アコムの審査は甘いわけではない

プロミスソニー銀行カードローンまたは楽天銀行カードローンといった数多くある消費者金融や銀行カードローンの中でも「アコムの審査は簡単」という口コミや評判をインターネットなどでよくみかけます。

しかし 大前提として、現在収入のない方や過去2年間に長期返済の滞納や債務整理をしたことがある方は、アコムの審査担当者に返済能力に問題があるとみなされ、アコムの審査には通りません。

それでは、「アコムの審査が簡単である。」と言われている理由と、実際の、アコムの審査は厳しいのかどうかについて解説いたします

アコムの審査がそこまで容易に通るのかどうかを知るために、下記に、アコムの審査についてのよくある質問と回答をまとめました。
下記のアコムの審査への質問の回答をみると、実際のアコムでの審査の実情がわかります。

アコムの審査は安定した収入がない人や信用情報に問題がある人が通るほど甘くはない

まず、アコムの審査基準をみていきましょう。アコムの審査に通らない項目はは下記の通りです。

  • 安定した収入がない
  • 過去5年以内に長期の滞納や債務整理などの金融事故を起こしている
  • 過去にアコムでの借入金を肩代わりしてもらったことがある
  • 現在の借入金額(年収の3分の1に近い)や借入件数(5件以上)が多い
  • 申込者の勤務先に電話をする在籍確認(勤務先への電話連絡)きちんと完了していない
  • 特定の職業に属している
  • 虚偽の申請や記入ミス・記入漏れある
  • 複数社の消費者金融に同時に申込をした

安定した収入ない人や過去5年以内に長期滞納や債務整理を行っていて信用情報に金融事故がある人、または他社消費者金融での借入金額が年収の3分の1の金額の人や他社借入件数が5件を超えている人が、アコムの審査に通るほど、審査基準が甘いわけではありません。

一方、パートやアルバイトの方でも月一回以上で5万円程度の安定した収入がある、長期の滞納や債務整理の手続きから5年を超えてる(完済や手続き済み)、消費者金融に借入はあるが年収の3分の1未満(他社借入が1件程度)であれば、アコムの審査に通る可能性があります。

アコムの審査が厳しいのかどうかが気になる場合は事前に3秒診断をしてみる

アコムでは申込前にWEB上で融資可能かどうかの3秒診断が可能です。この3秒診断では「年齢」「年収(総支給額」「他社お借入状況(借入の金額)」を入力し、申込可能または融資可能かどうかの判断を行います。

WEB上での3秒診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と表示された場合にはアコムカードローンの申し込みをしてみるといいでしょう。

下の表に、アコムの審査基準である申込者の属性情報と信用情報からみた、アコムの審査通過度をまとめましたので参考にしてみてください。
なお、アコムの審査の通過の目安は、○⇒△⇒?の順に、○であれば審査通過の可能性あり、?であれば、審査落ちの可能性ありと記載しています。
ただし、下の表は、あくまで目安ですので、全ての項目が○場合でも、アコムの審査に通らないこともあります。

属性情報からみた審査通過の目安
申込者の個人情報からみた審査内容 職業別 アコムの審査通過の目安
安定した月一回以上の収入 あり 正社員・公務員
あり アルバイト・パート
あり 自営業者
なし 無職(無収入)
なし 専業主婦
信用情報からみた審査通過の目安
申込者の信用情報の審査内容 アコムの審査通過の目安
長期延滞の期間 直近5年以内かつ延滞期間60日超
5年より前または60日以下
なし
債務整理の履歴 直近5年以内または債務整理手続き中
5年より前または完済済み(処理済み)
なし
他社借入金額 年収の3分の1超
年収の3分の1以内
なし
他社借入件数 5件以上
2~3件
1件
なし

アコムの審査に通るためには、正社員はもちろんアルバイトやパート・自営業者だとしても、安定した収入があれば、アコムの審査の通過してお金を借りることが可能です。くわえて、上の表の信用情報からみた審査通過の目安の欄に✕がついている項目に該当していないのであれば、アコムの審査に通る可能性があります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。



それでは、アコムの審査内容や審査に通らない項目についてみていくことにしましょう。

安定した収入がない

アコムの申し込み資格は、公式ホームページにも記載されている以下に記載されている通りです。

20歳~69歳までの安定した収入のある方

申込者に安定した収入がないと、アコムの審査担当者から返済能力がないと判断され、アコムの審査に通ることはありません。
アコムをはじめ大手消費者金融では、申込者に毎月収入があるかどうかが安定した収入の基準となります。アコムではこの審査基準を最も重要視しています。
毎月収入があれば固定給や歩合給などの収入形態はやパートやアルバイトなどの雇用形態は問わないため、アルバイトやパートの方や派遣社員、自営業の方でも、アコムの審査に通過して、お金を借りることができます。

