プロミスは申込前に担当者に電話しておくことで審査時の在籍確認の電話連絡なしできる

テレビCMなどで有名な大手消費者金融のプロミスでは、他の消費者金融業者や銀行カードローンなどと同様にキャッシングの審査時には、在籍確認を行っています。
在籍確認とは、カードローン申込者の勤務先に担当者が電話をかけ、申込時に申告した勤務先に本当に在籍しているかを確認することです。ただし、勤務先にカードローン会社からの在籍確認の電話あることに抵抗のある方が多くいることも事実です。

プロミスでは、原則として、審査時の在籍確認の電話連絡がありますが、申込前にプロミスの担当者に電話しておくことで、在籍確認の電話連絡をなしにすることができます。

それでは、プロミスでの在籍確認の電話連絡をなしにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

原則としてプロミスでは審査時に申込者の勤務先へ電話連絡(在籍確認)を行っている

プロミスの審査の際には、原則として在籍確認を行います。

プロミスを含む消費者金融や銀行などの金融機関が審査の際に、申込者の申告した勤務先(派遣社員の場合には派遣先)の電話番号に電話をする理由は、申込者の申告内容に虚偽がないか、また本当に安定した収入と返済能力があるか確認するためです。

プロミスでは、審査担当者が申込者の申し込み情報を確認して、申込者の年収や信用情報、(他社借入金額、他社借入件数または、過去の長期の滞納などがないか)などを審査の中で判断します。

なお、プロミスの審査基準については、「プロミスの審査基準と審査に通るためのコツ」で詳しく解説しています。

申込者の勤務先に電話連絡することが困難な場合には在籍確認の電話連絡をなしにできる

原則として、プロミスでお金を借りる際には、審査時に申込者の勤務先への電話連絡がが必要になります。
ただし、下記のような理由で、どうしても申込者の勤務先に電話する場合が難しい場合は職場への電話連絡をなしにすることできます。

  • 申込者の勤務先(派遣先)に電話をしても、申込者が勤務先に在籍しているかがわからない場合
  • 勤務先に個人宛ての電話がかかってくることがないので職場の人に不審に思われる場合

ただし、職場への電話確認のかわりに代替手段として社会保険証や給与明細書などの書類提出が必要となります

申込者の勤務先への電話連絡をなしにしたい場合には社名入りの社会保険証などの書類の提出が必要になる

どうしても在籍確認の電話ができない場合などは、プロミス担当者の判断で電話以外の書類提出での勤務先確認に方法に変更してもらえることもあります。電話による在籍確認の代わりにプロミスの審査担当者より在籍確認の電話の代わりに提案される提出書類は以下のとおりです。

  • 社名の付いた健康保険証(組合保険証でも可能)の写し(必須)
  • 最新の給与明細書、源泉徴収表、社員証のいずれか1点

上記のうち提出する書類の中でも、勤務先が記載されている健康保険証(組合保険証)と直近の1か月分の給与明細の組み合わせが最も提出いやすい書類となるます。

ただし、申込者が賞与(ボーナス)をもらっている場合には、賞与の明細書も必要になります。ボーナスをもらっているにもかかわらず給与明細のみを提出した場合、たとえボーナスがあっても、「給与明細書」に記載されている金額で、申込者の年収を計算する可能性がありますので注意しましょう。

プロミスでの審査時の職場への電話連絡をなしにする流れ

プロミスで勤務先への電話連絡をなしにする流れは下記の通りです。

  1. 事前にプロミスコールに電話して在籍確認の電話が難しい事を担当者に伝える
  2. 申込前に在籍確認の代わりに提出するも申込者の社会保険証や給与明細書などの書類を準備する
  3. 申し込みを行う
  4. 申し込み完了後にすぐにプロミスコールに電話をして在籍確認の電話が難しい旨を再度確認
  5. 本人確認書類の提出時に指定された健康保険証などを送付

