消費者金融の信用情報とは何か

言葉そのものはよく聞くものの「内容はよく知らない」という人から「消費者金融を使うとブラックリストに登録される」という誤った情報を持っている人までさまざまです。

実際に細かく見ていくと分かりにくい部分も多いのですが、今回は簡単にまとめてみました。消費者金融と信用情報の関係を正しく理解し、健全なお金の生活を過ごしましょう。

信用情報とは簡単に言うと「お金の貸し借りの履歴」

信用情報は簡単に言うと消費者金融(あるいは銀行やクレジット会社などの金融機関)と実際に借りる人のお金の貸し借りの履歴のことです。
多くの人が消費者金融に何気なく申し込んで、契約し、お金を借りて返済……といったことをしていますが、その貸借履歴はきちんと機関によって管理されており、また他の金融業者からも閲覧することが可能です。

もちろん金融業を営んでいる人がいつでも手軽に見る、というわけではなく、キャッシングの審査申し込みの段階など必要性がある場合に限ります。

利用者の信用情報を管理しているのは信用情報機関である

この信用情報を管理しているのが、信用情報機関と呼ばれる次の3つの機関になります。

  • JICC:日本信用情報機構
  • CIC:株式会社シーアイシー
  • KSC:全国銀行個人信用情報センター

日本の金融機関であれば、上記の3つの信用情報機関のうちいずれかに加盟しています。
消費者金融会社やクレジット会社は、JICCとCICの両方に加盟していることが多く、銀行や銀行系関連のクレジットカード会社は基本的に上記の3つの信用情報機関に加盟しています。下の図は、大手金融機関がどの信用情報機関に加盟しているかをまとめた図になります。

加盟している信用情報機関 金融機関
CIC・JICC アイフル
アコム
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
オリエントコーポレーション
クレディセゾン
ジェーシービー
セディナ
三井住友カード
楽天カード
CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター 三菱東京UFJ銀行
JICC・全国銀行個人信用情報センター オリックス銀行
新生銀行
住信SBIネット銀行
東京スター銀行
CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター イオン銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
楽天銀行

このように、複数の信用情報機関に加盟する消費者金融業者や銀行などの金融機関も多いのです。
もし、自分の信用情報が知りたい場合には各信用情報機関へ信用情報の開示請求を行うこともできます。開示方法にはインターネットによる閲覧と郵送の2つの方法があり、情報開示を行う際には、いずれの方法でも1000円ほどの手数料がかかります。

信用情報機関では個人情報と金融機関の利用履歴の情報が管理されている

次にどのような情報が管理されているのかを見てみましょう。
前述の通り「情報が管理されている」ということは他の金融業者が審査の際に確認することが可能、ということです。信用情報機関で管理されている信用情報は次の通りです。

  • 基本個人情報:氏名、生年月日、自宅・勤務先情報
  • 契約周辺情報:申込日、契約日、返済履歴、残高、滞納履歴、その他(債務整理など)

基本情報は、氏名や生年月日、自宅や勤務先の情報です。一方の、契約周辺情報というのは、消費者金融を含む銀行やクレジット会社の申し込み日、契約日、返済の履歴、残高、滞納履歴や事故情報などです。下の図に信用情報機関に保管される情報と、保管機関をまとめましたので参考にしてみてください。

保管される情報 保管される期間
カードローンやクレジットカードの申し込み履歴 6ヶ月
借入れ、返済に関する記録 5年間
債務整理などの金融事故情報 5年間(自己破産など官報記載は10年間)

これらの情報は、金融機関での融資の審査の際に重要な情報となります。それでは各項目をみていくことにしましょう。

金融機関への申込日

申込日は金融機関に申し込みをした日付のことをいいます。たとえ、消費者金融業者の審査を通過しなくても6か月間記録されます。

「複数の消費者金融にいっぺんに申し込んではいけない」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、その理由はここにあります。

なぜなら、消費者金融業者側も審査の際に「申し込みをした人が、返済できる人かどうか」というのを判断しなくてはなりません。
その審査の際に信用情報で同時期に一斉に複数社の消費者金融に申し込みをしているのがわかると少し疑念を抱くのは間違いないでしょう。絶対に審査が通らなくなるというわけではないですが、あまりに多くの消費者金融に一度に申し込みをすると悪印象を持たれる可能性もあります。
(一般的に、「申し込みブラック」と言われています。)

