アコムは無職でも審査に通過してお金を借りることが可能か

無職になってしまうと職に就いていたときよりもお金のことが心配になると思います。
安定した収入があるときよりも急な出費または日々の生活費にお金が必要なこともあるでしょう。
では、無職でもアコムカードローンを申し込み、審査に通過して、お金を借りることができるのでしょうか。

結論からいいますと、アコムを含む消費者金融は、安定した収入がないとお金を借りることができません。

それでは、現在、職についていない人は、消費す者金融や銀行などの金融機関からお金を借りることができないのでしょうか。ここでは、無職をタイプ別に分類して安定収入のある方、専業主婦の方、学生の方、年金生活者の方、休職中や失業中の方に消費者金融会社以外でお金を借りる方法などもご紹介いたします。

定期収入があれば無職でもアコムの審査に通過してお金を借りることができる

アコムカードローンのの申し込み条件には、

20歳~69歳の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

と記載されています。
申込の利用条件の中に「無職の方に貸付は一切できない」や「会社員や公務員の方のみが貸付対象」とは記載されていません。
つまり、職についてなくても不動産や投資などで定期的な収入があり、アコムが返済能力があると認めれば、アコムでお金を借りることは可能です。
安定した収入がある場合には、アコムの申し込み条件をみたしているので申し込みが可能です。アコムのインターネットの申し込みは下記です。

申込者に安定した収入がないとアコムからの借り入れはできない

専業主婦や無職で無収入の方は、基本的にアコムでのキャッシングを利用することはできません。理由は2つあります。

アコムは総量規制の対象である金融機関であることとアコムの申し込み資格である「安定した収入」の条件を満たすことができないということです。

アコムは総量規制の対象のカードローンである

総量規制とは、消費者金融会社やクレジットカード会社(キャッシング枠)などの貸金業者は、利用者の年収の3分の1を超える金額の個人への貸付を禁止する法律です。
つまり、年収が0円の場合には、消費者金融やクレジット会社から借り入れ可能な利用限度額の上限も0円ということになるので、アコムから融資を受けることできません。

加えて、プロミスやアイフルなど大手消費者金融も、アコムと同様の理由で、「安定した収入」がない場合には、借り入れをすることができません。

「安定した収入」とは給与収入や事業収入・投資や不動産収入など

アコムの申し込み条件は「20歳~69歳で安定した収入と返済能力を有する方」と公式ホームページに記載されております。
それでは「安定した収入」というのはどのような収入なのでしょうか。
安定した収入というのは、主に下記の4つが該当します。

  • 給与収入
  • 事業収入
  • 不動産収入
  • 投資による収入

それでは、安定した収入の種類を順にみていくこととしましょう。

会社員やパート・アルバイトなどは給与収入

会社に勤務してお給料をもらっている場合が該当します。この際、正社員、派遣社員やアルバイト、パートなどの勤務形態や固定給、歩合給などの給与形態も問いません。

自営業者や個人事業主は事業収入

事業収入とは自営業などで、個人事業主として事業を行っている際の収入です。また、インターネットでのアフィリエイト収入も事業収入として認められています。

不動産収入

不動産収入とは土地や建物から得られる収入のことです。マンションやアパートなどの賃貸収入や家賃収入などもこの中に含まれます。

投資による収入

投資による収入とは株や投資信託またはFXなどの投資によって得られた収入といいます。
上記の収入があることと、これらの収入が原則として月1回以上あることがアコムの申し込み条件となります。つまり、職についていなくても月に1回以上、事業収入や不動産収入がある場合には「安定した収入」があるとみなされ、アコムを利用できるということになります。
(アコムカードローンの申し込みについては、「アコムカードローンの申し込み方法」で詳しく解説しております。」

