プロミスで金利を引き下げる方法

お金が必要な時に、気軽に借り入れができる消費者金融やカードローンは大変便利です。
簡単に借り入れができるために、長期的に利用していきたいと思っている方も多いです。
しかし、金利(利息)が高いと毎月の返済がきつくなってきます。
もし消費者金融を利用するであれば、金利は元金ではないので、できる限り下げられるのであれば下げたいと思うものです。

それでは、大手消費者金融である プロミスは金利の引き下げをしてくれるのでしょうか。

それではどういう条件であれば、プロミスカードローンの金利を下げることができるのでしょうか。ここでは、プロミスの金利を下げる方法とプロミス担当者との金利引き下げの交渉などを詳しく解説いたします。

プロミスカードローンの特徴
プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント
  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK



プロミスカードローンの金利は4.5%~17.8%

まず、プロミスカードローンの金利がどのくらいなのかを見ておきましょう。
プロミスで初めてカードローンを利用してお金を借りる際には、利用者の返済能力があるかどうかがわからないため、一般的にプロミスカードローンの上限金利の17.8%でお金を貸すことになります。
実際、この17.8%というプロミスの上限金利が高いかどうかわかりづらいと思います。
プロミスカードローンの金利を銀行カードローンと他の大手消費者金融との金利で比較してみましたのでご覧ください。

銀行カードローン金利比較
銀行カードローン 金利(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン 3.5%~14.0%
三井住友銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8%
大手消費者金融金利比較
消費者金融会社 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
ノーローン 4.9%~18.0%

上の表から、銀行カードローンの方が消費者金融よりも金利が低いというのがわかると思います。消費者金融業者で比べた場合、プロミス以外の消費者金融各社の上限金利が18.0%に対し、プロミスカードローンの上限金利は17.8%ですので、大手消費者金融の中では最も上限金利が低いということなります。


プロミスでの金利や利息、また返済方式などは、「プロミスの金利と利息」で詳しく解説しています。
では、プロミスカードローンを利用している場合には、どのようにしたら金利を下げることが可能なのでしょうか。

プロミスの金利を下げるにはどうしたらいいのか

プロミスでの金利を下げることができる方法は、次の3つです。

  • 金利引き下げ交渉を行う
  • 借入限度額を増額(増枠)する
  • おまとめローンを利用する

それでは各項目をみていくことにしましょう。

金利引き下げ交渉を行って金利を下げてもらうことも可能

プロミスだけでなく消費者金融業者の多くは、消費者金融業者側から優良なお客さんだと認識されると利用限度額の増額(増枠)や金利の引き下げなど、利用者に有利な条件でキャッシングが利用できます。
優良なお客さんとプロミスの担当者に認められるようになるには、毎月の返済額を遅延することなく返済しているだけでは、最低条件です。
プロミスにとって優良なお客さんにはなれません。
それでは、プロミス側から優良なお客さんと認識されるにはどうしたらいいのでしょうか。プロミスで優良なお客さんと認められるようになるには以下の条件を満たしていることが必要です。

  • 返済期日までに確実に返済している
  • 他社でも延滞や滞納なく返済をしている
  • 定期的なプロミスでのキャッシングの利用がある
  • 収入が安定しているまたは収入が上がった

返済能力と利用実績のある優良なお客さんには多くの融資をしたい

なぜ、優良なお客さんとプロミスが認めると、限度額の増額や金利を下げてくれるなどの優遇措置をしてくれるのでしょうか。それは、プロミスに確実に返済してくれる見込みがあるからです。消費者金融業者や銀行などの金融機関が利用者にお金を貸す際に、一番重要視していることは、利用者に返済能力があるかどうかです。

また、返済時に長期の遅延や滞納がなく、定期的なキャッシング利用があるお客さんの場合には、他社の消費者金融や銀行などもっと金利や利用限度額額の良い条件の会社に移ってしまう可能性もあります。そのため、利用限度額の増額や金利を下げるなどサービスを行い、他社の消費者金融や銀行などの金融機関に移らないようにしているわけです。

プロミスでの利用限度額を増額(増枠)する

プロミスでは、現在の利用限度額を増額することが可能です。利用限度額を増額することによって、金利が下がることがあります。
なぜなら、利用限度額によって利息制限法に定められている上限金利が異なるからです。利息制限法の定めによる借入額の元金と上限金利の関係を下の表にまとめましたのでご覧ください。

借入元金 上限金利
10万円未満 年20.0%
10~100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

