デリケートゾーンのかゆみを石鹸で改善する

女性にとって、デリケートゾーンのかゆみは深刻な問題です。

たとえかゆくなっても人前で触れられませんし、誰かに相談できるようなものでもありません。

実はデリケートゾーンのかゆみには種類があります。

いったい何が原因でかゆくなっているのかを把握することで、自分でケアできるかどうかが決まるわけです。

デリケートゾーンがかゆくなる理由

デリケートゾーンのかゆみの理由は主に「蒸れ」「乾燥」「病気」によるものです。

蒸れによるかゆみ

デリケートゾーンは体の中でも特にムレが起こりやすい部分です。
通気性の悪い下着や締め付けの過ぎるズボンなどを着用して生活していれば、ほとんど蒸れっぱなしと言っても過言ではないでしょう。

肌は蒸れることで雑菌が増えやすい環境を作ります。
結果、かぶれなどの炎症を起こしやすくもなるため、かゆみを発してしまうことに繋がるのです。

乾燥によるかゆみ

肌が特にかぶれていないのにピリピリとかゆいような場合には、皮膚が乾燥していることが原因です。
皮膚にはもともと肌のバリア機能としての水分や皮脂があるのですが、何かしらの影響でこれが乾いてしまっているとかゆみに繋がってきます。

また陰部の表面は乾燥しやすく、保湿がしにくいという側面もあります。

もし乾燥によるかゆみなのではないかと感じた場合、専用ローションを利用し保湿をすることでかゆみが収まることがあります。

病気によるかゆみ

性行為などで感染してしまう細菌性の感染症もかゆみや痛みを伴うことがあります。
かゆみだけでなく排尿時に痛みを感じる場合や、おりものの色やにおいに変化を感じた場合には性感染症を疑った方がよいかもしれません。

参考(おりものの異常について)
おりものが臭い時の原因と対策
黄色や茶色のおりものは異常? おりものの色から見る症状の違い

性感染症は石鹸でデリケートゾーンを清潔にすれば治るというものではありません。
病院にて処方される薬を使って、細菌を死滅させる必要があります。

性病以外にも膣内のカンジダ菌が異常繁殖することで起こるカンジダ膣炎(腟カンジダ、膣カンジダ症)や、免疫力が落ちて自浄作用がうまく働かないことなどで起こる細菌性膣炎が原因でかゆみが発生することもあります。
こちらもフェミニーナ軟膏のような市販薬では完治させることができないので、婦人科や皮膚科といった病院を受診するようにしてください。

また、乾燥や蒸れ以外にも、毒性の物に触れた刺激性皮膚炎や、アレルギー反応から起こるアレルギー性皮膚炎(これらを総合して接触性皮膚炎と呼ぶ)が起こることも考えられます。
敏感肌の人の場合、アンダーヘアの脱毛時に自己処理をするだけでも、毛先が肌を刺激してかゆみの原因となることが報告されています。
肌質に合わない生理用ナプキンを布ナプキンに替えただけでかゆみが軽減されたという人もいます。

このように、皮膚が炎症を起こしている際にはその原因を知り、適切なケアをしていかなければなりません。

石鹸で解消できるかゆみ

もしあなたのデリケートゾーンのかゆみが蒸れまたは乾燥によるものであれば、改善のためにデリケートゾーン専用石鹸(ケアソープ)を利用する方法があります。

ただしデリケートゾーン専用石鹸にもかゆみに対する即効性があるわけではなく、日々のケアによってかゆみ対策をし、徐々に抑えていくイメージです。
現時点でのかゆみが抑えきれない場合にはドラッグストアなどで売られているかゆみ止めの軟膏でしのぎ、日々のケアをすることで肌を整えていくようにしましょう。

こまめに清潔にすることを心掛ける

デリケートゾーンは蒸れやすい部分です。
そのうえ、おりものや汗、生理の経血などがアンダーヘアーに絡みつき、清潔にしたつもりでも不衛生な環境になってしまっている可能性があります。

