デリケートゾーンが腫れる原因と対策

デリケートゾーンがかゆい、または痛いと思って触ってみたら、あきらかに腫れていた…。

そんな時には何かの病気なのではないかと心配になるものです。

デリケートゾーンの腫れが炎症によるものであれば、デリケートゾーン用の軟膏を用いることで比較的簡単に抑えることが可能です。

もし炎症による腫れではない場合は、感染症の疑いがあるため、病院の受診をオススメします。

デリケートゾーンが腫れる原因

デリケートゾーンが腫れる原因を知るには、腫れとともにかゆみがあるのか、それとも痛みを感じるのか、またはおりものの状態変化がないかによって分けられます。

かゆみを感じる場合

デリケートゾーンは文字通りデリケートなお肌の部分なので、皮膚の蒸れや乾燥によるかゆみを引き起こしやすいです。
特に通気性の悪い下着や生理用ナプキンなどの使用で熱がこもりやすく、場合によってはかぶれてしまうということも少なくありません。

そうは言ってもデリケートゾーンの悩みを誰かに質問や相談をするというのは恥ずかしいことですし、ましてや他人であるお医者さんに診てもらうのもなるべくなら避けたいと思い、かゆくても放置してしまう人が多いのです。

かゆみを完全に放置できればよいのですが、かゆいときはどうしてもかいてしまいます。
かくことを我慢できたとしても、下着や生理用品がこすれることで皮膚に余計刺激を与えてしまい、かゆみが悪化することもありえます。

かいたりこすれたりすることにより皮膚は傷つき、炎症を起こしやすくなってしまいます。

炎症が起きた皮膚は気づかないうちに腫れあがり、「かゆいと思っていたら腫れていた」という状態になっています。
こうした炎症が続くことでデリケートゾーンが腫れてしまう症状を、外陰部が腫れることから「外陰炎」と呼んでいます。
特に下着や生理用品などが皮膚に接触することで起こる炎症は「接触性皮膚炎」といい、かゆみだけでなく黒ずみの原因にもなってしまうものです。

外陰炎はストレスなどで女性ホルモンバランスが乱れ、体の免疫力が落ちている時に細菌感染することでなりやすいと言われているので、普段特に病気もなく、なんともないような人でも少し疲れた日のあとなどに発生することがあります。

痛みを感じる場合

デリケート部分の腫れが、かゆみよりも痛みの方が強い場合にはバルトリン腺炎を疑う必要があります。

バルトリン腺とは性交時に膣分泌液と混じることで潤滑さを促進させる粘液を分泌する器官で、外陰部に存在している分泌腺のこと。

このバルトリン腺からばい菌などが体内に入ることで起こる炎症をバルトリン腺炎と呼びます。
バルトリン腺炎になると外陰部に腫れが見られるようになり、悪化することで椅子に座るだけでも痛いと感じるほどになってしまいます。

バルトリン腺が炎症または化膿して塞がれてしまうと、粘液が排出されずに内部に袋状の腫れ(バルトリン腺嚢胞)を作り、そこに膿がたまってしまうとバルトリン腺嚢腫となります。
そのまま感染症になればバルトリン腺膿瘍となり、歩いても座っても痛いという状態になってしまうこともありえます。

こうした炎症から外陰部に潰瘍ができるようなものなら外陰潰瘍と呼ばれます。
外陰潰瘍には外陰部にクレーターのようなものができるベーチェット病などの疑いもあり、素人目での判断が難しいものなので医師の診察が必要になってきます。

また、排尿時の痛みを伴う場合には膀胱炎の疑いもあります。
膀胱炎の場合、抗生剤の投与で早期の完治が見込めますが、副作用によるかゆみや腫れの原因ともなるため注意が必要です。

上記以外に、膣開口部周辺に痛みを感じたり性交時に痛くなる誘発性膣前庭炎など、痛みを伴う場合には自己判断が難しいことがほとんどですので必ず医師の判断を仰ぎましょう。

においを伴う場合や、おりものの状態に異変がある場合

デリケートゾーンが腫れている、かゆみや痛みがあるというだけでなく、おりものが強く臭う場合やおりものの状態に異変がある場合などは膣炎や性感染症の可能性も考えられます。
特に感染によって炎症が起きている状態を感染性外陰炎と呼びます。

代表的な3例を挙げていきます。

カンジダ膣炎

カッテージチーズ状のおりものがでる場合にはカンジダ膣炎が疑われます。

カンジタ膣炎は女性性器の内側に正常に存在しているカンジダ菌が膣バランスの乱れによって増殖しすぎることで起きる症状です。
他の症状で処方された抗生物質の副作用として引き起こされることもあります。

細菌性膣炎

生臭いおりものの場合には細菌性膣炎が疑われます。

通常肌は弱酸性に保たれており、その表面には善玉菌とされる常在菌が一兆個以上存在しています。
アルカリ性の強いボディソープなどで強く洗ってしまうことで肌表面の善玉菌が減り、炎症の原因菌となる悪玉菌が増えてしまうために発症します。

トリコモナス膣炎

おりものが緑色で強く臭う場合にはトリコモナス膣炎の可能性があります。

多くは性行為によって感染するものですが、場合によってはタオルなどから間接的に感染することもあるため、性行為の有無に関わらずにおりものの状態が普段と違う場合には婦人科を受診するようにした方がよいでしょう。

他にも身体の抵抗力が落ちている時には性感染症として性器ヘルペスも腫れやかゆみを引き起こすことがあります。

こうした性感染症の場合、市販のかゆみ止め軟膏では効果が出ませんので専用の薬を処方してもらう必要があります。

デリケートゾーンが腫れたときの対策

デリケートゾーンの腫れがかゆみを伴う外陰炎によるものであれば、早期に対応をすることで次第に収まっていきます。

市販薬を利用する

一番手軽な対処法はドラッグストアなどで購入することができるデリケートゾーン用のかゆみ止め軟膏を使用し、かかないようにすることです。

症状が軽いうちはこうした市販薬の利用だけでも効果が得られるものですが、使って見ても効果が見られない場合にはすぐに婦人科を受診するようにしましょう。

病院に行く

市販薬を試すよりも、できることなら病院を受診する方法が一番です。

特に押した際に痛みを伴う場合にはバルトリン腺炎の疑いがあり、市販薬での改善は望めません。
何度も確認のために押してしまっても悪化する可能性があるので、こちらもすぐに婦人科を受診し、専門家の支持を仰ぐようにしてください。

症状が早期の場合には病院で処方して貰えるバルトリン腺炎専用の薬を用いるだけで治ります。
患部に膿が溜まってしまっている場合には注射によって膿を吸い出すか、切開して膿を出したあとでの治療が必要となってきます。

デリケートゾーンが腫れないように予防するには

外陰炎やバルトリン腺炎は一度治療したとしても再発してしまう可能性がある症状です。
再発しないようにするためには、デリケートゾーンを清潔にしておくのが一番です。

身近なことから取り組めるのでできることからやってみましょう。

  • 普段から通気性のよい下着を選ぶ
  • おりものや生理で汚れたままにしない
  • 家ではストッキングを着用しない
  • 汗をかいたらすぐに下着を取り替える
  • アンダーヘアのムダ毛処理をする

また、清潔にするといっても普通の石鹸を用いてゴシゴシしてしまうのは逆効果。
デリケートゾーンの洗浄はぬるま湯で軽く洗う程度か専用石鹸を使うようにしたいところです。

ボディソープによっては肌に合わず、アレルギー反応を起こしてかゆみや腫れに繋がることもあります。
デリケートゾーン用の弱酸性ソープなどの利用がおすすめです。