プロミスでは勤務先への在籍確認なしでお金を借りることができるのか

テレビCMなどで有名な大手消費者金融のプロミスでは、他の消費者金融業者や銀行などと同様にキャッシング審査の中、電話での在籍確認を行っています。

在籍確認とは、在籍確認とは、カードローン申込者の勤務先に電話をかけ、申込時に申告した勤務先に本当に在籍しているかを確認することです。

ただ、勤務先にプロミスからの在籍確認の電話あることに抵抗のある方が多くいることも事実です。

それでは、プロミスカードローンのキャッシング審査時に行われる在籍確認の電話をなしにしてお金を借りることができるのでしょうか。詳しく解説いたします。

プロミスでは他の消費者金融と同様に原則として審査時に在籍確認を行っている

プロミスではキャッシングの審査の際には、原則として在籍確認を行います。プロミスカードローンのキャッシングの審査自体は他の消費者金融の審査とほぼ変わりません。プロミスでは、申込者の申し込み情報を確認して、申込者の年収や他社借入金額、他社借入件数または、過去の長期の遅延などがないか審査の中で判断します。プロミスの審査基準については、「プロミスの審査の流れと審査基準」で詳しく解説しています。
消費者金融や銀行などの金融機関が申込者の勤務先に電話をする理由は、申込者の申告内容に虚偽がないか、また本当に安定した収入と返済能力があるか確認するためです。
ここで申し込み内容に虚偽があれば、プロミスも融資をするわけにはいかなくなるため、キャッシング審査に落ちてしまいます。

プロミスでは申込の際に申込者の勤務先も申告する

プロミスでのカードローン申し込みの際には、氏名、住所、生年月日だけでなく勤務先や現在の借り入れや借入件数などさまざまな個人情報を入力します。


そして、現在勤務している会社名や電話番号の他に、所属部署も申込み時に入力することになります。その情報を元にして、プロミスの審査担当者がその勤務に在籍しているのかどうかを確認するために勤務先に電話連絡をします。。

プロミスでの在籍確認の電話をなしにするにはどうしたらいいのか

先ほど述べたように、プロミスでは原則としてキャッシングを利用したい場合には申込者の勤務先への電話での在籍確認が必要になります。ただし、下記のような理由で、どうしても申込者の勤務先に電話する場合が難しい場合があります。

  • 申込者の勤務先に電話をしても、申込者が勤務先に在籍しているかがわからない場合
  • 勤務先に個人宛ての電話がかかってくることがないので職場の人に不審に思われる場合

上記のように在籍確認の電話ができないあるいは、どうしても避けたい場合にはどうしたらいいのでしょうか。プロミスでは電話での在籍確認ができない、または電話をしてしまうと、勤務先にカードローンを利用していることがバレてしまうなどの場合には、書類提出をして電話での在籍確認をしたとみなすことも可能です。それでは在籍確認ができない時に、どのような書類を提出したらいいのでしょうか。みていくことにしましょう。

会社名の入っている健康保険証などの必要書類を提出して在籍確認とみなす

プロミスでの融資を受けるためには原則として審査の中で在籍確認は必須です。
ただし、どうしても在籍確認の電話ができない場合などは、プロミス担当者の判断で電話以外の方法に変更してもらえることもあります。電話以外の在籍確認として提案されるのは、下記の3つです。

  • 社名の付いた健康保険証と直近の一か月分の給与明細書を提出する
  • 写真が付いた社員証を提出する
  • 雇用契約書の写しを提出する

この中でも、申込者が提出しやすい書類ということで、勤務先が記載されている健康保険証と直近の1か月分の給与明細の提出することが一般的なようです。雇用契約書を提出するのが一般的なようです。

ただし、賞与(ボーナス)をもらっている場合には賞与の明細書も必要になります。ボーナスをもらっているにもかかわらず給与明細のみを提出した場合、たとえボーナスがあっても、「給与明細書」に記載されている金額で、申込者の年収を計算する可能性がありますので注意しましょう。

在籍確認の電話をなしを希望する場合には必ず申し込み直後に連絡する

「在籍確認の電話をなしにしてほしい場合」には、とにかく、電話での在籍確認に対して要望があることを申し込み完了後すぐに相談することが重要です。プロミスでは、申し込み完了後すぐに審査を進めます。そのため、利用者が在籍確認の電話をなしにしてほしいと依頼する前に勤務先に電話をされてしまうことがありますので注意しましょう。

また、プロミスでのWEB申し込みをする際には、申し込み内容に「勤務先への連絡はしない」と希望することができますので、電話での在籍確認をなしにしたい場合には、すぐにプロミスに電話をして担当者に相談しましょう。

プロミスでの在籍確認の電話で話される内容

プロミスの在籍確認の電話でどのような会話がされるでしょうか。特にプロミスをはじめて利用する場合にはわからないと思いますので、在籍確認でどのような利用者とプロミス担当者の間でどのようになされているのかについて解説します。
まず、在籍確認の電話での内容を詳しく解説いたします。
仮に、申込者をユーザーレビュー株式会社 営業部の高橋さん、プロミスの担当者を佐藤さんとして、在籍確認の電話でどのようなやり取りがあるのか見ていきましょう。
なお、申込者本人が電話に出る場合と本人が不在の2つ場合があるので分けて解説いたします。

