プロミスの審査時間内に審査結果がすぐに来ない場合の対応

プロミスでは、公式ホームページに、「申し込みから最短30分で審査回答」、「WEBなら最短1時間で融資可能」と記載されています。

プロミスカードローンを利用する際には、実際に申し込みから審査の完了まで、どのくらい時間がかかるのか知りたいところです。

なお、プロミスでの審査結果が回答される時間帯は、平日・土日祝日を含め9:00~21:00です。審査結果が回答される時間内であれば、申し込みが混雑していないかぎり、最短30分で申込者にメールや電話で審査結果の連絡がきます。

それでは、プロミスの審査回答時間内(9:00~21:00)に審査結果がすぐに来ない場合や審査時間が長くかかってしまう場合には、どのように対応したらいいのでしょうか

ここでは、プロミスの実際の審査時間と審査結果が来ない時の対処法について詳しく解説いたします。

    審査回答時間帯である9時~21時の間でに審査結果がすぐに来ないようなら他社消費者金融を申し込みを検討する

    もし、プロミスから審査結果が、審査回答時時間内(9時~21時)にすぐに来ないようであれば、他社のカードローンに申し込んだ方が、すぐにお金を借りることができます。

    プロミスと同じく大手消費者金融で最短即日融資も可能でWEBからの申し込みも可能で、なおかつ職場への電話連絡がなし・郵便物なしのSMBCモビットがおすすめです。

    SMBCモビットの特徴

    モビット

    SMBCモビットのおすすめのポイント

    • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
    • 審査時間:10秒簡易審査
    • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能




    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス利用者の実際の審査時間は1時間~2時間

プロミスに申し込みをすると、最短30分で審査回答がもらえますがあくまでも最短の時間です。
実際に、ユーザーレビュー編集部で、プロミス利用者の口コミを集めて、審査時間の統計をまとめたところ、68人中28人が、申込から30分~1時間以内まで、次が1時間~2時間の17人という結果でした。実際のプロミスカードローンの申込者から審査完了までに時間は「平均すると1時間程度」となります。

プロミスの審査時間が、銀行のカードローンのと比べて早い理由は、アコムアイフルといった大手消費者金融会社と同様にコンピューターによる属性スコアリングシステム(申込者の年収や他社借入状況などいいった個人情報を点数化するシステム)を導入し、審査の最終判断のみを審査担当者が審査してるためです。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

審査時間内で行われるプロミスの審査内容

プロミスカードローンの審査内容や審査の流れは以下のとおりです。

  1. 申し込み
    年収や勤務先などの個人情報の申告・必要書類の送付
  2. 仮審査(一次審査)
    申込者の属性審査・信用情報を照合しての審査
  3. 本審査(二次審査)
    審査担当者が提出書類を確認・在籍確認
  4. 審査結果の回答(メールまたは電話)
  5. 契約(WEB契約または来店契約)

プロミスカードローンの申し込み完了後、すぐに年収や職業といった申込時に申告した内容を元にして仮審査(一次審査)が開始されます。

仮審査では、申込者の年収や勤務先などの属性情報をコンピューターで点数化する属性スコアリングでの審査と個人信用情報機関に申込者の信用情報を照合して、他社借り入れ件数や金融事故の有無などがないかを確認する信用情報の審査を行います。

仮審査(一次審査)に通過した場合には、プロミスから仮審査(一次審査)通過のメールが通知され、運転免許証などの本人確認書類を提出します。次に、申込者が本人確認書類を提出すると、プロミスの審査担当者が、本人確認書類と申し込み内容に相違がないかを確認します。くわえて、本審査(二次審査)では、申込者が申告した。勤務先に電話連絡をして勤務先にきちんと勤務しているかを確認する在籍確認を行います。

在籍確認完了後、本審査(二次審査)結果の回答が申込者にメールまたは電話でなされ(審査通過の場合にはメール、審査落ちの場合には電話連絡)、プロミスの審査に通過している場合には、プロミスカードローンの契約することが可能となります。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

