借りやすい消費者金融

お金に困っている時にできるだけ早くお金借りるには、お金を借りやすい消費者金融を探すのが近道です。

借りやすい消費者金融と言っても、各社、審査の基準については明かしていませんし、ネットで情報を探しても嘘か本当か分からない口コミ情報やおすすめランキング情報が転がっていて、ほとんどの人はどこが借りやすいのか判断できないのではないでしょうか。

実は審査の大原則や各消費者金融が発表しているデータなどを紐解いていけば借りやすい消費者金融を探していくことは可能です。

消費者金融での審査で見られる項目と対策

すべての消費者金融は審査の基準について明かしていませんが、利用者が申し込み時に送った必要書類や信用情報から融資可能かどうかを判断します。
どの消費者金融でもチェックされる項目を見てみましょう。

  • 基本個人情報(氏名・生年月日・性別)
  • 家族の有無(配偶者・子供の有無)
  • 勤務先や年収(どういう仕事をしているのか、勤続年数・年収)
  • 勤務形態(正社員・派遣・アルバイト)
  • 信用情報に傷がついていないか
  • 借入状況(他社借り入れ件数)

参考「消費者金融の審査の項目や基準」より

個別の細かい審査内容については割愛しますが、重要なのはこれらの審査基準のうち、今すぐ対策できるのはどの項目かということです。
対策ができないもの、対策ができるものに分類して考えてみましょう。

(対策ができないもの)
基本個人情報、家族の有無、勤務先や年収、勤務形態、信用情報に遅延や債務整理など

個人情報や家族の有無については自分自身でどうこうできるものではありません。

勤務先や年収・勤務形態についても転職などをすることでコントロール出来ないわけではないですが、お金を借りるために転職をするというのもあまり現実的な話ではないでしょう。

そして信用情報の傷についても過去に起こってしまった返済期限の遅延などの話なので変えようがありません。
変えようがない評価については対策のしようがないので一旦頭から切り離してしまいましょう。

さて、上記の項目の中で唯一対策できるのが「借入状況(他社からの借入状況)」です。

前提として他社から借入があればあるほど審査には通りにくくなります。
逆に言うと審査に通りやすくするためには他社の借り入れをできるだけ減らしてしまうことです。

他社からの借り入れがあり、その状態で新たに消費者金融から借入をしたいという人もいるかもしれませんが、多重債務〜返済不可能の状態に一直線に進んでしまいますのでおすすめしません。

おまとめローンなどを検討し、一旦現在の借金を精算してしまった方が良いでしょう。

自己破産をしている場合

過去に返済ができなくなってしまい、自己破産をしてしまった場合、信用情報機関に自己破産の異動記録が掲載されます。(事故情報が記載されてしまう)

  • JICC(株式会社日本信用情報機構):5年
  • CIC:5年
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):10年

参考:「自己破産後にも消費者金融から借り入れできるか」より

消費者金融の審査の際、こうした信用情報は必ず確認されますので圧倒的に借りにくくなります。大手消費者金融ではほぼ間違いなく審査落ちしてしまうと考えても問題ありません。

このような場合、大手と比較して相対的に柔軟な対応をしてくれる中小の消費者金融を当たってみるといいでしょう。

サービスごとに利用しやすいポイント

審査の面以外にサービス面での借りやすさも考慮しましょう。
具体的には次のような項目です。

  • 学生向け・女性向けサービスがあるかどうか
  • カード発行スピードが早いかどうか
  • 一定期間無利息サービスの有無
  • 提携コンビニATM・銀行ATMの利用できるかどうか

各項目を簡単に説明していきます。

学生向け・女性向けサービスがあるかどうか

学生や女性向けに別途サービスを展開しているケースです。
学生向けキャッシングやレディースローンが代表的なものとして挙げられます。

どちらかと言うと大手消費者金融ではなく中小消費者金融を中心に展開されているサービスです。
大手で借りにくいとされている層に対して利便性を高めていこうというサービスです。

女性向けに消費者金融のカードとわからないようなデザインのカードを発行しているところもあります。

カード発行スピードが早いかどうか

とにかく急ぎでカードを利用したいという人はカードの発行スピードも重要になってきます。

消費者金融の場合は審査も早く、即日口座振込のキャッシングを行っているところも多いのでカード発行の重要性を感じることが少ないですが、カードが手元にあると困ったときにコンビニや銀行などで素早い借り入れができます。

郵送による発行だとどうしても時間がかかってしまうため、カードの発行スピードを早めたい場合には営業所や無人契約機などが近くにあるかどうかなどを確認しておくと便利です。

一定期間無利息サービスの有無

最初の借入のみ一定期間(30日であることが多めです)無利息で借り入れをすることができる業者もあります。
利用者側からすると消費者金融最大のデメリットである利息を一定期間とは言え無利子にすることができるので、無利息サービスは大きなメリットです。
「初回利用・初回申し込み限定」としているところがほとんどなものの、業者選定の検討材料に入れておくことをおすすめします。

