ブラックでもアコムカードローンを利用できるのか

お金を借りたいと思っているとき、気軽にお金を借りることができるのが、消費者金融業者です。

しかし、クレジットカードの支払いが遅れてしまった、またはカードローンの支払いを滞納していたことがあるなどの理由で金融期間の融関連の個人信用情報に事故情報が載ってしまうといわゆる、「ブラックになる。」または「ブラックリストに載ってしまう。」いう状態となります。

ブラックリスト入りしてしまった場合には、銀行やクレジットまたはカードローンの審査には落ちてしまうと言われています。消費者金融大手であるアコムの申し込み時にも審査に落ちてしまうのでしょうか。

そこで、ブラックでもアコムの審査に通るのかまた、ブラックリスト載るとは一体どういうことなのか、そしてブラックリストに載ってしまった場合はいつまで記録されるのかなどをまとめました。

返済の延滞や滞納があった場合にブラックになってしまう

そもそも「ブラックリスト」は 現実に存在するわけではありません。
一般的に言われている「ブラック」や「ブラックリストに載る」ということは、消費者金融のカードローンやクレジットカードを延滞や滞納をして金融事故情報が信用情報機関に残っている状態を言います。

金融事故とはローンやクレジットカードの返済においてなんらかの問題が発生し通常通りに返済が完了していないことを指します。金融事故が起こった場合には事故情報として信用機関に登録されます。(正式には「異動」と登録されます。)
信用情報機関とは、過去のクレジットや消費者金融の利用状況や借り入れ額が登録されている信用情報を金融機関から集めて、その集めた情報を金融機関に提供しているところです。

ブラックリストに載ってしまう原因

下記のような場合にはブラックリスト入りしてしまいます。

  • 借り入れ金の返済を延滞または滞納している
  • 携帯電話本体代金の延滞・滞納している
  • 奨学金の返済を未払いしている
  • 過去に債務整理をした

それでは各項目をみていきましょう。

借入金の返済を遅滞または滞納している

借り入れをしているだけではブラックにはなりませんが、
銀行や消費者金融業者または銀行のからの借り入れ金の返済を遅滞または滞納している場合には個人信用情報機関に金融事故ととして記録されブラックとなってしまいます。

アコムを含む消費者金融業者も例外ではありません。ただし、遅滞や滞納扱いとなるのは三ヶ月以上の滞納の場合になります。返済期日の1日遅れたくらいではブラックリスト入りになることはありませんので、もし返済期日に遅れた場合には早く支払いしたほうがいいと思います。

携帯電話本体代金の延滞または滞納をしている

最近では0円で販売している携帯電話をめっきり見なくなり、スマートフォンを含む携帯電話も購入する時代になりました。本体代金も高額になるために本体代金を利用料とともに月々に分割で払っている方もいると思います。
携帯電話の本体代金は、月賦扱いつまりローン契約扱いです。つまり、携帯電話本体を購入して代金の支払いを遅滞した場合にはブラックリストに載ってしまいます。

また携帯電話のキャリアによって登録される個人信用機関が異なります。
(ドコモ・AUの場合にはCIC、ソフトバンクの場合にはJICC)
なお、携帯電話の本体を一括で購入した場合には携帯電話の基本使用料を滞納したとしても支払い方法がクレジットカードではないにはブラックにはなりません。

奨学金の返済を滞納している

奨学金を管理している日本学生支援機構(旧:日本育英会)が奨学金の返済率が低いことを理由に2008年11月に信用情報機関であるKSC(全国銀行個人信用情報センター)に加盟したため、これ以降奨学金を利用する場合には未払いによる滞納の場合ブラックリストに載ることになりました。

過去に債務整理をした

債務整理とは借金の額を整理することをいいます。債務整理には、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つがあります。これらの手続きを行うと個人信用情報機関に債務整理の記録が登録されます。

一緒に住んでいる家族がブラックの場合

生計を共にする家族が債務整理をしたなどしてブラックリストに載っていると、その本人も個人情報信用機関にブラックリストとして情報が記録されてしまいます。

しかし、配偶者などの生計を共にしている家族に限定されます。家族でも同居していない場合には審査の影響はありません。

複数の金融機関に申し込みするとブラックに扱いになる

1か月の間に3社以上の間に消費者金融業者やクレジットカードに申し込みをした場合、前に述べた4つの条件に該当していなくてもブラックリストに載ってしまうことがあります。短期間に複数のカード会社に申し込みするということはお金に困っていて返済能力に問題があるとみなされてしまうためです。

この場合、申し込み個人信用情報機関に保存されている6ヶ月が経てばブラックリストからは除外されます。

ただし、6ヶ月を経過しても審査に落ちてしまうようであれば、前にあげた4つの原因が考えられます。

ブラックだとアコムカードローンの審査に落ちてしまう

アコムだけなく他にカードローン会社も同様である

それでは、ブラックでもアコムカードローンに申し込みすることができるのでしょうか?
アコムカードローンの審査では、申し込みの時点で、遅延、滞納などの金融事故があったかを信用情報機関の情報を参照し、申し込み者の審査情報に金融事故情報などの問題がないかを確認します。

