デリケートゾーンが臭い原因と対策

デリケートゾーンの匂いは普段からそこまで気にするようなものではありませんが、トイレに座った時や下着を脱いだ時などふとしたタイミングで「くさいかも…」と感じることがあります。

なかなか他人と比べることもない部分なので、自分のにおいが他の人と比べてくさいのか、そうではないのか気になりますよね。

生理時に感じる生臭さや、汗をかいた日の汗臭さなど、少しの臭いは女性なら誰でも感じている悩みです。

ただし誰でも感じているからといってにおいが気にならなくなるわけではないため、そのにおいの原因を知り、対策方法を練っていきましょう。

デリケートゾーンが臭くなる原因

デリケートゾーンのにおいの元になる原因はいくつかあります。

生臭いにおいの場合

生臭さを感じる場合には2つの理由が考えられます。

まず、生理時に感じる生臭さであれば、経血によってにおっているものです。

実は経血自体はもともと生臭くありません。
人間の身体には生まれる際に産道を通ることで母親の体からもらった病原性のない細菌(常在菌)が存在しており、これが経血に混じることによってにおいを発するようになっています。

特に下着やナプキン、またはストッキングやきついズボンなどによって締め付けられ、高温多湿になったデリケートゾーンは雑菌にとって繁殖しやすい環境にあります。
経血やおりものなどを餌に、細菌がどんどん増えてしまうわけです。

このようなメカニズムから生理の時に感じるにおいは自然なものと言えます。

もし、生理時以外に生臭さを感じる時は性感染症の可能性もあります。

細菌性膣炎、淋菌感染症、トリコモナス膣炎といった感染症はおりもののにおいを生臭くします。
これが下着などに付着したにおいを嗅ぐと生臭さを感じるわけです。

汗臭いにおいの場合

デリケートゾーンには汗を分泌させる汗腺が存在しているため、暑いときには普通に汗をかくものです。
また、性交時など興奮している時にも汗は分泌されています。

普段汗をかくと「汗臭い」と感じることがあると思いますが、デリケートゾーンも同じような原因で臭くなるのです。

これも身体についている細菌のうち、悪玉菌が汗や汚れた皮脂を食べて分解した時に発生するにおいです。

デリケートゾーンは高温多湿なので汗をかきやすく、細菌にとっても繁殖しやすい場所であることから汗臭くなりやすいのは仕方のないことと言えます。

ワキガ臭がする場合

デリケートゾーンの毛穴にはアポクリン腺とよばれる汗腺が存在しています。

ワキガ体質の人の場合、アポクリン腺から分泌される汗を細菌が分解することでワキガ独特のにおいがするようになるわけです。

一般的に腋の下からするワキガ臭と同じなのですが、乳輪や陰部から発生するにおいを「すそわきが」と呼びます。

気になるようであれば医師の診察を受けるのをおすすめしますが、クリアネオなどの市販薬も販売されています。

チーズ臭い、かび臭い場合

デリケートゾーンの洗浄方法は誰かにしっかりと習うものではありません。

そのため、洗い方を適当にしてしまっていて、陰核の包皮部分や陰唇の溝部分に恥垢と呼ばれるカスが溜まってしまっている人も多いです。

このカスは尿や汗、皮脂などが固まったものであり、とても強烈なにおいを発します。
ブルーチーズのようなむわっとするにおいが気になる場合には洗浄がしっかりできていないことが原因と考えられます。

