自己破産などの債務整理の記録が信用情報にあってもプロミスの審査に通るのか

過去に消費者金融や銀行といった金融機関からの借金が返済できず、自己破産や任意整理といった「債務整理を行った」という方もいると思います。

過去に自己破産をしてしまった後など債務整理後にカードローンを利用してお金を借りたいと思った際、プロミスなど消費者金融の審査に通過することができるかどうか知りたいと思います。

ここでは、過去に自己破産や任意整理などの債務整理をした履歴が利用者の信用情報にある場合、プロミスの審査に通過して、お金を借りることはできるかについて解説いたします。

信用情報から自己破産の記録(金融事故情報)が消えているならプロミスで借り入れ可能

自己破産などの債務整理後に、ご自分の信用情報から債務整理の記録が消えているのであれば、プロミスカードローンの申し込みや審査前に、WEB上にある借入シュミレーションをしてみることをおすすめいたします。
借入シュミレーションは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。
このサービスは,「生年月日」「年収」「現在の他社お借入金額」必要な事項を入力するだけで、プロミスからの融資が可能かどうの目安判断してくれるものです。
この借り入れシュミレーションで借り入れ可能と表示された場合には、プロミスの審査に通過する可能性も高いのでそのままプロミスに申込ましょう。

プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション

自己破産の履歴が申込者の信用情報に記載されているとプロミスの審査に通過するのは難しい

自己破産や任意整理など債務整理の記録が申込者の信用情報に記載されていると、プロミスだけなく他の消費者金融や銀行など金融機関のカードローン利用時の審査に通ることは難しいといえます。
プロミスをはじめとする大手消費者金融の多くは、キャッシング審査時に申込者の信用情報をもとに融資の可否を判断しています。そのため、過去に自己破産などの債務整理などの金融事故などがあった場合には、返済能力はないと判断され審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

信用情報とは、利用者のクレジットカードやローンなどの申し込みや契約借入件数や借入残高の履歴のことです。これらの信用情報は、個人信用情報機関とよばれる利用者のローンの利用履歴を管理・共有している機関に記録されています。
日本にある信用情報機関は、以下の3つです。

加えて、長期の延滞や滞納、自己破産などの債務整理などの金融事故の記録は、利用者の信用情報の異動情報(金融事故記録)に記載されます。

金融事故の種類とはどのようなものか

金融事故の種類には主に以下のようなものがあります。

  • 2~3か月以上の返済金の長期の延滞
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産)
  • 支払いができなくなった代わりに第三者が支払いを行う代位弁済
  • 金融機関側から一方的に契約を解除される強制解約

これらの金融事故情報が申込者の信用情報に一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この事故情報(異動情報)があると、返済能力に問題があるとみなされ、プロミスの審査に落ちてしまします。

プロミスの審査に通過するためには信用情報に記載されている金融事故情報が消えるのを待つしかない

消費者金融会社や銀行などの金融機関またはクレジットカード会社で延滞や滞納があった場合には最長5年間、債務整理をした場合には最長10年間にわたって信用情報の利用状況に金融事故の記録(異動情報)が残ってしまいます。
つまり、金融事故を起こすと「ブラックリストに載ってしまいます。」
このような場合には、信用情報に金融事故が登録されているのを消えるのを待つ必要があります。
これらの金融事故の情報が消えている場合には、プロミスを含む消費者金融や銀行カードローンの審査に通過する可能性もあります。
下記に、長期延滞や自己破産などの金融事故の記録が消えるまでの期間を表にまとめましたので参考にしてみてもらえればと思います。

個人信用情報機関での事故情報の記録が消える期間
個人信用情報機関  複数の金融機関への申込履歴 延滞 債務整理 強制解約
CIC 6か月 5年 5年 5年
6か月 1年 5年 5年
KSC 8か月 5年 10年 5年

個人信用情報機関に金融事故情報(異動情報)が記録されてしまうと、いわゆるブラックリスト入りしてしまいます。それらの金融事故情報は最長1~10年は消えることはありません。

個人信用情報機関では、信用情報であるクレジットカードやローンなどの申込履歴、契約履歴、借入件数、借入残高の他に、金融事故情報も記録されています。金融事故情報が個人信用情報機関に記録されてしまうと、ブラックリストとして最長1~10年は消えることはありません。
また、個人信用情報機関に記録されている金融事故情報は、起こしてしまった金融事故情報によって制限期限が異なります。「個人再生(民事再生)」「自己破産」などの債務整理であれば、およそ5~10年は、金融事故情報として個人信用情報機関に記録が残り続けます。

たとえ、過去に長期返済の遅延や債務整理ちいった金融事故を起こしてしまって、信用情報に金融事故の記録(異動情報)が記載されてしまったとしても、完済や債務整理の手続きから10年以上経過した場合は、信用情報から金融事故の記録が消えるため、プロミスの審査に通ることもあります。そのため、安定した収入があれば、プロミスに申込することをおすすめいたします。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