一方、収入が3か月に一度や6か月に一度など毎月収入ない場合には、安定した収入があるとはみなされませんので注意しましょう。無職専業主婦の方は安定した収入がないとみなされ、アコムの審査に落ちてしまいます。
無職専業主婦の方は安定した収入がないとみなされ、アコムの審査に落ちてしまいます。アコムカードローンは総量規制の対象のローンであるため、収入が0円の場合には利用限度額も0円ということになってしまいます。

長期の滞納や債務整理など金融事故を起こしている

お金を借りる際には、アコムに限らず、すべての消費者金融や銀行などの金融機関のキャッシングやローンの審査で、申込者の信用情報をチェックされます。
信用情報と、は個人信用情報機関で管理されている個人のローンやクレジットカードの申込や返済の利用記録のことです。
アコムへ申し込みした際には、アコムは自社が加盟している個人信用情報機関を通じて信用情報をチェックします。そして、利用状況に事故情報がないかを確認します。

長期滞納や債務整理などの事故情報は5年~10年記録される

事故情報とは、消費者金融や金融機関等の返済におけるネガティブ情報で、一般的には「ブラックリスト」と言われています。
個人信用情報機関に金融事故情報として記録されてしますの下記のようなものが挙げられます。

  • 長期の延滞や滞納(2~3か月)
  • 代位弁済
  • 債務整理(自己破産や任意整理)
  • 強制解約
  • 貸付自粛依頼(協会停止)

上記のような返済上の問題が起こった際には、事故情報(異動情報)として記録されます。
この金融事故情報は、個人情報機関に一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この金融事故を過去に起こして記録が残っていると、返済能力に問題があると判断されるため審査には通りません。

過去にアコムで滞納や第三者が借入金の支払いをしたことがある

アコムを利用して返済を滞納してしまい、親や家族など本人以外の第三者に返済してもらった場合が該当します。この場合には、アコム社内に延滞記録が残っています。そのためたとえ信用情報に長期遅滞や滞納の記録がなくても、アコム社内の遅滞記録が原因でアコム審査に落ちる可能性があります。

現在の借入件数や金額が多いが多い

信用情報には、現在の他社借入状況も記録されています。アコムでのキャッシング審査の際には当然チェックされています。つまり多くの借り入れがある場合には、具体的には、他社借入件数が5件以上または、他社借入金額が総量規制の上限金額である申込者の年収に近い金額ある場合には、アコムの審査に通らない可能性が高くなります。
もし、他社借り入れがある場合には、アコムの申し込み前に返済しておくか、今ある借金をまとめ他社借り入れ件数を減らしておきましょう。

在籍確認で申込者の勤務先が確認できなかった

在籍確認とは、申込時に入力された勤務先が正しいかをアコムの担当者が申込者の勤務先に電話をして確認をすることです。アコムでは他の消費者金融と同様に審査の中で必ず行われます。在籍確認は、アコムの担当者が勤務先に電話をかけ、申込者が在籍しているかを確認します。在籍確認の結果、申込者の勤務先が存在しない、実際に勤めていない、病気や育児休暇などの休職状態であることがわかると審査に落ちてしまいます。

どうしても在籍確認の電話が難しい場合にはアコムの担当者に相談してみる

なお、電話による在籍確認が難しい場合には、アコムの担当者に事前に相談してみるといいでしょう。会社名の記載されている健康保険証や給与明細書などの提出で電話での在籍確認の代わりとなる場合もあります。アコムでの電話での在籍確認を回避する場合には、「アコムは勤務先への在籍確認なしでもお金を借りれるのか」で詳しく解説してますので参考にしてみてください。

特定の職業に属していている

過去の詐欺や名義貸しなどを行っていた会社や暴力団などの反社会勢力などの職業に属していると、アコムの審査に落ちてしまうことが多いです。

虚偽の申請や申込時の記入ミス・記入漏れある

勤務先や年収などの虚偽記載が発覚したときは、審査に落ちてしまう場合が多いです。なぜなら、申込み時に申告する年収や職業といった内容は、申込者の返済能力を判断する重要な内容であるため、アコムの申込時に虚偽の申し込みをした場合には審査にとおりません。なお、虚偽記載ではなくても申込時の記載ミスや記載漏れでも審査に落ちてしまうこともあります。
そのため、アコムの申込時には、申し込み内容を正確に記載すりょうにしましょう。

複数社の消費者金融に同時に申込をした

短期間に複数の消費者金融や銀行のカードローンに申し込みをすると、申し込みをしたすべての消費者金融や銀行などの申し込み情報が個人信用情報機関に登録されます。新たにカードローンやクレジットカードに申し込む際、短期間に複数のカードローンに申し込んだという情報が残っていると、お金に困っている人とみなされて、返済能力に問題があるのかと疑われ、最悪の場合には審査に落ちてしまうこともあります。
もし、複数のカードローン(3件以上)に申し込みを検討している場合には、申込み後6ヶ月期間をおいてから申し込みするようにしましょう。
なぜなら、個人信用情報機関からからカードローンの申し込み情報が消えるのが、6ヶ月であるためです。

