プロミスでの借金を債務整理するには

プロミスで返済できない借金を抱えている方も少なくないと思います。

借入れした当初は、きちんと返済期日に返済できていたのに、体調を崩して働くことができなくなってしまったなど様々な理由で、プロミスに返済できない事態が生じてしまった場合どうしたらいいのでしょうか。

そんな時には、プロミスでの借金を放置するのではなく、債務整理などで借金の整理をしたほうがいいでしょう。

なぜなら、プロミスは借金の返済できない人に、取り立ての電話や場合によっては差し押さえなどの措置をとります。そのような事態にならないためにも、借金の整理である債務整理をすることができます。

では、プロミスの借金を債務整理するにはどのような手続きをしたらいいのかをご紹介いたします。

債務整理とは借金の整理をすること

債務整理とは抱えすぎてしまった借金に対して支払い能力がなくなってしまったりやむを得ない何らかの事情により返済できない際に使用する法的な手続きをいいます。
簡単に誰でもできるというわけではありませんので注意が必要です。
債務整理には複数の種類があり、自分の借り入れ額や今後の返済状況に合わせて選択する必要があります。

債務整理の種類は3種類である

債務整理の種類は下記の3つの種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

に分けられます。それぞれに、手続きが異なりますので、各項目ごとに詳しく解説します。
一般的には債務整理を行う際は専門の弁護士に依頼する方法がいいかと思います。手続きは専門性が高く非常に高度でかなりの知識が必要だからです。
個人で対応できるようなものではないということを理解しておきましょう。最近では債務整理を取り扱っている弁護士団体のCMも多いと思いますので、
信頼できると思われる弁護士事務所で相談されることをお勧め致します。それでは。それぞれの債務整理について詳しく解説いたします。

任意整理は払っていた利息分を元金の返済にあてること

任意整理とは裁判所や公的機関を通さずに債権者と債務者間で示談の形をもって進める債務整理です。
プロミスなどの消費者金融業者などの債権者と直接話し合い今後の返済計画を立て直すという整理方法です。任意整理後は利息がカットされ、元金のみを返済していくという流れになります。
また、もしも高金利で利用していた場合は過払い請求と併用することで元金をさらに減額できる可能性があります。任意整理は、現在収入もあり借金を返していきたいけど、現状の返済額では返済が困難になってしまう方には最適な債務整理方法です。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理の大きなメリットは将来の利息をなくすことができる

任意整理のメリットとして挙げられるのは下記の3つです。

  • 将来に支払うべき利息をなくすことができる
  • 現実的な返済計画を立てることができる
  • 一部の債権者のみに手続きが可能

特に、任意整理は将来の利息をなくすことができる点です。これにより、債務者の返済の負担が軽減され、現実的な返済計画を立てるのか可能となります。

任意整理のデメリットはブラックリストに載ってしまうこと

任意整理はメリットだけなくデメリットもあります。任意整理の代表的なデメリットとして下記の2つが挙げられます。

  • 信用情報機関に事故情報が登録される
    (すべての債務整理が事故情報に登録されます。)
  • 債権者との交渉が難航するケースがある

一番のデメリットは、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうところだと思います。過去に債務整理をしたという事故情報が登録されてしまうと、最長で10年の間は消費者金融やクレジットカード会社またが銀行などからの新規での借り入れができなくなってしまいます。

過払い金請求とはどのようなものか

過払い金請求とは、利息制限法で定められた金利を超過して支払った分を返還請求することです。今ではどのカードローンでもこの利息制限法に基づき最高でも年利18.0%と設定されている金融会社がほとんどですが、以前から利用している債務者の中には18.0%の金利を超えている場合があるため、その分の多く支払った利息分を返還請求できます。
利息制限法は2006年に改定されているので、それ以前に借金があった方は過払い請求ができる可能性があります。

個人再生は任意整理と自己破産の中間の手続き

個人再生とは民事再生法に基づいた債務整理の一つです。こちらは任意整理と違い、裁判所への申し立てが必要となります。
後述する「自己破産」はしたくないけど、借金の返済の目処がたたないない場合などがこの個人再生に該当します。

