消費者金融の契約に保証人は必要か

消費者金融の契約を進めるにあたり気になるのが保証人のお話。

「自分の身近に保証人になってくれそうな人がいない」

「消費者金融の話なので保証人になってくれと頼みづらい……」

こんな考えを持っている人は多いかもしれませんが、実は現在消費者金融の小口契約(少額の借入・融資)においては保証人は不要であることがほとんどです。

「保証人」「連帯保証人」の大きな違い

はじめに保証人についての基礎知識から学びましょう。(ここを知っておかないとのちのちトラブルになることなどもあります)

「保証人」「連帯保証人」という言葉をほとんどの人が聞いたことがあるかと思いますが、これらの違いについて理解していない、あるいはこれらの言葉を同じ意味として認識している人も多いのではないでしょうか。

言葉にするとわずかな違いしかないものの、「保証人」「連帯保証人」の二つには大きな違いがあります。
ざっくりと言うと次の通りです。

  • 保証人:債務者(本来お金を返さなくてはいけない人)に返済能力があるにも関わらず、消費者金融業者が代わりの返済を求めてきた場合に「債務者に請求して欲しい」と抗議する権利(拒否する権利)を持ちます。
  • 連帯保証人:債務者(本来お金を返さなくてはいけない人)に返済能力があるにも関わらず、消費者金融業者が代わりの返済を求めてきた場合にでも、抗弁権(抗議する権利)はなく、返済に応じなければなりません。

本来お金を返すべき人が財力があるにも関わらず返済を拒否している際に「本来お金を返さなくてはいけない人がお金を持ってるんだからまずそっちに請求してください」と抗議できる権利を持っているのが「保証人」、本来お金を返すべき人の財力の有無に関わらず返済の義務が起こるのが「連帯保証人」です。
連帯保証人の方が、重い責任を持つことがわかります。

もちろん、本来お金を返すべき人に返済能力がない場合には「保証人」も「連帯保証人」も借入金の返済の肩代わりをしなくてはなりません。

消費者金融の保証人は不要とされている会社が多い

冒頭に書いた通り、現在ほとんどの消費者金融では保証人・連帯保証人は不要とされているところが多いです。・

当サイトでピックアップしている消費者金融について公式サイトの記述を調べてみました。

  • アイフル:無担保・無保証人で借り入れOK。(参考)
  • プロミス:担保や保証人は必要ありません。(参考)
  • モビット:担保や保証人は必要ありません。(参考)
  • レイク:担保・保証人 不要(参考)
  • オリックス銀行カードローン:担保・保証人 不要(オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方を契約条件とします。)(参考)
  • アコム:「担保や保証人は必要ですか?」「いずれも必要ございません。」(参考)

見ていただくと分かる通り上記では保証人を必要としている消費者金融がありません。

なぜ消費者金融各社は保証人が不要なのか? そのメリットとデメリット

保証人不要のメリットはお金を借りやすくなる

「保証人がいた方が消費者金融としてはお金が確実に回収できていいのではないか?」と思う人も多いでしょう。お金を回収することを考えるとその通りで、保証人を立てた方が消費者金融としても確実に回収はできます。

ただし、保証人が不要なことで消費者金融側にもメリットがあるのです。
消費者金融にとっての一番大きなメリットは「保証人を不要にすることでお金を借りやすくすることが出来る」ということでしょう。

具体例にして考えてみましょう。

例えば、今からあなたが消費者金融を利用するとして「保証人を立ててください」と言われたとしたら、契約・融資のために保証人を探さなくてはいけなくなります。
誰かに「保証人になってください」と頼む際には「何の保証人なのか」を説明するのが当たり前なので、否応がなしに「消費者金融でお金を借入たいけど、保証人になってくれませんか」と言うようなことになります。
ただでさえ、消費者金融を使うということは人に知られたくないのに、かなり頼みづらいケースであることは容易に想像できるでしょう。

このようにほとんどの人が「消費者金融でのキャッシング利用を誰にも知られたくない」と思っているので、保証人を不要にすることにより、消費者金融が使いやすくなるのです。

保証人不要のデメリットとして消費者金融の金利は高い

消費者金融のデメリットとして「回収できないリスク」「貸倒れのリスク」というのはありますが、消費者金融側は契約前の審査できちんと回収できるかどうかを厳密に見ています。審査をしっかりと行うことで未回収のリスクを減らしているというわけですね。

また消費者金融の金利設定もそうした未回収のリスクなどを含めた上でのものになっています。住宅ローンや銀行などのカードローンに比べて消費者金融の金利が高いのも納得できるでしょう。