プロミスからかかってくる電話は申込時の本人確認・在籍確認(職場への連絡)・返済の遅延時・案内や勧誘の4つのケース

消費者金融で申し込み中や契約時にと利用者の携帯電話などに電話がかかってくる場合があります。

利用者の携帯電話ならまだしも、自宅や職場に電話が来るとなったら、抵抗があるかと思います。特に、家族や周囲の人には内緒でカードローンを利用している場合は、なおさらでしょう。

プロミス」はテレビCMなどで知名度ある大手消費者金融であるため、利用者のプライバシーには十分に配慮しています。しかし、プロミスでも、担当者が利用者に電話をかけるケースがあります。

ここでは、プロミスから電話がかかってくる4つのケースと電話を回避する対応策について解説いたします。

プロミス電話がかかってくるケースは、申込時の本人確認・在籍確認・返済金の延滞・増額などの案内など4つのケース

通常、プロミスから利用者に電話がかかってくるときには、利用者が申込時に登録した連絡先にかかってきます。
利用者のほとんどは申込時の希望連絡左記に本人の携帯電話を選びます。
ただし、プロミス側がが利用者本人とどうしても連絡を取らないといけない場合には、自宅や勤務先など利用者の携帯電話以外に電話がかかってくることがあります。プロミスから利用者に電話がかかってくるケースは主に下記のケースです。

プロミスでは申込完了後に電話がかかってくることがある

プロミスからの電話がかかってくるケースは、キャッシングの申込時です。
もちろん申込者が電話で申し込むする際には、プロミスの担当者と電話で話すことになります。WEBでの申込をして、なおかつ「連絡方法」をメールと選択した場合、通常、本人確認の電話連絡はありません。しかし、申込情報に記載ミスや記載漏れまた申し込み内容に問題がある場合には、プロミスから利用者の携帯電話に電話がかかってきます。そのため、プロミスからの本人確認の電話を絶対に避けたい場合には、WEB申し込みを(フル入力)申し込み時行って、申込時に記載ミスや記載の誤りがないように正確入力しましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)



利用者の自宅や勤務先に突然プロミスからの電話は来ない

プロミスでは基本的に利用者本人の携帯電話など直接つながる連絡先に電話をすることが優先されますので、よほどのことがない限り異様者の自宅や勤務先にいきなり電話がかかってくることはないでしょう。

審査時の在籍確認では申込者の勤務先に電話がかかってくる

プロミスとキャッシング契約する際には、原則として審査の中で在籍確認が行われます。
在籍確認とは、プロミスに申し込みをした時に申込者が記入した会社がきちんと存在し、本人がその会社に勤務しているかを電話で確認することです。

プロミスカードローンの申込条件に「安定した収入があること」という項目があるため、この条件を満たすためにプロミスでは申込者の勤務先に電話をする在籍確認を行っています。プロミスから申込者の職場に電話がかかってくる場合、プロミス担当者は個人名でなおかつ非通知で電話をかけます。「プロミス」と名乗ることはありません。また、事前に在籍確認時の電話の際には、電話連絡を行う時間帯や電話する担当者の性別などを指定することが可能です。

プロミスでの審査時の在籍確認の流れ

在籍確認の電話では申込者本人が電話に出る場合と、本人が不在の場合があります。
勤務先で申込者本人がプロミス担当者からの電話を受けると、在籍確認の電話は完了となります。なお、別に従業員が電話に出て本人に取り次いでもらったときも同様です。
一方、在籍確認時に申込者本人が不在の場合には、勤務先で電話を受けた人から「席をはずしています」などの回答を受けた場合には、在籍確認は完了します。

つまり、勤務先に在籍していることさえ判明すれば在籍確認は完了です。なお、プロミスでの在籍確認については、「プロミスでの審査時の在籍確認のタイミングと電話の内容」で詳しく解説しております。

どうしても勤務先に電話しても利用者が会社に在籍しているか教えてくれない場合やめったに電話がかかってこない職場で電話がかかってきた場合には、勤務先に消費者金融でキャッシングを利用していることがバレてしまう場合など正当な理由がある場合には会社名の入った健康保険証と直近2か月分の給与明細書などの書類を提出して、電話での在籍確認の代わりとします。
どうしても、審査時の電話連絡を回避したい場合には、申し込み完了後にプロミスに連絡して、担当者に相談してみるといいでしょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)



SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば100%確実に審査時の職場への電話連絡なしにできる

    プロミスやアコムアイフルの場合には、審査時の職場への連絡は原則として必須です。(担当者に相談後、、書類提出で回避も可能。)
    一方、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡を100%なしにしてカードローンの利用が可能です。
    どうしても、職場への連絡をしてほしくない方やプロミスにに申込を検討していて職場への連絡を回避したいけれど、必要書類の提出がむずかしい方は、SMBCモビットのWEB完結申込を利用するようにしましょう。

    SMBCモビットの特徴

    モビット

    WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

    SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。



返済の延滞など問題が発生したとき

返済の遅延など何らかの問題が発生した際に、プロミスから電話がかかってくることがあります。最初は、申込者の携帯電話にかかってきますが、
つながらない場合には自宅や勤務先にも電話がかかってくる場合がありますのであたまに入れておきましょう。
もし、利用者がプロミスからの電話に出ない場合には、利用者本人の携帯電話、自宅、勤務先など合わせて最大で3回程度かかってきます。
それでは、どのような問題が発生した際に電話がかかってくるのでしょうか。電話がかかってくるケースは下記のようなケースです。

  • 返済の遅れ
  • 住所または勤務先が変わった
  • 収入証明書の有効期限の直前
  • 申込時の書類に不備がある
  • ローンカードを悪用されている可能性がある時

返済の遅れている場合

借入金の返済期日にきちんと返済がなされていないとプロミス担当者から確認の電話が登録時の連絡先にかかってきます。
たいてい借入金の返済を延滞後1週間以内には電話がかかってくることが多いです。

返済が遅れた際の電話ではプロミスの担当者から「返済金をいつごろに支払いができるか」を必ず聞かれますので、支払い希望日を答えるようにしましょう。
プロミスからの借入金の遅延が長引くほど、より多くの遅延損害金がかかってしまうので、できるだけはやく支払いましょう。
遅延損害金とは返済が遅れたときに支払わなければならないペナルティーで、本来の返済する金額に上乗せして支払う必要があります。プロミスの場合、借入残高に対し、年率20.0%の遅延損害金が日割りで発生します。
プロミスの遅延や滞納については、「プロミスで返済金を延滞・滞納してしまった場合の対処方法」で詳しく解説しております。

住所や勤務先を変更した時

プロミス利用時に、住所や勤務先が変更した場合にはプロミスに届け出る必要があります。
それらの届け出がなく、プロミス側で住所や勤務先の変更に気づいてしまうと、プロミスから確認の電話がきます。
プロミスが利用者の住所や勤務先の変更に気づくのは、「プロミスが発送した郵便物が住所不明で戻ってきた場合」と「返済が遅れており、利用者の勤務先に連絡したところ、既に退職したいたと判明した場合」などです。
プロミスに報告されている住所や勤務先が現在の住所や勤務先と異なるとローンカードの利用が停止される可能性もありますので注意しましょう。

プロミスのローンカードを悪用されている可能性がある場合

プロミスのローンカードを紛失したなどの理由で、ローンカードを悪用されている可能性がある場合にもプロミスカードから電話がかかってきます。
もし、プロミスのローンカードを紛失してしまった場合には、直ちにプロミスのコールセンターへ電話してカードの利用を停止してもらいましょう。
プロミスでローンカードを紛失してしまった場合は、「プロミスで返済金を延滞・滞納してしまった場合の対処方法」で詳しく解説しています。

プロミスから案内や勧誘の電話がかかってくることもある

プロミスから案内や提案がある場合には、利用者の携帯電話に案内の電話がかかってきます。案内や勧誘の内容は下記の通りです。

  • 利用限度額増額の案内
  • 再借り入れの案内
  • おまとめ・借り換えの提案
  • キャンペーンの案内

各項目を詳しくみていくことにしましょう

利用限度額増額の案内

プロミスでキャッシングをして、遅滞や滞納することなくきちんと返済していると、利用限度増額の対象となります。対象者となった場合には、増額案内の電話がかかってきます。
電話を受けた際に、利用限度額の増額を希望すれば、増額審査が行われ、通過すれば利用限度額を増額(増枠)することが可能です。

再借り入れの案内

プロミスでは、既に借入金を完済した利用者に対して再度借り入れの案内をすることもあります。こちらも、遅滞や滞納することなくきちんと返済している利用者が対象です。
プロミスカードローンのお申込みは下記からでも可能です。

