アコムで最短確実に即日融資を受けるための方法

大手消費者金融のアコムでは、「最短即日融資可能」が可能です。

アコムの「即日融資(申込日当日の融資)」を確実に受けるためには、どうしたらいいのでしょうか。

アコムで即日融資を受ける申し込み方法は、WEBでの申し込みだけでなく、店頭窓口での申し込み・契約、電話での申し込み後、自動契約機での契約など10種類以上ありますが、24時間申し込みが可能で、審査時間がかからない最短で確実に即日融資を受けられる方法は、以下の2つの方法です。

  • WEBから申込・契約を行って振込融資を受ける
  • WEB申込・契約後、自動契約機でカード発行をしてATMから融資を受ける

ここでは、上記2つの申込や契約方法を利用して、アコムから即日融資を確実に受けるための方法についてまとめました。

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中


最短確実に即日融資を受けための申込や契約方法

アコムで最短かつ確実に即日融資を受けるおすすめの申し込みや契約方法は、次の通りです。

  • 平日13時までにWEB申込・WEB契約を行って銀行から振込融資を受ける
  • 平日の13時以降・土日祝日はインターネットで申込み後、自動契約機で契約、ローンカードを発行後ATMから融資を受ける

平日13時までにWEB申込・WEB契約を行って銀行から振込融資を受ける

アコムでは、平日の13時までにWEB申し込みを完了すれば、WEB契約時に登録した銀行口座に即日で申し込みから1時間前後で振込融資を受けることが可能です。
WEB申込・WEB契約を行って銀行から振込融資を受ける流れは、以下のとおりです。

  1. アコムの公式ホームページから申込みを行う
  2. 年収や職業といった申告内容を記載する
  3. 運転免許証などの必要書類の画像データをアコムの公式アプリで提出する
  4. 審査結果が回答される
  5. WEB上で契約を行う
  6. 契約完了後、会員ページにログインして、インターネットまたは電話で振込依頼をする

まず、アコムの公式ホームページに入り、申込ボタンを押して、年収や職業といった申し込みに必要な内容を記載します。
申し込み完了後、審査結果の回答がメールで通知されるので、WEB契約をします。

WEB契約時に振込融資を受けたい口座を選択して、会員ページにログインまたは電話で14時までに振込依頼をします。

アコムの振込融資では、店頭窓口や自動契約機(無人契約機)に出向くことなく、スマホを利用して、その場で銀行から融資を受けられるので、アコムのATMに行く時間がない人、または今月は引き落としが多くて生活費が足りない人などがおすすめです。

なお、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行の場合には、平日の17時までの申し込み完了で、即日での振込融資を受けられます。(楽天銀行の場合には、契約後、17時以降でも即日振込可能。)

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中


WEB申込みをして自動契約機(無人契約機)で契約後ローンカードを発行する

平日の13時以降や土日祝日に即日融資を受けたい場合には、WEBでの申込み後にアコムの自動契約機で出向いて契約を行い、ローンカードを発行すれば、ATMを利用して、即日融資を受けることができます。
インターネット申込み後、自動契約機からローンカードを発行して、即日融資を受ける方法は以下の通りです。

  1. アコムの公式ホームページで申し込みを行う
  2. 年収や職業といった申告内容を記載する
  3. 運転免許証といった必要書類の画像データをアコムの公式アプリで提出する
  4. 審査結果が回答される
  5. WEB上で契約を行う
  6. 契約が完了したら、自動契約機に出向く
  7. 自動契約機の「事前申込みのある新規ご契約」ボタンをタッチして手続きを行う
  8. ローンカードが発行される
  9. ローンカード発行されたら自動契約機に併設されているATMでキャッシングする

アコムカードローンの申し込み後、自動契約機(無人契約機)で契約し、その場でローンカードを受け取り、アコムの自社ATMや提携先金融機関やコンビニのATMからお金を引き出す方法です。
ローンカード発行後、すぐにお金が必要な場合には、アコムの自動契約機に併設されているATMからお金を引き出すようにしましょう。

なお、提携先金融機関やコンビニATM利用する場合には、利用ごとに1万円以下の利用で108円、1万円を超える利用で216円の手数料がかかります。
ローンカードを利用して、ATMからお金を引き出す方法であれば、平日はもちろん土日祝日であっても、申込日当日の20時までに申し込み・契約を完了すれば、即日融資を受けることが可能です。
そのため、土日祝日に即日融資を受けたい場合や平日夜(20時まで)に申し込みをして、その日のうちに、お金を引き出したい方にはおすすめの方法です。

事前にWEB申し込みをすることで審査時間が短縮される)