もし、複数の消費者金融を含む金融機関に融資の申し込みをする際には、一度に複数社に申し込まずにしましょう。どうしても複数の消費者金融業者に申し込みをする際には、最初の申し込みから6か月間の期間を空けることで、信用情報機関からの信用情報から申し込みの履歴が削除されますので、半年間待つようにしましょう。

消費者金融や銀行カードローンの契約日

契約日というのは消費者金融にキャシングの申し込みをして審査に通過後に契約をした日付をいいます。信用情報に記載される期間は契約を開始してから5年間ではなく、金融機関のサービスを解約してから5年間となるので注意が必要です。
消費者金融と契約した場合、利用していなくても契約情報は残りつづけます。たとえば、消費者金融業者と契約して融資を受けた後、返済金を完済したが解約していない状態などがあげられます。

返済の日程・残高

返済の日程とは、消費者金融でお金を借りた際の、返済期日と実際の返済日のことです。残高とは、消費者金融にまだ返済していないお金のことを言います。これらも、契約日と同じく解約後5年間は、信用情報に残ります。

借り入れ金の遅滞・滞納履歴

「遅滞」とは、返済期日返済の期日が来ているのに期日に遅れて返済をすること、「滞納」とは、返済期日返済の期日が来ているのに返済をしなかったことです。これら2つとも信用情報の記録に残ります。(JICCは1年、CICは5年記録)

消費者金融業者や信販会社などの金融機関での遅滞や滞納については、数日遅れただけでは記録されないことが多く、一般的には2?3ヶ月で記録されると言われています。このあたりは消費者金融ごとに定義が少し違うため一概には言えません。
ただし、遅滞や滞納がある場合には新たに消費者金融に申し込みをする際、審査に落ちてしまう場合もあります。また、現在利用中のクレジットカードやカードローンの限度額が下げられたり、利用停止になる場合もあるので、返済には遅れないようにしましょう。

債務整理などの金融事故(5年間)

債務整理とは、借金の返済ができなくなったしまったために借金の減額や借金をチャラにしてもらう法的な方法です。
債務整理には下記の4種類があります。

  • 任意整理
    債務者と債権者が話し合いで借金を減額すること
  • 特定調停
    裁判所を通して債務者と債権者が話し合って借金の減額をすること
  • 個人民事再生
    民事再生法にもとづく債務整理の方法
  • 自己破産
    合法的に借金をチャラにする方法、裁判所で破産手続きを行い、不動産や資産などの全てを放棄しつつ、債務をゼロにします

この債務整理以外にも、返済能力が認められず消費者金融から強制的に解約される、「強制解約」や家族や保証人など本人以外のものが代わりの誰かからの返済する「代位整理」なども金融事故とし5年間記録されてしまいます。

この項目と前述の「滞納履歴」を合わせて、一般的に「ブラックリスト」や「事故情報」と呼ばれたりします。消費者金融でお金を借りることそのものは将来的に何も影響はありませんが、ブラックリストに載ってしまうと、住宅ローンや新規のキャッシングの借り入れなどがしにくくなります。

消費者金融を使っていると住宅ローンの審査に通りにくくなるというのは本当か

一般的に言われる「消費者金融を使っていると住宅ローンの審査に通りにくくなる」というのは信用情報について考えると分かりやすいでしょう。
住宅ローンを申し込み・審査をする際に、銀行などの金融機関は申込者の信用情報を調べることになります。

その際に先程の事故情報(借り入れの返済が遅れている、過去に借りたお金を返済できない履歴があった)があると、お金を貸す側としても「返済能力が低いのではないか?」と考えてしまい、審査に通りにくくなるのは理解しやすいかと思います。

余談ですが住宅ローンの審査をする際には上記に加え「完済している(借金がない)」という状態の方が好ましいです。(※詳しくは「消費者金融の借り入れをすると住宅ローンの審査は通らないのか?」でも記載していますのでそちらも参照ください)

結論としては「借りたお金をきちんと期日を守って返済していれば問題ない」というごくごく当たり前の結論です。
また、信用情報については、カードローン会社も含む他の金融機関も確認できるようになっていることだけ認識しておきましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間