アコムカードローンの金利を下げる方法

アコムカードローンを利用していると、毎月返済する金額の中には利息(金利)が含まれています。
金利は元金ではないので、下げられるものだったら下げたいと思うものです。
それではどういう条件であれば、アコムカードローンの金利を下げることができるのでしょうか。

ここでは、金利を下げる方法とアコム担当者との金利引き下げの交渉なども詳しく解説いたします。

アコムカードローンの金利は3.5%~18.0%である

まず、アコムカードローンの金利がどのくらいなのかを見ていきましょう。
アコムで初めてお金を借りる際には、きちんと返済してくれるか分からないお客さんにお金を貸すことなります。よって、アコムはリスクを負ってお金を貸してくれるかわりに、金利を上限の18.0%と決めています
アコムの金利がどのくらいなのかがイメージしやすいように、銀行や他社の消費者金融と比較してみましょう。下の図は、銀行系カードローンと大手消費者金融各社の金利を比較したものです。

各社カードローン金利比較
銀行系カードローン 金利(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン 3.5%~14.0%
三井住友銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8%
消費者金融会社 金利(実質年率)
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
ノーローン 4.9%~18.0%

上の図から、銀行系カードローンの方が、消費者金融系カードローンに比べて金利が安いのがわかると思います。

また、消費者金融の中で、初めて借りる場合の金利(最高金利)を比較するとプロミスが17.8%と一番安く、アコム、モビット、アイフル、ノーローン各社とも18.0%と横並びです。
したがって、アコムの金利18.0%というのは大手消費者金融の中ではそこまで高いというわけではありません。なお、アコムの金利と利息については、「アコムの金利と利息」で詳しく解説しています。
それでは、どのようにしたらアコムカードローンの金利を下げることができるのでしょうか。

アコムコードローンの金利を下げる方法

アコムでの借入金利を下げてもらえるケースとして主に3つのケースがあります。

  • 優良顧客と認識されれば、金利引き下げ交渉に応じてもらえる
  • 借入限度額を増額する
  • 金利の低い借り換え専用ローンやおまとめローンを利用する

それぞれを見ていくことにしましょう

優良顧客と認識されれば、金利引き下げ交渉に応じてもらえる

アコムに限らず消費者金融では、優良顧客だとアコム側から認識してもらえると、利用限度額の増額(増枠)や金利の引き下げなどの利用者に有利な条件でキャッシンキャッシングを利用できるようになります。
それではどのような方が優良顧客として認識されるのでしょうか
毎月遅れることなく返済をしていれば優良顧客になれるというわけではありません。毎月きちんと返済されているのは最低限の条件です。その上でいくつかの条件を満たす必要があります、アコムで優良顧客として認められる条件は以下の通りです。

  • 返済期日までに確実に返済している
  • 他社でも滞りなく返済している
  • 定期的なキャッシングの利用がある
  • 収入が安定している

つまり。きちんと返済できる能力があってなおかつ、アコムでのキャッシングの利用実績があることが、優良顧客になる条件と考えていいでしょう。

アコムは返済能力と利用実績のある優良顧客にはたくさん融資をしたい

アコムから優良顧客と認識されると、なぜキャッシングの金利や限度額を優遇してもらえるのでしょうか
優良顧客であれば確実に返済をしてもらえるという安心感があり、融資をする側はもっとたくさんキャッシングを利用してもらいたいと考えます。
また、優良顧客であれば他社の消費者金融でのキャッシングも有利に利用することができるので、もっと条件のよい消費者金融に移ってしまう可能性があります。
そのため、優良顧客と認識してもらえれば、金利が下がるなどのより良いサービスを受けることができるようになるのです。

利用限度額を増額(増枠)する

アコムでは公式ホームページに記載されているように
100万円未満の借り入れの場合の貸付利率4.7%~18.0%、100万円以上の場合の貸付利率は4.7%~15.0%と書かれています。
利息制限法の定めにより。借入金額が100万円未満の場合と100万円以上の場合とで、それぞれの上限金利が異なっているためです。

利息制限法の定めによる借入れ額と金利
借入元金 上限金利
10万円未満 年20.0%
10~100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

従って、利用限度額が100万円を超えるとアコムの金利は15.0%以下になります。
18.0%の上限に近い金利でアコムより借り入れをしている人は、借入限度額を増額することで金利が下がることがあります。

例えば、現在アコムカードローンで80万円~90万円の借入がある場合などは、利用限度額の増額(増枠)をして金利をさげることで、返済時に利息の総額を減らすこともできます。

アコムでの利用限度増額には審査がある

また、利用限度額をする際には増額審査があります。増額審査に通過した場合に、利用限度額の増額が可能となりますので、注意してください。
なお、アコムの利用限度額の増額については、「アコムでの利用限度額の増額方法」で詳しく解説しています。

借り換え・おまとめローンを利用することで金利が下がる

消費者金融や銀行カードローンの多くは、複数のローンを全てまとめて1本のローンに借り換える、おまとめローンのサービスを提供しています。
アコムでも、金利の低い「借り換え専用ローン」を利用して、複数のローンを1本にまとめることができます。

