アコムカードローンの審査の流れ

初めてのキャッシングの申し込みは借り入れのための審査もあって、誰でも緊張するものです。
「どうしてもお金を借りたい。でも消費者金融の審査ってどんなことをするのだろう」という不安な気持ちもあると思います。

消費者金融会社の審査は、会社ごとに審査流れなどが違うので、アコムで借りたいならアコムの、他社カードローン会社で借りたいなら他社の審査の流れを知る必要があります。

それでは、アコムカードローンの審査がどのようなものなのか、審査の流れネット(WEB)申し込み時の審査について順に見ていくことにしましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間



アコムカードローンの利用条件

アコムではキャッシング利用の際には必ず審査があります。アコムの公式ホームページには、利用条件に

「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社の基準を満たす方」

と書かれています。
それでは、上記の条件を満たしている人であれば、すべての人が審査に通るのでしょうか。
実際のところは、アコムの審査通過率(申し込みから契約まで至った割合)は50%を割っていますので、決してアコムの審査が甘いとはいえません。(他社消費者金融業者に比べると審査通過率は若干高いです。)

しかし、パートやアルバイトでも安定した収入があり、現在他社からの借入がしておらず、過去にクレジットやカードローンで延滞などの問題を起こしてない方は審査に通過することは難しいことではありませんの安心してください。

アコムカードローンの審査を通じての申込から契約・借り入れまでの流れ

まず、アコムカードローンの審査の流れをみていきましょう。アコムでのカードローン審査の流れは、以下の流れとなります。

  1. 申し込み
  2. 申し込みで申告した内容ともとに仮審査
  3. 運転免許証や健康保険証などの必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 申し込み内容の確認(申込者本人へ電話連絡)
  6. 在籍確認
  7. 契約・融資(借り入れ)




それでは、各項目を詳しくみていくことにしましょう。

申し込みを完了した時点から既に審査が始まっている

アコムには、次の5つの申し込み方法があります。




いずれの申し込み方法も下記の申し込み内容を記載する必要があります。(電話での申し込みの場合は電話口でアコムの担当オペレーターに口頭で伝えます。)

  • 氏名、住所、生年月日、性別、独身/既婚などの個人情報
  • 住所、電話番号(携帯電話・自宅)、居住種類(持ち家・賃貸・戸建て)、家賃・住宅ローン、家族構成などの自宅情報
  • 会社名、勤務先住所、勤務先情報、所属部署、雇用形態、勤続年数、社員数、収入などの勤務先情報
  • 他社借り入れ状況や希望利用限度額
  • 審査結果通知・申し込み内容確認の連絡先
  • 振込口座と振込明細書の送付先について
  • アンケート

仮審査では信用情報に事故情報がないかを調べる

上記の申し込みが完了すると、早速審査が行われます。この審査は仮審査というものです。
アコムでは、申込者が記載した申し込み内容の情報と申込者の信用情報を照会して事故情報や遅滞、滞納がないかをコンピューターが点数化(スコアリング)して審査を行っています。

信用情報とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報および、ローンや公共料金等の支払い情報のことです。アコムへ申し込みした際に、アコムは自社が加盟している信用情報機関を通じて信用情報をチェックします。そして、利用状況に事故情報がないかを確認します。

事故情報とはいわゆる「ブラックリスト」のことである

事故情報とは、金融機関等におけるネガティブ情報で、一般的には「ブラックリスト」と言われています。長期延滞や債務整理、強制解約、代位弁済、協会停止などの問題が起こった際には事故情報として記録されます(正式には異動情報という記載)。この金融事故情報は一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この金融事故を過去に起こして記録が残っていると審査に通ることは難しいといえるでしょう。
アコムの審査基準については、「アコムの審査基準と落ちた場合の対応策」で詳しく解説しております。

アコムでは申込者の属性を数値化して審査を行っている

アコムに限らず、カードローンの審査では、コンピューターを利用して申込者の属性を数値化する「スコアリングシステム」という方法で申し込み情報から仮審査を行っています。スコアリングシステムによって計算されたスコアの合計点・基準点が、審査基準以下であれば落ちてしまうことになります。なお、スコアリングや基準については、「アコムの審査基準と落ちた場合の対応策」詳しくで解説しております。

