消費者金融や銀行のおまとめローンを利用して返済するメリット・デメリット

「気が付いたら複数の消費者金融から借金をしていて総額が膨らんでいた」

「キャッシングを繰り返した結果、毎月の利子分を返済するのだけで精一杯になってしまっている」

昨今、お金を借りるのが手軽にできるようになったせいか、気が付いたら借金の額が膨大になっていて返済の目処が立たなくなっているということが往々にしてあります。

こうした悩みを持っている人に検討してほしいのが複数の借金を一本化して返済する「おまとめローン」です。

おまとめローンとは返済を一本化するローン

おまとめローンとは複数の銀行や消費者金融などから借り入れをしている多重債務の人を対象に返済の窓口を一本化して返済する方法のことを指します。
具体例を挙げます。

現在の借金

  • A社:30万円/金利18.0%
  • B社:30万円/金利18.0%
  • C社:40万円/金利18.0%

A社・B社・C社合計100万円をおまとめローンに借換え後

  • D社:100万/金利15.0%

複数社の借金をまとめ、金利も下がることが多いため「いいかげんにこの借金をなんとかしたい」という時に利用しやすいです。

実際におまとめローンを利用することによって得られるメリットとデメリットを確認してみましょう。

おまとめローンを利用するメリットは金利が低くなる

おまとめローンを利用するメリットとしては大きく2つです。

  • 金利が下がることが多いため返済の負担額が減る
  • 返済が一本化されるため手間が省ける

前述の通り、おまとめローンを利用することで多くのケースで金利が下がります。本気で借金を返済したい人にとっては一番のメリットと言えます。自由に借り入れができるキャッシングやカードローンと異なり、おまとめローンは返済専用のプランなので金利も低くなるというわけです。

また、おまとめローンはお金を借りている側にとって有利になる(返済しやすくなる)特性のもののため、おまとめローンについては総量規制対象外となります。

返済が一本化されることにより、振込などの手続きも一本化されるため、返済日の異なる消費者金融を複数利用していた場合などは、返済時の手間が楽になるのも大きな特徴です。

おまとめローンを利用時にはトータルの利息総額に注意する

メリットの部分だけを見てみるとデメリットはないのではないかと感じてしまいますが、実は場合によってはデメリットもあります。
それは「結果として多くのお金の返済をするケースがある」ということです。
メリットの部分で「金利が下がる」と書いたので返済額が増えるということにピンとこない人もいるでしょう。
具体例を見てみると分かりやすいかもしれません。
まず最初に単純に前述の金利で1ヶ月間の金利のみを比較してみましょう。このケースで見るとおまとめローンの方がお得になります。

※計算方法については「消費者金融の金利の計算方法」を参考にしてみて下さい。

(現在の借金)

  • A社:30万/金利18.0% → 1ヶ月の利子:4,438円
  • B社:30万/金利18.0% → 1ヶ月の利子:4,438円
  • C社:40万/金利18.0% → 1ヶ月の利子:5,918.0円

利子合計→14,794円

(おまとめローン後)

  • D社:100万/金利15% → 1ヶ月の利子:12,329円

おまとめローンの方が1ヶ月で2,000円以上お得になりますね。利息の部分だけ見ると当たり前ですが金利が低いほうがお得になります。
ここからが重要なのですが「毎月いくら返済をするか」がポイントになってきます。ここに実は大きな落とし穴があるのです。
再び具体例で見てみましょう。
前述と同様の例でそれぞれの金融業者に月2万円を返済するケースで見てみます。

(現在の借金)

  • A社:30万/金利18.0% → 毎月2万円返済。完済時に利子がトータルで約41,725円
  • B社:30万/金利18.0% → 毎月2万円返済。完済時に利子がトータルで約41,725円
  • C社:40万/金利18.0% → 毎月2万円返済。完済時に利子がトータルで約77,773円

完済時の利子合計:約161,223円

(おまとめローン後)

  • D社:100万/金利15.0% → 毎月2万円返済。完済時の利子合計:約564,085円

どうでしょうか。最終的に支払う額が40万円近く変わってきます。

おまとめローンで一本化して3社合計月に6万円支払っていたものが1社になって月2万円になって楽になったと思いきや、結果として40万円も多く利息を支払っているのです。
「そもそも毎月3社に別会社で払うだけの余裕がない」というような場合には、毎月少ない返済額に出来るというのはメリットですが、お金の面だけで見ると損している計算となります。
ちなみに上記の例でおまとめ後これまでと同じく合計6万円を月々に返済する場合は約126,364の利子の支払いとなり、おまとめローンを使用した方が有利になります。

消費者金融の返済の鉄則と変わらず、できるだけ早めに完済できるよう追加入金などをして返済を繰り上げることがポイントです。

どの消費者金融のおまとめローンを利用するのがいいのか

最後に「どこのおまとめローンを利用すべきか?」という点です。

消費者金融を選ぶ時と同様、原則的には大手銀行か大手消費者金融を利用することをおすすめします。というのも、借金が返済できなくて焦っている人の心を巧みに利用し、甘い言葉やゆるい条件を提示して近付いてくる業者もあるのですが、そうした業者が闇金融である可能性もあるためです。
闇金融に捕まってしまうと返済どころではなくなってしまうので、返済をする際には信用度の高いところにしておく方が好ましいです。
当サイトのおすすめ業者のリストと条件をまとめてみました。

会社 金利 最大利用限度額 備考
モビット 3.0~18.0% 800万円 独自プランはなし。通常のキャッシングをおまとめとして利用した場合
東京スター銀行 5.8%~14.8% 1,000万円 消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円 消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
楽天銀行 1.9%~14.5% 800万円 消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
プロミス 6.3%~17.8% 300万円 消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
アコム 7.7%~18.0% 300万円 消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
アイフル 12.0%~15.0% 500万円 消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ

「消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ」としているところは純粋なおまとめローンのプランです。
なお、消費者金融業者のおまとめローンの場合、基本的に消費者金融・クレジットカードのキャッシングの借入金のみの取扱が多いです。(いずれも審査あり)

カードローンをおまとめとして利用する方法も記載していますが、カードローンを新規契約すると借り入れも可能になってしまうため、本当に返済をしたいと思うのであれば新規での借り入れができない返済のみのプランがおすすめです。
(借金を重ねる人は借金グセが付いていて借り入れできる状況にあると再び借入傾向が強いです)