水っぽいおりものが出る場合には病気の可能性もある

おりものがやけに水っぽいと不安に感じる方もいるのではないでしょうか。
おりものは生理周期によってその様態が変化するのが普通なので、多くの場合は特に心配する必要はありません。

ただし、水っぽいだけでなく色味やにおいも普段と違うような場合には感染症などの疑いもあるので注意が必要です。

おりものと女性ホルモンの関係

はじめにおりものの役割とその変化について知っておきましょう。

おりものの役割は自浄作用で、一般的に「膣の自浄作用」と呼ばれたりします。
具体的には膣内の経血を体外に排出する、外部からの細菌の侵入を防ぐ、など膣内環境を清潔にする重要な役割を担っています。

おりものがヨーグルトっぽいツンとしたにおいがすることがありますが、この自浄作用も関係しており、膣内を清潔にするために弱酸性に保っていることが要因です。

おりものが変化する時期

おりものは正常な状態だったとしても時期によって変化するものです。
主に生理周期による変化と妊娠時期による2つの変化が挙げられます。

個人差も大きいですが一般的な傾向をつかんでおきましょう。

生理周期によるおりものの変化

おりものは生理周期に伴ってサラサラになったりドロッとなったりします。

生理直後の卵胞期にはおりもの量が一番少なく、透明でサラサラであることがほとんどです。
場合によっては生理の経血が少し混じった茶色いおりものになっていることもありますが、正常なおりものの範囲内です。

その後、排卵期に向けて量が増え始め、徐々に粘性を持ち始めます。
排卵日にはおりもの量はピークを迎え、膣内が精子を受け入れる準備をしていることがうかがえます。
おりものは受精の手助けをする役割を持っているということですね。

排卵日を過ぎると次第におりもの量は減り始め、どんどん粘度が増し、指で触ると伸びるほど。
色味もやや白濁としてきて、においも若干きつくなるのが特徴です。

妊娠の時期による変化

生理周期以外にも、妊娠の初期症状としておりものが水っぽくなることがあります。

特に妊娠初期・高温期の症状としてやや茶色がかったおりものが確認されることが多いです。生理予定日以外のおりもので色に違いがある場合には妊娠している可能性も見ておくと良いでしょう。

心当たりのある場合、産婦人科、または妊娠検査薬などで確認をします。

また妊娠後期にもおりものの様態が変化します。
まず赤ちゃんが産まれる前兆である「おしるし」。
実はこのおしるしもおりものの一種(厳密にはおりものと分泌物の混ざったもの)で、粘り気が強くなる傾向にあります。

臨月に入ると、今度は水っぽいおりものに変化します。
破水や尿漏れと混同してしまう人も多く、時期的に紛らわしいことも多いので、不安であれば担当の産婦人科医に連絡しましょう。

水っぽいおりものが病気の可能性

水っぽいおりものが無色透明であるとか、においがきつくなければ、それは膣内の洗浄を行うためのもので正常の範囲内であると言えます。

ただし、おりものに普段とは違った色がついている、魚の腐ったようなにおいがする等であれば感染症などの症状を疑った方がいいでしょう。

今回は代表的な病例を紹介しますが、セルフチェックだけでは判断しづらい部分もありますので、少しでもおかしいなと思ったら必ず婦人科の専門家に相談をしてみましょう。

病気だった場合、早期治療の方が楽に解するため、自覚症状が出た場合にはなるべく早めの受診をおすすめします。

黄色で水っぽいおりものの場合

おりものが水っぽく、色味が黄色い時にはクラミジアに感染している可能性があります。
クラミジアという細菌による感染症です。感染原因は性行為によるものです。

これが子宮頚部に感染すると子宮頸管炎になり、おりもの量が増加する症状が現れます。
クラミジア感染症の場合は痛みなどの初期症状が全く出ないまま進行してしまっていることもあり、放置されることで卵管炎へ発展し、子宮外妊娠などの危険性もあります。

排尿時に強い痛みを感じたりすれば必然的に病院を受診すると思いますが、痛みを感じなくともクラミジアが進行している可能性もあり、その後に他の性感染症に感染しやすくなるので注意が必要です。

灰色で水っぽいおりものの場合

おりものが水っぽく、均一な灰色で生臭い臭いがするような場合には細菌性膣症が疑われます。

性病のような感染病ではなく、性器周辺が不衛生になっているなどの理由で膣内の常在菌量が増減することに起因する症状です。

細菌性膣症を放置することで細菌性膣炎となります。
細菌性膣炎になると炎症を起こし、おりものの色も黄色く変化してきます。

黄緑色で泡っぽいおりものの場合

おりものが水っぽく、または泡のようなものが見られ、黄緑色の場合にはトリコモナス膣炎の可能性があります。
場合によっては魚が腐ったような腐敗臭や生臭さを感じることもあります。

トリコモナス膣炎も性感染症の一つですが、タオルなどから感染する例もあるため、性交渉をした記憶がなくても感染している可能性があることに注意が必要です。

茶褐色で水っぽいおりものの場合

茶色、または赤っぽい褐色でサラサラしたおりものの場合、時期が生理直後であれば生理の経血が混じっているだけだと思われるので気にしなくて大丈夫でしょう。
ただし、生理前後ではない場合には不正出血の疑いがあり、子宮がんなどの恐れもあります。

子宮がんには子宮内膜に発生する子宮体がんと頸部に発生する子宮頸がんがあり、どちらも早期発見が重要です。
いずれの症状も正常ではないおりもの量が挙げられます。

また、一般的な子宮がん検診では子宮体がんの診察が行われない点がある点に注意が必要です。

おりものシートを有効活用する

おりものは下着についてしまうと乾いたときに黄色っぽい染みになってしまったり、においがついてしまうことがあります。

特に水っぽいおりものの場合には下着に付着して汚れてしまうだけでなくズボンにまで染み出してしまう可能性があるので、気になる場合には普段からおりものシートを着用しておくことをおすすめします。

おりものシートを使用し、こまめに交換することによりデリケートゾーンを清潔に保つことができ、雑菌の繁殖を防ぐこともできます。
雑菌の繁殖を防ぐことで病気予防の事前対策となることもあります。
(その他、通気性もなるべく良くしておくことがポイントです)

もし、おりものシートを使っても頻繁に変えなければならない程の大量のおりものが出る、水っぽいおりものが多くシートでは防ぎきれずに溢れてしまう等であれば何かしらの異常がある可能性もあります。

どうしても気になるような場合には婦人科の診察を受けてみましょう。