おまとめローンは金利の低いものを選ぶようにする

毎月の負担が減らなければ借り換えをする意味がないので、おまとめローンはなるべく金利の低いものを選びます。

例えば、消費者金融A社から金利18.0%で30万円、消費者金融B社から金利18.0%で40万円、消費者金融C社から金利18.0%で50万円、消費者金融3社から合計で120万円を借りている場合を考えてみましょう。

3本を1本にまとめてアコムで借り換えると、借入れ残高は120万円ですので、金利15.0%で借り入れをすることができるので、毎月の返済額がかなり軽減されます。

さらにアコムのおまとめローンを利用しても金利が下がる可能性が高いです。
「アコム借換えローン」の金利は加重平均金利-1%と設定されています。
加重平均金利とは、加重平均金利とは、条件が異なるローンの平均金利をいいます。
例えば、下の図のような借入金があった場合、加重平均金利はいくらになるのかをみていくことにしましょう。

借入業者 借入金額 金利 年間利息総額
アコム 30万円 18.0% 5万4000円
消費者金融A社 30万円 16.0% 4万8000円
消費者金融B社 40万円 15.0% 6万円

上記3社の利息合計を出します

アコム 5万4,000円+ 消費者金融A社 4万8,000円+消費者金融B社 6万円=合計16万2,000円
3社の年間利息総額を、3社の借入総額で割ります。

16万2,000円÷100万円=16.2%

この場合、加重平均金利は16.2%となります。
アコムの借換えローンの金利は、「加重平均金利-1%」ですので、15.2%となります。
3社の借入金をアコムの借り換えローンでまとめた場合には金利は15.2%となります。

アコムの借換えローンは総量規制の対象外である

アコムの借り換えローンは消費者金融業者が取り扱っているおまとめローン・借り換えローンと同様に、総量規制の対象の例外貸付です。総量規制の例外貸付とは総量規制の対象にはなるものの、年収の3分の1までにという規制に含まれない貸付です。

つまり、年収の3分の1を超える金額でも融資を受けられる可能性があり、まとまったお金を借りることができます。ただし、アコムの借り換えローンは、貸金業社の債務のみが借り換えの対象となっています。つまり、銀行やクレジットカードのショッピング枠はふくまれませんので注意が必要です。
また、申し込みもインターネットではできませんので、店舗で申し込みが必要となります。

アコム借換えローンの詳細
限度額 1~300万円
実質年率 7.7~18.0%
遅延損害金 20.0%(実質年率)
返済期間 最長13年7ヶ月
返済回数 1~162回
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
使用用途 貸金業者債務の借換え(銀行やクレジットカードのショッピングは含まれません。)
担保・保証人 不要

実際にアコムの金利を引き下げるには

アコムに金利引き下げ交渉の電話する

アコムのコールセンターに自分から電話をして、金利引き下げの交渉をすることができます。
アコムとの契約をはじめてからすぐにアコムの担当者と金利の交渉をするのは、返済能力や利用実績がまだわからないためにおすすめできません。
具体的な目安として、アコムでの契約後6か月以上経過してなおかつ、返済の遅延や滞納がなければ、金利引下げの相談をしてみても問題ないと思います。

ただし、金利引下げの交渉をしたからといって必ずしも金利が下がるわけではないので注意しましょう。
アコムを利用し始めてすぐに交渉するのはおすすめしませんが、キャッシングや金利についての相談はいつでも受け付けているので、一定期間アコムを利用してきちんと返済を続けているのであれば思い切って金利引き下げの相談をしてみても大丈夫です。

金利引き下げ交渉を行う時のポイント

金利引き下げの相談は総合カードローンデスクに連絡をします。

アコムに金利引き下げの交渉をするには、アコムの総合カードローンデスクに電話をします。
受付時間は平日の朝9時から夕方6時まで、土日祝日は受け付けていないので注意が必要です。

金利引き下げ以外にも、利用限度額の増額や借り換え、または返済に困った場合など様々な相談に乗ってもらえます。

総合カードローンデスクの電話番号と受付け時間は下記の通りです。

  • 電話番号:0120-629-215
  • 受付時間:平日9:00~18:00

金利引き下げの交渉は電話がおすすめ

アコムへの連絡は、店舗窓口でスタッフに直接伝えるメールまたは郵送するなどの方法がありますが、金利引き下げの交渉は電話での連絡をおすすめします。
店舗窓口に行っていきなり金利の引き下げを求めても、断られる場合が多いようです。
まず、アコムの総合カードローンデスクに電話をして相談するようにしましょう。

金利引き下げを依頼する際の注意事項

アコムの担当者に金利を下げる交渉をするときには、高圧的な態度や横柄な言葉使いをしないように気をつけましょう。担当者に不快な思いをさせてしまっては、話を聞いてもらうこともきません。
まずは、「金利の引き下げをお願いしたいのですが」と相談してみましょう。
「返済が厳しいので…」というような相談の仕方は、返済能力に問題があるとみなされてしまう可能性があるのでおすすめできません。

アコムから優良顧客と認識してもらえると、利用限度額の増額や金利引き下げなど有利な条件でキャッシングを利用できるようになりますので、アコムでの利用実績がありなおかつ返済能力に問題がない場合に、是非金利を下げる交渉してみることをおすすめいたします。

アコム

おすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機(むじんくん)と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間