ブラックでも消費者金融を利用できるのか

インターネットなどでカードローンについて調べると、「ブラック」「ブラックリスト」といった言葉をよく見かけます。

そもそも、「ブラック」や「ブラックリストに載ってしまう」とは、過去に返済時の滞納や延滞などの金融事故を起こしてしまったことを指します。

このように、いわゆる「ブラック」の人は消費者金融を利用できるのでしょうか。
また、「ブラックリスト入り」してしまった場合、この記録を消すにはどのように対応したらいいのでしょうか。見ていくことにしましょう。

「ブラック」とは返済時に延滞や債務整理などなんらかの問題がある場合

最初に「ブラックリスト」について解説しますが、そもそもブラックリストというものが実際に存在するわけではありません。
このブラックリストについて解説するには、消費者金融や銀行などのカードローン利用時の審査について知っておく必要があります。まずは、銀行や消費者金融の審査についてみていくことにしましょう。

カードローン申し込み時に必ず審査がある

カードローンに申し込んだ場合、消費者金融や銀行などの金融機関は返済能力があるかなどを確認するために必ず借り入れ前に審査を行います。

この審査基準などの具体的な判断基準はは基本的に公開されませんが、一般的には「申込者の個人情報や年収などの属性情報」と「信用情報」の二つを中心に確認すると言われています。

申込者の属性情報とはそのまま収入や年収、職業や就業年数などです。
もう一つの信用情報はあまり聞きなじみがありませんが、これは個人の金融機関の利用履歴を集めたものです。
借金やローンと名がつくものであれば、カードローンはもとより住宅ローンにカーローン、携帯本体代金の月賦払いまたは大学などの奨学金などの利用履歴まで記載されます。

このようなローンの過去の利用履歴に関連した客観的な事実が信用情報には記載されます。具体的には現在の借入額や返済状況、過去に滞納を起こしていないか、現在未納ではないか、任意整理や自己破産などの債務整理をしたかなどです。
金融機関はこういた内容の信用情報の収集に協力すると同時に審査の際に確認した過去に問題を起こしたかなどを確認する形になります。

信用情報に問題があった人が「ブラック」と呼ばれる

信用情報をどう判断するかというのは金融機関によって異なりますが、一般的に自己破産などの債務整理、滞納や未納の履歴があるとマイナス評価になり審査に落ちてしまうと言われています。

この「信用情報に自己破産や滞納などのトラブルが記載されていると審査に落ちてしまう」という所から信用情報は「過去に問題を起こしたなどで警戒が必要な人物のリスト」と言った意味のブラックリストに例えられるようになりました。そして「ブラックリストに載った人物」と言った言葉が省略されて「ブラック」という俗語が生まれたわけです。

よく勘違いされることなのですがこの信用情報には客観的な事実のみしか書いておらず「この利用者に貸し付けてはならない」と言ったことは基本的に書いてありません。ですから一般的なブラックリストとは全く違う物です。
厳密な意味でのブラックリストとして、真偽は定かではありませんが「カードローン業者ごとに過去に返済などで、トラブルを起こした顧客のリストを持っている」という説も存在し、これを「社内ブラック」とよぶことがあります。

ブラックでも利用できる消費者金融はあるのか

信用情報には客観的な事実、具体的には「〇〇社から△△を借りて×月に一度滞納しているが以降問題なく返済している」といった事しか書いていません。
つまり、その信用情報を利用して消費者金融各社がそれぞれの審査基準で審査していくので、「どのようなことをしていると審査に落ちるのか」という点についても消費者金融業者ごとに異なりますので、一概には判断できません。
ちなみに、大手消費者金融の場合は、過去の返済時に滞納や延滞、または債務整理などの金融事故情報があると審査に通らない可能性も高いですが、一方、中小の消費者金融の場合には、現在金融事故がなく、安定した収入があり返済能力に問題がなければ審査に通るケースもあるようです。(無職の場合には中小の消費者金融でも審査に通る可能性は低いです。)