酸っぱいにおいの場合

デリケートゾーンから発せられるにおいが酸っぱいものである場合には、おりもののにおいであることが考えられます。

おりものはデーテル桿菌という乳酸菌のおかげで酸性になっており、もともと酸っぱいにおいがするものなので、このにおい自体に特に異常があるわけではありません。

日によって臭くなることがある場合

普段はあまりにおいが気にならないけれど、日によって臭く感じることがあるという場合には、食事内容が関係していることがあります。

例えば肉を食べた翌日にはにおいがひどくなる、といったように、細菌が食べる汗に含まれる成分は食事内容によって微妙に違ってきます。

これも普通のことなので、あまりに気になる場合以外はそこまで気にしなくても良いでしょう。

デリケートゾーンのにおい対策

デリケートゾーンのにおいは、原因を見る限り「ほとんどが細菌によるもの」というのがわかるかと思います。

ただしにおいがするからといって、この細菌を死滅させることは身体にとってよくないことですし、上手に付き合っていかなければなりません。

そこで対策するべきこととしては、デリケートゾーンを清潔にすること、通気性をよくすることです。

デリケートゾーンを清潔にする

細菌が汗や皮脂などを食べることでにおうわけですから、細菌にとっての餌が少ない状態を作っておくのがベストです。
たとえば生理中のナプキンを面倒くさがって替えない、おりものが少ないからおりものシートを一日中使う、などというようなことがあると、そこからにおうこともあるわけです。

アンダーヘアに尿などの排泄物が付着したままの状態の時にはアンモニア臭がすることもあります。

汗をかいたらすぐに拭き取るようにするだけでもにおいを抑えることに繋がりますが、デリケートゾーンの場合はそういうわけにもいかない部分が難点ではありますね。

また、清潔にすると言っても、膣内を過剰に洗浄してしまうと善玉菌を弱め、膣の自浄作用が薄まってしまうことにも繋がります。
膣内環境が悪くなれば、余計ににおってしまうこともあるので注意が必要です。

対策法としては携帯用ビデのような専用の膣内洗浄ケアグッズを用いることで適切なケアを心掛けましょう。

通販で買える商品では膣洗浄ジェルのインクリアなどが有名です。

生活習慣の見直し

人間の体臭は食事内容一つで変わるものです。

普段から肉中心の食事が多い場合にはバランスのとれた食生活を心掛けるだけでも効果的。
デリケートゾーンのにおいは大きく変わってきます。

また、十分な睡眠や適度な運動、ストレスを溜め込まないといった生活習慣の改善によってホルモンバランスを整えることも重要です。

通気性をよくする

デリケートゾーンが高温多湿になるのを防ぐためには通気性を良くしてムレを防ぐ必要があります。

通気性の良い下着を着用する、締め付けの過ぎるズボンは履かない、おりものシートやナプキンも通気性の良いものを選ぶなどで解消していけます。

デリケートゾーン専用石鹸を使う

デリケートゾーンのにおいの原因として、洗浄力が強い市販の石鹸を使うことによる「洗いすぎ」も挙げられます。

洗いすぎてしまうと膣周辺にいる常在菌の善玉菌を多く流してしまうことになり、汗や皮脂を分解する際に嫌なにおいを発する悪玉菌が増えてしまう可能性があるのです。
そこで、デリケートゾーン専用に作られた弱酸性ボディソープを用いることがおすすめします。

ボディーソープを替えるだけでなく、ケア方法も気をつけなければなりません。
ナイロンタオルで強く洗ってしまうのはNGで、きめ細かい泡を立てて、優しく洗うのがベターです。
泡で陰部をパックする泡パックという方法もあります。

いずれの方法にしても泡を上手く使って刺激を極力与えないように洗うことが重要です。

病院で治療する

婦人科系の病気の症状によるものであった場合、自宅で清潔にしていてにおいがなくなるといったことはありません。

病院でにおいの原因となるものを特定して、そのうえで膣錠などを処方してもらい、ケアしていくという治療法が必要になってきます。

性病だけでなく、膣内のカンジダ菌が異常に増えてしまうカンジダ膣炎のようなものから、原因不明のものまであるので、強いにおいを感じる場合やおりものの量や状態に変化があった場合、かゆみがある場合などは要注意です。

また、子宮内膜症のようにおりもの状態に変化があるもののにおいが普段と変わらない症状もあります。
この場合にもできるだけすぐ婦人科を受診するようにしましょう。