審査結果の回答時間は9時~21時

プロミスカードローンの審査結果が、回答される時間帯は、平日・土日祝日含めて9時~21時です。
プロミスではWEB申し込みやを利用すれば24時間365日いつでも申し込みが可能ですが、24時間申し込み可能なWEB申し込みであってもプロミスの審査結果の回答時間外の場合には、すぐに審査結果来るわけではありません。
たとえば、22時申し込みをした場合には、翌日の9時以降に審査結果の連絡がきます。つまり、21時をすぎると翌日に審査結果の回答が伸びてしまいます。
そのため、プロミスで即日融資を受けたい場合には、遅くとも20時までに申し込みを完了させることが必要です。
プロミスカードローンの申込方法とプロミスでの審査結果の回答時間を下の表にまとめました。

申し込み方法 申し込み受付時間帯 審査結果の回答時間帯
WEB(ネット申し込み) 24時間 9:00~21:00
電話 9:00~22:00 9:00~21:00
プロミス自動契約機 9:00~22:00 9:00~21:00
三井住友銀行ローン契約機 9:00~8:00 9:00~20:00
店頭窓口(お客様サービスプラザ) 平日のみ10:00~18:00 平日のみ10:00~18:00

プロミスカードローンの申し込み方法は、WEB申し込み、電話申し込み、プロミスの自動契約機での申し込み、三井住友ローン契約機での申し込み、店頭窓口(お客様サービスプラザ)と複数の申し込み方法があります。店頭窓口(お客様サービスプラザ)以外の申し込み方法であれば、土日祝日でも申し込みを行って審査可能です。店頭窓口での申し込みをする場合には、土日祝日は、定休日なので注意しましょう。

なお、プロミスでは、郵送での申し込みや契約も可能です。しかし、申込者とプロミスの審査担当者の間で、本人確認書類や契約書類といった書類を郵送で送付するため、申し込み完了から審査結果の完了まで1週間以上かかってしまいます。そのため、おすすめする申し込み方法ではありません。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

プロミスの審査時間を短縮する方法

プロミスカードローンの審査時間を短縮するにはどうしたらいいのでしょうか。
プロミスでの審査時間を短縮する方法は、下記の3つの方法です。

  • 時間帯や場所によって申し込み方法を選ぶ
  • 申し込みが混雑する日にちや時間帯を避ける
  • 借入希望額を多くしすぎない

時間帯や場所によって効率的な申し込み方法を選択する

プロミスでの審査時間を短縮するためには、申し込みを時間帯や場所によって最も効率的な申し込み方法を選ぶことが重要です。

たとえば、家から申し込みをするのであれば、スマホから店舗に行かずに申し込み可能で24時間365日申し込みや審査を受け付けているWEB申し込みをするといいでしょう。
また、プロミスの店頭窓口やや自動契約機や三井住友ローン契約機の近い場所にいるのであれば、店舗(自動契約機や店頭窓口)での申し込みをおすすめいたします。
なぜなら、店舗での申し込みをした場合には、契約後すぐにローンカードが発行され、プロミスのATMやコンビニATMからお金を引き出すことできるためです。

なお、プロミスの店頭窓口や自動契約機は、プロミスの公式ホームページ「店舗・ATM検索」ページより検索できます。

申し込みが混雑する曜日や時間帯と避ける

プロミスでは、審査時間は最短30分と公式ホームページに記載されていますが、審査時間が申し込みする人が多いほど、申込の混雑のため審査時間は長くなってしまいます。

そのため、申し込みが混雑する曜日や時間帯を避けるのは、審査時間を短縮するには有効です。
たとえば、最も申し込みが多いとされる金曜日や休み前の夕方から夜の時間帯を避け、余裕があれば、比較的申し込みが混雑していない平日の午前中に申し込みを完了させましょう。

借入希望額は必要程度額にする

プロミスでは、「プロミスでの借り入れ希望金額が50万円以上」または「プロミスでの借り入れ希望金額と他社での借り入れ金額と合わせて100万円以上」になる場合には、申し込み時に収入証明書の提出が必要となります。

