プロミスの30日間無利息期間サービスの利用条件や上手な利用方法

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは、初めてキャッシングを利用する際(初回契約)プロミスポイントサービスを利用して、一定の条件を満たすと、30日間無利息になるサービスを実施しています。(メールアドレスの登録とWEB明細の登録が必要)

プロミスでの無利息サービス期間内に借入金を返済をすれば、元金だけでの返済で、返済時の利息は0円となるため、とても魅力的なサービスです。

実際に、プロミスの無利息期間サービスを利用するには、どのような条件が必要で、どういった点に注意すべきなのでしょうか。
また、ここでは、プロミスカードローンの無利息期間サービスを利用した際の実際の返済額と他の消費者金融や三菱UFJ銀行といった銀行カードローンとの返済時の利息総額の比較も行いました。

プロミスのおすすめポイント
  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK



プロミスで30日間無利息サービスが受けられる条件

プロミスでは、初めての利用(初回契約)する場合に、30日間無利息サービスを受けることが可能です。
プロミスの無利息期間サービスが適応となる条件は以下の通りです。

  • プロミスでの契約が初めてであること
  • メールアドレスとWEB明細を登録すること
  • 無利息期間サービス内であれば何度融資を受けても問題なし
  • 「無担保カードローン」(通常のフリーローン)での融資であること
  • プロミスの無利息期間サービスは「初回借入日の翌日」から30日間

プロミスでの契約が初めて(初回契約)であること

プロミスカードローンの30日間無利息サービスは、初回契約時に受けられるサービスです。
以前に、プロミスを契約して、その後解約した方は、プロミスに「初めて契約した方」とみなされませんので注意しましょう。

ただし、後で詳しく述べますが、はじめての利用(初回契約)でなくても、プロミスポイントサービスを利用して無利息サービスを受けることも可能です。

申込者のメールアドレス登録とWEB明細の発行すること

プロミスでの契約がはじめてだとしても、申し込みや契約時に30日間無利息サービスを受けることはできません。プロミスの30日間無利息サービスを受けるには申込時にメールアドレスの登録WEB明細にすることが必要です。

無利息期間サービス内であれば何度融資を受けても問題なし

プロミスでの無利息期間サービス中に、何度融資を受けても期間内であれば利息は発生しません。
また、無利息期間内に借入金が全額返済できなかったとしても、無利息期間サービス適用終了後からの利息しかかかりませんので安心して利用してくださいね。

プロミスでの「無担保カードローン」(通常のフリーローン)での融資であること

プロミス商品の場合、無担保カードローンとは、通常の「フリーローン」のみが該当します。
同じプロミスの商品でも無担保カードローン商品以外のもの、自営者ローンや、おまとめローンのローン商品には、たとえ条件を満たしていたとしても、無利息期間サービスが適応されませんので注意してください。

無利息期間サービスの期間はは借入日の翌日から30日間

無利息期間サービスの期間ですが、借入日から30日間です。
例えば、6月1日に契約をして7月1日に初回の借り入れをした場合、無利息期間サービスは、契約日からではなく、借入日の翌日である7月2日から30日間となります。
大手消費者金融の無利息サービスの中で、借入日の翌日から無利息期間サービスが適応されるカードローン会社は、プロミスだけです。なお、アコムの30日金利0円サービスアイフルの30日間無利息0円期間サービスは、借入日からではなく契約日の翌日から30日間です。

プロミスのポイントサービスを使っても無利息期間サービスを受けられる

プロミスではポイントサービスというものがあります。プロミスインターネット会員サービスのご利用に応じて、決められた条件をみたすとポイントをためることができ、そのたまったポイントを利用してサービスを受けられるというものです。

そのサービスの一環として、無利息期間サービスを受けることが可能です。また、初回契約でなくてもプロミスポイントを利用して、無利息期間サービスを受ける事が可能となります。なお、無利息期間サービス下の図に無利息適用期間と必要なポイント数をまとめましたのでご覧ください。

無利息サービスの適用期間と必要なポイント数
無利息サービスの適用期間  必要ポイント
7日間 250ポイント
15日間 400ポイント
30日間 700ポイント

また、プロミスでのポイントをためるには、プロミスの会員ページへのログインやプロミスに源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書の提出などをすることで、ポイントをためることが可能です。

プロミスポイントが貯まる条件と獲得できるポイント
ポイントを貯める条件 獲得できるポイント
プロミスポイントサービス申込 100ポイント
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント

プロミスのポイントサービスへ申し込み方法

プロミスの会員サービスページにログインし、「ポイント申し込みボタン」をクリックすれば、ポイントサービスに登録されます。プロミスのポイントサービスへの登録は無料です。ぜひ登録してみてください。

30日間無利息期間サービスを利用すると利息総額をどのくらい減らすことができるのか

プロミスカードローンの無利息期間を利用すると利息総額をどのくらい減らせるのでしょうか。
まず、プロミスカードローンの金利と毎月返済しないといけない返済額をみていくことにしましょう。

プロミスカードローンの金利は4.5%~17.8%

プロミスの金利(利息)と返済方法についてみていくことにしましょう。プロミスカードローンの金利を他の大手消費者金融業者の金利と比較した表が下記です。

消費者金融カードローンの金利比較と利用限度額の比較
消費者金融会社 金利(実質年率) 利用限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1000円~500万円
ノーローン 4.9%~18.0% 1万円~300万円

