おすすめの大手消費者金融はどこなのか

このサイトでは原則的に大手消費者金融しか紹介していません。消費者金融は世の中に数多くありますが、大手であればあるほど安心感があるためです。

ただ、大手消費者金融だけでも、アイフルアコムプロミスなどいくつも頭の中に思い浮かぶカードローン会社名があるでしょう。

そこで今回は大手消費者金融の中でどのような違いがあるのか、おすすめはどこなのかを比較してみます。消費者金融を選ぶ際の参考にしてみてください。

大手消費者金融・中小消費者金融のメリットとデメリットとは

各大手消費者金融の特長を説明する前に大手の消費者金融と中小消費者金融のメリットとデメリットを先に覚えておきましょう。

大手消費者金融のメリットは安心感や信頼感がある

メリットはやはり「安心感」や「信頼感がある」というのが一番大きいところです。

消費者金融はテレビCMなどの影響もあり、昔に比べると一般的になってきましたが、まだまだ「怖いもの」「返済できないと怖い人が来る」というイメージが根付いています。

(※実際にはきちんと返済していれば恐くはありませんし、仮に返済が遅れても取り立てのルールが法整備されていますので脅迫されるようなことはありません)

大手消費者金融が法的な面で問題を起こすことはまずありませんので、安心して使えるというのは一番大きなメリットと言えます。また、アコムプロミスなどは大手都市銀行のグループの傘下に入ってますので、信頼感や安心感があるかと思います。

また大手であればあるほど「(時間・場所的な意味で)お金を借り入れしやすい」などのサービス拡充を図っている傾向があるので、使いやすさもメリットの一つと言えるでしょう。

大手消費者金融のデメリットは借り入れ時の審査が厳しい傾向にあるということ

デメリットとしては審査がやや厳しくなる傾向にあるということ。

大手消費者金融は「融資をしても大丈夫な人かどうか、返済できるかどうか」というのは厳格に審査します。返済をしてもらうことで業者の利益になるので審査を厳しくするのは当たり前ですが、大手だとその傾向がより顕著になります。

中小消費者金融のメリットとデメリットとは

中小模消費者金融のメリットは比較的審査に通りやすい

世の中には名前も聞いたことがないような小規模な消費者金融が数多く存在します。

小規模消費者金融のメリットとしては審査が(大手と比較して相対的に)通りやすい可能性があるということです。

小規模な消費者金融の場合、顧客の獲得が最優先事項なのでまず審査を通して融資することを優先しています。(消費者金融は融資をしないことには儲けが出ないので)

また場合によっては、大手よりも金利が低いというようなこともあります。

小規模消費者金融のデメリットは安心感が低い

こうした点を見ると小規模な消費者金融も悪くなさそうに見えますが、最大のデメリットは「安心感の低さ」です。

前述の通り「名前も聞いたことがないような」消費者金融の場合、きちんと法令遵守している会社かどうかがわかりません。

最悪なのが普通の小規模な消費者金融だと思っていたらヤミ金(闇金融)だったという場合です。

ヤミ金はそもそも法律を守らない金融業者なので、審査条件が極端にゆるく、金を貸し付けたあとに法外な金利で搾取してきます。場合によっては取り立てに脅迫されるなどということもあります。ヤミ金に引っ掛かってしまうリスクが小規模な消費者金融を利用する最大のデメリットと言えるでしょう。

おすすめの大手消費者金融紹介

前置きが長くなってしまいましたがここからおすすめの大手消費者金融の比較です。人によってどの部分を重視するか違うかと思いますので、今回は「金利/限度額」「審査〜在籍確認」「利用のしやすさ」の3ポイントで比較してみました。
比較対象は「モビット」「レイク」「オリックス銀行カードローン」「プロミス」「アコム」「アイフル」の6つです。

金利と限度額を比較してみる

まず最初に金利と限度額の一覧を見てみましょう。

消費者金融 金利 限度額
モビット 実質年利3.0〜18.0% 800万円
レイク 実質年利4.5〜18.0% (最大180日の金利0円キャンペーンあり) 500万円
オリックス銀行カードローン 実質年利1.7〜17.8% 800万円
プロミス 実質年利実4.5〜17.8%(最大180日の金利0円キャンペーンあり) 500万円
アコム 実質年利4.7〜18.0% (最大30日の金利0円キャンペーンあり) 500万円
アイフル 実質年利4.5〜18.0% (最大30日の金利0円キャンペーンあり) 500万円

低金利の消費者金融はどこ?」で紹介した通り、金利についてはほとんど違いがありません。(金利は原則的に上限金利が適用されるのでそちらを参照ください)

また限度額にしても数百万の単位でいきなり借り入れできることもありませんし、総量規制の問題もあり年収の1/3以上は借り入れできないので特に気にする必要もないでしょう。

もし金利を気にするのであれば金利0円キャンペーンの有無を確認してみるといいでしょう。ほとんどの場合が初回利用のキャンペーンですが、金利なしで借りられるというのは大きなメリットです。

審査時の在籍確認の有無を比較してみる

次に審査〜在籍確認について。
審査の通りやすさについては明確な基準が公表されていないのでここでは控えます。ただ、基本的にはどこの消費者金融でも大きくは変わらないと考えていいでしょう。

審査の際の電話在籍確認について「電話在籍確認なし」のWeb完結サービスありの会社は現在「モビット」の1社です。

消費者金融 在籍確認
モビット 電話在籍確認なしのWeb完結サービスあり
レイク 電話在籍確認あり
オリックス銀行カードローン 電話在籍確認あり
プロミス 電話在籍確認ありWeb完結サービスあり
アコム 電話在籍確認あり
アイフル 電話在籍確認あり

利用のしやすさ

最後に「利用のしやすさ」ですが、大手になってくるとほとんど違いはありません。
一部ネット銀行や提携銀行でいつでも振込可能な消費者金融もありますので紹介します。

消費者金融 即日振込み
モビット 銀行の営業日に合わせる
レイク 銀行の営業日に合わせる
オリックス銀行カードローン 銀行の営業日に合わせる (ジャパンネット銀行のみ毎日0:10~23:50)
プロミス 銀行の営業日に合わせる (ジャパンネット銀行・三井住友銀行のみ毎日24時間対応)
アコム 銀行の営業日に合わせる (楽天銀行のみ毎日0:10~23:50)
アイフル 銀行の営業日に合わせる

ほとんどの消費者金融では「24時間受付可能」と書いてありますが、受付が可能なだけで基本的には振込先の銀行の営業日に合わせることになります。例えば土曜日の夜に振込申込みをしても実際に振り込まれるのは週明けの月曜日の午前だったりするので注意しましょう。

上記の図表で注意書きをしている部分は振込の時間も毎日対応しているような消費者金融となります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間