個人再生の手続きをした場合には債務額が5分の1に減る

個人再生の手続きは基本的に安定した収入があることが条件となります。逆に安定した収入がない無職の方は個人再生を利用することができません。
また、個人再生は借金事由を問われないという特徴も持っています。その為免責が下りず借金が清算できない。ということがありません。
また、個人再生の場合は借金総額の1/5または100万円までの資産の所有を認められます。住宅ローン特別条項を利用すれば、住宅を残すことも可能です。
裁判所を通した場合の債務整理はこのように資産の所有にも制限が出てきます。
個人再生をした場合、債務額の5分の1または、100万円にして原則3年間かけて返済していきます。その為、しっかりと返済できるか裁判所が見極める必要がありますので
家計簿の提出が義務付けられます。また場合によっては銀行口座の残高もチェックされます。

自己破産手続きをすると借金を免責(チャラ)にできる

自己破産とは、裁判所から免責をもらうことにより、借金を完全に無くすことができる方法です。債務整理の中でも最終手段という位置づけになります。
任意整理、個人再生でどれだけ借金を減額させてもどうにもならず、支払うことができないという場合にこの手段が選択されます。
また、自己破産の場合は免責不許可事由が設定されており、ギャンブルなどの浪費で借金が返済できなくなった場合には、債務の免責が許可されないこともありますので、注意してください。なお、裁判所の指導により免責が下りることがあります。
借金が無くなるということはその分デメリットも大きいということを理解してください。それでは、自己破産手続きをした際のデメリットについて解説いたします。

自己破産手続きをすると財産を処分しないといけない

住宅や車などを持つことが難しくなります。持っている場合はもちろん全て手放すことになります。これは20万円を超える財産を残すことができなくなるという制限が付くためです。また、居住地を離れることができなくなりますので、復権(一般人の状態に戻る)するまでは旅行や引っ越しができなくなります。

他にも、自己破産をした事実が官報に載ったり、特定の資格が取得できなかったり復権まで資格を失ったり、警備員や生命保険の外交員など特定の職業に就くこともできなくなります。

プロミスの借金を債務整理するメリット・デメリット

プロミスの借金を債務整理するメリット

プロミスは大手消費者金融ということもあり債務整理の交渉などもスムーズに進めてもらえます。これはプロミスはSMBCグループであるため中小の消費者金融に比べて資金的に余裕がある為です。
債務整理のメリットとしては基本的には返済する総額を減額することができます。
借金の総額がどのくらい減額されるかは、債務整理のどの方法を選択するかにもよりますが、どの債務整理でも借金の額は減ります。

また、債務整理の手続きを行うと、たとえ借金を全額完済していなくてもプロミスからの催促(取り立ての電話や催促状)は完全に停止します。
そのため、取り立てなどで心の余裕をなくしてしまい将来のことが考えられなくなってしまった場合でも、取り立てや催促がなくなることで今後のことを考えることができます。また、自己破産を選択しない限りは基本的に債務が0円になることはありません。
任意整理や個人再生の場合は利息や債務自体を一部カットしますが返済義務は継続します。プロミスとの交渉により任意整理を行った場合には、将来の利息も含めて利息分の支払いは免除されます。個人再生の場合は総額の1/5または100万円に債務が圧縮されます。
以降は計画的な返済を行うことで、最終的には貯金をすることを目標とすることができますので、将来の見通しが立つようになるでしょう。

プロミスの借金を債務整理するデメリット

債務整理をするデメリットとして、信用情報に金融事故の記録がなされます。
金融事故とは長期の遅滞や滞納、債務整理など返済になんらかの問題があったというもので、いわゆるブラックリストの載るということになります。
よって、5年程度はプロミスを含む消費者金融業者での借り入れ、クレジットカードが作ることができなくなります。(申し込みをしたとしても審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなります)

また、債務整理の中でも個人再生や自己破産の手続きをすると、債務者の財産を一部手放なければならくなりますので、十分に検討してから手続きしましょう。

プロミスの借金が返せなくて困っている場合にはどうしたらいいのか

まず、プロミスの借金に困っているのであれば、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することをおすすめします。法律の専門家に相談すると顧問料などお金がかかると思いがちですが、最近では弁護士事務所でも借金についての無料相談などを行っていますので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

ただし、司法書士に依頼する場合には注意が必要です。なぜなら、司法書士は簡易裁判所管轄の代理権しかもっていないために。債権額が140万円を超える案件の交渉などがスムーズにいかなくなることもあります。借入れの金額が140万円を超えている場合には、最初から弁護士の依頼を検討しておくほうがよいでしょう。

プロミスでの借金を債務整理する方法がわかっていただけたでしょうか。もし、プロミスでの借金で返済ができずお悩みなら、一人で悩んでいないで、まずは無料相談でもかまいませんので、すぐに弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談をおすすめします。