対応時間帯や対応の曜日なども絞られてきます。増枠をしたいと思い立った際には早めに電話の申込みをしておきましょう。

申込み時の審査については一般的な消費者金融の審査と同じで「きちんと借りた額を期日までに返済しているか」、つまり「返済能力があるかどうか」を中心に見られます。普段から自分の利用枠を計画的に使って計画的に返済することを心掛けましょう。