デリケートゾーンケア商品「アンボーテフェミニーナウォッシュ」

デリケートゾーンのニオイ対策、黒ずみケア

気になるデリケートゾーンのニオイ対策や黒ずみケアにどのようなケア方法を行っていますか?

実は普通の石鹸で洗ってしまうとより臭ってしまったり、黒ずんでしまう原因になりかねません。

そこでニオイ対策成分や黒ずみ解消を目的としたデリケートゾーンのケアにおすすめ商品「アンボーテ・フェミニーナウォッシュ」があります。

アンボーテ公式サイトはこちら

アンボーテ・フェミニーナウォッシュについて

アンボーテ・フェミニーナウォッシュ(以下「アンボーテ」)は女性のデリケートゾーン専用リキッドタイプのケアソープで、オーガニック植物成分を8種配合し、日本初のCOSMOS認証を取得しています。

COSMOS認証はオーガニックの世界基準で、アンボーテはその厳しい基準をクリアした日本製オーガニック商品です。

タレントで実業家の住谷杏奈さんがプロデュースした商品として話題となっており、登場から一年足らずで早くもデリケートゾーン専用ケアソープの人気ブランドとなっています。

パッケージもデリケートゾーン用アイテムだということが悟られにくい可愛さだったり、持ち運べるほど小さい商品サイズなので奥行の幅が狭い棚に置いておくこともできるなど収納にも困らず、利用者のことをとことん考えた商品であることもその評価をあげる要因となっているようです。

定期コースに申し込むことで初回3,980円+送料600円=4,580円(税込み価格4,946円)で購入することが可能です。

アンボーテの成分

アンボーテは原材料の98.1%が天然成分由来のもので、そのうち49.8%がオーガニックなもので作られています。
COSMOS認証においては完成品の20%をオーガニックとしなくてはならないという基準があるので、これを大きく上回っていることがわかります。

オーガニックというのは農薬や化学肥料を使わずに育てられたもので、化学合成物に比べて人体への刺激が少ないという利点があります。
※類似の表現として天然由来(または植物由来)といったものがあります。オーガニックとは異なりますが、肌に対しての刺激性は少ない商品と言えます。

そのため、ノーマルスキン用のアイテムではありますが、ベビーシャンプーのように敏感肌の人でも安心して使えるように出来ています。

また、ダマスクローズやアロエベラといった8種のこだわりオーガニック成分が入っているので、ジャムウ石鹸や美容液のような専用ソープである点が特徴です。

(注意)使用には個人差があり、オーガニックだからといって100%安心というわけではなく、アレルギーを持っている方にとっては逆効果となることもあります。商品情報の成分表示をよく確認したりお客様レビューを確認するようにしましょう。

(備考)「フェミニンウォッシュ」と呼称される商品

アンボーテ以外にも「フェミニンウォッシュ」「フェミニーナウォッシュ」と呼称している商品としては以下のようなものがあります。

・デリシャスボディベアウォッシュ
日本製の医薬部外品。デリケートゾーン以外にも活用可。

・pHケアフェミニンウォッシュ
世界22ヵ国で販売されているフィリピン製の商品。

・インティマウォッシュジェル
ポーランド生まれのデリケートゾーン商品。ポーランドでは代表的な商品。

・サマーズイブフェミニンウォッシュ
米国製の商品。石鹸成分を含まない「ソープフリー」という概念が特徴です。

アンボーテ公式サイトはこちら

女性向けの石鹸を使わなくてはいけない理由

なぜアンボーテのような女性向けデリケートゾーン専用の石鹸を使わなければならないのでしょうか。
その理由はニオイ、黒ずみといった問題に繋がってくるからです。

普通の石鹸だとニオイや黒ずみ繋がってしまう理由について知るためには普通の石鹸とデリケートゾーン専用石鹸の違いを知る必要があります。

違い1「刺激を減らし、黒ずみの原因を防止できる」

普通の石鹸とデリケートゾーン専用石鹸との違いとして第一に挙げられるのは弱酸性であること。

人間の肌は弱酸性で保たれているため、できるだけ弱酸性の石鹸を利用し刺激を少なくすることが重要です。

身体の中でも女性の陰部周辺の皮膚はとても薄いため、他の箇所と比較すると刺激に対してとても弱くなっており、普通のアルカリ性石鹸で洗浄してしまうと刺激が強すぎる可能性があるのです。

皮膚に対して刺激が強いと、肌はメラニン色素を生成して刺激から守ろうとします。
これが黒ずみの原因となります。

違い2「善玉菌を守る」

洗浄力が強いことは皮膚表面にいる常在菌を死滅させることを意味します。
生理用ナプキンの使用などで蒸れたデリケートゾーンは悪臭の元になる悪玉菌が増える温床となっているため、こうした細菌を死滅させることは一見ニオイ対策に効果的なように思えます。

ただし常在菌の中には悪臭の元になる悪玉菌だけではなく、悪玉菌を減らす役割も持っている善玉菌もいて、強い洗浄力を持っている石鹸だと善玉菌も一緒に洗い流してしまいます。
善玉菌を流してしまうことは悪玉菌の温床となる確率を上げてしまい、結果的にニオイの原因となってしまうのです。

デリケートゾーン専用に作られたボディソープを使うことにより、善玉菌をできるだけ保護できるようになります。
善玉菌をできるだけ残そうとする際に洗い方もポイントとなりますので注意しましょう。

違い3「保湿をしやすくする」

アンボーテをはじめ、多くのデリケート用ソープは配合されているハーブの成分によって肌にうるおいを持たせ黒ずみ対策をしてくれるといった利点もあり、美容液のような使用感を得ることができるのもポイントです。

デリケートゾーンの皮膚は薄いため、普通の化粧水などを使っても保湿しておくことが難しく乾燥しやすい部分。
それでもしっかりと保湿をしておかなければ肌への刺激が増してしまい、結局黒ずみやかゆみの原因となってしまうこともあります。

そうした保湿効果も兼ね備えたものがデリケートゾーン専用石鹸の特徴にも挙げられますので、積極的に使っていきたいアイテムと言えるのです。

アンボーテ公式サイトはこちら

正しい使い方と効能

デリケートゾーン専用石鹸での洗浄方法は手に取りきめ細やかな泡を立てて、優しく陰部を包むように洗います。

そうすることで肌への刺激を与えることなく、汚れはしっかりと除去でき、かつ皮膚表面の常在菌のうち善玉菌だけ残すといったことが可能になるのです。

刺激を少なくすることが黒ずみ対策に繋がりますし、汚れを落として皮膚表面の善玉菌を残して保湿することがニオイ対策にも繋がってくるため、専用のニオイ対策成分やホワイトニング成分のような黒ずみ対策成分配合でなくとも効果が見込めるわけです。
汚れもしっかり落とせるので生理時の嫌なムレや不快感にも効果的です。

当然優しい洗浄成分であることからデリケートゾーンだけでなく顔などの洗浄に使うこともできますし、シトラスやローズといった香りの香料も含まれているので普通の石鹸のように使うこともできるのです。
そのうえ保湿力に優れている商品で手を洗ったあとはハンドクリームが要らないほどしっとりしているという口コミ内容もあり、想像以上の保湿効果を実感できている人がいることもわかります。

刺激が少ないため、膣洗浄にも使えるという意見もありますが、膣内は自浄作用が働いているためにボディソープで洗うのはデリケートゾーン周辺までにとどめておくのがよいでしょう。

アンボーテ公式サイトはこちら