プロミスカードローンの金利は4.5%~17.8%です。他の大手消費者金融の上限金利は18.0%のところが多いために、消費者金融の中では低いといえるでしょう。

プロミスの利息額は金利を元に日割りで計算される

プロミスでは残高スライド元利定額返済方式を採用しています。この返済方式では、借入残高に応じて毎月返済しなければならない金額が変わる仕組みです。
また、プロミスの利息の計算は、
借入額×金利÷365日×利用日数
で計算します。
例えば、プロミスで30万円借りて、30日で返済した場合の利息は
30万円×17.8%÷365×30=4,389円(1円未満切り捨て)
利息額は、4,389円になります。
プロミスの無利息期間サービスを利用すれば、無利息期間内の返済であれば、この利息金額が0円になりますので大変お得です。

無利息期間サービスを利用した場合の銀行カードローンやクレジットカードとの利息額の比較

プロミスの通常の金利と月々の返済額がわかったところで、プロミスカードローンの無利息期間サービスを利用した場合、クレジットカードのキャッシング枠や三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンと比べて、どのくらい返済時の利息総額がお得になるのか比較してみましょう。
プロミスカードローンで無利息期間サービスを利用した場合と、比較対象にした金融機関のカードローンは下記の通りです。

  • プロミスカードローンで「無利息期間サービス」を利用した場合(年率17.8%→0%)
  • 一般的なクレジットカードのキャッシング枠(無利息期間無し、年率18.0%)
  • 一般的な銀行カードローン(無利息期間無し、年率14.6%)

5万円を借りて、1カ月(30日)で一括返済した場合

5万円を借りて、1カ月で完済する場合を考えてみましょう。
ちなみに、カードローンの金利は実際には日ごとに加算されるので、先ほど申し上げたように下記の式で計算することが可能です。
金利 = 残高 × 年率 ÷ 365 × 借入日数
支払うことになる利息総額を比較したのが下記の表になります。

カードローンの種類 年率 1ヶ月の利息金額
プロミス(「30日間無利息期間サービス」利用) なし(無利息期間サービス適用) なし(無利息期間サービス適用)
クレジットカードのキャッシング枠 18.0% 740円
銀行系カードローン 14.6% 600円

無利息期間サービスのクレジットカードのキャッシング枠と比べるとは740円お得、銀行カードローンに対しては600円お得になることがわかります。借入金額が5万円程度であれば、次のお給料日に全額返済が可能な金額なので、次のお給料日までピンチだとしてもプロミスの無利息サービスを利用してキャッシング利用する手もあります。

10万円借りて、1カ月(30日)で一括返済した場合

上記と同様に、10万円を1カ月で返済したときの利息総額は、下の図のようになります。

カードローンの種類 年率 1ヶ月の利息金額
プロミス(「30日間無利息期間サービス」利用) なし(無利息期間サービス適用) なし(無利息期間サービス適用)
クレジットカードのキャッシング枠 18.0% 1,479円
銀行系カードローン 14.6% 1,200円

無利息期間のないクレジットカードのキャッシング枠と比べるとは1,479円お得、銀行カードローンに対しては1,200円お得になることがわかります。
利息総額の差が1,000円を超えるとお得感がましてくるのではないかと思います。

20万円を借りて、1カ月(30日)一括返済した場合

同様に、20万円を1カ月で返済したときの利息総額は、下の図にようになります。

カードローンの種類 年率 1ヶ月の利息金額
プロミス(「30日間無利息期間サービス」利用) なし(無利息期間サービス適用) なし(無利息期間サービス適用)
クレジットカードのキャッシング枠 18.0% 2,960円
銀行系カードローン 14.6% 2,400円

無利息期間サービスののないクレジットカードのキャッシング枠と比べるとは2,960円お得、銀行カードローンに対しては2,400円お得になることがわかります。クレジットカードのキャッシング枠と比較した場合、約3,000円近くもお得になるわけです。
つまりプロミスの「無利息期間サービス」を上手に利用すると、クレジットカードのキャッシング枠や銀行カードローンよりも支払う利息総額は安くなります。
なお、プロミスでの借入金の返済シミュレーションについては、「プロミスの返済シミュレーション」で詳しく解説しています。
また、プロミスの公式ホームページ「返済シミュレーション」でも返済期間や返済額などの計算ができます。申し込み前でも無料で利用できますので、プロミスでのキャッシング利用を検討されている方は利用してみてはいかがでしょうか。

プロミスの初回無利息期間サービスの期間は延長されることはない

プロミスカードローンの無利息期間を利用する際に注意することは、無利息期間サービスが延長されることはないという点です。無利息期間サービス中の金利は、期間中は何度利用しても無利息が適応されます。この期間内であれば、借り入れや返済を繰り返したり、追加で借り入れを受けたとしても金利は発生しません。
また、無利息期間内に2回目の借り入れをしたからといって、無利息期間は延長することはないので注意しましょう。なお、初回契約での30日間無利息サービス期間は、初回の借入日の翌日から30日間です。

プロミスの無利息期間サービスを上手に使うと、クレジットカードのキャッシング枠や銀行系カードローンよりも低い金利でのキャッシングが可能になります。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間