プロミスで収入証明書の提出が必要なケースでは、プロミスでの希望の利用限度額も50万円以上と高い金額を希望していると推定されます。そのため、慎重に審査が行われるため審査時間もかかる可能性があります。

そのため、急ぎでの借り入れをしたい場合には、希望額を50万円以下にするなどして収入証明書が不要な借り入れ金額で申し込みするようにしましょう。

なお、プロミスでは、契約後に利用限限度額の増額申し込みが可能です。どうしても、50万円以上の利用限度額を希望している場合には、いったんプロミスと契約して、プロミスでの増額申し込みをするかまたは、不足分を即日融資も可能なアコムやアイフルなどの大手消費者金融で借り入れるようにしましょう。

プロミスの審査に時間がかかってしまう場合や審査結果が来ない場合の対応策

プロミスの審査結果は、審査結果の回答時間内(9時~21時の間)であれば、最短30分(実際の1時間~2時間程度)で申込時に登録していた申込者のメールアドレスや電話連絡で審査結果の回答が来ます。しかし、審査結果の回答時間内(9:00~21:00)に申し込みをして、すぐに審査結果が来ない場合審査時間が長くかかってしまう場合(審査時間が遅い)には、主に下記の理由が考えられます。

  • 審査時の在籍確認に時間がかかっている
  • 他社借入状況の照合のために確認に審査に時間がかかる
  • 申込時の個人情報の記入ミス・記入漏れ
  • 申込みが集中していて混雑している
  • 受信拒否もしくは迷惑メールになっている

審査結果の回答時間内にプロミスの審査結果がすぐに来ないのであれば他のカードローンの申し込みを検討する

審査時間が長くプロミスから審査結果の連絡が営業時間内ですぐに来ないようであれば、他のカードローンに申し込んだ方が、早く融資を受けられる可能性が高いです。
融資をお急ぎの方におすすめなカードローンは、即日融資も可能でかつWEB完結での申し込みもできる、アコムまたはSMBCモビットをおすすめします。

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中




SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能




※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

在籍確認の電話連絡に時間がかかると審査時間が長くなる

プロミス申し込みをすると、審査の終盤に申込者が申告した勤務先にきちんと在籍しているかを確認する在籍確認を行います。

プロミスの在籍確認では、プロミスの審査担当者が個人名で申込者の勤務先に電話をして、勤務先に在籍しているかを電話確認します。

その電話連絡の際に、申込時の勤務先に虚偽の記載や会社を休職している場合など、勤務先に在籍していない事実が判明すると、再度勤務先を確認するために審査に時間がかかってしまいます。

そのため、プロミスに申込みをする際には、勤務先を正確に記載し、なおかつ申込者の勤務先への電話がつながる時間帯たとえば、会社の勤務時間内に申し込みをするようにしましょう。

勤務先が土日祝日などで定休日で在籍確認の電話ができない場合の対応

プロミスでは、土日祝日などに即日融資を希望しているけど在籍確認の電話連絡が完了しない、勤務先に電話をしても在籍しているかどうかを教えてくれない、そもそも、職場に電話めったにかかってこないためキャッシングを利用していることが職場の人にバレてしまうなどの理由がある場合には、在籍確認の電話の代わりに、会社名の記載されている健康保険証と直近2か月分の給与明細書などの書類を提出することで在籍確認が完了したとみなしています。

もし、電話での在籍確認が難しい場合には、申込完了後すぐに、在籍確認が難しい旨をプロミスの担当者に相談してみましょう。(場合によっては源泉徴収票や給与明細書の書類を提出することで、在籍確認の電話連絡をなしにすることが可能です。)

なお、プロミスカードローンの在籍確認の電話連絡を、「プロミスは電話での在籍確認をなしでお金を借りれるのか?
」で詳しく解説しています。

他社借入状況照合のために確認のため審査に時間がかかる

プロミスの審査では、個人信用情報機関に問い合わせ、申込者の信用情報を照合して、金融事故の記録がないか、もしくは他社借り入れ状況を確認します。
とくに、他社での借り入れがある場合には、他社借り入れがない場合と比べて、申込者の返済能力の有無を詳細に審査するために時間がかかることがあります。
そのため、他社で借り入れがある場合、事前に他社借り入れを減らしておくことをおすすめします。もし、事前に他社での借り入れの返済ができないとしても、他社借り入れ件数を減らしておくことで、他社借り入れの照合の時間を短縮することができます。