おまとめローン・借り換えローンの案内

複数のキャッシング・カードローンを抱えている利用者に対し、プロミスでの借金の一本化を勧める電話がかかってきます。おまとめ・借り入れローンに希望する場合にはそのまま審査が行われます。無事審査に通過すると、プロミスのおまとめ・借り換えローンで新たに借り入れたお金を使い、既にある他社の借金を完済していきます。
プロミスのおまとめ・ローンについては、「プロミスおまとめローンの特徴と利用時の注意点」で詳しく述べてますので参考にしてみてください。

それ以外にも、期間限定のキャンペーンを実施している場合には、キャンペーンの案内の電話がかかってくる場合があります。

プロミスからかかってくる電話を回避する方法

プロミスからの電話がかかってくるケースを紹介しましたが、どうしてもプロミスからの電話をしないでほしいという場合にはどうしたらいいのでしょうか
プロミスから電話がかからないようにする方法を下記にまとめたケース別に解説いたします。

  • 本人確認の電話はWEB完結申し込みをすることで回避できる
  • 在籍確認時の電話は書類提出で回避可能(例外事項)
  • 返済延滞時(電話は回避できるが、催促状が送られることもある)
  • 住所や勤務先の変更時
  • プロミスからの勧誘や案内

本人確認の電話はWEB申し込みすることで回避できる

プロミスからの本人確認の電話を回避するためには、プロミスのWEBで申し込み(フル入力での申し込み)をしてかつ、申込時に審査結果の連絡方法を「メール」を選択すれば問題ありません。
ただし、申し込み内容に問題があった場合には電話がかかってくることがあるので、記載ミスや記載漏れのないようにしましょう。

在籍確認の勤務先への電話を回避する方法

在籍確認の電話を避けるためには、プロミスの担当者に相談して電話以外の手段で在籍確認とみなしてもらうようにしましょう。(この場合プロミスコールへ利用者が電話する必要があります。)
プロミス担当者の判断にもよりますが、先ほども述べた通り、会社から発行される保険証と直近の給与明細を提出すると、在籍確認がとれたとみなされることもあります。基本的に、電話での在籍確認は、カードローンの申し込み審査をする上で必須の項目です。そのため、なんらかの事情があって勤務先に電話してほしくない、または電話ができないといった場合には、まず申し込みの段階でプロミスの担当者に相談してみましょう。

返済延滞時の電話を回避できるが催促状が郵送されることもある

もし、返済に遅れそうな場合は、事前に返済期日より前にプロミスに連絡して、返済予定日を伝えておきましょう。その予定日を過ぎない限りプロミスからの電話がかかってきません。また、プロミスでの申し込み・契約時に、「自宅と勤務先への連絡を希望しない」と設定しておく、返済延滞時にも電話がかかってきません。ただし。催促状が郵送されます。
とにかく返済期日に間に合うように返済をきちんとしていれば、催促の電話や催促状が郵送されることはありません。事前に返済計画と立てきちんと返済することをおすすめします。

住所や勤務先の変更時の電話を避けるには

引越しや転職した際には、忘れずにプロミスに連絡を入れておきましょう。
借り入れを完済の場合には、プロミスが引越や退職に気づいても電話はかかってきません。ただし、プロミスに登録されている住所や勤務先が最新でない場合、ローンカードの利用を停止させられる可能性もありますので注意しましょう。

案内は不要と言うだけで案内の電話はなくなる

プロミスからの案内は不要ということを、プロミスの担当者に連絡して伝えるだけで、今後電話がかかってこなくなります。プロミスでは、公式ホームページやメールで案内や勧誘などを行っているので、それらで内容と確認することが可能です。

プロミスでプライバシーと利便性に配慮している

プロミスでは担当者が利用者に電話する際には必ず担当者の個人名を名乗ります。電話口に出ているのが利用者本人だと確認できるまではプロミスという社名や用件は言いませんので、利用者のプライバシーに配慮していると言えます。

また、利用者がプロミスへ電話で問い合わせする際には、利用者の利便性を考え、「プロミスコール」や「女性専用ダイヤル」などの目的別の電話番号を準備しています。

プロミスから電話がかかってくると返済の催促の電話だと思ってしまうことがあるかと思います。しかし、このような催促の電話でもきつい口調で利用者に電話をすることはありませんので、安心してください。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間