アコム契約後に転職しても審査や在籍確認は行われない

既にアコムで契約してアコムお金を借りてる方などは、転職をして勤務先が変更になった場合に気になるかと思います。

アコム利用時に転職をした場合、審査在籍確認の電話連絡が再び行われるかどうかも気になるところでしょう。

また、転職したての方の場合、アコムの審査に不利だと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

ここでは、転職時のアコムの審査について詳しく解説いたします。

アコムのおすすめポイント
  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり


転職した際にはアコムに報告する必要がある

アコム利用時に利用者が転職した際には、アコムに転職した旨を報告する必要があります。なぜなら、アコムの会員規約(AC会員規約)に明記されている決まりであるためです。

第11条(届出事項の変更)
会員は、当社に届出ている氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、勤務先、勤務地または決済口座等に変更があった場合は、すみやかに当社に所定の届出書または当社が適当と認める方法により届出るものとします。

上記のように、転職によって利用者の勤務先が変わった際にはアコムに届ける必要があります。しかし、アコムから契約者に転職したかどうかを問い合わせることもありません。
ただし、返済が遅れるまたは返済ができないなどのなんらかの問題を抱えた時に、アコム側の心証が異なります。きちんと転職したことをアコムに報告していれば、誠実な人と思われますが、転職の報告を怠ると不誠実な人と判断されやすく、金利の引き下げ交渉や返済日の変更や返済額の減額などに悪影響が出る場合もあります。 そのため、アコム利用時に転職を行った場合には、きちんと届けるようにしましょう。


勤務先情報変更の手続きは会員ページまたは電話で手続き可能

勤務先情報の変更は、アコムの会員ページから簡単に手続きを行えます。また、アコムのコールセンターへ電話でも行うことができますので、転職した際には、直ちにアコムに転職した旨をアコムに報告しましょう。

転職後すぐにアコムカードローンに申し込む際の注意点

それでは、転職後すぐにアコムカードローンの申し込みを検討している場合には、どのようにしたらいいのでしょうか。
また、転職の可能性がある方は、どのタイミングでアコムに申し込むのがいいのでしょうか。見ていくことにしましょう。
転職後にアコムカードローン申し込む際の注意点は下記になります。

  • 勤続年数が短いと審査で不利になる場合がある
  • 同業種へ転職ならば審査に不利になりづらい
  • 転職前に申し込みをすると審査には通りやすい


それでは各注意点をみていくことにしましょう。

勤続年数が短いと審査で不利になる場合がある

転職したばかりの方がアコムカードローンの申し込みを場合、他の消費者金融のカードローンと同じく、勤続年数が短いことが審査で不利になる場合があります。カードローンの審査では、一般的に申込者の収入が安定しているかどうかをキャッシング審査の際の判断基準としています。そのため、勤続年数が長ければ長いほど審査には有利といえるでしょう。
ただし、勤続年数に関する明確な審査基準があるとはいえません。最低でも転職後半年から1年程度の勤続年数があるほうが望ましいですが、必ずしも勤続年数が3か月~4か月程度でもその勤続年数が原因で、審査に落ちるわけではありません。

同業種への転職ならば審査に不利になりづらい

アコムの審査では、通常異業種への転職は年収が下がりやすいために不利になります。そのため、転職したその月のアコムでの借り入れはむずかしいため、転職後、半年以上経過してからアコムに申し込む方がよいでしょう

一方、同業種へのキャリアアップを目的として転職の場合には、審査に不利になることはすくないでしょう。むしろ、年収が上がるにであれば、返済能力が認められ審査に有利になる可能性もあります。

転職前に申し込みをすると審査には通りやすい

もし、転職の可能性がある場合には、転職前にアコムに申し込みをしたほうが審査に通る可能性が高くなります。転職前のタイミングであれば、勤続年数や年収が問題となることは少ないといえるからです。アコムの審査に通り借り入れができるからといって、アコムから借り入れした後に会社を辞めてしまうと、次の仕事が決まるまで返済が大変になりますので、この場合、次の仕事を決めた上でアコムの申し込みをするほうがいいでしょう。
なお、アコムの審査基準については、「アコムカードローンの審査基準と審査に落ちた人の対応策で詳しく解説しています。

アコムでは契約後に転職したとしても再審査は行わない

アコムでは原則として契約後に、転職した場合再び審査在籍確認を行うことはありません。また、運転免許証やパスポートといった本人確認書類や給与明細書や源泉徴収票収入証明書も提出する必要はありません。

ただし、以下のような場合には、転職後にあらためて職場に電話連絡(在籍確認の電話連絡)を行う場合があります。

  • 転職後に返済能力に不安がある場合

返済能力に不安がある場合には在籍確認を行う場合もある

アコムでは転職後に在籍確認を行う場合には、返済能力に何らかの不安要素がある場合のみです。
たとえば、転職によって年収が著しく下がった、正社員からアルバイト・パートなどの雇用形態が変化したなど、利用者に借り入れを返済する能力があるかどうかが疑わしい場合には、転職後改めて、職場への電話連絡を行います。
一方、転職によって年収が上がったもしくは、アルバイトから正社員へ転職した場合には、職場への電話連絡を行うことはありません。

なお、アコムカードローンを利用時に転職をして利用限度額の増額(増枠)を申請する場合には増額審査および在籍確認を再度行うことになります。ただし、転職をしていない場合には、基本的に利用限度が増額の申し込みや審査時には、在籍確認の電話連絡は行いません。

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中



転勤や異動の場合のアコムの審査

基本的に、会社内での転勤や異動の場合には、再審査があるわけではありません。
ただし、勤務先での部署変更や転勤によって、利用者の住まいが変更する場合には、その旨もアコムに報告する必要があります。
すでにアコムで契約している場合、その旨をアコムに報告するようにしましょう。転職時と同じように、アコムの会員ページから勤務先情報の変更を選択した新しい部署を記載します。特に、転勤の際には住所や連絡先なども変更なることがあるので、申込情報も一緒に変更してくださいね。

また、転勤や異動が近いうちにあり、新たにアコムと契約する場合には現在の勤務先や住所を明記して、転勤や異動後にその旨を報告すれば問題ありません。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間