黄色や茶色のおりものは異常? おりものの色から見る症状の違い

おりものは分泌される時期によってその色が違います。
生理周期と結びついており、時期によって色が違うこと自体は特に異常ではありません。

ただし、普段の正常な周期による色の変化とは違ったおりものが出る場合には身体の状態が普段と違っているというサインのことがあります。
場合によっては病気ということも。

代表的なおりものの色と考えられる要因について確認しておきましょう。

はじめに知っておきたいおりものの役割

はじめに簡単におりものの役割について説明します。

おりものは女性の膣内のバランスを保つために存在しています。
子宮に不要な雑菌が入ってこないようにするため、体内の余分なものを定期的におりものとして排出しているのです。
膣には「膣の自浄作用」と呼ばれる言葉があり、膣そのものは弱酸性に保たれ、放っておいてもみずから清潔にできるような仕組みになっています。

また、体内のサイクルと合わせて色や分泌量、匂いが変わり、個人差も大きいのも特徴です。

妊娠中(特に妊娠初期と後期)に生活が乱れ女性ホルモンのバランスが崩れてしまった、療養中で抗生物質の薬品を服用している、不規則な生活が続いて免疫力が低下してしまっているなど、日常生活の変化からもおりものが変わってくることもあります。

またデリケートゾーンを清潔にしていないことで細菌が発生し炎症、おりものの色が変わるというようなこともあります。
おりものシートを使っている場合、こまめに交換をして清潔さを維持できるようにすること、蒸れることで雑菌が繁殖しやすくなるので通気性を良くすることを心掛けましょう。

原則的におりものが普段と違う場合にはなるべく早めに婦人科医に行って検査してもらうことをおすすめしますが、日常生活の乱れなどによるケースもありますので普段の日常生活についてもあらためて見直してみるようにしましょう。

無色透明のおりもの

おりものは子宮から膣からの分泌物の集合体です。
色は無色透明〜薄い白っぽい色なので、無色透明のおりものは正常な状態と言えます。

ただし、下着に付着したまま放置すると黄色っぽいシミになってしまうのでチェックする際にはトイレなどでペーパーに取ってみるとより性格な判断ができます。

乳白色からクリーム色のおりもの

おりものは分泌時期によってはその粘性が異なります。
たとえば生理直後にはサラサラのおりものも、排卵日前後には粘度が高くてドロッとした状態になっています。

粘度が高いおりものはやや乳白色からクリーム色になりますが、これも正常なおりものの色の範囲内です。

黄色・黄緑色のおりもの

おりものが黄色い場合には注意が必要です。
黄色のおりものであるというだけでは原因を絞り込むことができませんが、何かしらの異常を表しているためです。

迷わず婦人科を受診し、治療してもらうことをおすすめします。

クラミジア感染症

もし黄色い色のおりもので、水っぽい、排尿時に痛みがある、おりもの量が多いといった場合には性感染症のクラミジアが疑われます。
おりものに少し血が混じることもあります。

クラミジア・トラコマチスという細菌が性行為によって粘膜に感染するのが主な原因です。
膣内、また咽頭や直腸にも感染する感染症で、クラミジア頸管炎を引き起こしたりします。

クラミジアは放置して性行為をすることでHIVなど別の感染症にかかってしまう可能性が高くなり、不妊症など他の病気を併発させる原因ともなります。

トリコモナス膣炎

黄色から黄緑色のおりものの場合にはトリコモナス膣炎(膣トリコモナス症)が疑われます。
場合によっては泡状のおりものが分泌されることもあり、生臭いにおいがする特徴があります。

陰部に痒みを感じる場合や性交時に痛みを感じる場合もトリコモナス膣炎を疑うようにしましょう。
排尿時の痛みやおりものの量が増えるといったクラミジア同様の症状も現れます。

トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫という病原体によって感染するものですが、必ずしも性行為によって感染するのではなく、タオルや下着などからの感染も考えられます。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)

こちらはやや特殊な事例で、閉経後の女性に出てくる症状です。
おりものの色としては黄色っぽいおりものが出てくることが多いです。

閉経後なのでおおよそ40〜50歳前後の方が目安になってきます。

閉経すると女性ホルモンの低下に伴い、膣の自浄能力も低くなってきます。
すると膣の自浄作用が活発だった頃と比較して、膣内に余計な雑菌が入り込んでしまったり、清潔に保てないという状態になることが多く、その際に炎症を起こしてしまうのがこの萎縮性膣炎です。

放っておくと痛みやかゆみ、また悪臭が激しくなったりします。

黄色〜濃い白色のおりもの

淋菌感染症

おりものが膿を伴うような黄色い場合、または白い場合には淋菌感染症(淋病)の可能性があります。
色以外では排尿時の痛み、おりものの量、かゆみなど他の感染症と似た症状が出ることもあります。

オーラルセックスを含む性行為によって淋菌が感染し発症するケースが多いです。

淋病の場合、上記症状以外には発熱、子宮内膜炎や卵管炎の発症による腹痛、不妊症などが挙げられます。
不妊症だけでなく、出産時に母体から生まれてくる赤ちゃんに感染するもので、両目へ感染することが多く、場合によっては失明させてしまう可能性もある点に注意が必要です。

ただし、発症後にこれらの症状を特に確認することができず、数か月間も自覚症状がないまま過ごす人がいる場合などもあり、おりものの状態をよく確認しなければ気づけなかったということもあります。

膣カンジダ症

おりものが酒粕やカッテージチーズのように白く、固形状またはドロっとした固形に近い状態になってきているような場合、膣カンジダ症(カンジダ膣炎)の可能性があります。

膣には「膣の自浄作用」と呼ばれる仕組みがあり、膣そのものが内部を綺麗にする仕組みが保たれています。
膣カンジダ症にかかってしまった場合、この自浄作用が上手く働かなくなってしまい、外陰部のかゆみなどの症状に展開します。

前述の淋菌感染症やトリコモナス膣炎と同じく性交渉などが感染経路の中心となっています。

茶色いおりもの

おりものが茶色い場合、無色透明のおりものに血液が混じった色であると考えられます。
通常、生理の際の血がおりものに少量混じることで起こるため、生理直後のおりものが茶色いことは正常の範囲内です。

また、排卵期ごろにもまれにこういった茶色のおりものが出ることがあります。

もしそれ以外の期間に茶色いおりものがでる場合には不正出血の疑いがあります。
特に赤褐色のおりものや強いにおいを伴う茶色いおりものの場合には子宮頸がんや子宮体がん、また子宮頚管ポリープ(良性と悪性あり)の恐れもあるため、確実に医師の診断を仰ぐようにしてください。

灰色のおりもの

水っぽく灰色のおりものの場合には細菌性膣炎(細菌性膣症)の可能性があります。
場合によっては魚が腐ったようなにおいがすることも。

細菌性膣炎は他の感染症とは異なり、自分の膣内にいた細菌が増えすぎてしまうことで起こる炎症です。
そのため、性行為などの覚えがなくとも発症していることがあります。

その原因はストレスによる膣内自浄作用の低下や、間違った膣洗浄によっておりもの量が減ってしまうことなどが影響しています。

細菌性膣炎の場合、ほとんどはかゆみや痛みを伴うことが少なく無自覚のまま発症していますが、場合によっては強いかゆみを感じることもあります。

異常を感じたら早めの検査を

以上が代表的なおりものの色の症状です。

これ以外にも自分自身の気付いていない体調の変化など、おりものの変化は身体が発しているサインとも言えます。
「おかしいな」と思ったら早めに病院にいって検査してもらうようにしましょう。