電話またはメールで申し込み内容の確認連絡がくる

年収や信用情報などに問題がなければ、仮審査に通過となります。
仮審査の結果は、申込時に入力したメールまたは電話どちらかの連絡先ににアコムの担当者より連絡がきます。この電話連絡(メール連絡)でアコムカードローンを申込したのが本人かどうかも同時に確認にします。

本人確認書類などの必要な書類を提出する

アコムへの申し込みには、本人確認書類が必要となります。
本人確認書類は下記の3つのうちいずれか1つとなります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証(+マイナンバーカードなど)
  • パスポート

上記に記載した本人であることを確認できる書類は、申し込み審査の際には必ず用意する必要があります。
本人確認書類は、運転免許証が一般的ですが、運転免許証を持っていない場合には健康保険証やパスポートでも問題ありません。

なお、外国人の場合は、在留カード(旧外国人登録証)や特別永住者証明書永住していること証明できればアコムでも申し込みが可能です。

ただし、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、現住所を確認できるものを一つ用意して一緒に提出する必要があります。現住所を確認できる有効な書類として、公共料金や社会保険などの領収書や納税証明書などがあります。

なお、6カ月以前に発行された公共料金の領収書などは本人確認書類としてみなされないので注意が必要です。
アコムの申し込みに必要な書類については、「アコムカードローンの申込時に必要な書類」で詳しく解説しております。

申し込みにおいて収入証明書を用意する必要がある場合

アコムの公式ホームページでは、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
アコムにおいて50万円を超える契約を行う場合に収入証明書が必要であると記載されています。
収入証明は、給与取得者であれば、源泉徴収票や給与明細書または、納税証明書などです、自営業者や個人事業主の場合には、確定申告書や納税証明書またはなどです

なお、収入証明書の詳細については、「アコムで収入証明書が必要な場合」で解説しています。
本人確認書類や収入証明書などの必要書類を提出したらあとはアコムからの審査結果を待つだけとなります。

本人確認書類などの必要書類提出後に本審査が行われる

本人確認書類などの必要書類をアコムに提出すると、本審査が行われます。
本審査では、アコムの担当者が、申込者から提出された運転免許証などの提出書類と信用情報に不備がないかを確認します。他社での借入件数や借入額、住所の一致など申込書類と本人確認書類または信用情報を照合して、信用リスク(お金をかして大丈夫かどうか)を判断します。これらの審査をした後に、アコムの担当者が申込時に入力した勤務先が間違いがないかを電話で確認する在籍確認の電話があります。

それでは在籍確認とは具体的にどのようなことをするのか見ていくことにしましょう。

電話による在籍確認は審査の終盤で行われる

アコムでは申し込みの際に氏名、住所、生年月日だけでなくさまざまな個人情報を入力します。そして、現在勤務している会社名や電話番号また所属部署も入力します。その情報を元にして、アコムの担当者がその会社に在籍しているのかどうかを確認するために勤務先に必ず確認の電話をします。その電話での確認を在籍確認といいます。
しかし、カードローン会社であるアコムが利用者の勤務先に電話するとなると、勤務先の同僚や上司にキャッシングを利用していることが知られてしまうのではないかと思ってしまうと思いますが、安心してください。本人確認の連絡と同様に、アコムでは在籍確認の電話をする際、アコムの担当者が社名を名乗ることや用件をいうことは一切ないからです。アコムの担当者は個人名でなおかつ非通知で電話をかけます。

審査時の在籍確認の流れ

在籍確認の主な流れを説明いたします。
申込者本人が電話に出る場合と、本人が不在の場合の2つのケースに分けて説明いたします。
申込者本人が電話に出る際には、

    「もしもし、私○○(アコム担当者名)と申しますが、●●さん(申込者)はいらっしゃいますか?」

これで申込者が電話を取ると、

    「私、アコムの○○と申します。この度はお申込みありがとうございました。これにて在籍確認は終了です」

といって電話が終わり、在籍確認は完了します。

申込者本人が不在の場合には、

    「もしもし、私○○(アコム担当者名)と申しますが、●●さん(申込者)はいらっしゃいますか?」

申込者の勤務先の方が電話を取って

    従業員「●●は本日外出しております。」

本人が不在の場合でも勤務先に在籍していることさえ判明すれば在籍確認は完了となります。
アコムに限らず消費者金融の多くでは、原則として電話での在籍確認は必須といってもいいでしょう。