年金やお小遣い・仕送りなどは安定した収入とはみなさない

また、アコムでは主に下記の3つが収入として認められておりません。

  • 生活保護費・年金などの国や地方公共団体から補助金など
  • ギャンブルで得たお金
  • 他人からもらったお小遣いや仕送り

上記の3つの場合、金額の多い少ないにかかわらず、アコムでは収入とはみなされませんので注意が必要です。
特に、年金生活者の場合は、年金の他に収入がないと無職をみなされてしまいますので、注意してください。

アコムは総量規制の対象ローンのため年収の3分の1を超える借り入れはできない

総量規制とは、アコムやプロミス、アコムなどの消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合には、利用者は年収の3分の1を超えてはいけないという規制です。この規制は、借りすぎによる多重債務から利用者を守るために貸金業法と法律に定められたものです。

例えば、年収300万円の人が、他の消費者金融業者から60万円借り入れている状態でアコムのカードローンの申し込みをした場合、借入金の総額が100万円となりますので、アコムで借りられる上限額は40万ということになります。
つまり、無職で収入が0円の場合には、貸金業者から借り入れできる金額も0円ということになります。
アコムの総量規制については、「アコムカードローンは総量規制の対象」で詳しく解説しております。

無職(無収入)の方がアコムを利用できるようにするにはどうしたらいいのか

それでは、安定した収入がない方がアコムを利用するにはどうしたらいいのでしょうか。
安定した収入のない方がアコムを利用するためには、アルバイトでもいいので安定した収入を得ることが必要です。

アルバイトをして安定した収入を得る

無職の場合、基本的にはアコムやプロミスなどの大手消費者金融ではお金を借り入れることはできません。よって、収入を得るためにアルバイトでもいいので、安定した収入を得る必要があります。

アコムは安定した収入があればアルバイトでもパートでも利用可能

就職といっても正社員である必要はなくパートやアルバイトや派遣社員でも問題ありません。アコムでのパート・アルバイトの審査については、「アルバイト・パートでもアコムで借り入れできる」で詳しく解説しています。もし、アコムをはじめとする消費者金融からお金を借りるのであれば、職をみつけてから申し込みするようにしましょう。

アコムでの審査に心配な場合には申し込み前に3秒診断をしてみる

アコムではインターネット限定の診断サービスととして「3秒診断」という、インターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスもあります。この3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。


アコムのホームページには「3秒診断」というネット限定で融資の可否を診断ができるサービスがあります。このサービスは必要な事項を入力するだけで、アコムからの融資が可能かどうの目安判断してくれるものです。

アコムの3秒診断の診断方法

3秒診断では、住所、氏名といった個人を特定するものを入力することがありません。
3秒診断に入力する情報は下記となります。

  • 年齢
  • 他社の借り入れ状況

上記に記載されている「他社の借り入れ状況」とは貸金業者からの借り入れのことです。ですから、他社消費者金融業者やクレジット会社からの借り入れ件数と合計金額を入力すればいいわけです。
3秒診断のページで必要事項を入力し、診断開始のボタンを押すとすぐに診断結果がわかります。
診断結果は、下記の2通りが表示されます。

「お借入できる可能性が高いです。」
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」

ただし、3秒診断で「ご融資可能と思われます」と表示がなされても審査に落ちることはありますので注意しましょう。3秒診断はあくまでも融資可能かどうかを判断してくれる1つの目安と考えておくとよいでしょう。

現在収入のない方でも金融機関からお金を借りるためにはどうしたらいいのか

無職(無収入)の場合まったくお金を借りることは難しいのでしょうか。無職のタイプをおおまかに5つに分類しました。
それでは、この5つのタイプから銀行などの金融機関よりお金を借りることができるケースとできないケースなどを見ていきましょう

  • 専業主婦の場合は配偶者控除を利用する
  • 学生の場合は目的別ローンや学生ローンを利用する
  • 病気で休職中の場合は傷病手当金を申請する
  • 求職中の場合には失業保険の申請する
  • 年金で生活している場合には年金以外に収入があればアコムを利用できる

