無職でもアコムでお金を借りられるのか?

失業して無職になってしまうと、仕事についていたときよりもお金のことが気になると思います。
安定した収入があるときよりも急な出費または日々の生活費にお金が必要なこともあるでしょう。では、無職の方でもアコムカードローンを申し込み、審査に通過して、お金を借りることができるのでしょうか。

結論からいいますと、無職(無収入)の人は、アコムを含む消費者金融でお金を借りることができません。

それでは、現在職についていない人は、アコムや消費者金融や銀行からお金を借りることができないのでしょうか。

ここでは、無職をタイプ別に分類して、定職についていないが安定収入のある人、専業主婦、学生、年金生活者、休職中や失業中の人へ、アコムを利用できるのかについて詳しく解説いたします。また、カードローン以外でお金を借りる方法などもご紹介いたします。

安定した収入があれば無職でもアコムを利用できる

アコムカードローンの申し込み条件には、次のように記載されています。

20歳~69歳の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムの申込の利用条件は、「無職の方に貸付は一切できない」や「会社員や公務員の方のみが貸付対象」とは記載されていません。
つまり、定職についてなくても不動産収入や投資収入などで月1回以上の定期的な収入があり返済能力があると認めれば、アコムでお金を借りることは可能です。

会社に所属していなくても安定して収入と認められる収入

以下に当てはまる人は、たとえ、安定した収入があるとして認められるため、毎月一定額の収入があればアコムを利用することが可能です。

  • 不動産収入やアパート・マンションなどの賃貸収入や家賃収入がある
  • 株やFXといった投資での収入がある
  • クラウドソーシングを利用してライターやデザイナーをしている
  • インターネットでのアフィリエイトサイトを運営している
  • ECサイトを運営しており収入がある
  • 個人でネットワークビジネスを運営している

定職についていなくても上記のような安定した収入がある場合には、アコムの申し込み条件をみたしているので申し込みが可能です。
上記にあげた収入をアコムに申告する場合には、自営業者として申告します。そのため、アコム申し込みをする場合には、確定申告書または所得証明書といった収入証明書類を事前に準備しておきましょう。

アコムカードローン
アコム

収入が少なくアコムの審査に通るかどうか不安な場合には申し込み前に3秒診断をしてみる

会社には所属しておらずアコムでの申し込みを検討しているのであれば、事前に3秒診断をして融資できるかどうかを確認したほうがいいでしょう。

    アコムではインターネット限定の診断サービスとして「3秒診断」という、インターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスもあります。

    この3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、「年齢」「年収(総支給額)」「カードローン他社お借入状況」の3つの項目を入力するだけで、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。
    ※現在、会社に所属しておらず収入がある方の場合には、3秒診断の年収欄には家賃収入や賃貸収入または個人での事業収入を記載しましょう。


アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり


安定した収入がないとアコムを利用することができない

専業主婦や無収入の方は、基本的にアコムでのキャッシングを利用することはできません。
理由は2つあります。アコムは総量規制の対象である金融機関であることとアコムの申し込み資格である「安定した収入」の条件を満たすことができないということです。

企業からの内定を得ている場合でも実際の収入がないとアコムを利用できない

たとえ、企業から内定を得ている状態であっても、実際に収入が無ければアコムの審査には通過できません。
つまり、アルバイトやパートなどで収入がある内定者は問題ありませんが、無収入の内定者の場合には安定した収入がないとみなされアコムを利用することができません。
(ちなみに、アコムACマスターカードも申込条件もアコムカードローンと同じ申込条件であるため、安定した収入がないとアコムACマスターカードの申込はできません。)

なお、内定者が就職したあとも勤続0か月の場合には、収入があるとみなされず、無職と同じ扱いになってしまいます。

もし、新卒の内定者の場合には、アコムではなく、内定者ローンを利用してみたらいかがでしょうか。

アコムは総量規制対象であるため収入がないと利用限度額の上限が0円となってしまう

総量規制とは、消費者金融会社やクレジットカード会社(キャッシング枠)などの貸金業者は、利用者の年収の3分の1を超える金額の個人への貸付を禁止する法律です。無収入の場合には、消費者金融やクレジット会社から借り入れ可能な利用限度額の上限も0円ということになるので、アコムから融資を受けることできません。

安定した収入がない場合にすべての消費者金融は利用できない

また、アイフルなど大手消費者金融も、アコムと同様の理由で、「安定した収入」がない場合には、借り入れをすることができません。

安定した収入とは給与収入や事業収入・不動産収入をいう

アコムの申し込み条件は「20歳~69歳で安定した収入と返済能力を有する方」と公式ホームページに記載されております。
それでは「安定した収入」というのはどのような収入なのでしょうか。
安定した収入というのは、主に下記の4つが該当します。

