消費者金融や銀行でおまとめローンを利用時のメリットと注意点

「気が付いたら複数社の消費者金融や銀行から借金をしていて総額が膨らんでいた」「キャッシングを繰り返した結果、毎月の利息分を返済するのだけで精一杯になってしまっている」

最近では、インターネットやコンビニATMなどから消費者金融や銀行カードローンを利用してお金を借りるのが手軽にできるようになったせいか、気が付いたら借金の額が膨大になっていて、返済の目処が立たなくなっているということが往々にしてあるかと思います。

こうした悩みを持っている人に検討してほしいのが、複数の借金を一本化して返済する「おまとめローン」です。

ここでは、おまとめローンとはどのようなローンなのか。おまとめローンを利用する際のメリット・デメリットについて解説いたします。

おまとめローンとは複数の借り入れをまとめ返済を一本化するローン

おまとめローンとは、複数の銀行や消費者金融などから借り入れをしている多重債務の人を対象に返済の窓口を一本化して返済する方法のことを指します。

複数の借金がある場合に返済の窓口を一本化することで、返済日が複数になっている場合の返済の手間や、金利と毎月の返済額の負担を軽減するのが目的です。

おまとめローンとは総量規制の対象外のローンである

消費者金融のカードローンは、2010年に改正貸金業法が施行され、新たに総量規制という規制ができました。
この総量規制によって、消費者金融から借入できる総額は、年収の3分の1までと決められてしまったため、複数の消費者金融業者から借金があり、返済のために新規借入しようと思っても、総量規制のために審査に通らず、借入できないという人が増えました。そういった方達の救済措置としてできたのが、おまとめローンです。おまとめローンは、商品の特性上、「顧客に一方的に有利な借り換え」と定められ、総量規制の対象外の貸付となっています。

そのため、すでに消費者金融で総量規制の上限の利用限度額までまで借入がある方でも、消費者金融などの貸金業者からでも新たに借入でき、他社借り入れの返済に充てることができるようになりました。

おまとめローンを利用するとどのくらい利息負担が減るのか

それでは、おまとめローンを利用して、複数の消費者金融や銀行の借金を一本化するとどのくらい金利負担がへるのでしょうか。

消費者金融のおまとめローンを利用して借金を一本化した場合

消費者金融や銀行の借金をおまとめローンに一本化した場合の具体例を挙げて解説いたします。
現在の借金ある借金ををすべておまとめろーんに一本化した場合次の通りになります。
現在の借金

  • A社:30万円/金利18.0%
  • B社:30万円/金利18.0%
  • C社:40万円/金利18.0%

A社・B社・C社合計100万円をおまとめローンに借換え後

  • D社:100万/金利15.0%

現在の借金が、A社:30万円(金利18.0%)、B社30万円(金利18.0%)、C社40万円(金利18.0%)の合計100万円の借金で金利が18.0%場合、おまとめローンD社に借り換えを行うと、借金の総額は100万円(金利15.0%)となります。

もちろん借り入れ額の元本は変わりませんが、複数の消費者金融や銀行カードローンの借金を1社にまとめることで金利も下がることが多いです。それでは、複数社の借金をおまとめローンに一本化することによって得られるメリットとデメリットを確認してみましょう。

おまとめローンを利用するメリットは金利が下がる

おまとめローンを利用するメリットとしては大きく2つです。

  • 金利が下がることが多いため返済の負担額が減る
  • 返済が一本化されるため手間が省ける

前述の通り、現在ある複数社の借金を一本化しておまとめローンを利用することで多くのケースで金利が下がります。
そのため、借金を本気で返済したい人にとっては、一番のメリットと言えます。
自由に借り入れができるキャッシングやカードローンと異なり、おまとめローンは返済専用のプランなので金利も低くなるというわけです。(どの金融機もおまとめローンを利用して、新規の貸付はできない。現状の貸付残高が)

また、繰り返しになりますが。おまとめローンはお金を借りている側にとって有利になる(返済しやすくなる)特性のもののため、おまとめローンについては総量規制対象外となります。
返済が一本化されることにより、振込や返済日など返済手続きも一本化されるため、返済日の異なる消費者金融を複数利用していた場合などは、返済時の手間が楽になるのも大きな特徴です。そのため、複数の消費者金融で借入がある方は、おまとめローンの利用をおすすめいたします。

おまとめローンを利用時にはトータルの返済利息総額に注意する

おまとめローンはメリットの部分だけを見てみると、デメリットは全くないのではないかと感じてしまいますが、実は場合によってはデメリットもあります。
それは「結果として多くのお金の返済をするケースがある」ということです。
メリットの部分で「金利が下がる」と書いたので返済額が増えるということにピンとこない人もいるかと思います。