アコムでは、自動契約機からカードローンの申し込みができますが、自動契約機の内で、審査結果で判明待つ必要があるために、申し込みから審査までの時間がかかってしまいます。
そのため、事前にインターネット申し込み・契約をしておき、審査通過後に自動契約機で契約手続きをすると、自動契約機に出向いてローンカード発行するだけなのでスムーズに融資までの手続きが行えます。

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中


即日融資を確実に受けるため注意点

アコムで確実に即日融資を受けるための注意点は以下の通りです。

  • 申し込みや契約に必要な書類を準備しておく
  • 時間がかかる時間帯を避けて申し込みを行う
  • 申し込み情報や連絡先は記入漏れや記入ミスのないように記載する
  • 本人確認書類を撮影時はアップロードする前に画像を確認する
  • 利用限度額は必要最小限にする
  • カードローンの審査に通過できるようにしておく

申し込みや契約に必要な書類を事前に準備しておく

アコムは初回申し込みや契約時に、本人確認書類の提出は必要です。申し込み前に必要書類を準備しておくと、手続きがスムーズです。
アコムのカードローンに申し込みや契約時に必要な書類は本人確認書類のみで問題ありません。申し込みし込みや審査・契約時に必要となる本人確認書類は以下のいずれかの書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

なお、健康保険証のみの提出の場合には、マイナンバーカードなどの顔写真入りの書類が必要となります。
上記で記載されている3つの本人確認書類の中でもっとも一般的な本人確認書類は運転免許証です。
健康保険証やパスポートも本人確認書類として使用できますが、下記の書類が必要な場合もあります。また、本人確認書類に記載されている住所と、現住所が異なる場合には、下記のあげるいずれかの書類の提出が必要な場合もあります。

  • 公共料金の領収書(電気・水道・ガス・固定電話・NHKなどの領収書)携帯電話の領収書は不可
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書

上記にあげた書類は発行日または領収日付から6か月以内の最新のものが有効となります。
6か月より過去の書類の場合には有効な書類として認められませんので注意してください。
なお、アコムでの希望の借り入れ金額が50万円を超える場合、または他社借入と合わせて100万円以上の借入を希望する場合は、以下のような収入証明書類が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近1ヶ月分、地方税の記載がない場合は2ヶ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書

関連項目:「アコムの申し込みや審査・契約時に必要な書類と提出方法
関連項目:「アコムで収入証明書類の提出が必要な場合とは?

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中


申し込み時の混雑状況によっては審査時間が長くかかることもある

アコムの審査では、仮審査と本審査を行っています。
申し込み内容などを確認する仮審査は、機械で行いますが、本審査は、アコムの担当者が提出された審査内容を再度チェックするため、申し込み者が多ければ時間がかかり、審査時間が長引く可能性もあります。
そのため、申し込み者が多い場合には、たとえ20時までに申し込みをしても、審査回答を翌日(朝9時以降)に延ばされてしまうこともあるので注意が必要です。

特に、飲み会やイベントなどで急にお金が必要になる金曜日の夜と連休前の夜が比較的申し込みが多いようです。

そのため、確実に即日融資を受けたいのであれば、申込日の20時よりも早い時間に申し込みをするようにしましょう。
(午前中の申し込みであれば、比較的申し込みも少ない時間帯なので、審査もスムーズに行われますのでおすすめです。)

申し込み情報や連絡先は記入漏れや記入ミスのないように記載する

申込時に記載した情報と事実とが異なる場合、審査担当者が確認のために電話することもありますので、審査に時間がかかることがあります。
特に注意したいのが、メールアドレス(大文字・小文字の記入ミス)や連絡先の間違いです。このような場合は、申込者と連絡がつかずに即日融資を受けられなくなる可能性がありますので、確実に連絡先を記載するようにしましょう、

また、WEB申込からの申し込みの際には、迷惑メール設定を確認しておきましょう。アコムからのメールが届かないと、たとえ審査に通過したとしても、審査回答を送付できず、契約をすることができなくなってしまいます。

契約やカード発行のため来店する場合には運転免許証などの必要書類を忘れないようにする

店頭窓口や自動契約機に出向いて契約やローンカードを発行する際には、運転免許証などの本人確認書類などの申し込みに必要な書類を忘れないようにしましょう。

利用限度額を必要最低限にして申し込む

アコムから即日融資を受けたい時は、利用限度額(借入希望額)は必要最低限にして申し込みをするようにしましょう、
希望の利用限度額が高くなると、審査に時間がかかります。5~10万円を利用限度額にするようにしましょう、多くとも利用限度額30万円までが目安です。

本人確認書類を撮影時はアップロードする前に確認する

パソコンやスマートフォンなどで本人確認書類を撮影して、そのデータをアップロードする際には、下記の点に注意しましょう。

  • 運転免許証などの必要書類の一部がぼやけている
  • 名前や住所が読めない部分がある
  • 部分的に切れてしまっている
  • 運転免許証などの顔写真が見えない