申込時の個人情報の記入ミス・記入漏れがあると審査時間が長くなる

申込者の個人情報、つまり。年齢、住所、年収、勤務先、勤続年数、社会保険の種類など申込み時の記載事項の記入漏れや記入ミスには注意が必要です。

仮に、申込時の個人情報に記載漏れや記載ミスがあったとすると、申し込み情報の再確認や修正作業のため審査に時間がかかる。または、審査に通りづらくなることもあります。そのため、申込み時の個人情報の記載には間違えのないようにしましょう。

特に、申込時に記載する年収や他社借り入れ金額は、記入漏れや記入ミスが起こりやすいです。申込時の年収は額面ので収入を記載し、他社借り入れ金額は、銀行の住宅ローンやカーローンなど算入せずに消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の借り入れのみを記載しましょう。

また、運転免許証や収入証明書書類などの必要書類をデータで送る際に、画像がぼやけてしまい文字が読めなくなってしまうと、プロミスの審査担当者から必要書類の再送付を要求されるたえ審査時間が長くなってしまいます。
そのため、申込み時に運転免許証などの必要書類を画像で提出する際には、撮影後画像がぼやけていないかを確認して送付するようにしましょう。

プロミスから来る審査結果のメールが受信拒否もしくは迷惑メールになっている

プロミスからの審査結果が来ない原因として、プロミスから来るメールが受信拒否設定になっている可能性も考えられます。また、プロミスからの迷惑メールとして判断されている可能性があるので、できれば申し込み前に一度確認してみるとよいでしょう。

特にWEB申込・WEB契約の場合には、申込者が連絡先をメールで設定している場合が多く、たとえプロミスの審査に通過したとしても審査結果が申込者に届かないため、プロミスでの契約ができなくなってしまいます。
なお、プロミスの審査基準については、「プロミスの審査基準と審査に通るためのコツ」で詳しく解説しております。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


すぐに融資を受けたいのであれば「瞬フリ」サービス(銀行振込)を利用する

プロミスでの審査結果の回答時間を短くできたとしても、(融資を受ける)までに時間がかかってしまっては、
そのため、プロミスでの融資を受けられる時間帯も知っておくことが大切です。
融資可能時間とは、契約手続き完了後、融資が可能となる時間帯のことです。
この融資可能時間はATMを利用して融資を受ける場合と自分の振込先に入金を行ってもらう振込依頼を利用する場合とでは異なります。加えて、融資依頼時間は、融資先をどの金融機関を利用するかによって融資可能時間や融資できる曜日でも変わってきます。

最も早く、プロミスから融資を受けるには、24時間いつでも振込融資が可能な「瞬フリ」を利用するようにしましょう。

プロミスの「瞬フリ」サービスは、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行のインターネット口座を持っていれば利用可能です。しかし、これら3行以外の金融機関での振込融資の場合には、平日15時を過ぎてしまうと、銀行の翌営業日での振込をなってしまうためすぐに融資を受けることができません。

もし、上記3行のインターネット口座を持っていない場合には、銀行からの融資ではなくプロミスのローンカードを自動契約機で発行して、セブン銀行ATMや提携先のATMからお金を引き出すようにしましょう。

プロミスの「瞬フリ」サービスを利用すると24時間いつでも振込融資可能

三井住友銀行、やジャパンネット銀行の銀行口座を持っている場合には、「瞬フリ」というサービスを利用することができます。
瞬フリ」のサービスを利用すれば、平日以外にも土日や祝日に関係なく24時間いつでも融資を受けることが可能です。
そのうえ、融資を受付けてから10秒ほどで希望の借入額を指定した口座に振り込みしてもらうことができる大変便利なサービスです。
上記2行での「瞬フリ」サービスを利用した場合の、受付け時間と振込実施時間を下の図にまとめました。