プロミスに限らず消費者金融では、上の表に記載されている上限金利を超える金利と利用者取ってはいけないと、利息制限法に記載されています。
(利息制限法で定めた上限金利を超える金利を取った場合には無効。)
現在、プロミスで17.8%(プロミスカードローンの上限金利)に近い金額で借り入れをしている場合には、利用限度額を増額することで金利が下がる場合があります。
例えば、プロミスカードローンで、80万~90万円の借り入れがあり、その上、借り入れ金の金利が17.8%の場合などは、利用限度額の増額をすると場合などです。

プロミスでの利用限度額の増額には審査がある

利用限度額増額をする際には増額審査があります。増額審査に通過しないと、利用限度額の増額はできませんので、注意してください。
なお、プロミスの利用限度額の増額については、「プロミスカードローンの利用限度額の増額方法と増額審査」で詳しく解説しています。

おまとめローンを利用することで金利を下げることができる

銀行や消費者金融でのカードローンの多くでは、複数社のローン一本にまとめて借り換えを行う、おまとめローンのサービスを提供しています。
もちろん、プロミスでもおまとめローンを利用することが可能です。

プロミスのおまとめローンは借り換え専用の総量規制対象外のローン

プロミスのおまとめローンは、プロミスの公式ホームページに記載されているように、貸金業法に基づくおまとめローンです。つまり、複数の消費者金融業者から借り入れをしている方が、その債務を一本化することができるローンです。基本的にプロミスを含むおまとめローンは、債務を一本化するという商品の特性上、顧客に一方的に有利な借り入れと定められているので、総量規制の対象外となります。

なお、プロミスの通常のカードローン(フリーローン)は総量規制対象のカードローンです。

プロミスのおまとめローンはパート・アルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能

プロミスのおまとめローンの申し込み資格は、20~65歳で安定収入があればパートでもアルバイトでもまたは派遣社員でも問題ありません。また、年収による制限もないので、銀行系おまとめローンとは異なり安定した収入があれば気軽に申し込みが可能です。

プロミスおまとめローンの詳細
申し込み条件 20歳以上65歳以下で本人に安定した収入がある方
(主婦、学生でもパートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能)
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済
借換対象ローン 消費者金融・クレジットカードなどのキャッシング(銀行カードローンは対象外)
融資額 1万円~300万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中からどれか(三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外は5日)
返済期間・回数 最終借入以後最長10年、1回~120回
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、または健康保険証、パスポートなど)
収入証明書(源泉徴収票、確定申告書などで最新のもの)

プロミスのおまとめローンについては、「プロミスおまとめローンの特徴と利用時の注意点」で詳しく解説しています。

プロミスの金利を引き下げてもらう際のポイント

プロミスコールに金利引き下げ交渉の電話する

プロミスではコールセンターに利用者がから電話をして、金利引き下げの交渉をすることができます。
プロミスでの借り入れが初めての方、また借り入れをしてからまだ返済をしていない方などは返済能力や利用時実績が不明なおすすめできません。
具体的な目安として プロミスを利用して6か月以上経過してしており、なおかつプロミスでの返済時の遅延や滞納がないようであれば、プロミスコールに電話をして担当者に金利引き下げの交渉をしてみてはいかがでしょうか。
また、プロミスコールでは金利引き下げの交渉以外にも、利用限度額の増額や借り換え、または返済に困った場合など様々な相談に乗ってもらえます。
プロミスコールの電話番号と受付け時間は下記の通りです。

  • 電話番号:0120-24-0365
  • 受付時間:終日9:00~22:00

金利引き下げの交渉は電話がおすすめ

プロミスへの連絡は、店舗窓口(お客様サービスプラザ)で担当者に直接伝えるメールまたは郵送するなどの方法があります。その中でも金利引き下げの交渉は電話での連絡をおすすめします。
店舗窓口に行っていきなり金利の引き下げを求めても、断られる場合が多く無駄足に終わってしまうこともあります。
まず、プロミスの総合カードローンデスクに電話をして相談するようにしましょう。

金利引き下げを交渉する注意点

プロミスの担当者に金利を下げる交渉をするときには、高圧的な態度や横柄な言葉使いをしないように気をつけましょう。担当者に不快な思いをさせてしまっては、金利引き下げの話すら聞いてくれません。まずは、「金利の引き下げをお願いしたいのですが」と相談してみましょう。
ただし、「金利が高く毎月の返済が厳しい」というような相談の仕方は、返済能力に問題があるとみなされてしまう可能性があるので注意しましょう。

プロミスから優良なお客さんとして認識して、利用限度額の増額や金利引き下げなど利用者に有利な条件でキャッシングを利用できるようになりま。
プロミスでの利用実績が半年以上あり、なおかつ返済能力に問題がない場合には是非プロミスの金利を下げる交渉してみることをおすすめいたします。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間