プロミスでの銀行振込を利用しての借入や返済

プロミスカードローンでは自分に合った借り入れ方法を返済方法を選ぶことができます。

プロミスでは、店頭窓口(お客様サービスプラザ)や自動契約機の他にも、プロミスATMや提携先金融機関またはコンビニATM、ネットバンキングによるインターネットでの借り入れや返済、口座振替や借り入れでの振り込みや返済時の振り込みなど様々です。

ここでは、プロミスでの振り込みを利用しての借り入れ(瞬フリ)や振り込みを利用しての返済時に利用手数料はかかるのか。また振込先口座の登録方法などについて解説いたします。

プロミスの振込を利用しての借入

プロミスの借入方法は大きくわけて銀行振込とATMの2つの方法がある

それでは、まずプロミスカードローンの借り入れ方法からみていきましょう。
プロミスカードローンの借り入れ方法は以下の通りです。

  • 振り込みキャッシング(銀行振り込み)
  • プロミス店舗のATM
  • 三井住友銀行自動契約機のATM
  • 提携先銀行ATM・提携先コンビニATM

プロミスでは大きくわけて、振り込みキャッシング(銀行振り込み)をプロミスの店舗および提携先銀行やコンビニATMを利用しての借り入れ方法とATMを利用しての借り入れ方法の2つがあります。
ここでは振り込みキャッシング(銀行振り込み)を中心にみていきます。

瞬フリ(振り込みキャッシング)の利用手順

瞬フリ(振り込みキャッシング)の利用手順は以下の流れになります。

  1. プロミス会員ページにログイン
    (カード番号・暗証番号またはWEB-ID・パスワードを入力)
  2. 振込先口座を登録
  3. 瞬フリ(振り込みキャッシング)ボタンをクリック
  4. 希望の借り入れ融資額を指定
  5. 振り込み完了



プロミスでは、振り込みキャッシングを利用する際に、利用者の振込先口座を登録する必要があります。振込先の登録方法は、上記の流れに記載しているようにプロミスの会員ページにログインして、振込先の登録を行います。

瞬フリ(振り込みキャッシング)はカードレスで借り入れ可能

振り込みで借入することはメリットが複数ありますが、第一にあげられるのはローンカードが不要であることです。カードを持ち歩かなくてもいい、またはカードを紛失する心配がないといったメリットがあります。
そもそもプロミスのカードを発行したくないという方も振り込み融資にすることでカードレスで借入することができます。家庭の事情でカードが家に届くのをやめてほしいという方にはピッタリかもしれません。

三井井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座なら24時間いつでも融資可能

三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている場合には、「瞬フリ」というサービスを利用することができます。
「瞬フリ」のサービスを利用すれば、平日以外にも土日や祝日に関係なく24時間いつでも借り入れの申し込みが可能で、融資受け付けから10秒ほどで希望の借入額を指定した口座に振り込みしてもらうことができます。24時間いつでも借り入れ可能なので大変便利なサービスです。下の図は上記2行での「瞬フリ」サービスを利用した場合の、受付け時間と振り込み実施時間をまとめました。

三井住友銀行・ジャパネット銀行の受付け時間と振込実施時間
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日・土日祝日共に 0:00~24:00(24時間受付) 受け付け完了から即時

上記のいずれかの口座をお持ちの方は利用してみてはいかがでしょうか。
ただし、メンテナンスの関係で、三井住友銀行については、毎週日曜日21時~翌月曜日7時、ジャパネット銀行については、毎週月曜日0時~7時はサービスが停止しますので注意してください。
一方、三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関を利用する場合の融資受付時間、振り込み実施時間などを下の表にまとめておきましたので参考にしてみてください。

その他の金融機関の場合
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日(月曜日~金曜日) 0:00~9:00 当日9:30頃
平日(月曜日~金曜日) 9:00~14:50 受け付け完了から即時
平日(月曜日~金曜日) 14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9:31頃

三井住友銀行、ジャパネット銀行を含むすべての金融機関で、元日はすべてのサービスが停止となりますので、注意してください。

振込融資を利用して即日融資を受けるには

プロミス振り込み融資を利用して即日融資を受けるには以下の流れになります。

  1. 申し込み
  2. 審査
    • 契約
  3. 振り込みキャッシング(瞬フリ)

ただし、申込時間や各金融機関の口座によって即日融資ができない場合もあります。
それでは、即日融資が可能になる申込時間や金融機関とはどのようなものでしょうか。24時間365日融資可能なプロミスの「瞬フリ」サービスが利用できる口座と、それ以外の口座に分けて、即日融資ができる日時や目安などについて解説いたします。

瞬フリサービスを利用すると土日祝日の即日融資も可能

前に述べた通り、瞬フリは、振り込みキャッシングの振込口座を下記の2つに指定すれば、土日祝日を問わず最短10秒で24時間いつでも振込してもらえる瞬フリが利用できます。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

