デリケートゾーンの殺菌によって得られる効果

気になるデリケートゾーンの匂いやかゆみは一人で抱え込んでしまいがちですが、デリケートゾーンを清潔にすることで改善する場合があります。

清潔にする際には一般的な石鹸ではなく、デリケートゾーン専用の薬用石鹸を使うのが効果的です。

なぜ普通の石鹸ではなくデリケートゾーン用の石鹸を使う必要があるのでしょうか。

それにはデリケートゾーンに存在している細菌について知る必要があります。

デリケートゾーンにいる細菌

人間の体には生まれながらにして常在菌と呼ばれる細菌がたくさん存在しています。

母親の産道を通って生まれてくる際に付着するものなので、細菌が存在しているのが当たり前の状況です。

皮膚表面にいる細菌は汗や皮脂を栄養にします。
細菌の中の悪玉菌が汗や皮脂を分解する過程でに発するにおいが体臭の元になっているのです。

常在菌が存在しているのはデリケートゾーンも例外ではありません。
デリケートゾーンが臭うと感じた時には、この細菌による原因である可能性が高いのです。

特に女性のデリケートゾーンの場合には、アンダーヘアに付いたおりものや経血なども細菌にとっての栄養となります。

つまり、清潔にすることと平行して、においの元となる細菌を死滅させることができればにおいは抑えられるようになるということです。

※アンダーヘアにおりものや経血などの汚れがたまりたすいことから脱毛によって菌が増えにくい環境を作る方法も効果的です。
参照:デリケートゾーンの脱毛について

一般の石鹸では善玉菌を殺してしまうリスクがある

それならデリケートゾーン専用の石鹸ではなく一般の固形石鹸やボディソープで洗ってもいいのではないかと思うかもしれません。
たしかに一般の石鹸でも洗浄力は高いので、細菌を死滅させるのには効果的と言えるでしょう。

ただし、一般の石鹸で強く洗ってしまうと逆に臭いにおいが強くなることもありえます。

理由は強い洗浄を行うことによって良い菌も洗い流してしまうためです。

皮膚の常在菌には善玉菌と悪玉菌があります。

善玉菌の表皮ブドウ菌は汗や皮脂を分解しても嫌なにおいを発しません。悪玉菌がにおいを発します。

つまり、においを発する悪玉菌を流してしまい、善玉菌が増やす方法をとるが良いのですが、一般の石鹸だと洗浄力が強いために悪玉菌と一緒に善玉菌も流してしまうことになります。

このような理由から一般の石鹸ではにおいを抑えるのには不向きであり、善玉菌を残しながら悪玉菌を減らすデリケートゾーン専用に開発された石鹸を使用する必要があるわけです。

殺菌効果だけではない効用

デリケートゾーンのにおいを抑えるためにはデリケートゾーン専用の石鹸を使うことが重要なのですが、デリケートゾーン専用石鹸には殺菌効果以外の効用もあります。

肌に優しい弱酸性

人間の肌はpH値(酸性やアルカリ性などの指標を示す数値)が弱酸性に傾いています。
特に敏感肌部分であるデリケートゾーンには洗浄力の強い弱アルカリ性石鹸を使用した場合、刺激が強すぎる可能性があるのです。

肌にとって刺激の強い石鹸はかゆみを引き起こしやすいためおすすめできません。

デリケートゾーン専用ソープであれば弱酸性で作られているものが大半なのでデリケートゾーンのケアにも効果的です。

黒ずみ防止成分も

デリケートゾーン用ボディーソープの中にはジャムウ(特定の天然成分などではなく、インドネシア発祥のハーブを混ぜ合わせた薬品)や天草エキスといった黒ずみ対策用の成分が含まれている商品もあります。

黒ずみの原因は肌が傷んだりすることでメラノサイトという細胞(メラニン細胞)から分泌されるメラニン色素です。
皮膚の薄いデリケートゾーンの場合、下着やナプキンとこすれることで刺激がおき、メラニン色素が肌を守るために分泌されます。

アルカリ性の石鹸で肌に刺激を与えていれば皮膚は弱りやすくなってしまいます。
普段から弱酸性のもの、そしてジャムウソープなどの黒ずみ用のアイテムを使用しておくことでこれ以上状態を悪化させない、肌の再生を潤滑にする黒ずみケアをしていくことが可能です。

ただし、黒ずみが皮膚の深いところにできてしまっている場合、このような手法では解消できない場合もあります。
本格的に黒ずみ対策をしたい場合には黒ずみケア用クリームの使用がおすすめです。

詳細:デリケートゾーンの黒ずみ用クリームを選ぶ方法

おすすめの選び方

デリケートゾーンの専用ソープとしておすすめなのは、医薬部外品となっているもの。
医薬部外品は医薬品に準ずる効果が見込めるもので、雑菌をこれ以上増やさないなどが期待できます。

薬局などで手軽に購入できる市販品としては薬用東京ラブソープやコラージュフルフル泡石鹸などが代表的な商品として挙げられます。

他にもニオイ対策には消臭効果のあるミョウバンが含まれているものもおすすめ。
ミョウバン水は制汗、消臭作用に優れているケア薬品です。

「敏感肌用という意味でベビーソープやベビー用石鹸でも代用することもできる」としているサイトもありますが、ベビーソープは肌に優しいもののデリケートゾーンに向けて作られた商品ではないという点には注意が必要です。
余程の抵抗がない限りは専門のデリケートゾーンケア薬用を使用した方が好ましいでしょう。

自分の肌に合ったものを選ぶ

どんな商品を選ぶ場合にも、口コミやコスパ、ランキングサイトのレビューだけでなく、薬用成分などの商品情報を公式サイトの商品詳細ページから確認し、自分の体質や悩みにあった石鹸選びをすることが重要です。

どれだけ人気があったり評価の高い商品でも自分の肌に合う合わないということはありますので、合わないと思ったら他の商品を探しましょう。
最近では香りにこだわった商品も多くあり、長く使うものとして選ぶポイントのひとつとして考慮すると楽しみも増します。

※腟カンジダや性感染症などの病気になってしまった場合には石鹸を使って殺菌をしても効果はありません。おりものの色の異変やにおいの変化などおかしいなと思ったら早めに婦人科の病院に通院することをおすすめします。

洗いすぎは禁物

においやかぶれを防止するためにはデリケートゾーンを清潔にしておく必要があります。
生理中の不快感をなくす際にも、清潔にしておくに越したことはありません。

だからといって、洗いすぎは逆効果。

いくらデリケートゾーン専用の石鹸だったとしても、洗い方を間違えると結局は善玉菌を落とすことにもなりかねませんし、デリケートゾーンに刺激を与えてしまい肌トラブルに繋がる可能性もあるからです。

洗う際にはしっかりと泡を作って泡を乗せるような形でやさしく洗うようにするのがポイントです。