特に水洗いだけで済ませてしまっているような場合には、汚れが落ちきっていません。

デリケートゾーン専用ソープを使って、丁寧に洗うことで細菌の繁殖を抑えることができるようになります。

洗いすぎは厳禁

清潔にしなければならないからといって、普段使っている石鹸でデリケートゾーンをゴシゴシと洗ってしまうと、これは逆効果になってしまいます。
実は人間の皮膚上にいる細菌には肌を良い状態に保ってくれる細菌と、そうでない細菌が存在しており、洗いすぎてしまうとその両方の菌が流れてしまうことになるのです。

肌のかゆみを抑えたい時には、なるべく良い細菌は残しておきたいもの。
そのため、しっかりときめ細かい泡を立てて、優しく丁寧に洗うように心掛ける必要があります。
泡立てが苦手な人はもともと泡タイプになっているものを用いるようにしましょう。

また、デリケートゾーンは他の部分に比べて肌が敏感に出来ています。
普段顔や体に普通の化粧品を使ったり、普通の石鹸でゴシゴシ洗っても問題なかったとしても、デリケートゾーンに同じようにしてしまうと少し刺激が強いのです。
刺激が強い石鹸を使えば肌を傷つけやすくなりますし、皮脂も落ち過ぎてしまい、結果的に乾燥肌となりかゆみに繋がってきます。

こういった理由から低刺激な天然由来成分、またはオーガニック成分が多く含まれたデリケートゾーン用の石鹸がおすすめです。

どんな石鹸を選べばよいのか

それではデリケートゾーン用の石鹸はどんなものを選べばよいのでしょうか。
2つの点に注意するようにしてみてください。

1つは「弱酸性である」という点。
デリケートゾーンはとても敏感なのでpH値(酸性・中性・アルカリ性などを示す指数)が肌に近い弱酸性のものを使うようにしたいところです。
普通の石鹸だとアルカリ性に寄っていることが多く、かゆみを引き起こしやすいためです。

もう1つは「添加物がない」「天然成分である」という点。
これも肌に刺激を与えないようにするため、なるべく化学成分の入っていないものが好ましいです。

いずれにしろ洗ったその場からかゆみが消えるというものではありませんので、普段からデリケートゾーンの洗い方には気を付けるようにしてかゆみが発生しない身体づくりをするようにしていきましょう。

代表的な商品

デリケートゾーン用ボディソープやデリケートゾーン用石鹸には、たくさんのものが商品化されています。
かゆみなどの肌トラブルだけでなく、黒ずみケア成分が含まれたジャムウ石けんや、臭いにおいにも効果が期待できる制汗成分が含まれているものもあります。
ランキングサイトや総合情報サイトを参照するだけではなく、自分自身の悩みにそっているかどうかで選んでみると良いでしょう。

人気のある代表的な製品を紹介します。

薬用東京ラブソープ

デリケートゾーン用石鹸の定番アイテム「東京ラブソープ」。
皮膚の洗浄、殺菌、消毒という効果があり、ニオイや肌トラブルを防いでくれる薬用石鹸です。

石鹸そのものの香りも強くなく、洗い上がりもサッパリしているため、使用感も普通の石鹸に近いアイテムです。

イビサソープ

ニオイケア向けのデリケートゾーン専用ジャムウソープ。
中心となっているのはニオイ対策ですが皮膚の殺菌消毒成分を含み、かゆみの元となる炎症や肌荒れにも対応しています。

市販されているものではないため、公式通販サイトから購入する必要がありますが、各種メディアにも掲載されるほど人気のアイテムです。

ラクタシード

フランスの製薬会社が開発した、ホエイ成分が配合されたpHケアソープ。
陰部付近専用のものと、体全体向けのものでpH値を分けていたり、持ち歩きができるシートタイプの商品も開発されているなど用途に合わせて細分化されているのが特長。
気になった時に適切な対処ができるというのはいいところですね。

これ以外にも石鹸ではなく肌にしっとりと馴染むオイルタイプのスキンケアアイテムなどもあるので、自分の身体に合ったものを探してみることをおすすめします。