それでは項目ごとに詳しく説明いたします。

専業主婦の場合は配偶者控除を利用する

専業主婦の場合、パートや内職などで安定した収入がある場合にはアコムの申し込み条件をみたしているといえますので融資を受けられる可能性があります。一方、収入がない場合には無職扱いとなってしまいアコムからの融資を一切受けることができません。また、専業主婦の場合には総量規制の例外として配偶者と合算して年収の3分の1まで借りを行うことができる配偶者貸付制度がありますが、アコムでは配偶者貸付制度は行っておりません。配偶者貸付制度などが利用できる銀行カードローンを検討してみるのもいいでしょう。

学生の場合は学生ローンや目的別ローンを利用する

アコムの申し込み条件として20歳以上69歳以下の安定した収入がある方と記載されていますので、未成年者の場合にはアコムからお金を借りることはできません。成人している学生の場合に、アルバイトなどで安定した収入があればアコムからお金を借りることもできます。未成年者の学生の場合は、学生ローンや旅行や運転免許取得など使用用途を限定した目的別ローンであれば利用できるところもあるでしょう。

病気で休職している場合には傷病手当金を申請する

アコムではたとえ退職しておらず在籍確認の電話で申込者の勤務先が確認されたとしてもと、病気で休職しているの場合や産休中の場合には無職扱いとみなされ審査に通ることはないでしょう。休職中に業務外で負ったけがや病気で休職を余儀なくされ、給与収入などの収入がなくなってしまった場合には傷病手当金を申請してみるのも1つの手段です。
傷病手当制度の詳細については、会社が加入している健康保険組合などに問い合わせてみるといいでしょう。また、生活保護を受けている場合も無職扱いとみなされ、アコムからの融資をうけることができません。生活が苦しくお金が必要な場合には、消費者金融機関や銀行などより審査には時間がかかりますが、生活福祉資金貸付制度など公的機関より融資を受けることも可能です。

求職中の場合には失業保険の申請する

求職中場合、アルバイトやパートをしていれば安定した収入があるとみなされアコムからの借り入れが可能です。しかし、アルバイトやパートをしておらず収入がない場合にはアコムからの借り入れはできません。求職中の場合、条件によっては失業保険の給付を受け取れることもあります。最寄りのハローワークなどに失業保険について相談してみてはいかがでしょうか。

年金で生活している場合、年金以外の収入があればアコムを利用できる

アコムでは申し込み資格の年齢を20歳以上69歳以下としています。そのため、70歳を超える年齢の場合には、アコムからの借り入れの申し込みはできません。また、69歳以下の年齢でも年金は安定した収入とはみなされませんので、年金以外の正社員やアルバイトをしているまたは不動産収入や株、投資信託など投資での収入のある方であればアコムから融資をうけることが可能となります。

お金を借りる以外でお金を得る方法

どうしてもお金がない場合には、お金を借りるだけでなくお金を得るをいう手段もあります。
とくに無職の方などはお金を借りる前に、まずお金を得る方法を検討してみてはいかがでしょうか。

アルバイトをする

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りずにお金を得るには、アルバイトなどをして収入を得ることが近道です。また、アルバイトをすることによってアコムを利用できるようになりますので、もし現在何も仕事をしていないようでしたらまずアルバイトをしてみることをおすすめします。

家に眠っているものを売却してお金に換える

家にあるさまざまな物品を売るってみることもお金を得る方法の1つです。時計・貴金属やブランド品、また本、DVDなどオークションやリサイクルショップまたは買取専門店で売ることができます。また、着物や切手、古銭なども専門の買取業者に売ることができますので、インターネットなどでどんなもの売れるのかの情報を収集してみるのもいいでしょう。

中には無職でも借り入れができる中小消費者金融業者も存在しますが、そのような業者の中にはヤミ金や違法な金利を取る悪徳業者も存在しますので、注意しましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間