電話連絡以外でも在籍確認としてみとめられることもある

勤務先に電話をしてもその職場に在籍しているかどうかを教えてくれない場合、また利用者の勤務先が土日祝日などで定休日等の場合などは、本人確認の連絡がきた際にアコムの担当者に相談してみましょう。
担当者の判断で在籍確認の代わりになる会社名の記載された健康保険証や給与明細書などの書類提出を求められる場合と電話での在籍確認を勤務先の翌営業日に延期してくれることもあるようです。
アコムの在籍確認については、「アコムカードローンの在籍確認のタイミングや電話での内容」で詳しく解説しております。
アコムの担当者が在籍確認の電話をして、他に問題がなかければ審査に通過となります。あとは契約すれば融資を受けることができます。

アコムカードローンのネット審査

アコムの申し込み方法は、インターネット・店頭・無人契約機(むじんくん)・電話と4通りありますが、中でも「インターネットでのネット申し込み」がもっともスムーズに審査が可能です。

ネット審査の流れ

アコムカードローンのインターネットでの申し込みの流れは以下の通りです。

  1. アコム公式ホームページより「ネットでご契約まで可能!今すぐ申し込み」をクリック
  2. 「お客様情報」「自宅情報」「勤務先情報」などの申し込み情報を入力
  3. ネット申し込み完了
  4. 仮審査
  5. Webから本人確認書類をアップ(ネットでの契約)
  6. または、店頭で書類を提出を選択(店頭での契約)
  7. 本審査



ネットで契約をする場合には運転免許証などの本人確認書類をアップロードする

申込完了メールが届き、しばらくすると「書類提出のお願い」というメールが届きます。その後、申し込み確認の電話の後、本人確認書類などの必要をアップロードします。
アップロードの際に、運転免許証の顔写真が切れてしまっていたり、写真がぼやけてしまって読めない部分があるとアコムの審査担当者より本人確認書類の再提出を求められる場合がありますので、注意しましょう。

店頭での契約の場合には本人確認書類を店舗へ持参する

電話で仮審査が通過すると、アコムの担当者より本人確認書類の提出のために、むじんくん(自動契約機)またはアコムの店頭窓口へ行くようにと言われます。むじんくん(自動契約機)や店頭窓口で本人確認書類を提出して審査に問題がなければ契約となります。
ネット・店頭(自動契約機を含む)いずれの場合も、本人確認の連絡後(店舗の場合は本人確認後)アコムの担当者が在籍確認を行い、審査項目に問題がなければ、審査が通過となり契約となります。

インターネットでの申し込み・審査受付は24時間いつでも可能

ネット申し込みが簡単な理由は他の申し込み方法と比較してみることでわかります。
下の図は、申し込み方法別の受付時間と融資までの最短の時間を表した図です。

申し込み方法 受付時間 融資までの時間
インターネット 24時間365日 即日融資も可能
電話 24時間365日 最短即日も可能
店頭窓口 9:30~18:00(一部19:00まで) 最短即日も可能
自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00(一部21:30まで) 最短即日も可能

インターネットでの申し込みは、他の申し込み方法に比べて、受付時間が24時間対応しており、店頭に出向かなくても契約や融資を受けることができますので、大変便利だといえるでしょう。ただし、審査受付時間と審査回答時間は異なりますので注意しましょう。
審査回答時間とは、アコムで審査結果を回答してくれる時間帯のことです。
下の図に申し込み別の審査回答時間をまとめておきました。

アコムの審査結果の回答時間について
審査時間
店頭窓口 平日9:30~18:00(一部店舗は19:00まで)
自動契約機 9:00~21:00
インターネット 9:00~21:00
電話 9:00~21:00

上記の図以外の時間帯に申し込みをしても、すぐに審査はしてもらえませんので注意してください。
例えば、インターネットでの申し込みの場合、審査受付時間は24時間ですが、審査結果の回答時間は、9:00~21:00です。

例えば、3月1日22時に申し込みをした場合、3/2の9時以降に審査が行われるということになります。つまり、即日を融資を希望しているのであれば、審査回答時間の前に審査を終了させ、契約を完了しておく必要があるということです。アコムの審査時間については、「アコムの審査時間と審査結果」で詳しく解説しています。

