学生でもアコムから借入できるのか

大学周辺や学生が多い街では「学生ローン」と書かれた看板をよく目にすると思います。

たしかに学生生活には飲み会や旅行出費がつきものですから、一時的にお金を借りたいと思うのもわかります。

それでは、消費者金融のアコムでお金を借りることはできるのでしょうか。

また、お金を借りる際に、親や学校にバレずに借りることは可能でしょうか。

ここでは、学生がお金をアコムでお金を借りられるのか、そして、親や学校にバレないのかについてまとめてみました。

20歳以上で安定した収入があれば学生でもアコムに申し込み可能

アコムカードローンを学生でも借り入れができるのでしょうか。それでは、まずアコムの申し込み資格と審査基準をみていきましょう。
アコムのホームページには、

「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方は申込み可能」

と記載されています。つまり、20歳以上でアルバイトなどの安定収入があれば大学生でも専門学生でも問題ありません。もちろん、20歳以上のフリーターやアルバイトでもアコムを利用することができます。アコムでパートやアルバイトの方がお金を借りる際の注意点や審査などは、「アルバイト・パートでもアコムで借り入れできる」で詳しく解説しております。

アコムの審査基準は学生も社会人も変わらない

もちろん学生でも社会人同様に申込時に審査があります。審査に落ちてしまう項目として、主に下記の4つが上げられます。なお、アコムの審査基準については、「アコムの審査基準と審査に落ちた場合の対応策」で詳しく解説しています。

  • 安定した収入がない(月1回以上の収入がない)
  • 過去に「長期延滞」や「未払い」を起こしたことがある
  • 貸金業者からの借入件数や金額が多い
  • 在籍確認がとれなかった

それでは各項目をみていくことにしましょう。

安定した収入がない

アコムを利用するためには、労働などによる安定収入が必要です。
アルバイトなどで月1回以上の収入があれば問題ありません。
ただし、短期のアルバイトや年賀状の配達など季節限定のアルバイトをしていて収入が入る時期が決まっていないと、申込み時の審査に落ちてしまう場合もあります。
なお、この収入の中には親からの仕送りやお小遣いなど、人からもらったお金は収入とはみなされませんので注意しましょう。

過去に「長期延滞」や「未払い」などの金融事故を起こしたことがある

クレジットカード(ショッピング・キャッシング問わず)やカードローンまたは、教育ローン携帯電話の分割購入代金などの支払いを延滞や未払いだったことがある場合には審査に落ちてしまいます。

このよう長期の延滞や未払いは信用情報として記録されます。アコムの審査では申込者の信用情報を必ず確認しますので注意しましょう。
特に、携帯電話料金(本体代を分割購入した際)の延滞する学生は多いと思われますので気をつけてください。

貸金業者からの借入件数や金額が多い

貸金業者とは、主にクレジットカード会社や消費者金融会社のこといいます。
つまり、クレジットカード会社や消費者金融のキャッシングが多いと審査に落ちてしまう場合もあるので気をつけましょう。

ただし、クレジットカードのショッピング枠は含まれません。

また、アコムカードローンは利用者の年収の3分を1を超える貸付を制限している総量規制対象のカードローンですので、カードローン会社やクレジットカード会社で借金していない場合でも年収の3分の1を超える借入はできません。

在籍確認がとれなかった

アコムのキャッシング審査では、勤務先への在籍確認を行います。
在籍確認とは、アコムの担当者が申込者の勤務先に電話をして、本当に在籍しているかと確認することをいいます。
この在籍確認の電話の際にアコムの担当者が、社名や用件などをいうことはありませんので安心してください。
在籍確認がとれなかった場合は審査落ちとなる可能性があります。在籍確認がとれないというのは下記のようなケースです。

  • 実際に勤務していない
  • 既に退職済みだった
  • 休職中・長期休暇中

アコムでの在籍確認については、「アコムの在籍確認のタイミングや電話での内容」にて詳しく解説していますが、ここでは学生に想定される在籍確認のケースと対応策をまとめましたので、参考にしてもらえればと思います。

派遣のバイトなどで勤務先が固定ではない場合

派遣のアルバイトの場合は、派遣元の会社にかかってきます。
原則として、派遣先の職場に在籍確認の電話をすることはありません。

親や親戚の仕事を手伝っている場合

親や親戚の仕事の手伝いをしている場合には、手伝いをしている場所に電話がかかってきます。もし、自宅で作業している場合などは、自宅に在籍確認の電話がかかってきますので注意しましょう。

学生がアコムから融資を受けられる目安の金額とは

大学生や専門学生に設定される利用限度額は、申込者の収入にもよりますが、10万円~50万円の範囲が多いようです。
おおよその目安にはなりますが、下記にどのくらいの収入で利用限度額がいくらになるかを記載しましたので参考にしてみてください。
そこで、「どのくらいの収入でアコムからどのくらいの金額を借りられるのか」のおおよその目安を表にしてみましたのでご覧ください。

