審査が甘い消費者金融は実際に存在するのか

キャッシング利用時に避けて通れないのが、借り入れの審査です。消費者金融をはじめとする金融機関では、必ずといっていいほど申込時に審査があります。

よくインターネットや口コミなどで「審査が甘い」消費者金融があるといいますが、
本当そのような業者は存在するのでしょうか。

審査が甘い消費者金融はあるのか」という答えは「審査が甘い消費者はあり得るがどこの企業が甘いかは判断できない」ということです。

ここでは、消費者金融の審査を解説しながら、実際に審査が甘い消費者金融とはどのようなものであるかをみていくことにしましょう。

消費者金融の審査とはどんなことをしているのか

消費者金融に限った話ではありませんが、銀行などの金融機関が顧客に対して貸付を行う際には必ず審査があります。
この審査の目的はいろいろありますが、「どの程度までなら貸付をしていいか」「本当に返済ができるか」と言った利用者の信用度を調査するために行うのが主な目的です。

金融機関が行う借入審査の審査基準はどの会社も基本的に未公開であり、どのような基準で審査が行われるかなどはわかりませんし、仮に審査に落ちたとしてもなぜ落ちたかなどは発表されません。

審査基準は主に安定した収入と信用情報の2つ

一般的には「申込者の属性情報」と「信用情報」の二つを中心に申込者に返済能力があるかどうかを確認します。それでは、2つの項目をみていくことにしましょう。

申込者の属性情報とは年収や職業などの個人情報

属性情報とは申込者の年収や職業、勤務年数に持ち家の有無、また他社からの借り入れ状況や金額などの事です。
ここでよく言われるのが「収入よりも安定性」という事です。
というのは収入が多いことよりも収入が少ない人よりも安定した職業について安定した収入で生活を維持できている人の方が信用できると判断されやすいという物です。

審査に通過するためには安定した収入あることが必須

安定した収入を示す例として芸能人があげられます。芸能人は一般人のサラリーマンよりも収入が多いですが、その収入が来年まで続くかは全くわからない不安定な職業なのでサラリーマンの方でも通るローンが通らないという事がよくあります。

芸能人の方がためたお金でマンションなどの不動産を買うというのは、資産運用というだけではなく「安定した収入を得る」という理由もあるわけです。

たたし当然ですが、収入(年収)が多ければ返済に回せる余裕も多いので収入(年収)が少ないよりは多い方が有利ではあります。

過去の金融機関での利用状況を示すのが信用情報

信用情報ですが、これは過去の金融関係の経歴です。
この信用情報は信用情報機関という機関が、銀行や消費者金融からの申込者の利用状況の履歴を収集しており、加盟している消費者金融や金融機関は情報の収集に協力すると共に審査の際に信用情報機関より信用情報を取り寄せて確認を行います。

この信用情報にのる個人の経歴というのはローンの客観的な利用履歴の事です。
ローンの内容としては住宅ローンやマイカーローンと言った高額な物からクレジットカードのキャッシングやショッピング枠、携帯本体の月賦払いといた少額の物、最近では奨学金や不動産の保証についても乗っていることがあります。
これらのローンについて「過去の借り入れ実績」「現在の借り入れ状況」「滞納、未納の履歴」「自己破産や任意整理など債務整理の過去」などが記録されているほか、個人の確認を行うための名前や住所、生年月日、また申込(信用情報の参照履歴)履歴なども保管されています。

こういった情報を確認して「過去に滞納を起こしているから信用できない」「滞納歴はあるがそこまで重要視されるものではない」と言った判断を行う訳です。
この信用情報は「ブラックリスト」と表現されることもありますが、書かれているのは滞納履歴など客観的な事実のみで「返済能力に問題があるかどうか」という事が書かれているわけではありません。

このほか審査時の確認事項として他人の身分証を使ったなりすましなどの犯罪行為を行っていないか、暴力団などの反社会的勢力とかかわっていないかなどの確認もこの審査で行われます。

現実に審査が甘い消費者金融は存在するのか

消費者金融での借入審査について「〇〇社は甘い」「××社は厳しい」と言った情報がインターネット上にあふれています。また、「どこの審査が甘いのか」と言った質問や口コミなども多いのが現状です。

しかし、先ほどの述べたように消費者金融に限らず金融機関では借入審査の基準は未公開です。もし、借入審査に落ちてしまったとしてもなぜ落ちたかなどの理由は利用者に公開されることはありません。ですから明確な根拠をもって「〇〇社の審査は甘い」という事は言えないのです。

