消費者金融の持つ悪いイメージ

「消費者金融」と聞いてどのようなイメージを浮かべるでしょうか。

このサイトを見ているほとんどの人が「消費者金融と聞くとあまり良くないイメージがある」と想像するでしょう。おそらくみなさんの周りの人の多くも同じようなイメージだと思います。

消費者金融の会社や業界は真っ当なのですが、どうして悪いイメージとなってしまっているのでしょうか。

消費者金融業者の悪いイメージの多くは過去の負の遺産

消費者金融の悪いイメージの代表例を考えてみましょう。

  • 基本的に金利が高い
  • 高い金利を払えずに生活が追い詰められてしまう人がいる
  • 取り立てに怖い人・裏社会の人が来る
  • 返済が遅れると催促の電話がずっとかかり続けたり、夜中にも家のドアを乱暴に叩かれる

主に消費者金融の悪いイメージの代表として「高金利」「怖い人の取り立て」というイメージが強い傾向にあります。
これらのイメージは実際には過去の負の遺産であることが多いのでひとつひとつ確認していきましょう。

消費者金融の金利はそこまで高くない

「消費者金融の金利の計算方法」という項目でまとめていますが、消費者金融の金利は「利息制限法」という法律で制定されており、上限金利は次のとおりです。

  • 10万円未満20.0%
  • 100万円未満18.0%
  • 100万円以上は15.0%

最大でも10万円未満で20.0%となっています。これが高いか低いかは個々の感覚になってしまいますが、かつては法の抜け道を突いて29.2%もの利息が掛けられていたことがありました。あまりにも金利が高いことから借金地獄に陥ってしまったりする人も当時は多く、そこから「消費者金融=法外な金利を請求する」というイメージがついて回っているのかもしれません。

その時代から法律も整備されていき、通常の消費者金融業者であればこの利息制限法を遵守していますし、仮に守っていない場合は訴えれることも可能です。

一般的な銀行系カードローンと比較すると金利は少し高めになりますが、消費者金融の方が審査の時間が早かったり、お金を借りやすかったりサービス面で工夫が多いのも特長です。

銀行カードローンとの金利比較参考:低金利の消費者金融はどこ?

借金の取り立て(催促)の現状

次に取り立てです。先ほど「取り立てに怖い人・裏社会の人が来る」「返済が遅れると電話がずっとかかり続けたり、夜中にも家のドアを乱暴に叩かれる」と書きました。

多くの人はそんなイメージを持っているのではないでしょうか。

テレビドラマなどで金融屋さんがそのような描かれ方をしていることもあるので、そんなイメージがあるのかもしれません。

一般的な消費者金融であればそのようなことはありません。「貸金業法」という法律で取り立ての方法もきちんと定められているためです。

別でまとめた「誤解されることの多い消費者金融の取り立て」より、少し長いですが抜粋します。

  1. 正当な理由なしに午後9時〜午前8時までの間に電話・FAX・訪問をしてはいけない
  2. 債務者(借金している人)が連絡をする時間帯を申し出た場合、それ以外の時間帯に連絡をしてはいけない
  3. 正当な理由なしに債務者の勤務先・住居以外の場所に電話・FAX・訪問をしてはいけない
  4. 勤務先や住居に訪問した際に、債務者から退去を言い渡された場合には退去しなくてはいけない
  5. 債務者以外の人に借り入れしているという事実を明らかにしてはいけない(秘密にしなくてはいけない)
  6. 他のクレジットカードやローンを使っての返済を強要してはいけない
  7. 債務者以外の者に返済を要求してはいけない
  8. 債務者以外の者に債務者の連絡先を聞いて拒否されている場合において債権の取立に協力することを要求してはいけない
  9. 債務者が弁護士に債務整理を委託したあとに債務者に取り立てをしてはいけない

上記いずれかの言動をすることを行ってはいけない
一般的な訪問の時間帯から、債務者が「NO」と言ったらその時間帯は訪問してはいけないこと、債務者以外にお金を借りているような事実を知られてはならないことなど、事細かに決められています。

法律で決まっているので、仮に夜中に電話をする、取り立てをするなどの行為を働いてしまえば、その消費者金融は法律で罰せられることになります。

また取り立てに来る人についても、怖い人ということはなく、普通の会社員です。

消費者金融も銀行の傘下に入るなどしているため、裏社会の人とつながりがあるということはまずありえません。

一般的なイメージは引き続き悪いため消費者金融有名タレントをCMで起用するなどしている

このように一般的な消費者金融では実際に怖いということはありません。

きちんと調べてみると法律に則って営業しているだけなので、必要なお金を借りて返すということだけをすればトラブルになるようなことはまずないでしょう。

ただし一般的には消費者金融のイメージは悪く、他の人に「消費者金融からお金を借りる」と言った際にはあまりいい顔をされないのも事実です。

消費者金融側でもその点については認識しており、悪いイメージを払拭したり、借りたい人がお金を借りにくくならないように営業努力をしています。

例えばTVCMで有名タレントを起用して「お金を借りる」ということの手軽さを訴えたり、従来であれば保証人などを必要としたところを「保証人なし」としたりしています。

最近ではモビットのように申し込み者の電話確認なども取り払っているようなところもあります。

違法な闇金には絶対に注意

最後に「闇金」について覚えておきましょう。
闇金とは「闇金融」の略称で、違法な金利や取り立て方法などを用いて個人に貸付を行っている消費者金融業者のことです。

これまで「一般的な消費者金融であれば安心」ということを書いてきましたが、一般的ではない闇金融については法律を無視して、高い金利を要求したり、不法な時間帯の取り立てや取り立て方法を行ってきます。

当サイトで紹介しているような大手の消費者金融であればまず問題ありませんが、もし名前も聞いたことがないような消費者金融を使用する場合には注意したほうがいいでしょう。

※仮に闇金融と思われる業者に当たってしまった場合には、自治体の消費者センターに真っ先に相談してください。