「ブラックOK」を売りにしている消費者金融は要注意

インターネットや広告、またはスポーツ新聞の広告欄などで「ブラックOK」などと宣伝している消費者金融を見かけます。
このような消費者金融は、広告のために記載しているかまたは貸金業協会に登録していないヤミ金の可能性もありますので、注意しましょう。
理由もなく「ブラックOK」だけをアピールしている消費者金融業者ではなく、資金力や信用力もある大手消費者金融を利用するようにしましょう。

ブラックになってしまった場合の対応策

過去に消費者金融やクレジットでのキャッシング利用の際に、延滞や滞納などを起こしたと言っても、クレジットカードの支払日を手違いで一度忘れてしまったといった場合などは、金融機関によっては問題ないと判断する可能性もあるので審査に合格する可能性があります。

そのため、カードローン会社1社だけにに申し込んで審査に通過しなかったと言ってすぐにあきらめるのではなく、ほかの会社にも申し込んでみることも大切です。

複数のカードローン業者に同時に申込をすることは避ける

短期間に複数の消費者金融に申込をしてしまうと、返済能力問題があると疑われてしまい、たとえ金融事故などの問題がなくても審査に落ちてしまうことがあります。いわゆる「申込みブラック」になってしまいますので、気をつけましょう。

万が一、「申込みブラック」になってしまった場合は、6か月間期間を空けて消費者金融に申し込むようにしましょう。
その理由は、信用情報機関に記録されている、消費者金融への申込の履歴の保管期間が6か月であるためです。つまり、消費者金融に申込をして契約をしない場合には、その履歴は6か月で消えてますので、たとえ複数の消費者金融業者に申し込みをしたとしても問題ありません。

自分がブラックかどうかを確認する方法

それでは、自分がブラックなのかどうかを知るにはどうしたらいいのでしょうか。
どうしても審査に落ちてしまう方や審査の前で心配だという方、過去に滞納を起こしたような気がするが正確なことがわからないという方などは信用情報の閲覧の申込をしてみるといいでしょう。

信用情報の情報開示請求ができる

信用情報は日本に3つある「信用情報機関」とよばれる機関が収集、保管、そして提供をしています。
3つの信用情報機関というのは次の通りです。

  • JICC:日本信用情報機構
  • CIC:株式会社シーアイシー
  • KSC:全国銀行個人信用情報センター

信用情報機関は集めた情報を会員である金融機関に渡し金融機関はその情報をもとに申込者のキャッシング審査を行い、そして金融機関は会員の利用状況を信用情報機関に提出するという流れになっているわけです。

この信用情報は基本的に会員である金融機関以外は確認ができませんが、利用者本人の信用情報については情報開示を請求することができます。
請求方法は信用情報機関によって異なりますが郵送や窓口のほかに、最近ではパソコンやスマートフォンからの申込も受け付けています。

信用情報に過去の滞納履歴などが書かれている場合でも基本的にその内容を書き換える事や消去することはできません。しかし、信用情報は永久に保管されるのではなく、一定期間立つと消去されるのでそれまで待てばブラックではなくなるという事になります。
保存期間は登録される情報によって異なりますが、滞納や未納、自己破産などの債務整理については5年間の間保管する機関が多いです。もし確認した際に事実と違う内容が記録されていた場合、信用情報機関のほか利用している金融機関に問い合わせをして修正を依頼するようにしましょう

消費者金融や銀行以外でもお金を借りる方法はある

もしブラックになってしまっても「お金が必要になったという場合は金融機関以外からお金を調達する方法もあります。

たとえば、質屋からお金を借りるという方法です。
質屋は金融機関ではないため、担保となる商品の価値でお金を貸し出すので、お金を借りる際に本人の信用情報についても確認されません。

自分がブラックでだと思った場合には、消費者金融以外からお金を借りれるかどうかも検討してみるのもいいかと思います。