  • 給与収入
  • 事業収入
  • 不動産収入
  • 投資による収入

それでは、安定した収入の種類を順にみていくこととしましょう。

会社員やパート・アルバイトなどは給与収入

会社に勤務してお給料をもらっている場合が該当します。
この際、正社員、派遣社員やアルバイト、パートなどの勤務形態や固定給、歩合給などの給与形態も問いません。

自営業者や個人事業主は事業収入とされる

事業収入とは自営業などで、個人事業主として事業を行っている際の収入です。また、インターネットでのアフィリエイト収入も事業収入として認められています。
アコムでは、このような事業収入のある自営業者や個人事業主でもお金を借りることが可能です。
関連項目:「アコムカードローンは自営業や個人事業主でも利用可能

不動産収入

不動産収入とは土地や建物から得られる収入のことです。マンションやアパートなどの賃貸収入や家賃収入などもこの中に含まれます。

投資による収入

投資による収入とは株や投資信託またはFXなどの投資によって得られた収入といいます。
上記の収入があることと、これらの収入が原則として月1回以上あることがアコムの申し込み条件となります。つまり、職についていなくても月に1回以上、事業収入や不動産収入がある場合には「安定した収入」があるとみなされ、アコムを利用できるということになります。
(アコムカードローンの申し込みについては、「アコムカードローンの申し込み方法」で詳しく解説しております。」)

年金やお小遣い・仕送りなどは安定した収入とはみなさない

また、アコムでは主に下記の3つが収入として認められておりません。

  • 生活保護費・年金などの国や地方公共団体から補助金など
  • ギャンブルで得たお金
  • 他人からもらったお小遣いや仕送り

上記の3つの場合、金額の多い少ないにかかわらず、アコムでは収入とはみなされませんので注意が必要です。
特に、年金生活者の場合は、年金の他に収入がないと無職をみなされてしまいますので、注意してください。

アコムは総量規制の対象ローンのため年収の3分の1を超える借り入れはできない

総量規制とは、アコムやプロミス、アコムなどの消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合には、利用者は年収の3分の1を超えてはいけないという規制です。この規制は、借りすぎによる多重債務から利用者を守るために貸金業法と法律に定められたものです。

例えば、年収300万円の人が、他の消費者金融業者から60万円借り入れている状態でアコムのカードローンの申し込みをした場合、借入金の総額が100万円となりますので、アコムで借りられる上限額は40万ということになります。
つまり、無職で収入が0円の場合には、貸金業者から借り入れできる金額も0円ということになります。
アコムの総量規制については、「アコムカードローンは総量規制の対象」で詳しく解説しております。

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり


無職(無収入)の方がアコムでお金を借りるには

それでは、安定した収入がない方がアコムを利用するにはどうしたらいいのでしょうか。
安定した収入のない方がアコムを利用するためには、アルバイトでもいいので安定した収入を得ることが必要です。

アルバイトをして安定した収入を得る

無職の場合、基本的にはアコムやプロミスなどの大手消費者金融ではお金を借り入れることはできません。
よって、収入を得るためにアルバイトでもいいので、安定した収入を得る必要があります。

安定した収入があればアルバイトでもパートでも利用可能

就職といっても正社員である必要はなくパートやアルバイトや派遣社員でも問題ありません。

なお、パート・アルバイトの人の審査については、「アルバイト・パートでもアコムで借り入れできる」で詳しく解説しています。もし、アコムをはじめとする消費者金融からお金を借りるのであれば、職をみつけてから申し込みするようにしましょう。

現在収入のない方でも金融機関からお金を借りるためにはどうしたらいいのか

無職(無収入)の場合まったくお金を借りることは難しいのでしょうか。無職のタイプをおおまかに5つに分類しました。
それでは、この5つのタイプから銀行などの金融機関よりお金を借りることができるケースとできないケースなどを見ていきましょう

  • 専業主婦の場合は配偶者貸付や専業主婦でも利用可能な銀行カードローンを利用する
  • 無職の学生の場合には親や周りの人からからお金を借りる(
    消費者金融や銀行などの金融機関で借りることはできない)
  • 病気で休職中の場合は傷病手当金を申請する
  • 求職中の場合には失業保険の申請する
  • 年金で生活している場合には年金以外に収入があればアコムを利用できる