ただし、プロミスの審査回答時間は9:00~21:00までです。この時間内に申し込み・審査・契約まで完了させる必要があるので、申込日当日の20時までには申し込みするようにしましょう。WEB契約後、プロミス公式会員ページにログインし、瞬フリで融資の依頼をすれば、融資完了です。
上記金融機関以外の口座の場合には平日の14時までに申し込み・契約を完了させる

三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の銀行口座を振込先に指定した場合には平日の14:50までの融資依頼が申込日当日振り込みの対象となります。よって14:50を過ぎてからの融資依頼は翌営業日の振り込みになります。よって、即日融資を受けたい場合は、遅くとも平日の14:00までに申し込みを完了させ、14:50までに契約を完了させた上で融資依頼をする必要があります。
三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の銀行で振り込み融資を依頼した場合、銀行営業日のみの融資となるので、土日祝日や夜間での即日融資はできません。
ただし、プロミスのローンカードを利用して、ATMを利用すれば、土日祝日での融資も可能です。

プロミスの返済時の振込

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法については下記の7つになります。

  • 銀行振り込み
  • インターネット返済
  • 口フリ(口座振替)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • プロミスATM(三井住友銀行ATM)
  • 提携先銀行ATMや提携先コンビニATM(借入先の提携ATMと同様)
  • コンビニメディア端末(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート内のマルチメディア端末を使用)

プロミスへの返済方法に銀行振り込みでの返済を選択された方は是非確認いただきたいことを解説致します。

まず振込先口座ですが、こちらはプロミス会員サービスページへログインし、確認するか、プロミスコール0120-24-0365 へ電話をして確認してください。

これは利用者によって、返済金の振込先口座が違う為です。万が一違う口座に振込してしまった場合には、返済日にきちんと返済がなされずに遅延になってしまったなどの問題が発生する可能性があります。

プロミスの返済方法で、銀行振込を選択した場合には、必ず自分の振込先の口座を確認してから振込をするようにしてください。

返済時の振込手数料は利用者の負担になる

銀行振込での返済の場合、振込手数料は利用者の負担となります。そのため、銀行振込での返済をする際には振込手数料が安い銀行からの振り込みをするようにしましょう。
銀行振込の場合どうしても振込手数料がかかってしまうので、手数料が無料となる返済方法に変更することをおすすめいたします。それでは、プロミスの利用手数料無料の返済方法をみていきましょう。

利用手数料が無料の返済方法

プロミスでは下記の返済方法は利用手数料が無料で利用できます。

  • インターネット返済
  • 口フリ(口座振替)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • プロミスATM(三井住友銀行ATMを含む)
  • コンビニメディア端末(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート内のマルチメディア端末を使用)

それでは

インターネットバンキングでの振込返済

プロミスでは下記金融機関のインターネットバンキングを利用することが可能です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

これらのインターネットバンキングでは手数料無料で返済することが可能です。
ただし、インターネットバンキングですのでパソコン、スマートフォン、携帯電話のいずれかは必須となりますのでご注意ください。

通常の銀行振り込みの場合は、手数料がかかりますのでご注意ください。

インターネットバンキングは各金融機関のホームページなどで口座申し込みが可能

インターネットバンキングは、各金融機関のホームページなどで口座開設が可能です。金融機関の中にはキャッシュカードが届くまで利用できないということもありますので、返済日までに余裕をもって申し込みをしましょう。

口座振替は自動で返済金を支払いしてくれる

口座振替はは毎月一定の返済額を設定することにより返済日に自動で振替してもらえるサービスです。こちらのサービスのデメリットは今月は少し多めに返そうとして最低返済額に少し上乗せするということができないことです。

プロミスの店頭窓口や提携ATMでの返済

プロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)またはプロミスATM、三井住友銀行ATMでのでの返済は無料で利用することができます。
その他の提携ATMでは1万円以下は108円の手数料、1万円超は216円の手数料が発生します。また提携ATMを以外のATMをは利用不可です。
下の表に、プロミスでプロミスで利用可能なATMの営業時間や手数料の有無などをまとめましたので、参考にしてみてください。

各ATM 営業時間 利用手数料 1,000円単位での借り入れ
プロミスATM 7:00~24:00 無料
三井住友銀行ATM 24時間 無料
セブン銀行ATM 24時間 1万円以下108円 1万円超216円 ×
ローソンATM 0:10~23:50 1万円以下108円 1万円超217円 ×
イーネットATM 7:00~23:00 1万円以下108円 1万円超218円 ×

 
ただし、毎週月曜日の0時~7時はプロミスでのシステムメンテナンスのため、全ての提携ATMを利用することができません。
他にも、東京スター銀行や福岡銀行、熊本銀行などの地方銀行の提携ATMでもプロミスカードローンを利用することができます。各提携先金融機関の営業時間、利用手数料はプロミスの公式ホームページで確認されるといいでしょう。

コンビニメディア端末からの返済でも手数料無料

ローソンとミニストップの「Loppi」、ファミリーマートの「Famiポート」で返済手続きを行うことで利用手数料を無料にすることが可能です。
但し毎週月曜0時~7時は利用不可ですので注意が必要です。
プロミスの返済方法については、「プロミスカードローンのお得な返済方法」で詳しく解説しています。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間