年収 月収 利用限度額の目安
30万円以上 2.5万円 10万円
90万円以上 7.5万円 30万円
150万円以上 12.5万円 50万円
200万円以上 16.7万円 50万円

他の貸金業者からの借り入れはゼロと仮定しています。他社からの借り入れがある場合は、その金額に応じて利用限度額が下がります。また、審査で「不安要素がある」と判断された場合も、利用限度額を下げられてしまいます。

ちなみに、50万円超の利用限度額を設定してもらうには、最低でも年収200万円超が必要です。加えて、アコムで50万円を超える利用限度額を希望する場合には、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書が必要です。アコムでの収入証明書については、「アコムカードローンの在籍確認のタイミングや電話での内容」で詳しく解説しています。

親や学校にバレずにアコムを利用できるか

学生がアコムに申し込むと個人情報以外に実家の連絡先なども聞かれる

学生がアコムに申し込むと、申し込み後の本人確認の連絡時に、連絡先や自宅の住所以外に下記のようなことを聞かれる場合があります。

  • 実家の連絡先
  • 学校名(大学や専門学校)
  • 親の情報(名前、勤務先、収入)

特に、ひとり暮らしをしている学生の場合は、実家の連絡先を聞かれるケースもあります。ただし、親の年収や学校名はあくまでも参考で担当者に聞かれる程度です。一番心配なのは、親や学校に連絡されるかということだと思います。それでは、親や学校にバレずにアコムを利用する方法について解説します。

まず、アコムからの連絡が自宅に来ないようにするにはどうしたらいいかを解説いたします。

アコムからの連絡が自宅に来ないようにするには

アコムからの利用者に連絡が行く場合は下記のような場合です。
申し込み・審査・契約時

  • 申込時:郵送(申込書類を郵送した時)
  • 審査時:電話(自宅または申込者の携帯電話への連絡)
  • 在籍確認時(勤務先への電話連絡)

アコム利用中や返済に問題が起きたときなど

  • アコム利用中:電話・郵送(案内の電話・明細書を自宅に郵送)
  • 返済時の問題が起きた時:電話・郵送(利用者の携帯電話や自宅・実家・勤務先に電話連絡、自宅に催促状などを郵送)

上記をみるとわかるように、学校には連絡されることはありませんので安心してください。
また、申し込み時の本人確認などはあらじめ申込者の携帯電話番号を記載しておけば、申込者本人がが対応できますね。

家族や勤務先にアコムの利用バレてしまう場合は、自宅への電話や自宅への郵送物、勤務先への電話です。それではどのようにしたらいいのでしょうか。それでは、各ケース別に対応策を下記にまとめましたので参考にしてみてください。

申込時は郵送以外の方法で行う

まず、申込時に郵送を防ぐ方法は郵送以外の申し込みをしないということです。
郵送以外の方法でアコムに申し込みをすれば申込書類が自宅に郵送されることがありません。

申込時に自分の携帯電話を申告する

審査時に自宅の電話番号を記載しなければ、自宅へはかかってきません。つまり、固定電話を持っていないと申告すれば問題ありません。

契約時・利用時の自宅への書類やローンカードの郵送を防ぐには

契約時の契約書類やローンカードの郵送や利用時の明細の郵送を防ぐには、契約時には店頭窓口またはむじんくん(自動契約機)で申し込みをしてその場でローンカードを受け取れれば問題ありません。また利用時の明細書はWEB明細にすることで自宅への郵送がなくなります。

返済の問題発生時に自宅や勤務先などへの連絡を防ぐには

まず、大前提として延滞をしないことが一番です。もし、返済期日に間に合いそうにない場合にはあらかじめアコムに連絡して、支払いできる日を決めておきましょう。
そうすれば、約束の日までアコムから連絡くることはありません。ただし、その場合でも実質年率20.0%の遅延損害金が発生してしまうので注意してください。

ただし、延滞時の催促状だけは防げないのできちんと無理のない返済計画をたててアコムを利用するようにしましょう。

アコムカードローンを延滞・滞納してしまった場合については、「アコムで遅滞・滞納してしまったときの対応方法」で詳しく解説しています。

アコムでは初回契約に限り30日間金利0円サービスを行っている

アコムは20歳を過ぎていれば、大学生でも専門学生でも利用することが可能です。また、初めての契約の場合には、アコムの30日間金利0円サービスを受けることが可能です。ただし、このサービスを受けるには、「アコムとの契約が初めて」であることと返済期日を「35日ごとの返済」にすることが必要です。
アコムの30日間無利息サービスについては、「アコムの無利息期間サービスの上手な利用法」で詳しく解説しています。
アコムの金利は、3.0~18.0%と一般的な学生ローンに比べて高いですが、この金利0円サービスを受ければ、サービス期間中の金利は0円ですので、学生ローンよりもお得な金利でお金を借りることができます。

ただし、軽い気持ちで利用してしまうと、借金の額が増えて返済が困難になるケースもあります。お金を借りるときには、どんなリスクや影響があるのかよく検討してから、アコムをはじめとするカードローン会社を利用するにようにしましょう。