低金利の消費者金融はどの会社なのか

「お金を借りるのであればできれば低金利の消費者金融業者で借りたい」と思うのはお金を借りる人にとって当然の心境です。

ところがいざ情報をネットで探そうとすると色々な情報が錯綜していて分かりにくいというのが現状です。

そこで消費者金融にそれほど詳しくない人が実際に「低金利の消費者金融を探したい」「本当に低金利の消費者金融について知りたい」という時に覚えておかなくてはいけないことを簡単にまとめました。

どの大手消費者金融も金利はそれほど変わらない

最初の事実として覚えておくべきことは「どの消費者金融も金利はそれほど変わらない」ということ。
このサイトでは(誰もが名前は聞いたことがあるであろう)信用できる大手消費者金融業者を中心に紹介していますが、その金利一覧は次の通りです。

  • レイク:実質年利4.5%〜18.0%
  • オリックス銀行カードローン:実質年利1.7%〜17.8%
  • アイフル:実質年利4.5%〜18.0%
  • プロミス:実質年利4.5%〜17.8%
  • モビット:実質年利3.0%〜18.0%
  • アコム:実質年利4.7%〜18.0%

消費者金融の金利の計算方法」で説明した通り、下限金利になることはほとんどありませんので上限金利に注目してみてください。17.8%〜18.0%の間を推移しています。そして、お金を借りた場合、ほとんどのケースでこの金利が当てはまりますのでどこかの消費者金融が極端に金利が低いということはありません。

この中で比較するのであれば17.8%の「オリックス銀行カードローン」や「プロミス」がやや金利が低いですが、わずか0.2%の差です。

時間・経済的なな余裕があれば銀行カードローンがおすすめ

前述の通り消費者金融の金利においてはほとんどの企業で差がありません。

ただし銀行カードローンとなると話は別になってきます。

銀行カードローンとはその名の通り、銀行が発行しているカードローンサービスで消費者金融と同じようにお金を借り入れることができます。そして消費者金融と比較すると金利が低いのが魅力です。

主要銀行のカードローンの金利を見てみましょう。

  • カードローン「バンクイック」(東京三菱UFJ銀行):実質年利1.8%〜14.6%
  • 三井住友カードローン(三井住友銀行):実質年利4.0%〜14.5%
  • みずほ銀行カードローン(みずほ銀行):実質年利3.5%〜14.0%(※)

※みずほ銀行カードローンは「コンフォートプラン」の場合の金利です。

一目瞭然で消費者金融の金利より低く設定されています。ここだけ見ると「銀行カードローンを使ったほうがいい」という結論になりますが、消費者金融には消費者金融なりの強みがあります。

消費者金融の一番大きい強みとしてはお金の借り入れに迅速、かつ柔軟に対応してくれること。

銀行の場合は消費者金融と比較すると申し込みから審査、実際の借り入れの時間までにどうしても時間がかかってしまいます。金利だけで見ると多くの人が銀行カードローンを支持しそうですが、このへんのサービスの使い勝手の良さがいまだに多くの人が消費者金融を支持している理由なのです。

サービス提供の方法も銀行と比較すると、柔軟にお金を借りやすい仕組みになっています。(後述しますが、現在多くの消費者金融は初めて借り入れる方に借りやすいように無利息サービスを行っています。このあたりもお財布に優しい仕組みですね)

とは言え、低金利で借りた方がいいのは間違いないので、時間に余裕があったり、差し迫った事態がある人でなければ銀行カードローンに申し込んでみるといいでしょう。

消費者金融の「無利息」「利息0円」サービスを利用する

消費者金融の強みとして「無利息」「利息0円」サービスが展開されています。
これは初めてその消費者金融で借り入れをする際に最大◯日利息無しで借り入れができる、というものです。(日数は消費者金融によってまちまちなものの、ほとんどは1ヶ月間無料になっています)
当サイトのおすすめ消費者金融のキャンペーン状況を確認してみます。(※2016年10月現在)

  • レイク:利息0サービスあり(最大180日)
  • オリックス銀行カードローン:なし
  • アイフル:利息0サービスあり(最大30日)
  • プロミス:利息0サービスあり(最大30日)
  • モビット:なし
  • アコム:利息0サービスあり(最大30日)

はじめての利用ですぐに返済できれば利息ゼロで返済完了します。
ある意味、短期借り入れでは低金利よりも低い金利(ゼロ)と言えるでしょう。

明らかな「低金利」に騙されないようにすること

いろいろな情報を見渡してみると、名前も聞いたことのないような金融業者がかなりの低金利で融資を行っているようなケースがあります。
すべてがそうだというわけではありませんが、「明らかにおかしい低金利」には何かしらの罠があると思って間違いないので要注意です。

消費者金融は原則的に金利で自分たちの儲けを出しています。つまり消費者金融にとって金利は高ければ高いほどいい(※)のですが、そこを敢えて低くするということは必ず何か裏があります。その業者が普通の業者だったらいいものの闇金融のような違法業者だった場合、自分の人生が破綻してしまうなんてこともあります。
低金利に限らず、利用者にとっておいしすぎる条件は疑ってかかりましょう。

※消費者金融の金利は高ければ高いほどいい、と書いていますが上限は利息制限法という法律で定められているのでそれ以上の金利を要求してくるところも違法です。

(利息制限法):借り入れの元本額によって利息上限が変化します。

第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分