ただ一般論として「審査が甘い会社はある」という事は言えますし傾向としてどういった企業が厳しいか、逆に甘いのかという事は言えます。

審査基準は未公開ですがこれは他社に対しても同じですし、金融機関によって契約内容なども異なるので「違う会社が同じ基準を用いている」という事はありません。
ですから「消費者金融A社で受かった人が違う消費者金融のB社で落ちた」という事はあり得ます。また、その逆もあり得ることです。そういった情報を元にいくつかの金融機関を比較してみれば、どの消費者金融が「審査が甘い」ことがある程度はわかります。

ただし、このような情報は実際に利用した方の口コミや評価などが根拠になるので、信頼性が担保されているわけではありません。

消費者金融の方が銀行より「審査が甘い」と言われる理由

よく口コミなどでは「銀行系より消費者金融系の方が審査が甘い」「大手より中小企業の方が若干あまいのでは?」という事が言われています。

理由として銀行は低金利で限度額が大きいので、その分審査が厳しくなり、消費者金融は金利が高く限度額も小さくなるのでどうしても厳しくなると思われるからでしょう。

消費者金融は、年収の3分1を超える個人への貸付はできないという貸金業法の総量規制がある関係ため(銀行は貸金業ではないため総量規制の対象外)、貸付額を制限する必要があるので一概には言えません。

また、利用者の数も違うので簡単には比較できませんが、最近になり統計として「消費者金融より銀行の方が貸付額が多い」という事実もあるようです。

中小消費者金融が審査が甘いと言われる理由

大手消費者金融よりも中小の消費者金融の方が審査が甘いと思われている理由は、消費者金融を選ぶ顧客の多くは中小消費者金融よりも大手消費者金融を選ぶことが多いので、顧客を獲得するために甘くする必要があると考えられています。ただし、これも利用者の口コミレベルであるので信頼性は担保されないでしょう。

中小消費者金融の審査独自基準であって決して甘くはない

中小消費者金融と大手消費者金融を比較した際に「中小消費者金融が審査が甘い」という曖昧な言い方になる理由として、大手消費者金融はその資金力をベースにさまざまなサービスを打ち出しているのに対して、中小消費者金融はサービス面でどうしても見劣りしてしまうために、「ブラックでもOK」や「審査が甘い」ことをメリットとしてアピールしていることがあります。
たとえ中小の消費者金融の審査が甘いと言っても、収入のない無職の方など返済できない利用に貸し付けることはありせん。

そのため、条件つきですが、大手消費者金融と比べて「審査が甘い会社はある」のは確かですが、特定の消費者金融の審査が、無審査であったり格段に甘いということはありません。むしろ、中小の消費者金融の場合、「審査が甘い」ということよりも、審査時に大手消費者金融や銀行などの審査に落ちてしまったことも考慮してくれるというとくらいの認識で考えるといいでしょう。

大手消費者金融は利用者のニーズにあわせたサービスが豊富

借り入れの申込前にお試し診断を受けることができる

大手消費者金融ではキャッシング申込前の簡易診断サービスをはじめとして、さまざまなサービスを打ち出して顧客の獲得に努めています。
簡易診断サービス(お試し審査)とは年収や年齢、他社からの借入額を入力することで審査が可能かどうかを自動的に判断する物です。

これはあくまでもお試しであり、お試し審査で合格しても本審査で落ちる可能性がありますし入力間違えや資産状況などで不合格でも受かる可能性はあるのですが、申込の際に心配な方などが試し利用するには便利です。

もし、お試し診断で良い結果が出た際には、そのままインターネットでカードローンの申込ができるのも大きな魅力です。

インターネット申込やインターネットバンキングに対応している

大手消費者金融はインターネットからの申し込みに完全に対応しており、公式ホームページの会員ページ内に設置された専用の申込フォームから個人情報などの必要事項を記入して送ることで自宅にいながら申し込む事も可能です。

また、運転免許証などの申込に必要な必要書類などをスマートフォンのアプリ使って送信するサービスも出てきていますし、借り入れ方法もネットバンキングに対応することで24時間365日いつでもネットから振込融資を行うことができる会社も珍しくありません。

このように利用者に便利なサービスが多数あるのが大手消費者金融のメリットといえるでしょう。

「審査の甘さ」だけを売りにする消費者金融は信用しないこと

最後に注意点として審査の甘さを売りにする企業は闇金、もしくは広告のために根拠なく適当な内容を書いているだけという事が多いので、ただ単に「審査が甘い」だけをアピールしている消費者金融業者は信用しないことをお勧めします。

特に中小の消費者金融では対面審査(対面融資)を重視するという「独自の審査」を売りにしたり、または学生や主婦も利用可能という「審査対象の幅広さ」をアピールすることははありますが、「審査の甘さ」のみを売りにすることは絶対にありません。
ですからこういった内容を主張する消費者金融には気をつけた方がいいでしょう。