プロミスの在籍確認の電話をなし(職場の電話連絡なし)でお金を借りる方法

テレビCMなどで有名な大手消費者金融のプロミスでは、他の消費者金融業者や銀行カードローンと同様にカードローン審査時には、在籍確認の電話連絡を行っています。

プロミスの公式サイトでは審査時の在籍確認に電話連絡について以下の記載があります。

「ご本人様がお勤めされている事」の確認のため、お勤め先にお電話させていただきます。お客さまのプライバシーに十分配慮し、担当者個人名にておかけしますので、ご安心ください。プロミス名でご連絡することはありません。

そのため、勤務先にプロミスからの電話あることに抵抗のある方が多くいることも事実です。

プロミスでは、原則として、審査時の在籍確認の電話連絡がありますが、申込前にプロミスの担当者に電話しておくことで、在籍確認の電話連絡をなしにしてお金を借りることができます。

ここでは、「プロミスの審査時に在籍確認なしでお金を借りる方法」について詳しく解説いたします。

なお、プロミス審査時における在籍確認の電話の内容や在籍確認時の注意点については、「プロミスの審査時における在籍確認の電話のタイミングや内容」で詳しく解説しています。

プロミスでは審査時に必ず在籍確認を行なっている

消費者金融や銀行カードローンの審査では、申込者に返済能力があるかどうかを判断しています。

また、カードローン審査では、必ず申込者の収入を確認するために申込者が申告した勤務先に担当者が電話連絡を行うまたは健康保険証(会社名の入った)を提出することで、申込者の勤務先が正しいかどうかを確認しています。

もし、申込者が申告した勤務先に在籍していないとすれば、プロミスは申込者の返済能力を確認できず貸倒れのリスクが高まるため、プロミスをはじめとするカードローン会社では、必ず審査時に勤務先を確認する在籍確認を行われます。

ただし、プロミス以外の消費者金融や銀行カードローン会社であっても、在籍確認を回避することはできませんが、勤務先(会社)への電話連絡をなしにすることは可能です。

プロミスでは事前に担当者に相談することで会社への電話連絡をなしにできる

プロミスでお金を借りる際には、申込者の在籍確認が必要ですが、、どうしても申込者の勤務先に電話する場合が難しい場合は、職場への電話連絡をなしにすることができます。
<職場への電話連絡なしにできる条件>

  • 急ぎでお金を借りたいのにもかかわらず土日などの勤務先が休業日ある場合
  • 申込者の勤務先(派遣先)に電話をしても、申込者が勤務先に在籍しているかがわからない場合
  • 勤務先に個人宛ての電話がかかってくることがないので職場の人に不審に思われる場合

プロミスでは、申込者の勤務先が休業日である場合、もしくは勤務先に電話をかけても在籍しているかどうかががわからない場合、勤務先に個人宛ての電話がかかってくることがないので、職場の人に不審に思われる場合、正当な理由がある場合に限り、在籍確認の電話連絡をなしにすることができます。

土日祝日に申込をした場合、勤務先の休業日であることが多いため、勤務先に電話つながらず、審査の完了が翌営業日になってしまうことがあります。そのため、土日祝日といった勤務先の休業日にプロミスの申し込みをする場合には、職場への電話連絡をなしにすることで、審査時間の短縮に繋がります

会社への電話連絡をなしにする場合には社名入りの社会保険証などの書類の提出が必要

どうしても在籍確認の電話ができない場合などは、プロミス担当者の判断で電話以外の書類提出での勤務先確認に方法に変更してもらえることもあります。
電話連絡による在籍確認の代わりに、プロミスの審査担当者より提案される提出書類は以下のとおりです。

  • 社名の付いた健康保険証(組合保険証でも可能)の写し(必須)
  • 最新の給与明細書、源泉徴収表、社員証のいずれか1点

上記のうち提出する書類の中でも、勤務先が記載されている健康保険証(組合保険証)と直近の1か月分の給与明細の組み合わせが最も提出いやすい書類です。
ただし、申込者が賞与(ボーナス)をもらっている場合には、賞与の明細書も必要になります。ボーナスをもらっているにもかかわらず給与明細のみを提出した場合、たとえボーナスがあっても、「給与明細書」に記載されている金額で、申込者の年収を計算する可能性がありますので注意しましょう。

プロミスでの審査時の在籍確認(職場への電話連絡)をなしにする流れ

プロミスで在籍確認の電話連絡をなしにする流れは下記の通りです。

  1. 事前にプロミスコールに電話して在籍確認の電話が難しい事を担当者に相談する
  2. 申込者の社会保険証や給与明細書などの書類を準備する
  3. 申し込みを行う
  4. 申し込み完了後にすぐにプロミスコールに電話をして再度確認
  5. 本人確認書類の提出時に電話で指定された健康保険証などを一緒に送付する

プロミスでは、申し込み完了後、すぐに仮審査が開始されます。特に、WEB完結申し込みの「フル入力」での申込をした場合には、申込み内容の確認の電話がないため、申し込み完了後すぐに仮審査が開始され、審査担当者が申込者の勤務先に電話連絡をしてしまうことがあります。
そのため、プロミスWEB完結申込を利用して、申込者に通知なく勤務先に電話をされたくない場合には、申し込み完了後に本人確認の電話があるカンタン入力を選ぶようにしましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば特別な手続きなし職場への電話連絡を確実になしにできる

SMBCモビットのWEB完結申し込みを利用すれば、特別な手続きなく職場への連絡はなしで、お金を借りることが可能です。
もし、どうしても審査時の職場への電話連絡をさけたいのであれば、SMBCモビットのWEB完結申込をおすすめします。
ただし、申込時に勤務先確認書類(社会保険証もしくは組合保険証)の提出が必須であることに加え、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座が必要です。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能


銀行カードローンや中小消費者金融では在籍確認(会社への電話連絡)を完了しないと審査を通過できない

プロミスを含めた消費者金融や銀行カードローンを申し込んだ際には、原則として、審査時に申し込み者の勤務先への電話が連絡をしないと審査にすることはありません。
ただし、アコムやアイフルなどの大手消費者金融消費者金融や銀行が審査時の職場への電話連絡が審査を通過する上で必須がどうかについて、下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

金融機関名・ブランド名 審査時の勤務先への電話連絡なしでも審査に通るか
大手消費者金融 プロミス 原則必須(例外の場合は書類提出)
アコム 必須(相談可能)
アイフル 原則必須(例外の場合は書類提出)
SMBCモビット WEB完結申し込みであれば職場への電話連絡なし
原則必須(例外の場合は書類提出)
中小消費者金融 ライフティ 申込者への職場への電話確認が必須(例外事項なし)
フクホー
スペース
セントラル
銀行 三井住友銀行
三菱UFJ銀行
オリックス銀行
みずほ銀行
セブン銀行 利用限度額が50万円以下の場合には職場への電話連絡無し

上の表から、プロミスやアイフルなどといった大手消費者金融の借入審査の場合、正当な理由がありかつ申込者の申告した勤務先への連絡が難しいとき場合に限り、例外として職場への電話確認がとれなくてもキャッシングを利用することが可能です

一方、中小消費者金融や銀行カードローンの場合には、過去の信用情報の結果よりも現在の収入状況を把握したいため(中小消費者金融の場合)、または、銀行以外に保証会社による審査が行われるため(銀行カードローン)職場への電話連絡は審査を通過する上で避けて通れません。

そのため、どうしても会社への電話連絡をなしにしたい場合には、プロミスやアイフル、SMBCモビットといった大手消費者金融への申込をおすすめします。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間