もし、審査時に申込者の信用情報に金融事故の記録があると、アコム側が返済能力に問題があると判断し審査に落ちてしまうことになります。加えて、他の大手消費者金融でも同様の審査を行うのでアコム以外の消費者金融も同じく審査に通ることは難しいでしょう。

つまり、ブラックリストに載ってしまうとアコムだけなく他の消費者金融業者やからも借り入れや新規でのクレジットカードの申し込みなどもできなくなってしまいます。

それでは、ブラックリストに載ってしまうとその記録はいつまで残るのでしょうか。
ずっとブラックリストに載ったままになるのでしょうか。

ブラックリストに記録されて消えるまでの期間

金融機関ごとに登録している信用情報機関は異なる

それでは、個人信用情報機関のブラックリストに載ってしまうとその履歴が消えるまでどのくらいかかるのでしょうか。それは、信用情報機関ごとや金融事故の種類によってその期間が異なります。まず、どのような個人信用情報機関があるのかみていきましょう。

現在日本には3つの信用情報機関があります。例えば、カードローンでお金を借りるまたはショッピングでクレジットカードを使用するなどをした場合、銀行や消費者金融業者、クレジット会社を含む金融機関からの借り入れ状況や借り入れ金額は、下記の3つのいずれかの信用情報機関に登録されます。(複数の信用情報機関に加盟している金融機関もあります。)

  • CIC(指定信用情報機関)
  • 主にクレジットカード会社やローンを取り扱う銀行が加盟しています。

  • JICC(日本信用情報機構) 
  • 主に消費者金融業者が加盟しています。

  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • 銀行や銀行関連のクレジット会社が加盟しています。

上記の3つの信用機関は、利用者の延滞や債務整理などの金融事故情報を共有しています。
もし、金融事故の記録が上記の個人信用情報機関いずれかに登録されているとしたら、他の個人情報信用機関にもその事故情報が共有されるのです。ただし、情報のすべてが共有されるというわけではありません。

滞納や強制解約の場合は最長で5年間ブラックになる

それでは、個人信用情報機関ごとにブラックリストに記録されてから消えるまでの期間をみていきましょう。ブラックリストと記録されてからその履歴が削除されるまでの期間は個人情報機関とその金融事故ごとに異なります・
下の表にまとめましたので参考にしていただければと思います。なお、延滞の場合には延滞解消後の完済期間から債務整理や強制解約については、取引終了してからの期間となります。

個人信用情報機関  複数の金融機関への申し込み 延滞 債務整理 強制解約
CIC 6か月 5年 5年 5年
JICC 6か月 1年 5年 5年
KSC 8か月 5年 10年 5年

ブラックリストから消えるまでには、申し込みに関する情報の場合は最長6ヶ月、延滞や強制解約の場合は最長で5年間、債務整理の場合には最長10年間かかります。一度金融事故を起こしてブラックになってしまった場合には、この期間を空けてから金融機関に融資の申し込みをするようにしましょう。

また、自分がブラックリストに載っているかどうかがわからない場合には、自分でブラックがどうかを確認することもできます。それではどのように確認したらいいのでしょうか見ていくことにしましょう。

自分がブラックかどうかを判断する方法がある

個人信用情報機関で信用情報を閲覧できる

カードローンキャッシングなどの事故情報を確認したい場合はJICC、クレジットカードに関する信用情報を確認したい場合はCIC、銀行などの金融機関からの借入内容や支払状況を確認したい場合は全国銀行個人信用情報センターで確認してみてください。

CICやJICCは窓口や郵送、またはスマートフォン経由で開示請求をすることができます。
一方。全国銀行個人信用情報センターの場合は、登録情報開示申込書を郵送で送ることでのみ開示が可能です。なお、登録情報の開示請求には窓口請求の場合は500円、郵送請求の場合は1,000円の手数料が必要です。

開示請求できる情報の中に滞納などの事故情報もある

個人信用情報機関によって信用情報開示書の書式は異なりますが、個人信用情報の開示請求をした場合に閲覧できる主な情報は下記の4つです。

  • 住所、氏名、勤務先などの個人情報
  • 金融機関での借入件数や借り入れ額の情報
  • 融資申し込み情報
  • 利用記録(カードローン会社が申し込みの際に調査した記録)
  • 異動情報(事故情報)

もし、金融事故を起こしている場合には、異動情報という欄に、延滞、延滞解消、債務整理などの情報が記載されます。
アコムや他の消費者金融機関での借り入れを検討している場合、ブラックになっていると審査を通るのが難しいでしょう。もし、自分がブラックかどうかわからない場合には、個人信用情報機関に信用情報開示請求をしてみましょう。