プロミスでは、申し込み完了後。すぐに仮審査が開始されます。そのため、申込者の職場への電話連絡をなしにしたい場合には、申し込み後すぐにプロミスの担当者に電話をするようにしてください。
特に、WEB完結申し込みの場合には、申し込み完了から時間が経過してしまうと、審査担当者が申込者の勤務先に電話連絡をしてしまいます。そのため、WEB完結申込を利用して、職場への電話連絡をなしにしたい場合には、事前にプロミスに電話で相談しておきましょう

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)


銀行カードローンや中小消費者金融ではキャッシングの審査時に勤務先への電話確認がとれないと審査を通過できない

プロミスを含めた消費者金融や銀行カードローンを申し込んだ際には、原則として、審査時に申し込み者の勤務先への電話が連絡をしないと審査にすることはありません。ただし、アコムやアイフルなどの大手消費者金融では

消費者金融や銀行が審査時の職場への電話連絡が審査を通過する上で必須がどうかについて、下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

消費者金融や銀行でのキャッシング審査時の勤務先への連絡の有無
金融機関名・ブランド名 審査時の勤務先への電話連絡なしでも審査に通るか
大手消費者金融 プロミス 原則必須(例外の場合は書類提出)
アコム
アイフル
SMBCモビット WEB完結申し込みであれば職場への電話連絡なし
原則必須(例外の場合は書類提出)
中小消費者金融 ライフティ 申込者への職場への電話確認が必須(例外事項なし)
フクホー
スペース
セントラル
銀行 三井住友銀行
三菱UFJ銀行
オリックス銀行
みずほ銀行
セブン銀行 利用限度額が50万円以下の場合には職場への電話連絡無し

上の表から、プロミスやアコム、アイフルなどといった大手消費者金融の借入審査の場合、正当な理由がありかつ申込者の申告した勤務先への連絡が難しいとき場合に限り、例外として職場への電話確認がとれなくても審査に通過してキャッシングを利用することが可能です

一方、中小消費者金融や銀行カードローンの場合には、申込者の職場への電話確認ができないと審査をすすめることができないため、職場への電話連絡は審査を通過する上では必須となります。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば確実に職場への電話連絡をなしにできる

SMBCモビットではWEB完結申し込みを利用すれば、確実に職場への連絡はなしで、お金を借りることが可能です。

もし、どうしても審査時の職場への電話連絡をさけたいのであれば、SMBCモビットのWEB完結申込をおすすめします。
ただし、申込時に勤務先確認書類(社会保険証もしくは組合保険証)の提出が必須であることに加え、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座が必要です。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。



プロミスでの勤務先への電話連絡の内容と電話がかかってくるタイミング

プロミスでの審査の際には、正当な理由がある場合に、社名の入った社会保険証と給与明細書などの書類を提出することで、勤務先への電話をなしにすることが可能です。

ただし、プロミスでの審査時に職場への電話連絡をなしにするための提出する書類を準備できないなどの理由で、勤務先への電話が避けられない場合もあるかと思います。

それでは、プロミスの審査時の勤務先にかかってくる電話はどのような内容で審査のどのタイミングでかかってくるのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。

申込者が勤務先に在籍していることがわかればすぐに在籍確認は完了する

プロミスの在籍確認の電話でどのような会話がされるでしょうか。
特にプロミスをはじめて利用する場合にはわからないと思いますので、プロミスでの在籍確認の電話で利用者とプロミス担当者の間でどのようになされているのかについて解説します。まず、在籍確認の電話での内容を詳しく解説いたします。
仮に、申込者をユーザーレビュー株式会社 営業部の高橋さん、プロミスの担当者を佐藤さんとして、在籍確認の電話でどのようなやり取りがあるのか見ていきましょう。なお、申込者本人が電話に出る場合と本人が不在の2つ場合があるので分けて解説いたします。
なお、申込者本人が電話に出る場合も申込者の勤務先の方が電話出る場合も、電話の所要時間は1分未満です。

申込者本人が在籍確認の電話に出る場合

プロミスの担当者は、申込者の本人確認後、電話口で社名と用件を言います。

    プロミス佐藤 「もしもし、ユーザーレビュー株式会社さんでいらっしゃいますか? 私、佐藤と申しますが、営業部の高橋さんをお願いします。」
    申込者高橋 「営業部の高橋は私です。」
    プロミス佐藤「プロミスの佐藤です。在籍確認をさせていただきました。ありがとうございました。」

