プロミスカードローンの返済額を減らす方法

消費者金融では、返済期日に支払う返済金額は決まっています。

大手消費者金融であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミスのカードローンもそれは同様です。それでは、月々の返済額がどのように決められ、そして、どうしたら利息の総額を抑えることができるのでしょうか。

ここでは、プロミスカードの月々の返済額の決められ方と、利息総額を抑えて総返済総額少なくできるかについて解説していきます。

プロミスカードローンの月々の返済額はどう決まるのか

プロミスカードローンを利用した場合、毎月の返済額は決まってきます。
この返済額ですが、借り入れした残高に応じて最少返済額というものが設定されます。
毎月指定の返済日に最少返済額は必ず返済する必要があります。ではその返済額がどう決まるのかを説明致します。プロミスの返済方式が「残高スライド元利定額返済方式」という返済方式です。
この返済方式は最終借り入れ後の残高に応じて返済額が変動するという方式です。
この返済額は最少返済額となりますので、その金額以上を返済しても問題ありません。ただし、あとでも述べますが口座振替の場合には、ATMまたはインターネット決済より追加で入金することになります。

月々に返済しないといけない最低の金額が決まっている

プロミスでは下記の通り最少返済額の設定方法が決まっています。
借り入れ残高によって最少返済額が残高に対する一定の掛け率で決まります。下の図は借入直後の残高と最少返済額との割合です。

借入直後の残高 最少返済額
30万円以下 借入後残高×3.61%
30万円超100万円以下 借入後残高×2.53%
100万円超 借入後残高×1.99%

上の図のから最少返済額の計算をすることができます。
借り入れ残高10万円の場合はその3.61%が最少返済額になりますので 3,610円
1,000円未満は切り上げにより4,000円の月々返済となります。

借り入れ残高50万円の場合はその1.99%が最少返済額となりますので 9,950円
1,000円未満は切り上げにより10,000円の月々返済となります。

返済額についてはプロミス公式ホームページ「返済シミュレーション」が計算が可能です。キャッシング前でも利用できますので是非利用してみてください。

プロミスでは借り入れ後の残高で最少返済額が決定されますので、月々の返済で借り入れ残高が減った場合でも新たに借り入れをしない限りは最少返済額に変動はありません。

例えば
14万円借りた場合 月々最低6,000円の返済額となりますが
その後10万円一括返済した場合でも 月々最低6,000円は変わらず
その後追加で1万円借り入れして残高が5万円になった時に再計算され月々最低2,000円の返済額になるという仕組みになっています。

プロミスカードローンの返済期日は複数から選べる

プロミスの返済期日は、5日・15日・25日・月末から選ぶことが可能
プロミスの場合返済期日を利用者の都合に合わせて毎月5日・15日・25日・月末の日から選ぶことができます。この返済期日が、プロミスの休業日である土日や祝日また年末年始の場合には、翌営業日が返済期日となります。
プロミスでは返済期日を選べるので、たとえば給料日が毎月25日の方は、毎月25日に、給料日が末日の方は、返済日を月末に設定することもできますので返済のしやすさを考えると便利だといえるでしょう。
ただし、ジャパンネット銀行と三井住友銀行以外の金融機関を利用して口座振替で返済をする場合、返済期日は5日に固定されます。借入後1回目の返済期日は、「指定した返済期日」と「借入日」によって決まります。
例えば、5月中に借り入れを行った場合、1回目の返済期日はいつになるのでしょうか.
下記の図を参考にしてみてください。

指定した返済期日 借入日 借入後初回の返済期日
毎月5日 5月1日~19日 6月5日
5月20日~31日 7月5日
毎月15日 5月1日~31日 6月15日
毎月25日 5月1日~9日 5月25日
5月10日~31日 6月25日
毎月末日 5月1日~14日 5月31日
5月15日~31日 6月30日

このルールは、追加借入れを行った場合も適用されます。
例えば、返済期日を「5日」に指定していた人が、5月25日に追加借入れを行った場合、次の返済期日は7月5日となります。

プロミスの金利と利息の計算方法について

プロミスでは他の銀行や大手消費者金融と同様に返済時に利息を支払う必要があります。
それでは、プロミスの金利はどのくらいになるのでしょうか。プロミスの金利は4.5%~17.8%です。ちなみに、初回の借り入れで借り入れ額が50万円以下の場合には、プロミスでの返済実績がないため、上限金利である17.8%が適応される場合が多いです。

プロミスでは返済金は先に利息分に充てられる

プロミスでは、借り入れ残高に応じて決められますが、その中に利息分が含まれています。そして、利息分から返済に充てられます。つまり、元金の返済に充てられるのは返済金額から利息分を引いた金額となります。それでは利息の計算方法はどのように計算するのでしょうかみていくことにしましょう。

プロミスカードローンの利息は日割りで計算される

利息の計算方法は「借入残高×金利÷365日×借入日数 」です。
借入利率は契約時に借入可能限度額に応じて年率4.5%~17.8%で決定されます。

ここでは、プロミスの上限金利である17.8%を例に計算してみます。

10万円を借りた場合最少返済額は4,000円になります。
4,000円を月々支払うと32回で返済となります。
1回目の返済は4,000円の内 元金は2,517円 利息は1,483円
月々4000円で32回返済した場合は返済総額が125,403円となります。
このように返済額が元金に全額充てられることはありませんので注意が必要です。