上記のようなデータの場合には、本人確認書類に不備があるとみなされ、アコムの担当者に再送信を求められるケースもあります。本人確認書類を撮影してアップロードする場合には、送付前にいったん確認してから送付しましょう。

アコムの審査に通過できるようにしておく

そもそもアコムに申込をしたとしても、アコムのカードローン審査に通らないと、契約ができないために即日融資を受けることができません。
下記のような項目がある場合には、返済能力に問題があるとみなされ、アコムの審査に落ちてしまう可能性があるので、即日融資が難しくなります。

アコムでは、申込者の信用情報に金融事故記録(長期の滞納や債務整理の記録)があると、審査に通りません。
そのため、過去5年~10年以内に長期の滞納や債務整理を行ったことがある人は、
金融事故の記録があっても柔軟に対応してくれる即日融資可能な中小消費者金融に申し込みましょう。

関連項目:「即日融資可能な中小消費者金融

また、アコムは総量規制対象のカードローンです。そのため、消費者金融での借り入れが
年収の3分の1を超えてしまう場合には、審査に通りません。そのため、他社での借り入れがある場合には、事前に他社での借り入れを返済してから、申込するようにしましょう。

なお、アコムの審査基準については、「アコムの審査基準と審査に落ちた場合の対応策」で詳しく解説しています。

即日融資可能な時間は平日と土日祝日では異なる

アコムの審査結果がメールや電話で回答される時間帯は、平日・土日を含む9時~21時です。インターネットでは24時間申し込み受付を実施していますが、24時間いつでも審査結果の回答が来るわけではありません。

アコムの審査時間は、最短30分ですが、申し込みから融資までは、契約手続きを含めると最短でも1時間ほどかかります。したがって、即日融資を受けられるリミットの時間は、20時まです。

ただし、審査状況によっては、20時ギリギリでの申込の場合には、申込や審査状況によって、21時までに審査回答が間に合わない可能性がありますので、おそくとも19時~20時までには、契約を完了しておくようにしましょう。
なお、銀行振込融資の場合には、20時よりも即日融資可能時間が早まります。加えて、土日祝日に振込依頼をしたとしても、翌営業日の反映になってしまいます。

平日と土日祝日の即日融資可能な時間の比較

即日振込融資(銀行振込)とATMからの融資で、即日融資が可能な時間を平日・土日祝日に分けて、下の表にまとめましたので、ごらんください。

平日に即日融資が可能な時間帯
時間帯 審査回答時間 銀行振込 ATMでの引き出し
9時~12時 審査結果の回答時間内 すべての銀行可能 可能
12~13時
13時~14時
15時~17時 三菱菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行のみ可能
17時~20時 楽天銀行のみ可能
20時~21時 審査状況によっては、即日融資ができない場合もあり 審査状況によっては、即日融資ができない場合もあり
21時以降 翌日審査回答 即日融資不可(翌日審査回答) 即日融資不可(翌日審査回答)

上の表から、銀込融資での即日融資を受けたい場合には、銀行の振込が反映する時間(通常は銀行営業時間の平日の15時まで)が20時より前であるため、銀行の営業時間である15時の1時間前の14時が振込での即日融資のタイムリミットになります。そのため、13時~14時までには契約を完了させておくようにしましょう。
なお、初回契約の場合、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行については、18時までの契約を完了していれば、即日振込を受けられます。

くわえて、楽天銀行を利用すれば、24時間いつでも振込依頼後即時で振込が反映されますので、ATMからの融資を同じ審査回答時間である21時の1時間前の20時が即日融資の
タイムリミットになります。

そのため、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行を持っているのであれば、銀行営業日の15時を過ぎても振込での融資が可能であるため、上記4行の口座に振込をしてもらうようにしましょう。

土日祝日で即日融資が可能な時間帯
時間帯 審査回答時間 銀行振込 ATMでの引き出し
9時~20時 審査結果の回答時間内 楽天銀行のみ可能 可能
20時~21時 申込状況によっては、即日融資不可の場合があり 申込状況によっては、即日融資不可の場合があり
21時以降 翌日審査回答 即日融資不可(翌日審査回答) 即日融資不可(翌日審査回答)

土日祝日の場合、上の表から、銀行への即日振込融資の場合には、楽天銀行以外のすべての金融機関で、翌営業日の振り込みになります。つまり、楽天銀行以外の金融機関では、即日の振込融資を受けることができません。そのため、自動契約機でローンカードを発行して、ATMを利用してお金を引き出すようにしましょう。

初回借り入れの場合のみ平日18時までに振込依頼すれば即日融資可能

初めて借り入れを行う場合で、平日18時までに電話で振込依頼をすれば、当日の19時までに反映が可能です。
ただし、18時までに申し込みから契約までが完了しており、かつ三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていることが条件となります。