本人が在籍確認の電話に出た場合には、在籍確認は完了となります。

申込者本人が不在の場合

申込者本人が不在の場合、プロミスの担当者は、申込者の勤務先の方に次のような質問をします。

    プロミス佐藤「もしもし、ユーザーレビュー株式会社さんでいらっしゃいますか? 私、佐藤と申しますが、営業部の高橋さんをお願いします。」
    高橋の勤務先の同僚「高橋は席をはずしております」
    プロミス佐藤「何時ごろであれば、いらっしゃいますか。」
    高橋の勤務先の同僚「高橋は外出しており、本日の戻り時間は未定です。」

上記のような返答であれば、申込者が申し込みに入力した勤務先に在籍しているとみなされるため在籍確認は完了となります。
また本人が休みの場合には、出勤日を確認します。
高橋の勤務先の同僚「高橋は本日お休みをいただており、明日から出勤予定です。」
この場合、電話に出た勤務先の方が申込者の出勤日を確認できれば在籍確認は完了となります。
在籍確認の電話は上記のような流れで、1~2分程で完了いたします。また、先ほども申し上げたとおり、プロミス担当者の個人名で申込者の勤務先に電話をしますので、同僚や上司にプロミスを利用していることが発覚することはないでしょう。そのため、申込者の勤務先にすぐに電話がつながるような場合であれば、原則どおり電話での在籍確認をおすすめいたします。

電話が不安な場合には「クレジットカードの在籍確認の電話がある」と事前に勤務先に言っておく

どうしても給与明細書が手元にないまたは入手できないなどの理由で、電話での在籍確認をするしか方法がない場合には、事前に会社の人に、電話がかかってくることを伝える方法があります。申込者が勤務先の同僚や上司に、「クレジットカードを申し込むので、会社に確認の電話がかかってくる」と伝えるといいでしょう。

クレジットカードを作った場合でも、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるケースがあります。そのため、クレジットカードの審査ということであれば、会社からも悪い印象をもたれることはありません。どうしても会社に電話がかかってくることが避けられない場合は、ドキドキしながら電話を待つよりも、自分から勤務先の方にいってしまった方がいいでしょう。

周囲の人からのいらぬ詮索を避けるためにも、プロミスからの電話ということは伏せて、在籍確認の電話がかかってくることを会社の人に伝えればいいでしょう。また、プロミスの担当者も申込者のプライバシーに配慮しているので必ず「個人名」で申込者の勤務先に電話をします。
会社の人もクレジットカードなどは持っていると思いますので、在籍確認の電話がかかってくることは理解できることでしょう。

在籍確認の電話をかけてもらう時間帯など利用者の要望はある程度通る

プロミスでは在籍確認の電話をスムーズに行うために申込者の希望に対応しています。

  • 在籍確認の日時を指定できる
  • 在籍確認の電話をする担当者の性別を指定できる

在籍確認の電話をする日時を指定できる

例えば、午前中は勤務先に誰もおらず電話に出ることができないなどの理由があれば、プロミスの担当者の方で対応してくれることもあるでしょう。ただし、この日の●●時に在籍確認の電話をしてほしいといった希望には対応できません。

電話をする担当者の性別を指定できる

プロミスでは在籍確認をする担当者の性別を指定することができます。勤務先に異性から電話がかかってくるのが不安な場合には事前にプロミスに相談して、担当者の性別を指定してもらうといいでしょう。
また、在籍確認時の電話での会話のトーン(カジュアルまたはフォーマル)などもある程度の要望は通ります。

プロミスではこのように、原則、キャッシング審査の中で勤務先への在籍確認の電話は必要です。
しかし、どうしても在籍確認の電話ができない、電話をしてしまうと利用者に不都合が生じてしまうなど正当な理由があるときには、担当者の判断で、在籍確認の電話をなしでも借り入れが可能です。

なお、プロミスでの在籍確認の電話の内容や在籍確認時の注意点については、「プロミスの審査時における在籍確認の電話のタイミングや内容」で詳しく解説しています。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間