提携コンビニATM・銀行ATMの利用できるかどうか

大手消費者金融であればメジャーなコンビニや銀行のATMですぐに借り入れができるようになっているためあまり気にされない部分ですが、手数料などの面にも配慮しましょう。
特に大手の場合、メガバンクの傘下に入っていることが多く、特定の銀行のみ手数料なしというケースも多いです。

また、自分が銀行口座を持っている場合、自動引落のサービスが利用できるというのも返済に滞りがなくなるので考慮しておきましょう。
(※返済が遅延したりする場合、将来的に住宅ローンやマイカーローン、不動産担保ローンなどの他ローンの審査に通りにくくなることがあるので注意が必要です)

業者によってはジャパンネット銀行・楽天銀行などのネット銀行の口座を持っていることにより土日などでも振込可能な場合もありますので、土日などお休みの日に急にお金が必要になるという場合にはこちらの条件も考慮してみましょう。

数字データ(新規貸付率)・大手

では実際に借りやすい消費者金融はどこかを確認してみます。
消費者金融や銀行の中には新規契約率(成約率)などの利用実績をIRで公表している会社がありますのでそのデータを参照してみます。

各社申込数の違いや、申込み客層の違いもあるとは思いますが、ネットにある根拠のなさそうな人気ランキングよりも信ぴょう性の高い借りやすさの基準となるでしょう。

大手消費者金融業者の新規契約率
新規契約率(新規貸付率)
アコム 48.2%
プロミス 43.9%
アイフル 42.5%
新生銀行カードローンレイク 36.3%
ノーローン(新生銀行) 19.1%
モビット 非公表
オリックス銀行カードローン 非公表

※データは2017年3月時点のもので、「新生カードローンレイク」「ノーローン」については2017年1〜3月の数値となります。

モビットやオリックス銀行カードローンについては非公表となっているものの、それ以外の業者を見てみると一番新規契約率が高いのがアコムとなっています。
いずれの消費者金融にしても契約率が申込みの半分以下となっていますが、大手消費者金融の中の借りやすさの目安にはなるでしょう。

中小消費者金融を利用するという方法

大手消費者金融の審査が通らなかった場合や、過去に事故情報などがあるような場合には中小消費者金融を利用するという方法もあります。
(※金利面やサービスの利便性などでは大手の方が確実に便利なので初めての利用の場合には大手を利用することをおすすめします)

柔軟対応が魅力の中小消費者金融

大手と比較して(あくまで相対的に)柔軟に対応をしてくれる面があり、どうしてもお金を借りなくてはいけない時に頼ることができます。
もちろん中小の消費者金融でも前述のような審査はきちんと行われますので申し込めば借り入れができるというわけではありません。
中小消費者金融の代表的な会社は次のような会社があります。

  • 株式会社スカイオフィス(福岡)
  • フクホー株式会社(大阪)
  • 株式会社スペース(大阪)
  • 株式会社ナショナル商事(ユニズム/三重)
  • もみじ商事株式会社(もみじファイナンス/広島)
  • 株式会社セントラル(愛媛)
  • 株式会社Any(エニーキャッシング/東京)
  • 株式会社エイワ(神奈川)
  • 株式会社アロー(キャッシングアロー/愛知)

上記以外にも多くの中小消費者金融があります。
基本的に「まずは相談してみてください」というスタイルの消費者金融が多く、大手に借り入れができず困っている場合には相談してみることをおすすめします。

大手と比較すると金利が高め

中小消費者金融のデメリットとしては大手と比較すると金利が高めに設定されていることが多いということ。また限度額も低めに設定されています。

大手消費者金融は全国展開をしている上に広告やテレビCMなどの広告投下量も膨大で、お金を借りたいなと思った人はまず大手消費者金融にいくものです。

中小消費者金融業者を利用する顧客は大手が利用できなかった(大手の審査に通らなかった)という人が必然的に多くなり(厳しめの条件でも)柔軟に対応はするものの、利益を獲得するために金利も大手より高めに設定する傾向があります。

闇金は利用しないようにする

中小消費者金融は大手と比較して広告などの露出も少ないため、利用する際に名前も聞いたことがないというケースもあります。

その際にもっとも注意しなくてはいけないポイントは「闇金融(違法の業者)は利用しないようにする」ということです。
闇金融を利用すると法外な利率をかけられたり、法外な取り立てをされ、生活が破綻してしまいます。

ただし、聞いたことがない消費者金融が闇金融かそうではないかを判断するのは難しいと思いますので、もしも「聞いたことがないな」と思ったら金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」を利用してみましょう。

消費者金融は財務局か都道府県知事に登録する必要があり、登録されている業者であれば前述の検索サービスで表示されます。
この際に会社名を偽装していないかどうか、会社の所在地、代表者の名前、登録番号などもあわせてきちんと照合してください。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間