そのため、上記3行の口座を持っている場合には、即日融資を受けるタイムリミットは平日の17時までです。

楽天銀行を利用すれば土日祝日も20時までに申込を完了させれば即日融資可能

楽天銀行を利用して振込融資を受ける場合には、他の金融機関と異なり、審査回答時間の1時間前の20時までに申し込みを完了しておけば、平日の他、土日祝日でも即日融資を受けることができます。
なぜなら、楽天銀行を利用すれば、土日祝日を問わず24時間いつでも、即時での振込がなされるためです。そのため、楽天銀行を利用すれば、自動契約機にいかずに、すべてWEB上から土日祝日でも振込融資を受けることができます。

楽天銀行口座の口座を持って、即日中に自分の口座に現金をいれておきたい人や自動契約機にいかずにWEB完結で融資を受けたい人は、楽天口座を利用して振込融資を受けるようにしましょう。

関連項目:「アコムの借り入れは振込融資(銀行振込)とATMで可能

土日祝日や勤務先の定休日に即日融資を希望している場合の在籍確認の対応

アコムは、年中無休で営業しているため、20時までに申し込みを完了させれば、土日祝日でも申込・契約後、即日融資を受けることが可能です。
アコムの申込を完了した時点で、アコム側で審査が開始されますが、利用者側の都合となる点があります。それは、在籍確認の電話連絡(職場への電話連絡)です。
アコムから融資を受ける際には、審査時に在籍確認の電話連絡が行われます。

在籍確認とは、審査の一環として、申込者が申し込み時に入力した勤務先が正しいかどうか
をアコムの担当者が電話確認することです。在籍確認時の電話連絡は、必ずしも申込者本人がでなくても、勤務先の同僚が電話に出て、申込者が申告した勤務席に在籍していることが確認できれば、完了となります。

したがって、勤務先に電話がつながれば、申込者本人が外出中だとしても申込者以外の勤務先の同僚に電話に出てもらうこともできますが、
会社の休業日の場合には、勤務先に電話がつながらないため在籍確認の電話連絡が完了できず、審査結果の回答が翌日以降になってしまい、即日中の契約できないことがあります。

そのため、土日祝日や会社の定休日に、即日融資を受けたい場合、在籍確認の電話連絡をスムーズに完了させるかが、即日融資を確実に受けるポイントになります。

職場への電話連絡をスムーズに完了させるポイントは以下の2点です。

  • 申込み後アコムに電話をかけて在籍確認の電話連絡を勤務先の翌営業日にしてもらう
  • 審査時に職場への電話連絡がないSMBCモビットのWEB完結申し込みを利用する

在籍確認の電話連絡を勤務先の翌営業日にしてもらう

土日祝日や会社の定休日アコムに申し込みをして、審査を通過し、あとは在籍確認をだけという段階で、職場がお休みの場合には、翌営業日の在籍確認条件として、即日融資してくれる場合もあります。
よって、申込み後にアコムのコールセンターに勤務席が休みの旨を伝えて、在籍確認の電話連絡を勤務先の翌営業日にしてもらうようにしましょう。

ただし、在籍確認の電話連絡を後日にしての融資を行う場合には、通常より低い仮の利用限度額が設定されて、その後在籍確認が完了時点で審査結果に応じた利用限度額に再設定なされます。したがって、希望の利用限度額に満たないケースも出てくるでしょう。

そのため、なるべく勤務先への電話がつながる曜日や時間に、申込をするようにしましょう。

また、アコムでの在籍確認の電話を勤務先の翌営業日にしてもらう際には、審査担当者の判断で、会社名の入っている社会保険証給与明細書といった申込者が勤務先に在籍していることを証明する書類を求められる場合もあります。
(勤務先を証明する書類を提出すれば年収を証明できるため、利用限度額が低くなることは少ないようです。)

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



なお、申込者の勤務を証明する書類の提出が必要な場合には、運転免許証などの必要書類と一緒に、画像にアップロードして提出するようにしましょう。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば職場への電話連絡なしで契約できる

アコムの場合、どんなに融資を急いでいたとしても、原則として職場への連絡は必須です。職場への電話連絡が完了しないと審査が完了しないため、審査結果が即日中に回答されず、契約ができないため、即日融資を受けることが難しくなることもあります。

一方、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、審査時の職場への電話連絡なしで、カードローンの申込が可能であるため、たとえ勤務先に電話がつながらなくても審査を完了して融資を受けることが可能です。

そのため、土日祝日や職場の休業日に、一切電話連絡が取れない会社や職場への電話連絡を避けたい場合には、SMBCモビットのWEB完結申込を利用するといいでしょう。

ただし、勤務先名のわかる保険証(社会保険証もしくは組合保険証)と申込時に、
三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座が必要です。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能