返済額の総額を減らすにはどうしたらいいか

カードローンには利息がつきもので、その利息とどのようにうまく付き合っていくかが重要となります。利息の支払いを減らす方法がありますので紹介しましょう。

月々の返済額を上乗せして返済する(追加入金を行う)

先ほどの例で10万円を月々4,000円の32回払いで返済した場合。
利息の総額は25,403円となります。
利息は借入日数によって決定されるため、借り入れ期間が長ければ長いほど利息は増えます。つまり、借り入れ日数が短いほど利息の総額は少なくなります。

その為月々の返済金額を上乗せして返済する方法をおすすめします。
例えば月々10,000円返済した場合は11回の返済で完済となります。
その利息総額は8,913円となりますので、月々4,000円返済したときと比べて16,490円も利息を減らすことが可能です。

月々の返済額を上げた場合その分元金に回せるためこのように利息が減っていくという仕組みです。

一括返済を利用する(一度に完済してしまう)

一括返済を利用すれば元金が一気に減りますので、利息総額減らすには最も良い方法です。一括返済の利用の場合、まずプロミスのコールセンターに電話して借入残高の総額を確認します。プロミスにコールセンターに電話するのは、正確な借入残高を確認するためです。なぜなら、先ほど述べたように利息額は日割りによって計算されるために1日ごとに借入残高が変化するからです。

ATMでの一括送金の際には無利息残高に注意する

借入残高を確認後、プロミスATMを含むATMまたは会員ページよりインターネットからの返済が可能です。ただし、ATMでの返済の場合には、1,000円未満のは端数は送金できませんので多めに返済をして、あとで返金してもらう。もしくは、「無利息残高」として1,000円未満の借入残高を残しておくかの2通りになります。ちなみ、この無利息残高は文字通り利息がかかりません。プロミスでの次回の返済時にこの無利息残高は精算されることになります。
ボーナス支給などでお金少し余裕が出た場合は利用してみてはいかがでしょうか。

10万円借りた際に一括返済する場合

こちらも金利17.8%で10万円の借り入れを例に計算してみます。
10万円を借り入れして30日後に返済する場合、101,463円を支払えば完済となります。
32回払いでは利息は25,403円かかってしまいますが、一括の場合は30日分の利息のみとなるので1,463円しか利息が発生しないことになります。
このように元金を大幅に減らすことで利息を減らすということも可能です。

初めての場合には無利息期間サービスを利用できる

また初めての利用の場合は30日間無利息サービスがあります。
ただし、メールアドレスとWEB明細に登録しておくことが、30日間無利息サービス適用の条件となります。
最初の借り入れから30日以内に全額返済した場合利息は不要ですので、是非ご活用ください。しかも、この30日以内の期間であれば借入と返済を繰り返して何度でも無利息で利用できますので、初めてプロミスを利用する方はお得なサービスだと言えるでしょう。

利用手数料がかからないATMを利用して手数料を減らす

プロミスATM、三井住友銀行ATMで返済した場合は利用手数料は無料になります。。
提携しているATMでの返済の場合はいつでも好きな時間に返済できますが、手数料が発生します。1万円以下の場合は108円、1万円超の場合は216円です。
提携ATMはゆうちょ銀行、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATMとなります。
但しローソンのLoppi、ファミリーマートのFamiポート経由で返済する場合は手数料無料です。
手数料も塵も積もればです。できる限り提携ATMや提携サービスで返済し節約を心がけましょう。
なお、提携していないATMは借り入れ、返済どちらも利用できませんのでご注意ください。
なおプロミスでの返済方法については、「プロミスカードローンのお得な返済方法」にて詳しく解説しております。

返済期日に支払いが遅れそうなときには

キャッシングをしたのはいいものの、返済日に間に合わないということも少なくはないと思います。
急な出費が発生したり、給料日が変わったり。そんな場合はほったらかししてはいけません。
返済を延滞した場合は最悪の場合金融事故という扱いになり、今後カードローンを利用できなくなったり、他のローンサービスも利用できなくなる可能性があり返済能力がないとみなされ信頼が落ちてしまいます。プロミスでの遅延や滞納については、「プロミスで返済金を延滞・滞納してしまった場合の対処方法」で詳しく解説しております。

返済期日に返済できない場合の対応

返済日に支払いができないといった場合はまずプロミスコール(0120-24-0365) へ電話してみてください。状況に応じて返済プランを説明頂けます。
返済日を変更する場合や猶予をしてもらうことも相談内容によっては応じてもらえる場合があります。
また、その月だけ利息だけでも返済する。というような相談にも応じてもらえます。
但し元金が減りませんのであまりお勧めはできません。

いかなる場合でも30日以内の返済ができなかった場合は遅延損害金が発生します。できる限り計画的な返済を心がけましょう。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間