おりものが臭い時の原因と対策

女性にとってずっと付き合っていかなくてはいけないおりもの。
いつもなら特に気にならない範囲のにおいなものの、ある日を境に急に臭いが気になってくるようなことがあります。

おりものがくさいと何か病気なのではないかと疑ってしまうもの。
事実、病気になった場合におりものが変化をして臭いが変わってくるようなことがあります。

そもそもおりものはなぜ出てくるのか

おりものの臭いと病気について話す前に、おりものはなぜ出てくるのかについて知っておきましょう。

おりものは膣内を潤わせ、保護、清潔に保つための役割を担っており、子宮に雑菌が入ってこないようにしたり、体内の老廃物・膣壁の不要になった細胞を排出するような力があります。これらが子宮頸管の粘膜や膣内の分泌物と一緒に排出されます。

この分泌液の正体がおりものです。

色は透明、または白っぽい透明の色となっており付着して乾くと黄色っぽくなります。においはやや酸っぱいようなにおいであることが多いです。
個人差も大きいのが特徴です。

おりものの分泌量は生理周期と同じく一定周期で多くなったり少なくなったりします。
主に女性ホルモンの卵胞ホルモンの量に比例しており、生理後の排卵期(排卵日)におりものは増える傾向にあります。

不快感を持つ人が多いおりものですが、このような「膣の自浄作用」と呼ばれる細菌に対しての抵抗力のような役割を持っており、女性器の中でも重要な役割を担っています。

おりもののにおいで考えられる病気

おりものがくさいと感じる時には、そのにおいがどのようなものなのかによって判断が変わってきます。

前述の通り、おりものは通常多少酸っぱいようなにおいになります。
これはおりものの中にデーテル桿菌という善玉の乳酸菌が存在していることから膣内を酸性に保つ役割があり、そのために「酸っぱいにおい」がするのです。

膣内を酸性にすることで細菌が侵入するのを防いでいるため、おりものから酸っぱいにおいがしたとしてもそれは正常な状態だと考えて問題ありません。

また、病気ではないにしてもおりものに変化が出てくるケースがあります。
代表的なものは薬を服用している場合、妊娠している場合です。

薬を服用している場合、その薬品の抗生物質の作用でおりものに影響が出てしまってにおいが強くなってしまったり、おりものの粘度が変化してしまうケースがあります。
もしも「においがちょっと変わったな」と思った前後に抗生物質の服用があれば、その影響も考慮してみましょう。

次に妊娠している場合です。
妊娠は女性の身体の内部が大きく変化し、女性ホルモンのホルモンバランスが通常と大きく異なるためおりものにも変化が出てくる可能性が高めです。

これらのようなケースではなく、明らかに違和感のあるにおいの場合には病気の可能性もあるので、におい別の判定をしてみましょう。

おりものが生臭い場合

もし、おりものから魚が腐ったような生臭いにおいがした場合、次のような病気が考えられます。

  • 細菌性膣炎
  • 淋菌感染症
  • トリコモナス膣炎
  • カンジダ膣炎(膣カンジダ症)

これらの病気の場合、においだけではなくおりものの色が変化したり、外陰部のかゆみが増すといった症状も確認されることがあります。
原因は雑菌による感染症、ストレスによる細菌からの炎症、性交渉による性感染症などが考えられます。
※性感染症については性感染症予防を行っていないことが原因のことが多く、オーラルセックスなどでも感染するケースがあります。

腋下のようなにおいの場合

おりものからする可能性があるにおいというのは「酸っぱいにおい」あるいは「生臭いにおい」であることが基本です。

もしおりものから腋下のようなにおいがするということがあれば、これはおりものそのものが臭っているのではない可能性があります。

陰部の毛穴にはアポクリン腺という汗腺があり、ここから分泌される汗に含まれるたんぱく質や脂質などが陰部付近の常在菌に分解されることによって強いにおいを発するようになります。

特に陰部は洗い方がよくわからなかったりすることから清潔に保たれていない可能性があります。
清潔でなく、かつ高温多湿である環境は雑菌が増えやすいため、より不快なにおいを発する温床となってしまうこともあるのです。

においがないケース

また、においがなくても病気であるケースもあります。

症例としては、おりものが水っぽい/粘液性になる、生理の前後ではないのにおりものに血が混じっている(出血がある)、おりものの量が通常よりも多くなったというケースです。
代表的な病気としては次のようなものがあります。

  • クラミジア感染症
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 子宮内膜症
  • 子宮内膜炎
  • 子宮頸管炎

ここまで紹介したケースはセルフチェックだけで済ますのは危険なので、おりものがいつもと違うな、おかしいなと思ったら婦人科の専門医に検査してもらうようにしましょう。
場合によってはきちんとした治療を受ける必要も出てきます。

自浄作用が働いていない場合のおりもののにおい

膣の自浄作用が正常に働いているうちは、あまりおりものがにおうということはありません。
おりものがにおってくる場合、その洗浄力がうまく働いていない可能性があります。

膣の自浄作用がうまく働いていない場合、「ストレス」「洗いすぎ」というのが大きな原因となっていることが多いです。

ストレス

身体に強いストレスがかかると身体機能がうまく作用しない時があります。
ストレスは自律神経の交感神経を優位にさせますが、この状態が続くことで自律神経のバランスを崩してしまいます。
自律神経は体の免疫の主体であるリンパ球もコントロールしていますので、このバランスが崩れることで免疫力の低下が起こるわけです。

免疫力が低下することで膣内の自浄作用も弱まってしまい、膣内に菌が増えることでにおいが増します。

この場合、ストレスを取り除いてあげることが必要です。
ストレスというのは普段私達が顕在的に感じていることだけではなく、睡眠不足や暴飲暴食といった「体に対する負担」も指しています。

なるべく早寝早起きをする、健康的な食生活を心掛けるなど、生活環境を改善させることでにおいを抑えられるようになります。

洗いすぎ

陰部がにおう気がすると言って、ボディソープ等を使って洗いすぎてしまうこともおりものがにおう原因の一つです。

特に膣内の洗浄については詳しく知っている人の方が少ないですから、自己流で激しく洗いすぎてしまうことによって膣内の善玉菌を多く流してしまうことがあります。
そうなると膣内がアルカリ性に偏ってしまいますので自浄作用が働かなくなります。

結果的に膣内に菌が増えてにおいの元になってしまうわけです。

膣内部のケアは膣内専用のグッズを使用する

膣の自浄作用があるとはいえ、匂ってくるような時にはその作用がうまく働いていない可能性があるのは前述のとおりです。
そうした場合には自分自身でケアをする必要があります。

基本的なケア方法として、下着の通気性をよくする、おりものシートをこまめに替えるなどが挙げられます。
清潔にしていることでにおいは一定量抑えられるものだからです。

また、清潔にしなければと考えても、膣内を清潔にするためには普通のボディソープや水道水などを使用することは厳禁。
ポイントは膣内を酸性に保つという部分にあります。

自分自身でケアをする場合、気軽に使えるデリケートゾーン専用の膣洗浄用品(膣内洗浄剤)も売られていますので、こうしたものを利用するのをオススメします。
正しくケアすることでにおいだけでなく膣内環境を整え、自浄作用もしっかりと働くような環境を作っていきましょう。