プロミスの借り入れを債務整理するとプロミスの社内記録に半永久的に残る

プロミスで借り入れして債務整理などの金融事故を起こすと、「社内ブラック」として半永久的にプロミスの社内に金融事故の記録が残ります。そのため、個人信用情報機関から金融事故情報が消える5~10年が経過した場合でも、プロミスの審査に通ることはありません。
これは、プロミスだけなく他の消費者金融や銀行などのなどの金融機関も同様です。過去に債務整理などの金融事故を起こしてしまった方は、個人信用情報機関から金融事故情報が消えていたとしても「債務整理を行っていないカードローン会社」の利用を検討しましょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!


信用情報から事故情報が消えていているのであれば審査に通過する可能性もある

プロミスでは、過去に債務整理をしていてもまれに審査に通過する可能性もあります。過去に自己破産などの債務整理をしたことがありプロミスの審査に通るかどうか心配な場合には、事前に、プロミスのWEB上で借入シュミレーションをいうお試し診断を受けてみてはいかがでしょうか。

プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション

プロミスなどの消費者金融や銀行が金融事故を起こした人に融資できない理由

プロミスを含むカードローン会社が債務整理や長期の滞納などの金融事故を起こした人に、融資をできない理由には、株主に対して説明ができない税務上の損金扱いにできないからです。
金融事故を起こした人にお金を貸しても回収できる見込みは低く、株主から「融資自体していることに問題がある」と言われても株主を納得させる説明ができません。

また。1年以上返済が滞っている場合には貸し倒れとして処理できますが、任意整理などの金融事故情報がある人にお金を貸してしまうと貸し倒れとして認めてもらえず、税務上の損金扱いにできないためです。

信用情報に自己破産の記録が残っているであれば中小消費者金融での申し込みを検討する

大手消費者金融と異なり、中小の消費者金融の場合、ブラック(過去に長期の滞納や債務整理などがある状態)でも、現在完済しており、安定した収入があれば、審査において柔軟な対応をしてくれる業者が多いです。
中小消費者金融は大手消費者金融に比べて、知名度や信用力ないため大手消費者金融であれば審査に落ちてしまうような過去に金融事故があった方でも、現在安定した収入があれば借り入れできるというような独自審査をしているためです。ただし、中小消費者金融のキャッシングも総量規制対象です。そのため、無職や無収入の場合には中小消費者金融も利用できませんので。ご注意ください。
中小消費者金融は、テレビCMや広告を大々的にしているわけではないので知名度がありません。しかし、安定した収入がありたとえブラックでも現在返済能力があると判断されば、お金を借りることが可能です。
下記に、優良な中小消費者金融のリストをあげておきますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

上記のような中小消費者金融は、全国に展開している業者というよりも、地方を中心に活動している中小の消費者金融が多いです。
もし、プラックリストに載ってしまって、プロミスでの借り入れができないようでしたら、中小消費者金融での借り入れも検討してみてはいかがでしょうか。

自己破産の履歴が原因でたとえプロミスの審査におちてしまってもヤミ金(闇金融の)利用は絶対に避ける

自己破産者や多重債務者で無審査での融資可能と売りにするカードローン会社はヤミ金(闇金融)です。
ヤミ金の場合取り立て方法や手段が違法のケースや利息制限法を超えた10日で1割~3割といった法外な利息を請求されるケースもあります。契約者が経営者の場合は会社関係者や取引先へ、既婚場合は、配偶者の親戚まで取りたてに来たという事例もあります。そのため、自己破産が理由でプロミスの審査に落ちてしまっても、ヤミ金を利用するには絶対にやめましょう。

プロミスの借金が返せなくて困っている場合にはどうしたらいいのか

まず、プロミスの借金に困っているのであれば、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することをおすすめします。法律の専門家に相談すると顧問料などお金がかかると思いがちですが、最近では弁護士事務所でも借金についての無料相談などを行っていますので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。
ただし、司法書士に依頼する場合には注意が必要です。なぜなら、司法書士は簡易裁判所管轄の代理権しかもっていないために。債権額が140万円を超える案件の交渉などがスムーズにいかなくなることもあります。借入れの金額が140万円を超えている場合には、最初から弁護士の依頼を検討しておくほうがよいでしょう。

プロミスでの借金を債務整理する方法がわかっていただけたでしょうか。もし、プロミスでの借金で返済ができずお悩みなら、一人で悩んでいないで、すぐに弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談することをおすすめいたします。
最近では、自治体などで法律の無料相談ができる場所もありますので、たとえお金がなくても専門家への相談は難しくありません。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間