アコムの審査が簡単であると言われてい理由

それでは、どうして、「アコムの審査が簡単である」と言われているのでしょうか。アコムの審査が簡単であると言われている主な理由は下記の通りです。

  • アコムは消費者金融をはじめて利用する方の割合が多い
  • アコムに申し込む人は少額融資(50万円以下)を希望する人が多い
  • アコムカードローンの審査回答時間が最短30分であるため

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。


アコムの審査に通るか不安な場合には申込前に3秒診断をしてみる

アコムでは申込前にWEB上で融資可能かどうかの3秒診断が可能です。この3秒診断では「年齢」「年収(総支給額」「他社お借入状況(借入の金額)」を入力し、申込可能または融資可能かどうかの判断を行います。診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と表示された場合にはアコムカードローンの申し込みをしてみるといいでしょう。

そのため、アコムの審査時間が最短30分と記載されているからといって、決してアコムの審査が甘いというわけでありません。

収入証明書が不要な50万円以下の少額融資を希望する人が多い

希望の借り入れ金額50万円を超える高額の融資を検討している方は、消費者金融と比べて金利の低い、三菱東京UFJカードローンや三井住友カードローンなどの銀行のカードローンを利用する傾向があります。(これら2つの上限金利は14.6% アコムの上限金利は、18.0%)

また、借り入れ方法も審査通過後の契約時にローンカードを発行すれば、アコムATMの他にコンビニや金融機関提携ATMでいつでも借り入れ・返済が可能です。
アコムでは、申し込みから審査完了、融資までの時間の早さと手軽さから、50万円以下の少額での融資を申し込む方が多いです。

アコムでは、利用限度額が50万円を超える場合(他社借入がある場合には100万円を超える場合)には、源泉徴収表や所得証明書といった収入証明書が必要となります。しかし、50万円以下の希望の利用限度額の場合には、収入証明書の提出が不要なため、簡単に審査を受けることが可能です。

アコムでははじめて消費者金融を利用する方の割合が多い

アコムは、大手消費者金融の中でも利用者数も一番多く、現在では三菱UFJ銀行も所属している三菱UFJフィナンシャルグループの一員です。このことから、初めての消費者金融の申し込みでも安心感と信用力があります。また、有名タレントを使って「初・め・て・の・アコム~♪」というキャッチコピーで有名なテレビCMを放映しているので知名度もあります。

加えて、アコムでは初回契約者限定で「30日間金利0円サービス」という無利息期間サービスを実施しています。(アコムの30日間金利0円サービスを利用するには初回契約で35日ごとの返済を選択する必要があります。)

それゆえに、アコムでは初めて消費者金融を利用する方の割合が高いといえます。
そのため、過去に返済上の問題(長期の滞納や債務整理などの金融事故)を起こしてない方が多いため、結果としてアコムが借りやすい=審査が簡単(審査が厳しくない)というわけです

アコムは総量規制対象のカードローンである

アコムを含む消費者金融では貸金業法の総量規制により、「申込者の年収の3分の1を超える貸付けが禁止」されています。

(なお、銀行カードローンは、銀行法が適用されるので総量規制の対象外です)。
つまり、50万円以下の少額融資であれば総量規制の範囲内での貸付になる場合が多いため(他社での借り入れがない場合、利用限度額50万円を希望する場合には、年収が150万円以上)、少額融資を希望することにより申込者の年収の3分の1(総量規制)を超える利用限度額を希望することは、少ないと考えられるため、アコムの審査に通過する可能性も高くなるのです。

アコムカードローンの審査回答時間が最短30分であるため

アコムの公式サイトには、申し込み審査回答は最短30分と記載してあります。そのため、審査時間が短く即日融資も可能なために、アコムの審査を受けるのは、簡単だと思われているようです。
しかし、アコムでは他の大手消費者金融会社と同様に、審査時にコンピューターによる属性スコアリングシステムを導入しています。審査担当者が申込者を1件1件審査していくのではなく、審査の最終判断のみを人間の目で行うなどして審査担当者が判断する部分を少なくしているため、厳密な審査を行っています。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なし

アコムの場合には、審査時間が30分ですが、職場への電話連絡があるために、勤務先へ電話がつながらず、審査時間が長くなってしまう場合があります。
しかし、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、アコムと審査時間は同程度でなおかつ審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、カードローンの審査時の職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