おまとめローン利用時にトータルの支払い額が大きくなってしまう理由

それでは、具体あげて説明いたします。
まず最初に単純に前述の金利で1ヶ月間の金利のみを比較してみましょう。このケースで見るとおまとめローンの方がお得になります。
※計算方法については「消費者金融の金利の計算方法」を参考にしてみて下さい。
現在の借金

  • A社:30万/金利18.0% → 1ヶ月の利子:4,438円
  • B社:30万/金利18.0% → 1ヶ月の利子:4,438円
  • C社:40万/金利18.0% → 1ヶ月の利子:5,918.0円

利子合計→14,794円

おまとめローン後

  • D社:100万/金利15% → 1ヶ月の利子:12,329円

おまとめローンの方が、1ヶ月で2,000円以上返済額がお得になりますね。利息の部分だけ見ると当たり前ですが金利が低いほうがお得になります。
ここからが重要なのですが「毎月いくら返済をするか」がポイントになってきます。

返済期間が長くなるとそれだけ支払う利息も増えてしまう

再び具体例で見てみましょう。前述と同様の例でそれぞれの消費者金融業者などの金融期間にに月2万円を返済するケースで見てみます。
現在の借金

  • A社:30万/金利18.0% → 毎月2万円返済。完済時に利子がトータルで約41,725円
  • B社:30万/金利18.0% → 毎月2万円返済。完済時に利子がトータルで約41,725円
  • C社:40万/金利18.0% → 毎月2万円返済。完済時に利子がトータルで約77,773円

完済時の利子合計:約161,223円

おまとめローン後

  • D社:100万/金利15.0% → 毎月2万円返済。完済時の利子合計:約564,085円

どうでしょうか。最終的におまとめローンを利用すると支払う利息総額が40万円近く高くなってしまいます。
おまとめローンで一本化して3社合計月に6万円支払っていたものが、1社になって月2万円になって楽になったと思いきや、結果として40万円も多く利息を支払っているのです。

「そもそも毎月3社に別会社で払うだけの余裕がない」というような場合には、返済回数を多くして、毎月少ない返済額に出来るというのはメリットですが、最終的に支払う利息総額の面だけで見ると損している計算となります。

ちなみに上記の例で、おまとめ後これまでと同じく合計6万円を月々に返済する場合は、利息総額が約12万6,364となり、おまとめローンを使用した方が有利になります。

消費者金融の返済の鉄則と変わらず、おまとめローンを利用する際には、できるだけ早めに完済できるよう追加入金などをして返済を繰り上げることが支払う利息額を減らせるポイントです。

消費者金融や銀行などのどの金融機関のおまとめローンを利用するのがいいのか

それでは、どの会社のおまとめローンを利用したらいいのでしょうか。
消費者金融を選ぶ時と同様、原則的には大手銀行か大手消費者金融を利用することをおすすめします。というのも、借金が返済できなくて焦っている人の心を巧みに利用し、甘い言葉やゆるい条件を提示して近付いてくる業者もあるのですが、そうした業者がヤミ金(闇金融)である可能性もあるためです。
闇金融に捕まってしまうと返済どころではなくなってしまうので、おまとめローンを利用して返済をする際には信用度の高いところにしておく方が好ましいです。
当サイトのおすすめ消費者金融や銀行などの金融機関とおまとめローンのリストと条件をまとめてみました。

金融機関金利最大利用限度額備考
SMBCモビット3.0~18.0%800万円独自プランはなし。通常のキャッシングをおまとめとして利用した場合
東京スター銀行5.8%~14.8%1,000万円消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
三菱UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%500万円消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
楽天銀行1.9%~14.5%800万円消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
プロミス6.3%~17.8%300万円消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
アコム7.7%~18.0%300万円消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ
アイフル12.0%~15.0%500万円消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ

消費者金融・クレジットカードのキャッシングの返済のみ」としているところは純粋なおまとめローンのプランです。
なお、アコムプロミスなどの消費者金融業者のおまとめローンの場合、基本的に消費者金融・クレジットカードのキャッシングの借入金のみの取扱が多いです。(銀行カードローンを消費者金融におまとめローンに一本化することはできない。アイフルのおまとめローンの場合には銀行カードローンの借り入れも一本化することが可能です。)

カードローンをおまとめとして利用する方法も記載していますが、カードローンを新規契約すると借り入れも可能になってしまうため、本当に返済をしたいと思うのであれば新規での借り入れができない返済のみのプランがおすすめです。(借金を重ねる人は借金グセが付いていて借り入れできる状況にあると再び借入傾向が強いです)

なお、プロミスのおまとめローンについては「プロミスおまとめローンの特徴と利用時の注意点」でアコムのおまとめローンについては「アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」の申し込み方法と審査基準」で詳しく解説してますので参考にしてみてください。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間