三井住友銀行・ジャパネット銀行・受付・振込実施時間
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日・土日祝日共に 0:00~24:00(24時間受付) 受け付け完了から即時

プロミスカードローンの借入を検討していて、上記の2行の口座がある場合には是非、「瞬フリ」サービスの利用をおすすめいたします。
ただし、メンテナンスの関係で、三井住友銀行については、毎週日曜日21時~翌月曜日7時、ジャパネット銀行については、毎週月曜日0時~7時はサービスが停止しますので注意してください。
プロミスカードローンの借入を検討していて、上記の3行の口座がある場合には、スマホからのでも振込融資の手続きが可能な是非、「瞬フリ」振込融資を受けるようにしましょう。

即日中に銀行振り込み融資を受けたい場合には平日の14時までに申し込み・契約を完了させる

三井住友銀行または、ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行以外の金融機関の銀行口座を利用する場合の融資受付時間、振込実施時間などを下の図にまとめておきましたので参考にしてみてください。

三井住友銀行・ジャパネット銀行以外の受付・振込実施時間
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日(月曜日~金曜日) 0:00~9:00 当日9:30頃
平日(月曜日~金曜日) 9:00~14:50 受け付け完了から即時
平日(月曜日~金曜日) 14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9:31頃

三井住友銀行、ジャパネット銀行を含むすべての金融機関で、元日はすべてのサービスが停止となりますので、注意してください。
三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の銀行口座を振込先に指定した場合には平日の14:50までの融資依頼が申込日当日振り込みの対象となります。よって14:50を過ぎてからの借り入れ依頼は翌営業日の振込になります。よって、即日の借り入れを受けたい場合は、遅くとも平日の14:00までに申し込みを完了させ、14:50までに契約を完了させた上で融資依頼をする必要があります。
三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の銀行で振込融資を依頼した場合、銀行営業日のみの融資となるので、土日祝日や夜間での即日融資はできません。
ただし、プロミスのローンカードを利用して、プロミスATMや提携先金融機関やコンビニのATMを利用すれば、土日祝日での融資も可能です。

ローンカードを利用してATMから融資を受ける場合には20時までには申し込みを完了しておく

プロミスでのATMで借り入れをする際には、ローンカードが必要となります。
店頭窓口(お客様サービスプラザ)プロミスの無人契約機・SMBCローン契約機(三井住友銀行ローン契約機)での契約する場合には、契約完了後、すぐに発行されます。(店舗ではプロミスのATMが併設されている場合が多いので、ローンカードを利用してすぐにお金を引き出せる。)
そのため、ローンカードを利用して即日中に融資を受ける場合には、審査回答時間帯のリミットである21時の1時間前には申し込みを完了しておきましょう。
一方、WEB申し込み・契約の場合、申込み時に「カードレス」を選択してしまうと、ローンカードは発行されません。ローンカードの発行を希望する場合には、契約後、店頭窓口または自動契約機で発行してもらう必要があります。

提携先金融機関でのATMや提携先コンビニATMでも借り入れできる

プロミスでは自社のATMをはじめ三井住友銀行のATMやコンビニATMなどでも借り入れが可能です。
プロミスで利用できる提携ATMは下の表になりますので、参考にしてみてくださいね。

プロミスで利用できる提携先ATM
提携先銀行ATM 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、広島銀行、八十二銀行
提携コンビニATM セブン銀行、ローソンATM、イーネットATM(ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート)

なお、親和銀行、広島銀行、八十二銀行はキャッシングのみ利用可能です。

各ATMの借り入れ営業時間
ATMの種類 営業時間 手数料
プロミスATM 7:00~24:00 無料
提携ATM 三井住友銀行 店舗により異なる 無料
その他銀行 店舗により異なる 1万円まで108円・1万円超216円
コンビニ 24時間営業 1万円まで108円・1万円超217円

プロミスでATMを利用して、すぐにお金が必要な場合には、店舗数が多く24時間営業しているセブン銀行ATMやローソンATMなどのコンビニATMから借り入れをしましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間