ネット審査はアコムの専用のアプリでもできる

アコムのネット審査では、本人確認書類などの必要書類などの写真を撮影して送付するのが一般的です。パソコンの場合は問題ないのですが、スマホからの申し込みの場合、操作が面倒だったりする場合もあります。
アコムではアコムナビというアプリがあります。スマートフォンから申し込みをする際にはスムーズに申し込みできると思います。
アコムナビでは、新規の申し込みはもちろん、契約後の会員ログイン機能もあったりATMの検索をしたりローン計算をしたりすることもできてWEB完結の際に利用する以外に契約後にも利用できて便利です。
アコムナビを利用するとスマホからスムーズに申し込みや審査もできます。無料でダウンロードできます。
アコムのアプリ、「アコムナビ」については、「アコムのアプリを利用すると必要書類の提出も簡単にできる」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

インターネットでは融資の可否を判断できる3秒診断を利用できる

また、アコムにはインターネット限定の診断サービスととして「3秒診断」というインターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスもあります。
この3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。
アコムのホームページには「3秒診断」というネット限定で仮審査ができるサービスがあります。このサービスは必要な事項を入力するだけで、アコムからの融資が可能かどうの目安判断してくれるものです。

3秒診断では、住所、氏名といった個人を特定するものを入力することがありません。
3秒診断に入力する情報は下記の4つとなります。

  • 年齢
  • 性別・独身既婚
  • 他社の借り入れ件数
  • 他社の合計金額

上記に記載されている「他社の借り入れ状況」と「他社の合計金額」とは貸金業者からの借り入れのことです。ですから、他社消費者金融業者やクレジット会社からの借り入れ件数と合計金額を入力すればいいわけです。

3秒診断のページで必要事項を入力し、診断開始のボタンを押すとすぐに診断結果がわかります。
診断結果は、下記の2通りが表示されます。

「お借入できる可能性が高いです。」
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」

ただし、3秒診断で「ご融資可能と思われます」と表示がなされても審査に落ちることはありますので注意しましょう。3秒診断はあくまでも融資可能かどうかを判断してくれる1つの目安と考えておくとよいでしょう。

アコムカードローンの審査時間は最短30分

2010年6月18日より貸金業法すべてが施行され、貸金業者からの借り入れが収入の3分の1に制限されることとなりました。消費者金融業者やキャッシングカードローンの貸し出しできる額の影響が出るようになりました。
この貸金業法では銀行は対象から外れるためにカードローンに注力することとなり、消費者金融事業者は顧客サービスに力をいれることとなりました。そのため、アコムも他の消費者金融業者同様に顧客サービスの一環として審査の迅速化を進めていったわけです。(アコムカードローンと総量規制の関係については、「アコムカードローンは総量規制の対象」で詳しく解説しております。)

また、審査時間そのもののスピードが速くなるだけでなく、審査受付時間や申し込み方法が増えることにより、結果、利用者の待ち時間も短縮されるというメリットもあります。
アコムでの審査結果や審査時間については、「アコムの審査時間と審査結果」で詳しく解説しています。

アコムなら即日の融資も可能

アコムの審査時間は最短30分での審査回答を行っています。また、インターネットで申し込みすることで、審査時間の短縮が可能です。
審査結果が出た後、審査当日の14時までに本人確認書類などの必要書類の提出ができれば、申し込み当日の融資、いわゆる即日融資も可能です。ただし、土日祝日の場合には借り入れ手段が限定されます。
アコムでの即日融資に関しては、「アコムで即日融資を可能にするおすすめの申込や借入の方法」に詳しく記載していますので、ぜひ御覧ください。

ACマスターカードは申し込み・審査基準ともカードローンと同様

アコムで扱っている商品には、カードローンの他にアコムが提供しているクレジットカード「ACマスターカード」という商品もあります。(申し込み方法はアコムのカードローンと同様です。)
アコムACマスターカードは他社のクレジットカードとは異なり最短即日で発行が可能です。
むじんくん(自動契約機)が営業している時間帯であれば、土日祝日・夜間でもカードを手に入れことができます。ただし、ACマスターカードが発行できる自動契約機に限ります。
アコムの公式ホームページより、ACマスターカードが発行できる店舗を検索してみるのもいいでしょう。

なお、ACマスターカードの審査については、「アコムACマスターカードの審査」で詳しく解説しています。
下の図にACマスターカードのメリットとデメリットをまとめましたので参考にしてみてください。

ACマスターカードのメリット・デメリット
メリット デメリット
年会費無料・申し込み即日にカード受取可能
MasterCardのため加盟店が多い
ポイントサービスやETCの機能がない

アコムでの審査の流れがわかれば、申し込み前に審査についての心配もいくらか軽減されると思います。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間