専業主婦は銀行カードローンまたは配偶者貸付を利用する

専業主婦の場合、収入がないため、消費者金融からお金を借りることができませんが、配偶者貸付という制度を利用することで、無収入でもお金を借りることが可能です。
配偶者貸付とは、総量規制の例外として、本人と配偶者の年収の合わせた3分の1を上限として消費者金融での貸付を認める制度です。
配偶者貸付制度を利用する場合には、申込み時に婚姻関係を証明する書類として住民票か戸籍抄本が必要になります。その上、アコムやプロミスといった大手消費者金融では配偶者貸付をおこなっていません。そのため、配偶者貸付を行なっている、ベルーナノーティス(配偶者貸付制度があり)とレディースフタバとレディースアスカ、キャネットに申込するようにしましょう。

また、専業主婦は、楽天銀行や横浜銀行などの銀行カードローンであればお金を借りることが可能です。
銀行は、貸金業の区分に属していないので総量規制(年収の3分の1を上限とすることなく)と関係なくお金を貸すことができます。

そのため、収入のない専業主婦であってもお金を借りることが可能ですし、実際に専業主婦の借り入れを認めている銀行は少なくありません。
専業主婦が銀行のカードローンを利用する場合は、配偶者の収入で申告を行います。その後、同意書等の提出が必要な場合は手続きを行います。中には同意書の提出が不要である銀行もあります。銀行といってもメガバンクや地方銀行だけでなく、楽天銀行カードローンなどのネットバンクでも利用可能です。

ただし、専業主婦は、配偶者の収入の3分の1よりも低い利用限度額しか認められない場合が多いです。

無収入の学生は親や周りの人からお金を借りる

学生であれば、アルバイトをして収入があれば、学生ローンを利用することができますが、学生ローンは消費者金融であるため、収入がない場合には、学生ローンを利用することができません。また、銀行カードローンも学生は利用できないことが多いため、収入のない学生は、消費者金融や銀行からお金を借りずに、親や周りの人からお金を借りるようにしましょう。

病気で休職中の人や失業中(休職中)で無収入の人は公的機関からお金を借りる

無収入であっても、失業保険、傷病手当金、生活福祉資金貸付制度、職業訓練など、公的機関からお金を借りることや給付を受けられます。
ただし、公的機関からお金を借りる場合には、申込からお金を借りるまで1週間~1ヶ月程度かかります。

そのため、どうしても緊急でお金が必要な場合には、生活福祉資金制度の緊急小口資金を利用してお金を借りるようにしましょう。

関連項目:「生活保護受給者でもお金を借りるには?

収入がある際に作ったクレジットカードのキャッシング枠を利用する

現在クレジットカードを持っていて、そのカードにキャッシング枠についているのであれば、ATMからお金を借りることができます。
しかし、クレジットカードのキャッシング枠は、消費者金融の借り入れと同様に総量規制の対象です。そのため、通常は無職の人がクレジットカードのキャッシング枠を利用することはできません。
収入あったときに作ったクレジットカードであれば、クレジット会社に現在無職であることを伝えなければ、キャッシング枠の利用が可能ですが、頻繁にキャッシングを利用していると、
クレジットカード会社から現在の勤務状況を確認され利用停止になってしまいますので、注意しましょう。
なお、現在無職の方は、あらたにクレジットカードに申込をしてもクレジットカードのキャッシング枠をつけることができません。(審査に通らない。)

お金を借りる以外でお金を得る方法

どうしてもお金がない場合には、お金を借りるだけでなくお金を得るをいう手段もあります。
とくに無職の方などはお金を借りる前に、まずお金を得る方法を検討してみてはいかがでしょうか。

アルバイトをする

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りずにお金を得るには、アルバイトなどをして収入を得ることが近道です。また、アルバイトをすることによってアコムを利用できるようになりますので、もし現在何も仕事をしていないようでしたらまずアルバイトをしてみることをおすすめします。

家に眠っているものを売却してお金に換える

家にあるさまざまな物品を売るってみることもお金を得る方法の1つです。時計・貴金属やブランド品、また本、DVDなどオークションやリサイクルショップまたは買取専門店で売ることができます。また、着物や切手、古銭なども専門の買取業者に売ることができますので、インターネットなどでどんなもの売れるのかの情報を収集してみるのもいいでしょう。

どんなにお金が必要な場合でも違法なヤミ金(闇金融)は絶対に利用しない

無職でも借り入れができる金融業者はヤミ金や違法な金利を取る悪徳業者の可能性が非常に高いです。
ヤミ金(闇金融)は、「無職やブラックでもOK!」「収入がなくても100%融資可能」といった宣伝をして10日3割の法外な金利で多重債務者に貸付ます。また、返済ができない場合には、自宅や会社に一日に100回以上も取りたての催促電話をしたり、自宅や会社に直接に取り立てにいくなど、法律を無視した苛烈な取り立てを行います。
たとえ、消費者金融でお金を借りることができなくても、ヤミ金を利用することは絶対にやめてください。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間