たとえアコムの審査の通過しても希望の利用限度額に届かないこともある

アコムのキャッシング審査に通過したとしても、申込者が希望する金額を必ず借りられる訳ではありません。利用限度額や金利は審査によって決まりますが、その際に少額の利用限度額(利用限度額10万円)に設定されてしまう場合もあります。
利用限度額が10万円以下になってしまう場合は、下記のようなケースです。

  • 65歳以上の高齢者
  • 年収100万円未満
  • 勤続年数が0か月である

どうして、利用限度額が10万円以下になってしまうのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

65歳以上の高齢者の場合

アコムの申し込み条件には「20歳~69歳まで可能」と記載されていますが、65歳以上の高齢者となると、65歳未満の方と比べて年収は落ちてしまいます。そのため、利用限度額は10万円以下に設定されてしまう可能性が高いのです。ただ、他社の消費者金融からの借り入れもなく、年収が90万円以上あれば、利用限度額は10万円以上に設定されるケースもあります。

年収100万円未満の場合

総量規制の上限を考えると、年収100万円の場合には33万円程度の利用限度額になるかと思いますが、年収が100万円未満の場合にはアコムから申込者の返済能力に問題があるかとみなされてしまいます。そのため、利用限度額は10万円以下の少額融資になる場合ケースが多いです。。

勤続年数が0か月の場合

勤続年数が極端に短いと、返済能力に疑問を持たれて利用限度額は10万円以下の少額融資となります。目安としては現在の勤務先で働き始めてから3か月、理想としては6か月以上が経ってからアコムに申し込むことで、利用限度額は10万円以上に設定される可能性が高いです。とくに、現在務めている勤務先の前に、求職期間や休職をしていたなど、収入がない期間があると、勤続年数が0か月の場合には審査の落ちてしまうこともあるので注意が必要です
上記のことから、アコムの審査が甘いわけではないではないご理解いただけたと思います。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

利息0円サービスが選べるのはレイクALSAだけ

レイクALSAは、最短即日融資も可能で、無利息期間も2種類がある使いやすいカードローンです。初めて利用する方を対象に30日間または180日間の(5万円まで)の無利息サービスをを行なっています。 インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 5万円までなら最長180日間の無利息期間を選べる
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円
審査時間最短即日融資も可能
融資までの時間最短即日融資も可能


アコムACマスターカードの審査も甘いわけではない

アコムはカードローンの他にも、アコムACマスターカードというクレジットカードを発行しています。こちらもよく「アコムACマスターカードの審査は簡単」といった口コミや評判を見ると思いますが、決して審査が甘いというわけではありません。

アコムACマスターカードとアコムカードローンの審査基準が同じ

アコムACマスターカードの審査が容易と言われるようになった背景には、ACマスターカードが他のクレジットカードと異なりアコムのカードローンと同様の基準を採用しているからだと考えられます。
たとえば、通常のクレジットカードの審査の場合は、クレジットカードの種類にもよりますが、アルバイトやパートなどの非正規雇用の場合は審査に通らないクレジットカードもあります。一方、アコムACマスターカードがマスターカードでは、アルバイトやパートでも安定した収入があれば、審査通過することが可能です。
しかし、アコムのACマスターカードは、アコムカードローンと同様にアルバイトやパートでも申し込み資格があるために「審査が簡単」と思われてしまっているのでしょう。

ACマスターカードの申し込み条件や審査基準はアコムカードローンと同じである

ACマスターカードの申し込み条件はアコムのカードローンと全く同様です。

年齢が20歳以上69歳以下で安定した収入があり返済能力があること

が申し込み条件となります。
そのため、パートやアルバイトでも申し込みができ、さらに自動契約機(むじんくん)で最短即日でのカード発行も可能です。

このことから、「アコムACマスターカード」は他のクレジットカードよりも手軽に手に入れやすいといった点が「アコムACマスターカードは審査が簡単」と言われるようになったのではないかと思われます。

しかし、アコムACマスターカードがアコムカードローンと同様の審査基準であるため、特別に審査が甘いというわけではありません。前の述べたように「審査に落ちてしまう項目」に該当した項目が1つでもあれば、審査に落ちてしまいます。
つまり、アコムACマスターカードはクレジットカードとしては独自の審査をしているものの、クレジットカード発行の審査自体は甘いわけでもゆるいわけでもありません。

キャッシングの利用を検討している方の中には、消費者金融からのキャッシングには抵抗があるけれど、クレジットカードのキャッシングであれば問題ないと考えている方も多くいると思います。

もし、アコムのカードローンの申し込みに抵抗があるのでしたら、まずは申し込み手続きが同様であるアコムACマスターカードを申し込んでみてはいかがでしょうか。

アコムACマスターカードの特徴

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードは消費者金融のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用可能。ACマスターカードは年会費無料で使える上、最短即日発行という特徴やキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
  • はじめての方は最大30日間キャッシング金利が0円

実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能