申込者本人が在籍確認の電話に出る場合

プロミスの担当者は、申込者の本人確認後、電話口で社名と用件を言います。

    プロミス佐藤 「もしもし、ユーザーレビュー株式会社さんでいらっしゃいますか? 私、佐藤と申しますが、営業部の高橋さんをお願いします。」
    申込者高橋 「営業部の高橋は私です。」
    プロミス佐藤「プロミスの佐藤です。在籍確認をさせていただきました。ありがとうございました。」

本人が在籍確認の電話に出た場合には、在籍確認は完了となります。

申込者本人が不在の場合

申込者本人が不在の場合、プロミスの担当者は、申込者の勤務先の方に次のような質問をします。

    プロミス佐藤「もしもし、ユーザーレビュー株式会社さんでいらっしゃいますか? 私、佐藤と申しますが、営業部の高橋さんをお願いします。」
    高橋の勤務先の同僚「高橋は席をはずしております」
    プロミス佐藤「何時ごろであれば、いらっしゃいますか。」
    高橋の勤務先の同僚「高橋は外出しており、本日の戻り時間は未定です。」

上記のような返答であれば、申込者が申し込みに入力した勤務先に在籍しているとみなされるため在籍確認は完了となります。
また本人が休みの場合には、出勤日を確認します。
高橋の勤務先の同僚「高橋は本日お休みをいただており、明日から出勤予定です。」
この場合、電話に出た勤務先の方が申込者の出勤日を確認できれば在籍確認は完了となります。

在籍確認の電話が不安な場合には勤務先に事前に言っておく

どうしても給与明細が入手できない、電話での在籍確認をするしか方法がない場合、事前に会社の人に、電話がかかってくることを伝える方法があります。

勤務先の同僚や上司に、「クレジットカードを申し込むので、会社に確認の電話がかかってくる」と伝えればいいのです。
クレジットカードを作った場合でも、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるケースがあります。
クレジットカードを持つことは社会的に認知されていますし、クレジットカードの審査ということであれば、会社からも悪い印象をもたれることはありません。
どうしても会社に電話がかかってくることが避けられない場合は、ドキドキしながら電話を待つよりも、自分から勤務先の方にいってしまった方がいいでしょう。
周囲の人からのいらぬ詮索を避けるためにも、プロミスからの電話ということは伏せて、在籍確認の電話がかかってくることを会社の人に伝えればいいでしょう。
また、プロミスの担当者も申込者のプライバシーに配慮しているので必ず「個人名」で申込者の勤務先に電話をします。
会社の人もクレジットカードなどは持っていると思いますので、在籍確認の電話がかかってくることは理解できることでしょう。

土日祝日の即日融資や夜間の審査時の在籍確認

在籍確認してほしい場合でもプロミスでは土日祝日を含む終日9:00~21:00の間であれば審査受付または、審査回答をもらうことができます。
(プロミスでの申し込み・審査受け付けはWEB申し込みまたは電話での申し込みの場合、24時間365日申し込み受付けをしています。)
審査受付時間と審査結果の回答時間の違いについては、「プロミスの審査結果と審査にかかる時間」で詳しく解説しています。

ただし、土日祝日は申込者の会社が定休日など電話での在籍確認ができないこともあります
土日祝日や夜間で勤務先への電話が在籍確認できない場合には、先ほど申し上げた書類提出の他にも主に下記の対応を取る場合が多いです。

  • 在籍確認での電話確認なしでカードローン審査を通過する
  • いったん仮の限度額が設定され在籍確認が翌営業日に行われる

上記の対応の中でも、「いったん仮の限度額が設定され在籍確認が翌営業日に行われる」ケースが比較的多いケースです。

たとえば、土日祝日にプロミスに利用限度額50万円で申し込みをして、会社の定休日などで在籍確認がとれないケースの場合、プロミスの審査担当者の判断にもよりますが、いったん10万円~20万円程度の仮の利用限度額が設定され、その後の在籍確認で本来の利用限度額が設定されます。
そのため、土日祝日にプロミスでの即日融資を検討している場合も、きちんと融資が可能ですので安心してください。なお、プロミスの即日融資については、「プロミスで即日融資受けるための方法」で詳しく解説しています。

在籍確認での利用者の要望はある程度通る

プロミスでは在籍確認の電話をスムーズに行うために申込者の希望に対応しています。

  • 在籍確認の日時を指定できる
  • 在籍確認の電話をする担当者の性別を指定できる

在籍確認の電話をする日時を指定できる

例えば、午前中は勤務先に誰もおらず電話に出ることができないなどの理由があれば、プロミスの担当者の方で対応してくれることもあるでしょう。ただし、この日の●●時に在籍確認の電話をしてほしいといった希望には対応できません。

電話をする担当者の性別を指定できる

プロミスでは在籍確認をする担当者の性別を指定することができます。勤務先に異性から電話がかかってくるのが不安な場合には事前にプロミスに相談して、担当者の性別を指定してもらうといいでしょう。また、在籍確認時の電話での会話のトーン(カジュアルまたはフォーマル)などもある程度の要望は通ります。

プロミスではこのように、原則、キャッシング審査の中で勤務先への在籍確認の電話は必要ですが、どうしても在籍確認の電話ができない、電話をしてしまうと利用者に不都合が生じてしまうなど正当な理由があるときには、担当者の判断で、在籍確認の電話をなしでも借り入れが可能です。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間